最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

「世の中はこんなに活発なのに・・・外食禁止、行動制限、守っているのがばかばかしい」追い詰められる医療従事者たち コロナ拡大の沖縄

 

 新型コロナウイルスの感染拡大に向き合い続ける沖縄県内の医療従事者らは、精神的にも追い詰められている。防護服を何重にも着込む過酷な環境の中、欠員を補うため業務の負担が増える一方、診療制限などで給与が規定通り払われるか不安も抱える。会食や旅行など自由も制限され、使命感で治療に当たる医療従事者は「第7波の医療はこれまでにない、多くの負担がのしかかった自己犠牲の上に成り立っている。いつまで我慢すればいいのか、終わりのない不安・不満が爆発寸前になっている」と吐露する。 


ニュース速報

 

 イイネ

1

医療従事者です。最近はPCRや抗原検査の問い合わせが多く、日常の業務に支障をきたしている日々です。暑い中、検査をするにもフェイスシールドやガウンを来て炎天下の車での対応。私自身、熱中症で倒れました。 こんなリスクが高い仕事をしているにも関わらず、政府からの視点はどこに向けられているのでしょう?もっとお金を払うべきところがあると思います。 コロナが流行りだした当初、医療従事者へと補助金が出ましたがそれきりです。私達は見えないゴールの中必死で働いていることをわかってほしいですね。 休日の行動制限もなぜ私達がしなければならないのか、謎です。


2

医療従事者ですがコロナ禍になってから友人に会ったり旅行へ行ったり一度もしていません。強制されていてるわけではないです。限られた人数の中で働いていますし、日常業務でクタクタで家で休みたいという気持ちが強いです。毎日風邪症状のある患者さんが来ます。事前連絡しないで来る方や「遅い。早くしろ。」「コロナじゃないと思うから別室へ案内しないで。」などと言ってくる方がいます。お願いですから、医療機関へ行く際はお住まいの市町村のHPを見たり、発熱外来があり受け入れ可能な医療機関を調べたりして下さい。何も調べずにいきなり来て文句を言うのはやめて欲しいです。優しい言葉を掛けて欲しい分けではありません。みんなが大変な時代なのですから、一人一人思いやりを持って人に接して欲しいと思います。早くお盆休みにならないかなー。


3

飲食店に金回すなら医療機関にもっと使おうよ 元医療機関で働いている方で収入と労力のギャップから現場を離れてしまった方もいる 現在頑張っている方も合わせて報酬の見直しが必要ではないかな 旅行の補助とか検討するまえにもっと足元を見直してほしい 今回の参院選も医療機関の問題に触れている候補は目立ちませんでした 自分も含めて医療機関の方々に感謝した経験は皆さんあるはず もっと命を助ける方々にスポットライトをお願いしたい


4

コロナになる前から病院は、長期休暇は同僚の負担になると思うと取りにくい、それだけギリギリで回している。 数人休みが出れば、回らないのも当然。 皆、無理していると思う。 せめて、病院に文句を言う事、コロナは大した事ないというのは、やめてほしい。 経済を止めなくても良いから、個人の最大限の感染予防はしてほしいと思う。 すでに入院する必要のない人は入院していないと思う。それでも大変なことになっていることを想像してほしい。濃厚接触者が仕事復帰しても、医療従事者は増えるが感染者も増える可能性はあると思う。


5

政府の感染対策とは名ばかり、実は無為無策です。 政府はコロナ対策の関係会議を開いていますが、医療体制が厳しい都道府県に具体的な対策を講じているようには思えません。現場任せ、もっと言えば現場の医師・看護士任せの状態で放置しています。何のための政府なのか、感染対策会議なのか、存在理由そのものが不明です。 沖縄県は九州から遠く離れているため、他の府県にように近隣との連携に問題があり、一旦感染が拡大すると、病床使用率が危機的状態となります。 政府の第7波対策は完全な手抜きです。せめて最前線におられる医療関係者には政府から積極的な支援を行うべきです。これを沖縄の基地問題と関係付ける書き込みは問題のすり替えであり、ナンセンスです。


6

感染者が多いのもあるが県の診療方針が古過ぎて医療従事者の負担が大きい 感染者が確認出来ても濃厚接触者を特定しない 濃厚接触の自覚があっても症状(発熱・喉の痛みなど風邪様症状)が無ければ行動は自由に 当然医療機関に検査を求めて行ってはいけない 症状があれば保健所に連絡して検査キットを取り寄せ自己検査させる リスクのない人が陽性なら医療機関受診せずに解熱剤を飲んで3日間自体療養 リスク者のみ医療機関を受診し入院の可否を決める 陽性なら何でも入院、濃厚接触者を特定して状況追跡など既に不可能になっている事を継続しようとするのが大きな間違い 医療機関の従事者に無駄な負荷をかける方式を撤回し本当に必要な医療に限定させないといけない


7

日本の医療機関が波が来るたびに疲弊するのは、波が来るたびに、同じことを繰り返しているから。しかも感染者数は波ごとに増えていく。他国と日本はなぜ違うのかと考えた時に、他の国々は問題点を洗い出し次に生かす政策やサービスを小康状態の時に用意し、波が来るとそれを実行している。 どうして日本は学ばない?他の国の真似をしたって、何も恥ずかしくないはず。 感染症類の見直し、検査の運用方法、発熱外来のオンライン化など、医療機関の負担を軽減するための政策を準備するタイミングもその時間も十分にあったはずです。それなのに何もしなかったのは行政の怠慢に他ならないと思う。 国民一人一人の意識や行動を変えることももちろん必要ですが、医療機関を直接助けられるのは医療行政だけです。行動制限など社会的な感染対策をしないなら、医療機関に全てを丸投げにしないで、政府は医療関係者が本当に必要としている対策を早急に講じるべき。


8

まず沖縄は、在住者以外の診察優先度などを極端に下げるべきだろう。 観光客などは、診察費など上乗せできるような条例でも作ったほうが良い気がする。それだと問題があると言うなら「沖縄入島税」として、本土からくる人1人3万円とか臨時にかけれるような整備を沖縄議会で進めればどうなの? 当然、そのお金は医療関係者を最重要として、観光にも分配するようにしていれば良い気はするけどね。 金持ちは、そんな金は気にしないからね。 本土からくる取材などに関してはもっと多額の取材税をかけても良いかもしれないね。 沖縄議会が何を守りたいか議論しているのか?とも思える状況だと思うけど。


9

医療従事者に相応の手当てを支給して欲しい。 コロナ禍になって、最前線で県民の命を守って日々自衛しつつ、自己犠牲もありながら頑張ってるのに何故飲食店、観光にばっかり支給があるのでしょうか。 医療関係者ではありませんが、コロナ感染したくないし、この大変な時期に病院にお世話にならないよう自衛しています。こんな大きな波でいつ自分や家族が感染しないか等不安もありますが、自分の身は自分で守ろうと思います。 県や国が行動制限無しで経済回すなら、医療現場にも目を向けて欲しいです。


10

もちろん、危険度は全く違いますが、保育園や福祉施設、学校なども同じような気持ちになる職員もいそう。。 自分が守っていても、扱う大勢の人たちは、外で遊んで会食して感染してきて‥なんて人はたくさんいるでしょう。 本人はもちろん、家族は陽性なんて人もたくさんいるでしょう。 自分も不安になるでしょうし、徒労感を抱くのもあり得るでしょうね、公務的な仕事って。


 


 

TESTING130


11

エッセンシャルワーカーで幼い子がいます。 同居家族が濃厚接触者になっただけで事実上仕事にならないです。 配偶者が教育関係なのと、子どもが今年だけで計3回濃厚接触者となったため、4月から20日間支給された有給休暇がもうなくなりました。 そんなことがもう2年続いています。 職場が福祉施設なので、万が一クラスター起きたら大変ですから… 休暇自体はあくまで自主的な取得ではありますが、事実上ほぼ取らざるを得ない状況です。 この2年、子の誕生日にも望むところにも連れ出してあげられない。 同じエッセンシャルワーカーの友達とは、元々インフルエンザの流行時期は会うのをやめていたのもあり、その時期も含めて数年ぶりにようやく会うことができました。 せめてエッセンシャルワーカーの同居家族が濃厚接触者になった場合には労使ともにサポートできる何らかの制度を作ってほしいと切に願います。


12

国内感染者が最初に出てから、結構、時間がたつのに、本来なら強力な権限を持ち、医療支援サポートの各種改革を進められるはずの厚労省の無為無策、そしてそういう受け身の行政機構を能動的に動かすように導く政策を出すことをしない今の政権や国会の怠慢、それらによるしわ寄せが末端の医療に従事する人々に及んでしまっているということだと思う。負(の気持ち)の連鎖がなんとか断ち切られるように医療関係者以外の者も、できる限りの協力をできればと思う。


13

病院事務員です。発熱外来を行なっている病院であり、専用の予約電話はパンクしています。電話が繋がらないからと代表電話に掛けてこられるのはまだわかりますが、そこで繋がらない事を長々とクレームを言われます。正直病院も保健所もコロナセンターも電話が繋がりにくい事は承知して欲しいし、代表電話で延々と文句言う時間があれば別の病院に電話して欲しい、病院は発熱外来だけ行っているのではありません。最悪なのは電話が繋がらないからからと病院内に発熱本人が入って来て延々と文句いう人。感染力が強いと言われている今、なぜ平気で病院の中に入ってくるのか、病人や医療従事者に感染するリスクはお構い無しな人が最近増えている。


14

岸田総理大臣をはじめ、政府のコロナ対策の関係者は、このような沖縄の医療従事者の悲痛な声をなぜ聴かない。自治体任せか?現場の声を聴かずして、本当に効果のある施策を、立案・実施できるのか?岸田総理大臣の聞く力はどこへいった。実際に、これらの悲惨な状態をすぐには解決できないにしても、声を聴く、ことは、まさに彼らへ感謝であり、希望になるのではないか?それこそが、聞く力の本当の意味であろう。総裁選・参議院選挙が終わり、岸田総理・自民党が勝利した今こそ、聞く力を発揮する時ではないのか!


15

医療、介護従事者ほどではないですが、高齢者と接する仕事をしています。自主的に様々な事を制限して、できる限りの対策をしつつ生活をしていますが、さすがに3年目ともなると少しは自分の生活(人生)も取り戻したいと考えてしまいます。 でも身近な医療、介護職の方々はかなりストイックに自粛し、ハードな仕事をずっと続けておられます。帰省も友人との外食も一切ダメと制限され(または自主的に避け)、身体はもちろん精神的にも参ってしまわないかと心配になるほどです。 一般への行動制限については経済面なども鑑みて考えなくてはならなことはわかりますが、旅行業界など偏った支援をする前に最前線で頑張っている方たちに手厚い支援を「すぐに」行ってほしいと切に願います。


16

医療者です.医療者も一国民として外食禁止や行動制限しなくて良いと思います.もしコロナに感染したら,お休みするので良いと思います.ほかの医療者への負担が増えるかもしれませんが,残された医療者もこれ以上義務感で職務を遂行する必要はなく,労働基準内で勤務すれば良いと思います.それでは医療が破綻するという意見も出てくるかもしれませんが,それは現場ではなく政治家の先生方に仰ってください.ここまで感染者が増えても「制限しない」と主張するにはそれなりの覚悟があるのでしょうから.医療者だって生身の人間ですもの,すでに2年半振り回され,さらに振り回されるのはゴメンです.医療者にも家族がいます,生活があります. 医療資源は限られているのです.これ以上供給することが難しいのであれば,需要を減らすしか無いのです.


17

岸田政府は予見されていた問題が今現実に大問題化しつつあり、今ある国内外の多くの危機に対処できてないように見える。 今は早急なコロナ対策も不足している。 コロナ対策自体はすでに繰り返して経験は蓄積された。 諸外国の経験も共有できている。 過度な規制を緩和し、経済へシフトするならばもう少し細かい対策が必要ではないか? 人の移動の多い観光地は確実に感染は増える。 特別沖縄は感染の広がりやすく、医療機関も他地域から孤立していて困難が有る。 日本の医療機関の破綻を防ぐことを目標にした対策していて、医療資源の配分に間違いはないだろうか? 政治の対立で沖縄を政策面で差別している事はないだろうが、沖縄知事の努力も含め先を見越す政策が必要だと思う。 観光を奨励するなら医療施設の役割は重要。 沖縄は日本の重要な観光地でもあり、同時に重要な防衛拠点でもある。経済格差対策の意味も含めて対策を。


18

医療従事者、救急隊員の方々が一番説得力のある情報をたくさん持っておられると思います。休む暇もなく、疲労困憊、疲れ果てておられるとは思いますが、どうか、発信してください。現場の方の情報が、説得力があります。現場に答えがあります。この混乱の着色のない情報を直接発信してください。一回吸い上げられた情報は、政治家に都合の悪い部分が加工され、丸められたデータとして出てくる。データは幾らでも加工できる。国民が正しいものと信じ込んでいる厚生省データも、二転三転してる。一行でもいいです。どうかバイアスのかかっていない情報を発信してください。それが解決に向けた貴重なカギになります。


19

感染者が増えるのは仕方がないとは思うけど、そのストレスを医療従事者にぶつけるのは間違いだと思う。 それぞれの立場でコロナを捉えて発信するから、考え方の違いが生まれるのは分かるが、感染したらなら病院にかかるしかないんだし、出来る限りの対応を病院はしてくれているんだから、病院に対して文句を言うなら市販薬の解熱剤飲めば良いんじゃない?


20

医療従事者に同情しています。 世間の人々の感染対策のいい加減さ、自由で自分勝手な行動。 医療従事者の方々はずっと大変な生活をしているのに。(こういうことを書くと、知り合いの誰々が医者なのに飲みに行ってるとか、病院関係者も今はもう気を使っていないとか反論する人がいるんですけど) 一般人が行動制限しないのであれば、医療関係者もそろそろ普通の生活をさせてあげて欲しい。 本当なら、行動制限をして感染拡大に歯止めをかけて欲しいところですが。 最近高齢者だけ行動制限の話が出てきてるのは何故ですか? やはり行動制限すれば感染が一時的にでも抑えられるからでしょう? それならこの状況ならみんなで短時間行動制限して感染を抑えたいと思います。


 


 


21

コロナ指定医療機関に勤務する医療従事者です。 発熱だけで他の症状もない、元気なお若い方が救急車を要請して搬送されてきます。コロナ陽性であると初療室の一室は一定時間使えなくなります。 医療従事者も拘束され、救急車対応も制限せざるを得ません。 救える命も救えないです。 お願いだけでは限界かもしれません。 反対意見も重々承知していますが、救急車の有料化、時間外診療のさらなる負担増なども制度化しないと、現場は破綻します。


22

介護施設勤務です。ここ数週間で施設内にも感染者が少しずつ出ています。自分は夫婦二人なのでそこまで感染リスクは高くないですが、子供のいる家庭などはどうしても感染リスクは高くなりがちだと思います。なので、ここまで感染力が強くなるといつ誰がなってもおかしくないと思います。この時期に飲み会などは当然行く気にもなりませんが、フツーに生活していて感染してしまったら、もう許してって感じです。外食とか飲み会とか、今も平気で参加できる方たちがある意味羨ましいです。 私も含めエッセンシャルワーカーのほとんどの人は、この数年そういう楽しみとは無縁の生活をしていると思います。色んな業界大変だとは思いますが、医療を逼迫させないための最低限の行動はしてほしいです。


23

現場は過酷で悲惨。 医者も看護師、検査技師、事務だってみんながご飯を食べる暇も、水分を取る暇も、ましてやトイレに行く暇すらない程時間を費やして対応しています。 スタッフに欠員がいれば休みを返上して業務にあたるスタッフもいます。 ギリギリはとうに超えている中で全力で取り組む医療スタッフに少しでも労いの声をかけてくれると心と身体が前を向いていけます。 現実は本当に過酷で悲惨です。ここ何十年も看護師の給与形態は変わりません。労力に対して収入は全然割にあっていないのは事実です。明日のために毎日残業しないように1日を全力で取り組んでこなしています。自分達も生活がかかっているから頑張ります。家庭を犠牲にしてまで現場で働く人のために国で賃金の補償を切に願います。民間病院、個人病院などは危険手当などないところが圧倒的だと思います。国が動いてほしい。現場は必死で一つも手を抜いていないことを理解して欲しい。


24

沖縄は感染者多数で、もう何ヶ月も経過してますよね、医療機関は限界でしょう、爆発的感染に対して今では手遅れ、そして政府は諦めてるし、すべての地方自治体もお手上げ状態になりつつある、自己防衛と言うが何かしなければ拡大基調は収まらない、社会経済体制は労働者に委ねられている、その労働者が感染し回らない状態がすぐそこまで来ている。感染を止めることが経済を回せる、この教訓が数年だっても生かし切れてない。何もしなければコロナは消えさる事はまずない!


25

総合病院のコメディカルだが、先日院内のクラスターが起きててんやわんやだ。職員のコロナ対応フェイズが引き上げられ、会食などは全面禁止になっている。 別に経済活動が活発になるのは構わない。周りが活気づくのは個人的には元気を貰える。ただ、政府が経済の循環を後押しするのであれば、このままコロナへの現行対応を継続するんじゃなく、人員の効率的配置や保証補填やら各自治体で異なるコロナ対応の統一化等、医療機関の負担軽減をもう少しスピーディにさらに推進して欲しい。


26

例えば、集団免疫を確立する為という名目で規制を緩くして旅行やインバウンドが増加した結果、主に高齢者が感染し、死者数が増加するでしょう。その責任を国民が国のせいにする可能性がある以上、規制緩和はあり得ないでしょうね。 なんせ超高齢化社会ですから。 若者から現役世代がもっとも被害を受けており、医療従事者はその最たる例でしょう。 感染力が非常に強い、しかし重症化リスクは低い、重症化しないためのワクチン接種を希望する国民は接種済み、完全な特効薬はなくとも症状を緩和させる薬は数種類ある。通常の日常に戻っても良いくらい万全な状態なのに、まだ厳しい規制をしている。 何をもって規制緩和になるのか。 おそらく、論理ではなく精神的な部分が大きいのだろう。責任転嫁の責任転嫁…


27

私は持病があり、同居家族が高齢者なので、医療従事の皆様と同じくずっと外食せず旅行にも遊びにも行かず、仕事と家の往復をし続けています。 命や健康を守りたいからずっと頑張っていますが、活発な世の中を見て、同じようにばかばかしく思うこともあります。医療従事の方はもっと辛くおもっていることと思います。 病院には癌治療中の患者さんなど、命がけで治療している人がいる中なので、コロナを持ち込んだりしたら命に関わる患者さんもいるので、医療に携わる人のピリピリ感は凄まじいと思います。仕事に対するプロ意識に頭が下がります。 反対意見は承知の上で。ここで楽観的な意見を書いているのは自分もしくは身内に持病や命に関わる大病の人や高齢者がいなくて、そういう立場の人や命を守ろうと戦う人の気持ちを想像できないのかなと思いました。命を守る戦いをしている人達にもっと心を配り彼らを労る政策があれば良いのにと思います。


28

沖縄の医療従事者の皆さんのご苦労が痛いほどわかります。お気の毒としか言いようがありません。本当にお辛いでしょうし。何もかも投げ出したくなるような気持ちではないでしょうか。使命感だけで頑張っておられることでしょう。お察しします。 しかし、この沖縄の厳しい現状は、時間差で近いうちに日本各地に飛び火するように思えてなりません。 それにしても政府、厚生労働省は何をしているのでしょうか。適切な対策が講じられないばかりか、国民に対するしっかりとしたアナウンスも聞こえてきません。都道府県や市町村、医療従事者、そして国民への丸投げなのではないでしょうか。そのように思えて仕方ありません。 岸田政権はこれまで検討ばかりでまったく実行が伴っていません。コロナ感染症対策においても何事においても。 もっとしっかりとしたリーダーシップのとれる総理が現れることを強く強く望むものです。


29

こういう何十年に一度の感染症が発生してしまうと医療従事者の人たちはモチベーションを保ち続けるのが本当に大変だと思う。 人の為になりたいと就いた職業なのに、何年も心置きなく休める時がないのは辛すぎる。 とにかく国はもっと今の感染状況に合わせた検査のシステムをやらなければダメだ。病院任せにしすぎている。情けないにもほどがある。


30

もはや民間主導で、withコロナで経済活動を復活させるには。という所から逆算していく必要があるでしょう。まず50代以下基礎疾患なし者かま発熱したら病院にかからない。研究用でもいいので抗原検査をして陰陽把握。陽性だった場合自宅待機でドラッグストアレベルの解熱鎮痛剤を服用し、熱が下がったら再度抗原検査し、陰性なら自宅待機解除。高齢者と同居の場合で陽性の場合は、高齢者か本人どちらかを隔離。沖縄は待ったなしなので、リアルに上記を実現するしかないと思います。


 


 


31

もう、コロナ診療を自費にしましょう。 それだけで「うちの子供の熱ガー!」と診療所に駆け込む方は激減すると思いますし、子供には自由をとか言ってる場合じゃないことも身にしみてわかるでしょう。 高齢者も、過労にならないよう労働量に応じて入院数に制限を設けて、それ以上は入院させなければいい。先月あたり、外食の場で大声で笑っている高齢の方々を見ていてそう思いました。 もちろんそれで困るのは市民です。でもサービスを受けるのに対価を支払うのは当然で、お金が払えないならそれなりで我慢するしかない。 今の皆保険制度は凄く歪なことになっていて、少子高齢化で収入は減少して支出が増えるばかり。医療現場や製薬業に負担を押し付けてなんとか運営していますが、負荷がかかると破綻するのは当然です。 早晩間違いなく皆保険制度は破綻してサービスの質は落ちます。いずれはアメリカ並みに医療にお金かかるようになるのではないかな。


32

ストレスチェックするのも良いですが、チェックするだけで、有効な対策を施行しないなら無意味です。検査ばかりして有効な治療をしないなら、病気が治らないのと同じです。 当院でも、ストレスチェックの提出が義務付けられていますが、それに基づいた対策が取られた様子はなく、ストレスチェックの入力に時間を取られるだけで、それ自体がストレスです。 何かをしたというアリバイ作りのためにストレスチェックをしているなら、止めた方が良いと思います。


33

医療従事者です。 この3年間、休みは平均月に3、4日。 職場から県外に出ない事、外食しないことなど独自のルールを作られ、子どもたち家族も一緒に守ってきました。 子どもたちの同級生は沖縄や北海道、海外旅行を楽しんでいます。そして感染して帰ってくる子もいました。 そしてますます私の職場は忙しくなる。 医療従事者でいる事に心が折れそうです。 医療従事者が旅行など個人的なイベントで感染し、たまたま患者さんにうつしてしまったらマスコミや世間から叩かれるのに。 過去に病院名や部署まで公表された医療従事者がいましたが、私たちも一般人で家族子どもがいて普通の生活を送る権利があると思います。


34

沖縄ではありませんが、薬局勤務の医療従事者です。 ここ数週間は陽性者が増え、薬を希望する方も増えています。 処方が出る度に隔離室や車にいる患者さんに電話をして症状を聞き、暑い中フェイスシールド、防護服を着て薬を渡します。 普通に発熱しているんですがって薬局に入ってくる人もいます。 通常業務に加えての業務が、とても多いです。 はじめてコロナが流行り出した頃に、医療従事者に補助金がありましたが、その時は薬局勤務者は対象外でした。 補助金ももらえず、日々の業務に加え、コロナ対応している医療従事者がいることもわかってほしいです。


35

医療従事者です。コロナが始まってから保育園の子供が小学生になりました。どこにも連れて行かず、触れば消毒・マスクの徹底、他の家庭よりもしつこく強く言ってしまっています。子供からは「ママが病院で働いてるからどこにも行かない。やめて欲しい」と言われ悲しい気持ちに何度もなりました。職場に持ち込んだらいけないという使命感のみで毎日頑張っています。勿論、他の職種の方でも同じような気持ちの方もいるかと思います。何も考えず外食したい、出掛けたい… いつまで続くんでしょうか。心が保ちません。


36

自身は厳しく行動制限を求められ、破って感染でもしたらここぞとばかりに叩かれる。 陽性者はそんな制限を求められず経済回すことをむしろ良きとされてきた一般人が多い。 家族に医療従事者がいるので共に厳しく制限した生活を送ってます。 休日は本当に休むだけで、奴隷とまでは言わないが、自由が無いし召使いとでも思われてる気分。 本当に環境改善しないと退職者後を立たないと思いますし、今頑張ってる方々には頭が上がらないです。


37

コロナ最前線で働いている医療従事者の方には、、、何と言葉をかけてよいものやら、、、申し訳ないと書きたくなります。自分は厳しく我慢を強いて生活している身ですが、世の中の大多数は感染しても軽い風邪程度、感染しても叱責を受けない、根本的な感染拡大抑止を考えない程度に相当おかしくなってしまっています。感染対策しているからと普通に生活している人があまりに多くいて、我慢している身にとってはストレスの毎日です。政府の行動制限を考えない緩和政策が波紋を呼んでいます。言えるとすれば、決して遊んでいる人ばかりではなく少なからず厳格に我慢をして生活している人もいることは知って欲しいです。やってられない気持ちになる事、自分にもよくあります。そんな時は冷静になるよう気を付けます。結果としてまだ自分は守れている、無茶しなくて良かったといつも思います。1度も感染せずに過ごせていますが、明日は我が身かといつも思います。


38

沖縄県民ではないですが… 高齢者施設職員もこの数年間大変な日々を過ごしています。 自分が選んだ仕事。誇りを持っています。  ですが、限界が来ているのは本当です。 正直に言いたい。本当に大変なんです。 マスクにフェイスシールド、ガウン。 高齢者は寒がりなので冷房も一定温度から下げられません。まして入浴のお世話は想像を絶します。 プライベートでは周りの人が旅行だの出掛けていたとしても、この数年間私たちの行動自粛制限がなくなった時など一度もありません。心のバランスが取れなくなっている職員がたくさんいます。 早く…コロナが特別じゃないものになって欲しい。 それが願いです。 高齢者施設職員ももっと声を上げていいと思います。


39

俺の嫁さんは病院で働いていたけど、コロナが始まって以来、生活制約が厳しくて、外食✘、人混み✘、公共交通機関✘、旅行✘、女子会✘・・可愛そうで。それに伴い俺もコロナ感染に気を使わざる得なくなり、県外出張したら、家族と離れて実家の空き家で自己隔離十日間。俺も繁華街や夜の街は行かない。2年も続けて未ださらに続ける?確かに感染して仕事仲間や患者さんに拡散させたらクラスターになりかねないし、患者さんが重症化したら大変。それを強いられる人々の忍耐だけに頼るのって非科学的で社会問題。皆が同じように制約されるなら文句もないだろうか、多分反対する人が多数派だろうし、矛盾した話になる。今後こうした感染症が絶えることなく発生するのだろう。アイデアとして、感染症に限らず災害や戦争も含めた大規模リスクに備えた考え方を具現化することも必要になると思うし、その方が合理的で効率的な何かを生み出す事ができるかもしれない。


40

冷たいようで言いにくいが、沖縄の知事は勉強しないし、教訓のない人だとつくづく思う。 病院や医療従事者など医療提供体制が継続的に行われてないし、困ったら政府に、自衛隊にという根性から抜けていない。全国から人を呼び目先の観光業ばかりを追いかけ、コロナは終わったとばかりの施策が招いた結果でしょう。 暑くて開放的になるのはあるとしても観光者含め、東京などのようにマスクしている姿など見かけない。県知事の偏った政治姿勢が混乱を招いているのでしょう。コロナ菌は無くならないし、強弱あってもこれからも続く。玉木さんには県民を啓蒙し、試行錯誤しながら良い方向に進めて貰いたい。


 


 


41

沖縄県の医療従事者です。 風邪と簡単に言われますが、日々コロナ対応をしていると症状が変化してきたことがわかります。高熱それ以上に倦怠感、頭痛、咽頭痛が強く咳が長引く場合もあります。かなりつらいです。 診療所やクリニックが何もしていない様に書かれている記載もありますが、どこも頑張ってます。それでも間に合わなくて難民化しています。 各地で発熱外来を作ってください。早く診断してとにかく対症療法ができる薬をまずはあげてほしいです。 場所を準備して、高い時給でスタッフ募集すれば時間差なら集まってくれます。軽症の発熱者の診断と初期治療ができればそれだけでもクリニックや病院負担が減ります。 入院は、独居老人や認知症で隔離できない、手のかかる人が増えていて、スタッフもいないことが問題です。 地域も家族も医療も頑張っている。でもそれ以上に病気の勢いが強い。旅行?状況をわきまえてほしいもんです。


42

医療従事者の感染症は、労災だと思います。 なので、医療費と給与は最低限補償するべきです。 仕事で感染者とどうしても接触しなければいけないんです。 マスク、消毒など対策をしても100%ではないんです。 絶対数が増えれば感染のリスクだって高くなります。 誰も好き好んで病気にはかかろうなんて思わないんです。 給与は払われない、医療費も払われない、有給は無くなる、感染のリスクは高いって医療の道に進みたいと思う人がいるでしょうか?


43

ずっとコメント読んで来て思う事。 今更ながら、何故飲食業や観光業のみ何回も補助金入るのかと。 良く考えてみたら、いの一番に医療従事者に補助金出すべきだとつくづく思った。 半年に一度でも、例え数万でも感謝は、言葉だけでは伝わらない。 対価を支払うべき。 飲食業や観光業も補助金出なかったなら医療従事者も出なくても文句は言えないが… 食べる、飲むは、水もん商売で、世の中が平和で経済が落ち着いている時しか儲からない。 だから水商売って言うと亡くなった祖父が言っていた。 世の中が混乱すると、美味しいもの食べたいなと思っても人は水もんにお金を使えなくなる。 優先順位考えるとやはり医療、物流等ライフラインに直結する所が大切では無かろうか? 医療現場の混乱は、皆さんが考えるよりももっと悲惨です! 現実をちゃんと見て欲しい!


44

政府は何だかよく分からない対策強化宣言でやってます感を出しているだけ、従来のまんえん防止や緊急事態宣言以外で観光客の流れも目に見えて止まる事も無い。沖縄の場合は入って来る人が増えて高い感染率になると医療機関が急速に飽和状態になり、陽性判定で移動も困難、島外にも出られないままホテルに缶詰状態になってしまう。最悪だし、地元の人たちも観光を犠牲にしたくは無いだろうが下手をすれば自分たちの命が保証されなくなってしまう事にもなる。コロナ関係医療従事者が本当は叫びたいのは沖縄だけではないと思うが、移動が制限される環境で次から次へと感染者が増えれば不満爆発は当然の成り行き、感染が医療従事者にも広がれば極めて危険ともなる。過去のケースからは自衛隊派遣を行う事も有ると思うが、今のところ聞こえてこない。場合によっては沖縄への航空便規制、自衛隊機で感染者、患者の本土への輸送など踏み込んだ対策も必要だろう。


45

こういう声って、県というより国には届いているのか? ってか、こんな状況は別に1,2か月前に始まったような話ではなく、前々からあったこと。 そう、こういう末端の犠牲があってこそなんとか今の状況を食い止めているのに、国は何をやってるんだ? 昨年夏以降、ワクチンの影響もあって、比較的落ち着いた時期もあった気がするが、その時期に就任した岸田は、何一つ、抜本的なコロナ対策の改善を進めようとしない。 何が気に入らないかと言えば、これだけ国が何もしていないのに、それを真っ向から批判するメディアが全然居ないこと。なんかウラで手を結んでんじゃないの?とさえ思うほど。 都合よく、制度や法律を盾に、これがあるから変えれないと、制度等々の変更に否定的な政府。 こんなことなら、まだ菅さんにやらしていたほうがマシだったんじゃないの?


46

コロナに携わる医療機関はどこも疲弊し参っている。 しかし検査を増やすとかGOtOに触れると何故か反対意見多い。 これまでもそうだが感染の波が収まった時に、次に備えて保健所機能充実とか検査薬や治療薬の確保、医療・救命救急の人、物の整備などそれこそGOTOの予算全てを投入すればかなりの部分可能なはずである。 そうでなく収まると景気のためGOTOだイベントだとなり、次の感染爆発となり、今や感染世界一であるし、死亡者は戦争の戦死者に相当する数である。 政府や専門家も2類から5類への引き下げも自信がないから、しないのだと思うがある時期大変と思うが検査を増やして、陽性者には自粛生活して貰う以外に方法ないと思う。 日本人全てが個人、会社、組織を問わずある期間不便、不自由を我満するのが一番の近道と思う。


47

医療従事者の方には、申し訳ないですけど、2桁以上の死人が出ない限り変わらないと思います。安倍さんの件もそうですが、日本は死人が出ない限り問題であることを認識できず、そのまま無茶がつづきます。ついこの間も、発熱外来を土日も行え!と、政府が圧力をかけ、医師会が抵抗していると言うニュースがありました。 毎日豪勢な食事会を開いている政治家には、現場の辛さは分かりません。 真に改善を望むなら、本当の意味での医療崩壊が必要になると思います。


48

辛いなら休めば良いのでは? 自分が耐えることの可能な負荷を見極めて、適度に休むことが大事だと思います。 限界まで頑張って、燃え尽きて2度とやらないとなるよりは、持続可能な働き方が大切なんだと思います。 現場の人が職場全体の負荷を考えてがんばる必要はありません。現場への負荷のかけ方や、人員配置は上の考えること。 担当者は出来る範囲でやれば良くて、出来ないことは出来ないと断って良いと考えています。


49

自分の意思でワクチン未摂取であるにも関わらず行動を慎むこともなく感染した挙句医療をひっ迫させてるのはどうかと思う ワクチン接種だってそれなりのリスクと覚悟をもって臨んでいるし、副反応もつらい それでも自己のためであり社会的な利益につながるからでもある 社会的なコロナ対策に対して協力できない人に対して助けてあげなければいけないものだろうかと考えてしまう 特別な理由がない限り接種義務にして何かあれば国が補償をする形にしておけばよかったのではないだろうか


50

医療従事者です。 感染しない、させない、と自分、家族に行動制限をしています。 一般の方は、出掛けたり、外食したり、と生活されており、自分の子供は、遊びに行くことも我慢させています。 なぜ、医療者が感染すると、世の中の人は、院内感染だ、自覚げない、など声をあげるのでしょう。 何も考えず、感染対策をしない方が、熱がでると、コロナかもしれない、なぜ、検査しないのか、訴えるなど、業務に支障をきたすクレームを言うのでしょう。 医療者は、業務も、心ない声にも我慢し、頑張っています。 それを理解してもらえれば、自分勝手な受診はなくなるのでは。 救える命、救えない これは現実です。 皆さん、自分の行動、受診の仕方、考えて下さい


 


 


51

コロナなどのウイルスが沖縄だけとか日本だけとかだったらまだ他の国に助けを求めることは出来ますが 今となっては全世界が新型コロナウイルスに直面している真っ最中なので 特に医療現場と保健所の人手が本当に不足していることが分かります。 自分でも言っていることは間違っていると言うことはわかっていますが一応言わせてください 医療現場はどこに行っても既に逼迫している状態なので大学の体育館や公共施設にある大きい体育館などを活用して歯科衛生士や医学部生が援護して 保健所は役所の方々なども手伝いに入れば良いと思いました。もっと増えることは確実だと思います。 いつどこの国で国全体が医療崩壊が起きてもおかしくない状況になってきています。 この記事を読んで改めて日本が危機的状況に落ち込まれていると言うことを知りました


52

コロナ感染が始まって以後医療者は行動制限を続けています。現場の大変です。一方で、感染者が増えると世間は当然の様に医療者が働きを増やすのが解決策のと声を揃えます。「発熱外来を増やせ」、「待たさず診察しろ」とか。医療費削減とか言って一般患者を診るだけで精いっぱいの状態に追い込んだのは政府です。オリンピックには無駄遣いするのに。感染が少ない時期からの長期展望に立った対応策、臨時感染対策センターのような感染増多時対策、医療者以外も含めた人材活用など、医療者のみの負担増を避けつつコロナに対応できる施策で対応いただきたいです。


53

一般の方が思う感染対策と医療従事者がやっている感染対策が違いすぎます。だから、感染者が増えると疲労がマックス以上になります。 これが変わらないなら、軽々しく5類へとか、コロナは、風邪と同じとか言ってほしくない。 医療者から見れば、経済を止めてでも感染者を減らして欲しいが本音です。 一般から見れば、ほとんどの方は、軽症で症状も軽微なためなぜこんなに休まなければ経済を止めなければ行けないの?が本音だと思います。 そのギャップが大きいのが、この疾患の特徴です。 だからと言って感染対策を緩めれるかと言えばNO だし、経済を止めて良いかもNOの状態が現状です。八方塞がりの状態、そこを理解し一般の人が行動してくれるかにかかっていると思います。 現状、医療は、逼迫して通常の診療が、脅かされる状態になってきます。ぜひ、医療に協力してください。お願いしますとしかいえないです。


54

琉球新報、沖縄タイムスの2紙は偏向新聞である事を認識して読みたい。沖縄と本土の分断を狙うなど、常に社会の分断を煽っている。 現在の医療従事者の方々の努力には頭が下がる思いだが、だからといって、「まともに守っているのがばかばかしい」とか「重症者はワクチン未接種者だけだ」などと全員が思っているだろうか。 こういった思い込みの偏向報道ではなく、医療従事者の方々の負担を軽くしたり、医療の仕組の改善方法を提案したりするなど、左派を標榜しているならもっと建設的な報道をしてもらいたい。


55

感染後一定期間がすぎ復帰するのに職場の抗原検査とPCR検査を強要され検査料も取られる。 保健所からは必要なしと言われるが、職場の規定は患者を守る為により厳しい基準にされている。 無料検査場に行きたいと希望すると、結果が出るのに2〜3日かかるし医療従事者なら早く復帰するのは当然だから職場で受けなさいと言われる。 職場の規定で職場の都合で検査を早めるならば、無料にしてほしいがそれはできないの返答ばかりで早く復帰する為に何故か金ばかりかかる。 一時金も5万貰っても税金で手取りは3万に減り、基本給が上がる事もなく、コロナ患者が増えすぎて休憩もとれずに残業は増えて牛や馬のように使われて疲れは取れずにイライラで眠れずにメンタルやられて長期病休者が増える。 人手不足も患者の要求は変わらず、現場は安心安全と命と苦痛の順番で対応するしかなく、苦情が増えると現場に問題提起されてしまう。 医療崩壊だよ。


56

方向性を間違っちゃいけない。 行動制限することでは医療逼迫は何も解決しないし、沈静化してもまた繰り返す。 全ての病院でコロナを見れるようにすること、 そうすればもともと医療リソースが不足しているわけではないのだから、大幅に改善する。 行動制限しないことに対して怒りを向けるのは違うと思う。 バンバン補助金を出すと将来世代の首を絞めることになる。 現実的に社会経済を回しながら共存を図るには、「一旦落ち着いたら」なんて悠長なことではなく、早い段階での指定変更が必要。


57

医療従事者です。  感染確認が増えている地域の医療従事者の皆様、お疲れ様です。  一般企業にも夏季休暇があるように最前線で治療にあたっている医療従事者にも家庭があり、夏季休暇が取れる様にしてあげてください。特別旅行に行けなくても贅沢は言いません。普通に過ごせるだけでいいんです。  『夏季休暇あるじゃないか!』っと思われる患者様&地域の方もいらっしゃると思います。実際、当番医や発熱外来で休みを取らない医療機関もあります。 いま一度、各自が行動確認をお願いします。


58

この記事は、にわかに信じがたいが、医師も看護師も診療科によっては、普段でも患者の命を預かっているという緊張感の中で仕事をしてる。それが今のコロナ騒動は、生死に関わる患者以外の人も入院させて負担増に拍車をかけている。変えるには、重症者以外の患者も入院させている今の国の指針を変えなきゃ無理だけど、待遇の問題は、病院内で解決してほしい。感染者が、他県に比べて突出してる問題は、あきらかに県の対応の不味さだ。国に方針転換を求めても全国的問題にならないとなかなか重い腰を上げないだろう。 。


59

前線基地にいます。 病院は一層、縛りが強なりました。 メディアで放映している通りの状況です。 最前線の方々含めて色々な感情なら中で働いています。  手当てが出るわけでもなく、自身が陽性、濃厚になった場合は有給消化もしくは病休の提案。 年度始めな為、殆どの方は病休を選択し給与が減給となります。 最前線の病院だとしても特別休暇などは殆ど出しません。補助金とありますが、申請もしません。 ワクチン接種も日曜日出勤して手当てなく、病院ならお財布へ。さて、大変なのは仕方ないですが、病院経営、運営、裏側にも目を向けて欲しいなと。  医療福祉、子供分野まで、勿論、その他多くの業種、本当に頭を悩まして生活し仕事をしています。 人間性、経営手腕、実経営、色々なものが見えてきたので、これを機会に改善して欲しい我が分野としてグレーで終わりにしときます。


60

ケアマネージャーです。自分自身の家族も罹患し、私自身濃厚接触者ですが正直休んでいられません。実際罹患していても、休んでいない同業者がいます。 何故なら、罹患し、自宅療養を余儀なくされる利用者の介護サービスの調整に奔放しまし。不足の場合は、利用者が独居などの場合は買い物やら身体的なケアまでを担います。家族以上の役割を担っています。 臨床のスタッフには頭が上がりませんが、在宅を支える現場職員もそろそろ限界です。


 


 


61

程度の差こそあれ、医療従事者に限らず公的機関で働く者や責任の重い仕事についている者も、いまだに外食を抑えたり行動制限したりしています。感染したら出勤できなくなるし、検査やら隔離やらで大変なことになりますからね。国や自治体が行動制限をしなくても、サラリーマンなど組織に属している人は皆そうではないですか? 「行動制限のない3年ぶりの夏休み」などとマスコミは報じているけど、経済を回そうとスポンサーの意向などもあるのでしょうけど、多くの人は不安を抱えていると思います。


62

医療・介護従事者です。 世の中は今の感染者急増に対しても各地方任せ、行動制限もあまり変わっていない反面、各医療機関は大小限らず発熱外来が増えて仕事の圧迫に繋がってます。さらに家族のまわりで陽性者が出ても高齢者への安全上政府が出している自宅待機日数ではなくデルタ株時の自宅待機日数を継続しているため待機者が増えれば休みを変更して出勤しなければならない事もあります。 テレビで人混みや連休で県外まで遊びにいってるのをみると、友達ともコロナ以降会えてない、外食も1、2回しか行けていないなど格差を感じてしまいます。 経済を回す事ももちろん大切だと思いますが、それを重視して医療・介護の現場は考えてもらえないのでしょうか?せめて感染者が増加傾向の時は緊急事態宣言とは言わないも国、県レベルで早めに行動自粛などの発信はして負担軽減に助力はして欲しいです。


63

最近、急性期病院から高齢者施設に転職した看護師です。 驚くほどに危険意識がないなと痛感してます。 感染者のいる施設にデイサービスに行くし(スタッフは一緒)、クラスターが起きてるのに家族の面会はストップがかからない(家族は知らないので普通にサージカルマスクのみではいる)、保健所の指導は 守らないわで、こんなに理解が得られない場所だとは思いませんでした。


64

医療従事者も人間。過度なストレスがかかると燃え尽き症候群のようになる可能性もある。どうかなる前に仕事放棄とかお手上げ状態になっても責めることはできない。現場は戦場と化しているものと想像。 こういう時は、上の方針に従わずに現場で独自の対応策を講じても良いように思う。非常事態ですから。 知事判断、病院長判断などで切り抜けるしかないのでは? 外部の人間が無責任なアドバイスをするようで気が引けますが・・。


65

経済のために無介入路線の政府方針は、結局は飲食店や医療現場に大きな負担となり、最後には経済を困窮させている。また、覚悟を決めてコロナに対峙しようにも、感染後の防御策としてのカロナールは購入規制。。少し先に起こりうる問題くらいは先読みした政府方針を、なぜ2年の経験や海外事例から真剣に講じようとしないのか、謎で仕方ないです。結局のところ、日本の政府は選挙の票読でしか物事を考えられないので思い切った決定がいつも出来てないような気がします。


66

沖縄に関して疑問なのが、 空港や港での水際対策をなぜ強化しないのか?と言う疑問。 他県と違い入県ルートがこの2つに限られる。 ここからの感染者流入を制限すれば、感染拡大のペースが多少は鈍化すると思う。 知事が基地問題並みにリーダーシップをとればいいのだけどね。


67

頑張っている医療従事者の方々には本当に感謝しなければいけない。 ただ一方でこういった現場の声には国がしっかり対応しなければいけない。思うのは去年医療崩壊が叫ばれていたときに想定できていた事でコロナ自体を医療崩壊しないような扱いに変えることしかないと思う。検討、検討、検討、、、国は早くやれといいたい。まじで判断遅すぎる。


68

分かりますが、政府というより沖縄県知事に文句言って欲しい。政府に言うよりマスコミや風邪と同じと言ってる人に言うべきです。若い人にとっては風邪かもしれませんが70歳以上にとっては違います。病気の人にとっても違います。医者や看護師さんにとっても違います。同じならマスクも防護服も無しで診療します。発熱外来なんかいりません。個人病院だって発熱外来の出来る場所が無ければ、発熱者の治療しないと思います。クラスターになっちゃいます。感染力の強さが半端ない。医療者以上に老人ホームなどで働く人は可哀そうだと思う。でも風邪だから平気だという人が半分くらいいます。誰かが犠牲になるんだと思う。楽しく飲んで遊んでる人がいると思えばそんな人がいないと生活できない人もいる。それによって被害を受けたり感染させられたりして重症になったり死ぬ人もいる。ある意味社会の許容度が何処にあるかで決まる。全てOKは無い。


69

医療従事者の方々には頭が下がります。せめて感染したり、濃厚接触者になった場合の休みは休暇や年休ではなく免除されるべきだと思うけど、労働時間や 人手不足など、もう限界になってる状況なんだと思います。 救急や医療従事者の方々が報われる制度を国や行政ですべきだと思います。


70

医療従事者向けのメンタルケアチームを編成したと言うが、問題はそこではないのでしょう。 現在の状況に追い込まれている原因として、過酷な日常業務に加えて会食や旅行などの私生活への制限がかかっている事や、負担増に応じた収入増どころか、収入減になりかねない現状があるためです。 医療従事者は職業の一つであって、兵隊でも何でもありません。 それを自己犠牲や使命感で頑張っているなどと言われるのは迷惑でしかありません。 世間的に見てコロナ禍前から決して優遇されているとは言い難い待遇で、更に過酷さを増している中で、何の支援もないに等しい事が問題なのです。


 


 


71

関東、医療従事者です。 医療従事者の陽性者も増えており休み返上で最低限、もしくは足りない人数で業務に当たっている状況です。 重症患者を少ない人数で看ているため、精神的にも肉体的にもキツイです。 病棟内でも感染者が増え機能していない病棟もあります。 規制が緩和されていますが緩和されればされるほど陽性者が増え医療崩壊に繋がっていると感じます。 私が働いている病院は医療崩壊しつつあります。 経済を回すことも大切ですが、医療崩壊したらそれこそ経済は回らなくなると思います。


72

医療従事者や飲食関係者に焦点が当たることが多いけど、その影で誰にも知られずに苦労してる業種も多い。知人が鉄道関係に努めているが、コロナによる乗車減で給料は下がったのに、ダイヤを守るために外食などの行動制限はずっとかかったままだと言っていた。国から補助もなく昨年度決算は大赤字で低い昇給になり、今後コロナが収まる展望もしばらく見えないため転職を考えているとのこと。ぜひこのような業界も取り上げてほしい。


73

思うのですが… 医療従事者、保育士、介護関係…人と接する仕事の方々は、コロナ禍になってから我慢の連続でしょう… 経済回す、行動制限しない、旅行や祭りに行くのが普通…爆発的増加中でも、関係なく行動する人が増えていて、医療、保育、介護関係の方々は置いてきぼり。 「医療従事者の方々へ感謝を!」なんて、それを行動で示して欲しいと思っているでしょう。 まだまだ増えますよ。私は、家族に基礎疾患あるので、やっぱりかかりたくはない。夏休みですが、健康ファーストで乗り切りたい。


74

医療従事者です。沖縄以外ですがまったく同じ状況です。 世間では行動制限はしません、基本的な感染対策をしてもらえば会食も旅行もOKなんて風潮ですが、医療現場では同居の家族以外との会食や旅行も禁止です。自由に会食や旅行をして、ワクチン接種もしていない人たちが陽性になり医療を圧迫しているのを何とかしてほしい。だんなさんが会食で陽性になった妊婦さんがその後陽性になり、入院になって帝王切開で出産して、コロナのために子供にもすぐに会えないなんてことが多数です。保育所や幼稚園で子供と同じクラスでコロナが発生するとその親も出勤停止となり、残された人で現場を回さないといけません。ほんとにコロナを見ている病院や診療所は疲弊しています。せめて手当だけでもと思いますが患者減で収入が減る中それも難しい状況です。医師や看護師だけでなく、医療現場で働くすべての職種が疲弊していることをもっと知ってほしいと思います。


75

医療従事者です。 日本の病院は本当に素晴らしい。 外国にいる妹がコロナにかかった時は抗原検査でわかり医者に連絡したけれども家でじっとしていなさい。の一言で何の支援もケアもなく、医者にかかれば高額請求なため熱と咳が続いても自力で耐えたそうです。 日本は医療を受けれる事が当たり前になっていてそのような認識も変えた方がいいと思いました。医者も看護師も人間。専門家ではありますがだからこそ、本当に治療が必要な人を優先にしたい。 コロナの発熱外来検査や問診は資格のないボランティアでも出来ると思いますがやってくれる方どのくらいいますかね?医療従事者に文句を言う前に力を貸していただきたい。 医師会も何で黙っているのか不思議です。 現場の声をどんどん伝えて日本の体質変えて欲しい。


76

今のコロナは感染力は強いが重症化率は低い。政府も行動制限はしないし、県知事会でも感染症ランク引き下げの要望もあるぐらいだ。医療従事者の方も感染リスクはあるけど、そういうランクダウンの方向性をにらんで重症患者にある程度特化してリソースを振り向けるしか無いのでは?感染者数は増えてるから、全てを今まで通りには無理でしょう。


77

政府は大きな波を6度も経験しているのに根本的な対策を 全く考えていない証拠ですよね。 原発事故のときとは違い、想定外の波は必ず来ることは 容易に想像できるはずです。 予想外の波が来たとき、国民のとるであろう行動を分析して 分かりやすく数値で目安を示すことで国民の混乱をなくす ことが医療現場の負担を減らすことに繋がると思います。 例えば、 蔓延防止発令時・または公表患者数何人以上の場合は 中症者(血中酸素飽和89%以下など)以下は自宅療養にする こと、など大まかに分けて周知しやすく覚えやすいガイド ラインを教えてもらえるとありがたいです。


78

私は医療や介護にかかわってはいませんが己の身や家族の身を守るのともし感染し職場や医療に迷惑を掛けないために外食も行動も控えてます、確かに外食や観光を楽しむ方がテレビで映されてますが羨ましいとは思いません、病院への問い合わせで支障が出てるなら対策として県がコールセンター(コロナも一般も受け付ける)を設け会話の内容から病院での診療が必要と思われる場合に病院へ接続するとかしたらどうでしょうか。あと酷な言い方かもしれませんがコロナ感染は自己の感染予防に気が緩んだか疎かになったことが原因だと思いますのでそういった方々は基本自宅療養でお願いしたいです。


79

日本では医療を提供されることは当たり前だと思っていて、患者は医療を受けることは当たり前だと思っている。 今、現状は違ってきています。通常の医療を提供することが難しくなることがある。通常医療を提供するために我慢したり、行動規制したりしている人がいることを知って欲しいです。 医療従事者は院内、施設内にコロナを持ち込んでクラスターを起こしてしまったら、外来や入退院をストップ、通常業務もストップしないもいけない。 患者さんや同僚に迷惑をかけないように本当に気をつけています。 経済を止めてはいけないということはわかるけど、これだけ感染者が増えてるのに飲み会して、そこで感染者が出たからと大騒ぎを始めるのはやめて欲しい。 マスクせずに趣味の合唱をする高齢者、なぜ自分だけは大丈夫だと対策しないのか。 感染対策は自分のためにも。ですが、他人のためにもしないといけない。


80

同僚のお子さんの保育園で陽性者が出た場合、漏れ無く全ての園児が登園をする為には検査を受けて都度陰性を証明する必要があると嘆いていました。 同僚もその対応で業務に穴が開く事もあるので振り回されて大変だなと感じますが、その一方でその検査に対応している医療従事者の疲弊具合は推して知るべしになりますから、都度検査の煩わしさが顔や態度に表れないぐらいの気遣いは必要ですね。


 


 


81

>県内のコロナ治療の一端を担う医療従事者は「N95マスクや手袋、ガウンを2重にした格好で、もはやサウナスーツを着ている気分だが、換気などで室温調整が難しく、熱中症になりそうな環境で仕事をしている」と過酷さを吐露する。 新型コロナウイルスはエアロゾル感染が殆どだということが海外のいくつもの研究でとっくに明らかになっているにも関わらず、日本においては、国立感染症研究所や厚労省が、飛沫感染、接触感染が中心だとする自分たちのこれまでの主張が間違いだったことを認めたくない一心で、これら海外の研究結果を頑なに無視し続けているため、医療従事者はいまだに接触感染対策のガウンを着用し続ける羽目になっているのが現状。 文句を言うなら、自分たちのメンツのため、現場の医療従事者に対し、科学的根拠を失った接触感染対策をいまだに強いている国立感染症研究所と厚労省に言うべきです。


82

この随分と長くなってしまったコロナ禍で一番割りを食ってるのは医療従事者だと思う。 最前線で体張ってるのに一番報われてないと言ってもいい。 何で国はここにろくな手当をしないのかね? 仕事の量は減らせないなら経済的に報いるなり 待遇をめちゃくちゃ良く出来る様に支援して従事したい人間を呼び込むとか いくらでも出来たはず。 これからもコロナに限らず脅威となるさまざまな感染症が発生した際に 医療を担う人らが居ないだの医療を志す人らが居ないでは困るだろうに。 他にも担い手が居なくなっては困る職はあるがそういう業種はやはり国が守って育成しないことには、ましてはブラックな環境放置とかしてたらいかんよ。


83

ウィズコロナ 一般的にはその方向で納得しているのだろうけど 医療関係者だけは行動制限かけてくれと表いるだろうな。ウィズコロナで感染してもしかたないけど感染したほとんどの人がら医療機関へ行くのでは医療崩壊に向かうだろうな。厚労省は新型コロナの専門薬の認可を迅速にしたほうが良い。そうなればインフルエンザと同様になる。例えば1年間等の時限認可でも構わないので。その間に効き目の臨床はとれる。


84

個人的には、コロナの受診はもっとハードルを上げていいと思う。 かかりつけ医がいないということは、基礎疾患なしということだから、かかりつけ医以外で受診する場合は、大きな病院に紹介状なしで受診する時みたいな特別料金を徴収するとか。 そうすれば少しは感染予防の動機づけになるだろう。 そもそも何でもかんでも病院に背負わせすぎだと思う。 検査や予約受付、クレーム処理、清掃や消毒など、医者や看護師でなくてもできること、システムで負担軽減できることは、どんどん他業種に分担して、負荷分散するべき。 そして各個人がきちんと対策して感染しないように努力することも、負荷分散の一つ。 誰かが自分を助けてくれるだろうと、他人の犠牲を当たり前に期待して、自分だけ好き勝手にやって許されるのは3歳児くらいまでだと思う。


85

私は、とある病院に先週緊急入院した者です、今思うとこの様な次世に自己の健康管理のいたらなしさで病院の先生方や昼夜を問わず介護して頂き心から感謝しております。 皆様どうか今の医療状況をこれ以上逼迫させる事がない様に、一人一人が身を謹んで 行動、言動すべき時と考えます、。 医療従事者の方々の負担を減らすべく私達は行動しましょう。 このままだと二次的に、助かる命も助からなくなる状態に成りかねません、その助からなく命が貴方の大切な人にならない為にも、。


86

医療従事者には敬意を表します。 全国民が大迷惑をかけているのだと自覚もあります。 でも、ここで声を上げるのではなく。 ご自身が勤務している病院や医療機関か、 行政に訴えてください。 環境や今の状況を変えるように今まで何を努力してきたのか?コメントで教えてください。 感染が落ちつていた頃、どう環境を変えるように個人が訴えてきたかを。 それをやはり、厚労省なり医療機関を司る部門に訴えるべきでは。 これでも医療従事者以外の仕事の国民も感染に怯えながら仕事をしてる方々等いると思います。 ゴミ収集の仕事の方々は何に触れるか全くわからないのに頑張ってくれています。 医療従事者は感染の間近にいて、外出禁止、外食禁止で頑張ってると思います。 だけど、子供たちは学校で黙食し遊びも以前より制限され沢山我慢をしてくれています。 少しでも医療従事者自ら公に訴えて状況が改善されることを祈ります。


87

もう、行動制限を政府が、全国に発令しないとまずくなってきた。 来週辺りから、沖縄に限らず、夏休みで国民は気を緩みがちになり、日本全国に移動し始める。 そうすると、必然的にコロナ感染が増幅する。 経済を止めないのは重要だけど、インフルエンザの発症率と、コロナの発症率とは、雲泥の差。 又、インフルエンザは、冬場の流行病だけど コロナは、一年365日発症の危険性がある。 又、一度では無く、再発率も異常に高い。 よって、今回のコロナ株を止めるのは、まずは行動制限をかけて様子をみるべき。 余りにも毎日異常な患者数。 これでは、テレワーク出来ない会社や、店舗 、又、保育園などなど。 感染し易い環境になって、患者が休んで、上手く回らなくなってきたのも事実。 一日でも早く行動制限をかけ、予防接種の推奨をするべきだと思う。


88

ニュースより引用  岸田総理大臣「従来の飲食店よりも家庭であったり学校であったり、そうした場所からの発生が多く報告されている。従来型の一律の行動制限というのではなくて、こうした特性に合わせたメリハリのきいた感染対策を行わなければいけない」  また、都道府県が独自にBA.5対策強化宣言を出せるようにした狙いについては「地方がそれぞれの事情に合わせた対策を講じられるように国がしっかりとバックアップして支援していく」 政府としてとにかく急げよ! 医療機関が崩壊状態なのよ!


89

記事の一番最後に、取材を受けた医師が「地域の診療所や、かかりつけ医が症状の軽いコロナ患者を診察するなど仕組みの改善が必要だとも指摘した」とあり、やはりここに行き着くのだと思う。 もはや感染拡大をどう止めるのかは問題ではなく個々の責任でやること。そのために国は(いろいろ意見はあるのはともかく)ワクチンなり、体調が悪い人の検査や自分でできる検査キットの用意などをすべき。 その上で町医者への負担を分配することは避けられない。今は高熱などの明確な発症者を救うことにリソースを割かないと、この記事にあるような大病院はコロナ治療以外何もできない。 ウイルス自体ではなく、わざとパニックを起こしている人間たちのせいで医療崩壊と疲弊が進んでいる。これは完全に人災。


90

医療従事者です。医院ですが、コロナ抗原検査をしているので、感染者の増加に伴い、来院患者数も増えてます。予防衣を着ての炎天下での検査で、熱中症になりそうです。それでも、事務の人は、もっと受けろというし、ワクチン接種に健診と仕事が山積みです。 医師通しの縄張り意識をなくして、ワクチン接種はここ。健診は何々病院。発熱のある人は、どこそこと決めてまわせば良いと思うのですが。あれもこれもしようとするから、ロスが出てくると思うのですが。 せめて、予防衣着用は勘弁してほしいです。


 


 


91

沖縄から帰ってきたという方に話を聞きました。暑いし、マスク着用率が低いのだと。海外では、ノーマスクだからという理論らしいがこればかりは海外見習わない方が良さそう。 関東では、かの第一波の時や、昨年の夏の流行のように、命懸けで救急突破した様な人はいませんし、高熱が出たけれど数日で下がり隔離期間後すぐに通常生活に戻られる方ばかりです。それでも皆、油断せずしっかりマスクをしてくれています。


92

この2年半以上ずっとコロナ最前線で自粛しながら頑張ってこられてる医療従事者始めとするエッセンシャルワーカーの方々には感謝しかない。心身疲弊状態で特に7波の今限界に来つつあるのでは。 現在エッセンシャルワーカーの方々の負担を軽減し、医療崩壊を防止する為2類の見直しが議論されてるが、医師の中には準備の整ってない中での2類変更に反対の方もおられる様で意外で少し驚いた。実際2類のままでいい、5類にするのは時期尚早で更に負担になるとお考えの医療関係者が多いのならそれでいいのかもしれない。 個人的には仕事柄また高齢者との同居もあり、ワクチン接種済ませ、この3年近く必要最低限の外出のみで、それなりにエッセンシャルワーカー程ではないが自粛生活続けてる。 誰でもどこでもいつでも感染する重篤化の低い現コロナは5類にして一般病院でみて欲しい。政府は診療にアクセスできないこの不安な状況にいつ迄耐えろと強いるのか。


93

コロナの感染爆発で医療現場は過酷極まりない状態が続いている。特に沖縄は酷い。ところが岸田政権は経済優先で何の対策も打たず放ったらかし。  打開策として2類を5類にする案を主張する人もいるが、コロナは後遺症もある怖い病気であることには変わりはない。それよりも現在、コロナ対応する病院、医院は限られているのが医療ひっ迫を招く最大原因。内科系、呼吸器系医院、病院ならすべての医療機関は診療、治療に当たる様にべきである。  普段は診療報酬等で国から手厚い保護を受けてんねんから、こういう国難の時には医療従事者としての責務を果たすべきやろ。


94

沖縄県庁の対応が悪かった。ワクチン強制的に接種する必要があった。会社の同僚はワクチンは三回接種していましたが、家族から感染発熱で休みです。その人がコロナで休みましたのでしわ寄せは私にきました。夏休みは取り消しです。私の担当ではありませんが出張して仕事をこなす有り様です。ワクチン接種しても感染しますので、ワクチン接種しない方々はもろに影響を与えます。沖縄県の対応が悪いのは、感染が他の地域より秀でています。新たな対応が必要では?


95

コロナ病棟で勤務している人の中にはかなりピリピリしていて少し会話するだけでも怒っている様な責められる様な話し方をする人もいて、それだけ精神的負担がものすごく大きいのだと感じさせられます。 私の勤務している病院では、体調が悪いのに黙って入院して、入院直後に陽性と判明し、その後関わったスタッフのPCR 等でばたついた事もあります。体調不良時は自ら早めに申告して頂きたいというのが心情です。 そしてこの記事の沖縄の方の様に、医療従事者として責任ある行動を、と行動制限がかけられる中、知人の職場では歓迎会や送別会で呑みに集まったり大勢でバーベキューをしたり。必ずしも駄目だとは言いませんがここまで職種で考え方に差があるとまだまだ感染者が増え、更なる医療圧迫に不安を感じます。


96

医療機関で働くものです。 でも、医師や看護師ではありません。事務です。患者さんとはほぼ接しませんが、医師とは接します。だから、行動制限が厳しいです。入院施設のある病院はさらに厳しくなります。葬儀もなかなかいけません。強制はされませんが、自宅待機を言われます。子供さんが県外にいらっしゃる方は、自宅待機の自責の念から病院を去っていきました。今、マスクをしていない方が増えてきました。副反応に耐えながらワクチン接種をし、どこにもいけず、親戚の葬儀もまともにいけず、抗原検査ばかりしている状況はストレスで押しつぶされそうです。インフルエンザの扱いにし、検査費、治療費、入院費を自己負担にするか、続けるならこれほど生活を制限し、医療費も給付金対象でもなく、一度もかからなかった人にそろそろご褒美がほしいと思います。


97

高齢者のワクチン未接種者が沖縄で極めて多いとすれば、それは、国ではなく県の対応が問題なのだと思います。 私は、関西の某市で暮らしていますが、月明けには、4回目のワクチン接種が実施されるので、先般、奥さんと2人分の申し込みをしました。 他県では、結構、接種出来ているのに、沖縄県だけが、そんなに対応が遅れているのだとすれば、それは国の問題ではなく県の対応が遅れているのではないでしょうか?? 観光立県なので、外部から持ち込まれることも多いでしょうが、然し、やってくる人たちも、接種済みの人が大半だと思います。


98

ワクチン未接種の患者の治療費は、全額個人負担にするべき ワクチン接種者の重症化が少ないということの裏返しで、未接種者の重症化が医療機関の負担増になっていることは明らかでしょうから。医療従事者を守る意味でも、無償対応ではなく、有償にすることで、ワクチン接種も進むことになるのではないでしょうか。 5類の議論になっておりますが、ワクチン接種、PCR検査の無料は、継続し、ワクチン接種者の治療費も無料にし、未接種者は、軽症者受入施設や、医療費を全額自己負担で良いのではないかと思われます。


99

岸田政権の無策が結果、医療に関わる人達を犠牲にしている。経済活動を優先するとか言っているが国民に対して制限はしないが自己犠牲が伴う事、医療の崩壊、結果陽性となったら必要な医療を受けられない事になる事のアピールが足りない為現状既に遅く、社会インフラの崩壊をもたらす事になる。全ては今迄のワクチン接種の優先順位を狂わした事の責任は大きな過ちだった。挙げ句の果てにインフルエンザと同じ扱いにするとか言い出す有様、インフルエンザとはまだまだ比べ物にならない感染力と重症度が違いすぎるが何処の医院やクリニックでも診てもらい薬や点滴などの治療を受けられる様にするしかないとは思うが今度は薬が足りないとかいう事態になるのかもしれない結局は政権の無策の結果多くの犠牲者が出るんだと思う。


100

地方行政の最高責任者である玉城知事に医療従事者の実態が全く伝わっていないとしか思えない非常に残念です。最後の砦である医療体制が瓦解した場合、沖縄県ならびに県民の他県からの視線はより厳しいものとなることは十二分に予想されます。  今後、これまで同様に自由にするのか、行動制限を復活するのか?沖縄県の地方行政最高責任者にお尋ねしたい。