最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

自宅療養“病状急変” 救急隊“100件電話”も搬送先なし…“感染から半日”男性死亡

 

 先月31日は、全国で確認された新規感染者は19万人を超えました。日曜日としては、過去最多です。感染者の増加に伴って、医療の現場は逼迫(ひっぱく)しています。救急隊が100件電話しても、搬送先の病院が見つからず、自宅で亡くなるという患者も出ています。


ニュース速報

 

 イイネ

1

この奥様は覚悟していたようですが、本来なら助かるはずなのに、要請したタイミングのせいで助からない。家族にしたら、運が悪かったで済ませたくないですよね。 うちも、コロナ前ですが息子が大怪我をして救急車を呼んだ時、手術してくれる外科の先生が見つからなくて何箇所もずーっと救急隊の方に搬送先を探してもらった経験があります。一刻も早くという怪我の内容でしたが、問い合わせたのは10箇所にも満たないですが、決まらなかった数十分間、本当に長く長く感じました。この奥様の心境を思うと切ないです。。 交通事故など不慮の事故が起こっても助からない可能性が高くなるということですよね。やはり異常なことだと思います。混み合う中にも、緊急案件の人がちゃんと優先される医療であって欲しいなと思います。


2

コロナ禍での救急車の活動を間近で見る機会があったが、とにかくアナログすぎて気の毒になる。 なぜ現場の救急隊が救急車の中から病院に電話をかけて状況を説明して断られて、また別の病院に電話して状況を説明して断られて、を延々と繰り返さなければならないのか。 救急車からの情報で一元的に病院へ受入れ確認できるシステムがあればどれほど時間と労力の短縮になるだろうか。 とにかくこの分野はデジタル化が急務であり、一刻も早い予算配分と環境整備を求める。


3

病院側もコロナに関係なく重症者じゃないと受け入れないし、症状が落ち着いた患者はもちろん、今は多少きつくても電話やオンラインで経過を診れる患者は退院してもらい、できる限り病床を空ける努力をしてもなおこういう状態です。 こういうニュースでは他人事かもしれませんが、いつ自分の身近な家族にこういう事態が起こってもおかしくない状況です。 持病を抱える家族、高齢な家族にうつさないためにどうすれば良いか、重症化させないためにどうしたら良いのか、しっかり考えて行動しないと大切な家族が亡くなってからでは遅いです。


4

救急車に家族の命を救われた経験からすれば(コロナ前)救急車を何時間も電話係に使うことは、他の一分一秒を争う病気の人の命も奪うことになる。まずその仕組みを変えてほしい。保健所が引き継ぐとか。役所が何か部署を作るとか。人手がないのは救急車も同じ。救急車はコロナ以外の命もたくさん救える。 というか救急車でしか救えない命がある。


5

ノーマスク勢とかコロナはただの風邪とか言っている人たちに読んでもらいたいね。 最初の頃よりは確かに弱毒化しているかもしれない。 でも持病がある人たちにとってはコロナにかかるってことはとてもリスクのあることなんだよ。 そういう人たちのためにも少しでも感染リスクを下げてあげる、つまり社会全体の感染者数を抑えることは必要なんじゃないのかな。 あまり取り上げられないけどコロナ後遺症で悩んでいる人もいる。 罹らないに越したことはない。 自分が良ければそれでいいって人たちが増えれば、コロナの問題に限らず、日本は寂しい社会になり衰退していくだろうね。


6

このままでいいのかな?って思うよ。 行動制限をかけるのを反対する人も多いと思うが、自宅でなくなる方が増えてるのは事実。 高齢者だけを行動制限をかけてるが、高齢者が直に感染してるのか? 家族から感染も多いと思うんだけど。 それにコロナでなくても熱があれば救急で見てもらえなくなってるとは思うよ。 昨年だが知人の親が自宅で倒れ微熱があったため近くの病院は全て断られた。 救急車の中で5時間。 その後、亡くなりました。 コロナではない。早く対応してもらえてたら助かったと思うんだが。 医療逼迫を無くすための行動制限は必要だと思う。


7

重症化する可能性の高い人に医療が行き渡るようにするために、重症化の確率がほとんど無い人は軽い症状があってもすぐに病院などに行くのではなく、しばらく様子を見てからにし、医療逼迫を避けるようにする必要があるのではないか。 今の二類相当の枠組みの中では難しい、となれば枠組みを変えるべきだと思う。


8

奥さんは、末期がんのこともあって、元々看取りの覚悟はできていて、落ち着いて受け止めているように見える。 しかし、そのことと搬送先が見つからない問題とは全く別だ。 どう考えても、中等症以下の患者に医療リソースを割きすぎではないか。 自分は素人なので、世間でよく言われる5類に下げるとの議論が具体的に何を意味するのかはよく分からないが、数千人~1万人に1人程度しか重症化しないもので医療機関がパンクするなんてどうかしているとしか思えない。 風邪やインフルと同じとは言わないけど、この程度の者なら症状を抑える薬を出して家に帰して様子を見させるというのが普通じゃないのか。 一方で、こういう明らかに要注意患者がどんなに問い合わせても搬送できないって、去年から何も改善してないじゃん。


9

経済を回し医療が逼迫しないように方針を組まれていますが、感染者数が増えればそれに比例して重症者や死者が増えるのでこのままでは医療が回らなくなります。だんだんと感染しやすさの倍率が上がっているのが気になります。新しく出た株が重症化率の高い株だったりしたら社会は混乱すると思います。今の政府の最近の動きを見ているとなったらなった時に考えようという姿勢に見えます。国民の納得いくような説明をお願いします。


10

日本は負担無しに救急隊を頼れる。 それは良いことかもしれないけど、限りあるリソースを容易に消費していることに他ならない。 救急隊の出動件数が増えて到着が遅くなる、その救急隊が運び込む先が無く応急処置のまま放置される。 今では119が1分近い呼び出しなんてことまで発生してる。 これだけ感染者が増えると自分で注意しても限界あるが、感染防止を甘く見る人が増えれば悪化するだけだよ。


 


 

TESTING130


11

過去にも同じ現象が起きた 発熱外来に電話がつながらない 救急車呼んでもなかなか来ない 来ても搬送先が見つからない 何時まで同じことをくりかえすの? 発熱外来緊急臨時受付センターを展示場など広いところに設置せよ! 自衛隊に緊急出動でセンターを設置し 今回は感染者人数は過去になく多いが、幸い重症化は免れている ならばこそ、受付をつながるようにし、そこでトリアージュし 適切な指示を出して、搬送すべきか、入院か、自宅療養か 自宅療養者ならウーバーに薬と食料の配達を依頼する 空いているホテルの手配、救急の搬送先の選択、と救急車の配車 あちこちでやらず、一か所でまとめることこそ、仕分けができる すぐにやるべき


12

このような記事は辛い。 でもこの方は何処で感染したんだろう。高齢者制限とか言っているが、高齢者施設とか通院している病院での感染だとしたら、やはりウイルスのキャリアを減じる対策をしないと、次から次と感染者が発生するようでは、医療逼迫の改善には、自然にコロナが治まるまで厳しいな。 元来、高齢者は一部を除いては活動的ではないから、高齢者制限よりも若年層へ行動制限ではなく、検査キットを配布するなどする、キャリアを減じる対策が効果は期待できると思う。 今はキャリアが多すぎるからみえる効果は無いね。 医療逼迫が改善しないのでは、ウィズコロナは無理でしょう。


13

ニュースを見ていたが、効率が悪すぎる コロナ患者に関してはどこも受け入れが困難な状態なのがわかっているのに救急隊が出動し、何時間も受け入れ要請で時間を食い、結局搬送先が見つからず救急隊が引き上げるということの繰り返し コロナに関してはある程度犠牲も想定し、救急隊ではなく別に医師か看護師を乗せた専用の搬送車を派遣してトリアージしてコロナの宿泊施設に搬送 悪化した患者のみ受け入れ病院に搬送すべき 効率化を優先して死亡責任を負うくらいなら救急のキャパ不足で死亡した方がいいって風潮を考え直し、政府がそれを許可しないとダメだと思う 脳梗塞や心疾患や重篤な外傷等時間を争う患者のために救急隊は担保しておくべきだ


14

これはさ、救急隊が1件1件電話で受け入れ可能か確認をしなければならないシステムにも問題があるんじゃないだろうか。 行政は病床使用率を毎日更新し把握できているんだから、どこの病院がどういった状況なのかを救急隊の現在位置から近い順に表示できるようなシステム作れるでしょう。 受入要請は確認の為に電話も必要かもしれないけれどね。 コロナ以前にも病院のたらい回しで命を失ったという事はあるのだから、受入可能な病院を探すという救急隊の負担を少しでも解消できるようにならないものかな。 そうでないと病床使用率がまだ空いているという情報が全くの無駄だよ。


15

「医療機関ひっ迫」の原因は必ずしも「感染者急増」だけではないと思う。 普通の風邪であれば、 無症状、軽症は普通通り生活しているだろうし、 ある程度症状が強まれば第一選択肢は市販薬だとうし、 それでもダメであれば初めて受診でしょう。 2類相当で対応している今は入院や隔離、自宅療養の強制力?があるから 感染者数が増えれば自ずと入院とかが増えるけど、 そろそろ症状に応じて対応をガラっと変える時期だと思う。 いたずらに数を挙げてしまうPCR検査は有償化し、 (医師が必要としたものは公費対応) 無症状は普通通り生活を、 軽症レベルはひとまず市販薬で対応を、 それ以上または基礎疾患を有する患者は受診を、 感染症分類は、とっとと5類相当へ。 受診したいときに受診できる体制をつくるため、 システムから見直すべき。


16

これは切ないですね。こういうことが今日々起きているということでしょう。これがもし自分の家族だったらと思うと。。救急隊が現場で症状の大きさ判断してから病院を探すっていうシステムはどうしようもないのかな。受け入れ病院も電話の内容からトリアージ的な判断をせざるを得ない状況なんでしょう。政府も5類への格下げを検討し始めたようですが、助けられる命を助けられない状況からの1日でも早い脱却を。


17

コロナを2類に下げるとか言う前にこの状況を打破する改善対策して欲しいですね。今迄も何度も医療崩壊と騒いでもほとんど何も変わっていない、保健所、厚労省、病院のスムーズな流れを作るネットワーク網を確立して重症患者を搬送出来る体制作りが何よりも急ぐべきではないでしょうか。多分この事例だけでなく同様の事態が多々あると思います。特にコロナがこの先無くなる事は無いと言われているのなら、この先一時的にまた患者が減っても、同じ事態になるのだから、しっかりした体制強化をして欲しいと思います。これは国家事業として国全体の総力をあげて取り組みべきだと思います。


18

東京のシステムがどうなってんのかよくわからないんだけど、自分が働いてる地方では基本的に医者が入院先を見つけてから救急隊を呼ぶことになってる。でなきゃ、ただでさえ足りない救急隊を電話係として拘束するはめになって、他の現場への出動がさらに遅れる。 あとこういう陽性確定例は救急外来を経由しない入院ルートがあるので、医者が保健所や受け入れ病院に直接連絡して入院の必要性を説明すればそっちから調整することもできるはず。 それでも見つからない可能性はあるけど、この往診医の対応には疑問が多すぎる。


19

今の病床状況では命の選別も実際あると思います。末期がんで在宅療養されてる方なので最期は自宅でと思って在宅療養されてると思う。それがコロナになったからと言っても受け入れられる病院は今の病床状況ではほぼないです。 回復の見込みがない方より回復できる可能性のある方にベッド使った方が救命率は上がります。それがトリアージです。


20

そもそもなぜこんなに医療機関と救急が逼迫するのか? もちろん、感染者の爆発もあるだろうが近医にすぐかかれて、薬を飲めばここまでになることはないのではないか? 7月感染者が多かったものの安定していた時期に、こうなることはわかってて、なぜもっと迅速に議論しなかったのか? 経済を回すことと並行して、5類にするのか、 医療機関の制限を解除するとかの議論はできなかったのか? 参院選があったとはいえ、選挙活動やワクチン4回目接種だのうつつを抜かした政府の責任もあると思う。


 


 


21

この映像をテレビで何度も見た。 救急隊が要請してから、100件以上も病院に問い合わせを続け、受け入れ先が見つからずに退散。 疲弊してるところに追い打ちをかけるように色々な無駄がある仕組みのように思った。 病院側も何十人もの救急隊それぞれから受け入れ可否の入電に対応するだけで大変な労力だと思うし。 今回の場合、半日で亡くなってしまったということだし、この逼迫状態の中で末期癌で自宅療養していた80代を受け入れたところで回復を見込めないという判断で受け入れにNOだったということではないのでしょうか? 冷たいようだけど、訪問診療の医師がそこにいたのだからトリアージをして、救急隊を要請しない選択をする必要があった事例だったようにも思う。


22

持病がある人たちのためにも少しでも感染リスクを下げてあげる、つまり社会全体の感染者数を抑えることは必要なんじゃないのかって言う意見があるけど、過度な行動制限して生活が立ちいかなくなる人も多くいることは、最初の緊急事態宣言でわかった。自分が良ければそれでいいって人たちが増えているとか、行動制限していない人が悪なのではなく、軽症の人が医療機関にかからなければならない(診断や証明をとるために)という今の社会が、本当に医療行為を必要としている人が受診できなくしていることが問題。元気な人が社会をまわして、医療行為が必要な人には十分な医療体制が整っていれば良いだけではないかと思う。これまでインフルエンザなどの流行り物の季節は、医療機関がパンパンで待ち時間すごかったけど、こんなに搬送先の病院が見つからないなどの異常事態はそうなかったはず。早急に二類相当を見直すべき。


23

末期の大腸がんで在宅治療を受けているということは、自宅で自然な形で逝きたかったのではないかと推察する。この先生は何を期待して高次の医療機関に転送しようとしていたのだろう?転送するのも少数派だし、受ける側も戸惑うだろう。この患者さんが仮に誤嚥性肺炎やUTIだったとしても搬送するのだろうか? はっきり言えばこれは医療崩壊のせいというより、最期が来た患者さんとどう向き合うかの問題。医療のせいで救えなかったという言い方は、患者さんに寄り添っているようでいて、遺族に本来抱く必要のない後悔の念を植え付けているだけだと思う。


24

自分自身や親近者などに生命の危険性や緊急の処置などが必要にならないと他人事で自分たちだけは大丈夫などと余り気にもかけない事が多い。身近に起きて改めて実感する!それが普通に生活している現状ですが、政府はコロナウィルスが蔓延して数年間の中で、同じ過ちを繰り返しても、海外のような医療体制拡充や強化に医療制度の改革も、緊急時の人員確保やコロナ感染症専門に対応する医療機関病院などに着手せず、コロナ感染は数年後には終息するものと安易に考えて政治家たちは感染症の専門家などからは必要以上の事は聞かずに、国民から苦情や批判を受けない程度の規模でしか対応や対策を為てこなかった結果が助かる生命も助からずにやり場のない悔しさと怒りが残る。何故?政府の対応の不味さを野党も与党内からも真剣に追及して改善しないのだろうか?


25

このようなニュースを聞くと本当にやるせなくなります。救急隊の方も医療従事者の方も精一杯頑張ってくださっているのに救えない命がある。 一方で充分な感染予防対策も取らず、好き勝手やってる人達の姿を報道で見るととても腹立たしい。 一人一人が自分と大切な人達を守る為に真面目に感染予防に努めれば必ずコロナは収束するはず。何故それが出来ない。私自身も含めて改めて自分の行動を見直さなければならないことを痛感しました。


26

こういう記事を読むと、今の新型コロナは重症化しにくいからって行動制限は必要ないって本当に言えるのか疑問に感じる。重症化する方がごくわずかで軽い人ばかりなら、こんなに救急車が求められないでしょう?入院する必要もないでしょう?でも現実は、感染すると軽症でも40℃の発熱と咽頭痛や頭痛が1週間位続いたりするし、中等症は酸素投与が必要なレベル。感染した本人には我慢できないほどの苦痛なんだと思う。まだ新規感染者は増加しているし、ケンタウロスとかいう亜種もでてきている。今は、大怪我してもも、心筋梗塞や脳梗塞でも救急車は期待できないってことで、十分摂生して自分の身は自分で守らないといけないな。こんな世の中でいいのかな?


27

今回は、特に搬送先が見つからないまま亡くなられたということでとてもお気の毒に思います。亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げます。 けど、搬送先が見つからない、見つかっても遠い場所という状況は以前からあります。コロナとか関係ないけど、私の父も救急車呼んだはいいけど、搬送先がなかなか見つからなかったことがありました。 119番して救急車がくるまでは、素晴らしいシステムが構築されているのに搬送先が見つからない?? ここをどうして改善できないのか?と疑問に思っています。 それぞれの消防署では救急要請に備え万全のシステムと体制を構築している。で病院側は救急対応できる状況なり、空き病床数を管理できている。 この消防署と病院間の情報を随時管理できるシステムを構築できないものかと思っています。実現する為の課題、問題は、もちろんあると思いますが、 よりよい医療体制を構築する為に検討して頂きたいと思います。


28

受け入れ先をネット上で管理するのは難しいんですかね。せめて空きベッドの数だけでも見てから電話できるようにするとか…。 あと救急車を呼ぶか迷ったら♯7119に電話して相談できるんですよね。 根本的な解決にはならないけど、健康であること、救急車の正しい使用を心がけることも大切なことだと思う。


29

公共の体育館でもなんでも使って、発熱患者を受け入れする窓口となる専用施設を作れないものか? 一カ所で検査、トリアージして薬を処方して自宅待機とか、しかるべき病院での入院とか振り分けられたら今のような混乱は防げるのでは? 救急車はそこへ行けば良いだけなので効率は上がるし、トリアージに多少時間がかかるとしても、一カ所に患者が居れば比較的少人数のスタッフで経過を観察することも出来る。あちこちの病院に無秩序に患者が殺到することが無ければ、コロナ以外の持病がある人も安心して通院できる。 配置するスタッフの確保等はワクチンの大規模接種が出来たのだから、まるっきり無理な話ではないと思うのだが。


30

今までなら救えた命が、2類に位置付けられたために東京では全医療機関の3割程度しか発熱外来を含めコロナ患者を診察できない。また、医療従事者も元気で無症状でも近くに感染者が出て濃厚接触者になれば隔離される。そのようなマンパワー不足、医療機関不足から医療逼迫が起きている。これが、5類相当扱いになれば多くの医療機関で診察、入院できるようになる。今、これだけ感染者が増えればALLJAPANでコロナ診察をすべきである。知事会でも医療機関だけでなく保健所の逼迫も5類相当にすれば負担が減ることが提言されていた。2類を外すことで感染者数が増えるという人もいるが、救える命は今よりも増えると思う。


 


 


31

末期患者の在宅医療ならどなたかも言っておられるように看取りではないですか?家族の方は苦しそうな大切な家族を見て思わず救急車を呼ぶ例がありますが、在宅で看取り希望の患者さんには事前にケアマネさんと主治医と話し合って色んな場合を想定して在宅治療をしておくと思います。 コロナで病院の受け入れが厳しいのは地域の医師なら把握されてるでしょうし、それも踏まえての在宅医療になると思います。 厳しいようですが、コロナの中どこまで治療を望むかも主治医がいるなら話し合っておいた方がいいのかもしれません。


32

今朝テレビで観ていました。妻も訪問看護医も救急隊員も皆、患者を助けるために必死に努力したが、結局搬送先がなく自宅でお亡くなりになった。 全てを国や行政のせいにするつもりは更々ないが、コロナ禍が発生して3年近く経過しているのに未だにコロナ禍に対応するための医療体制が全く確立されていないことに怒りを感じる。 公的医療機関だけでは限界ならば、個人経営の医院にも協力を要請し、一人でも多くの命を救うべきだ。 国民の命を守ることが国の責務だということを、改めて肝に銘じてもらいたい。


33

現役の救急隊です。今はコロナでただの発熱だけで救急車を呼び歩いて乗ってくる人が多くいます。呼んだ理由を聞くと自分で行くとコロナに感染する可能性が高いからや、早く診てもらえるから等。必要のないような人に救急車をとられ、本当に必要な人のところへ直ぐに行けない状況が最近続いており、夜中もほぼ仮眠できない状況です。 行きたい病院があったり、自分で受診できる人は朝や昼の時間帯に自身で病院受診してもらいたいと思います。


34

皆さんいろいろと言っていますが、根本的原因はなにか考えましょう。 国民一人一人が、救急車の利用方法や病院の利用方法を考えるべきである。 幾ら立派な法整備しょうが、立派な救急システムを整備しようが、利用者側(国民)が救急車や病院の傲慢な利用をする限り解決しません。 システムを整備したところで、誰が入力しし、刻一刻と変わる状況をその都度入力しなければ意味はない。 一応、そのような簡易システムはありますが、入力情報は病院により最新だったり、一週間前の情報だったりします。結局、電話しなければ、最新の情報は得られず、専門医がいるか、ベッドは空いているか、手術や検査はできるか等が分からいのか現状である。


35

医師や救急隊員の苦悩を政府はわかっているのかここまで追い込んだ責任は政府や自治体そして専門家達の責任です政府や自治体が社会や経済を回す為に行動制限無しで感染対策もしないのを専門家達までもが一緒になって行動制限無しで感染対策もしない何のために専門家達がいるのかそれも3連休前から感染が爆発的になっているのになぜ専門家達は行動制限を有りに感染対策をするように政府に提言しないこの医師や救急隊員そして感染者家族の記事を政府は必ず読んで下さい助けられる命が助けることが出来ない悔しい気持ちわかりますか!救急隊員が到着して1時間半かけ100件以上の病院に連絡しても入院出来る病院が見つからないそして医師や救急がない隊員が感染者家族に力になれず申しわけないと言った時の悔しい気持ちが政府にはわかっていない!感染家族の妻が言ったありがとうございます一生忘れませんと医師や救急隊員の気持ちがわかった素晴らしい返事です


36

コロナに罹患して人によっては医療機関のお世話になりたくとも現在、搬送先の調整も難航、見つからないが現実。 感染して悪化する確率の高い人は罹患しない努力は各自必要って事だね。 4回目のワクチン接種対象者の人のうち医療関係者や介護職など職業柄を除き純粋なワクチン接種対象者はより気を付けた生活が必要ではないかな。 自分は接種対象者じゃなくとも感染した医師が発信していた罹患するとという軽症な症状を見ていても罹患は遠慮したいなと思った。


37

自分は幸い症状も軽く自宅で完治した 発症時に10件くらい問い合わせたが掛かり付けも含め診察すらしてもらえない状態で、入院施設を持つような病院だとどうしても入院している患者を守らなければならないのでと言う理由、確かに理解は出来る 幸い地元の個人病院で時間外に発熱外来を受けているところが見つかり、PCR検査を受ける事が出来たが、発熱外来専門の、合併症を考えると呼吸器だけでなく外科医を含めた医療機関を今後は作らない限り問題は解決しないだろうな


38

この状況は2類を5類にするといったことと無関係だ。 救急隊が間に合わないのは,発熱外来にPCR検査を求めてくる人のせいではなく,苦しむ患者が増え病床数が不足していることが原因だ。 なぜ逼迫しているか。 1つは,新型コロナが爆発的に広がったことが原因だが,本来広まるまえに政治が行動制限の手を打たなかったことが大きい。 それ以上に大きな原因は,新型コロナが流行し続けて3年,その間,医療資源の拡充に手を打たなかったことだ。 保健所には一時的な応援があっても定員は増やさない。 医療機関も公的病院の合併の話は進んでも拡充しようしない。 PCR検査も増やさない。 これらの背後には新型コロナ流行直前に作られた第7次地域保健医療計画がある。 新型コロナは一時的なもの,この計画を遵守するよう厚労省も自治体も動いている,だから手を打たない,黙っていれば過ぎ去るだろうと。 結果この体たらくだ。人災だ。


39

これは本当に医療機関が崩壊していると思わざる得ないね。 何故行動制限を表示しないのか、何故イベント等を通常通り行うのか、色々矛盾だらけで本当に感染拡大止める努力を政府も都道府県のトップも国民もしてない結果としか思えない。 人が集まる場所に出向けば、感染リスクはある、そんな簡単な日本語が何故理解出来ない人がこんなにもいるのか。 勿論とばっちりで感染してしまった人達も多いだろうが、一人一人が気をつけていたらここまでの人数にはならなかったと思う。 人混みに出向けば感染する、周りに感染させてしまう可能性がある、感染拡大すると医療機関が逼迫して、こんなケースで命を落としてしまう人が何人も出てしまう、それがどういう事なのかを考えさせられる。 「まだお盆休みがあるからその後も増えるだろう。」ではなくて、増えないようにするにはどうしたらいいかの発信も地方も独自で発信してもいいと思う。


40

救急車って呼んでもすぐ搬送先が見つかるとは限らないんだよね… それがコロナ禍で圧迫されてこういう事態が起こってしまうのはもう医療崩壊だと思う 賢明に寄り添い、できることをする医師や搬送先が見つからず引き上げるしかない救急隊員の方達は疲弊するし、記事のご家族も無念の言葉を飲み込むしかなかったかもしれないね 半日なんて覚悟はしていても気持ちが追いつかないよ コロナ禍になって3年 医療技術はあってもすぐに人材は育たないし設備にも限りがある 飲食店にお金をばら撒く予算があるなら少しでも医療とそこで働く人たちに割り振って欲しかった 亡くなられた方のご冥福をお祈りします


 


 


41

この記事で医療や救急隊もパンク寸前だと思います。奥様も覚悟の上での救急隊や自宅での往診で、助けれる命が、救われなかったことに残念さが滲み出てると思います。しかもこのような事例はまだまだあると思います。政府は経済を廻す事も大事ですが、コロナの対策もしっかりとしてほしいと思います。又ワクチンの4回目接種も対象者を拡大して接種できるようにしてほしいと思います。又治療薬の国産承認も進めてほしいと思います。このような事ができる限り対策をしてほしいと思います


42

都内では今、救急隊はかなり待たないと来ないし、病院もなかなか決まりません。 医療崩壊そのものです。 急な事故・病気で意識や呼吸がない、大出血している等、本来ならそこで死ぬべきでない、助かる見込みのある人の元へこそ、救急車は迅速に向かうべきです。 少なくとも今だけでも、119する前に・・念のため、とりあえず、一応、心配だから、病院がわからないから、車がないからというような、命に係る状態の人を差し置いてまでする要請なのか、考えてほしいと思います。 この意識が改革されないといつか、自分の大切な人が命の危機に瀕して、救急車を呼んだが、もちろんすぐ来ないという悲しい社会になります。


43

日本はこの春までコロナの感染力をよく抑えてきたからこそ、現在の厳しい状況がある。世界の状況とより確かな医学のエビデンスから、①PCR検査に基づく迅速な医療へのアクセス確保と②ワクチン接種の推進に注力すべきだと思う。①や②を主張すると多数の方が「低評価」を付けますが、人命尊重と経済回復のため、早く踊らされていることに気づいて欲しい。


44

第6波までの経験が活きていないことと、BA5やBA2.75の海外からの情報収集ができていないのか(する気がないのか)ということですね。次の波が前の波より大きい場合の対策シミュレーションくらい、優秀な国家公務員なら、行っていそうなものなのに。 なお、少なくともBA5になって、マスクは医療用の厳重なものでないかぎり、効果薄のようです。お守り代わりにはなるかもしれませんが、熱中症にならない範囲で、適宜使用してはどうでしょうか。


45

岸田首相、尾身会長に是非ともこれを見てもらい現実を把握してもらいたいと思います。 熱中症対策対策でマスク着用を緩和(昨年も暑かったけど皆マスクしてました)、感染拡大していても行動制限しないこの結果が今の状態です。 追い打ちのように政府は「BA.5対策強化宣言」とし各都道府県で対応してくれ!(国としては対策は何もやりませんとしか取れません) 都道府県の知事がこの宣言を出すと、「BA.5対策強化地域」として、国から職員が派遣されるなどの支援が入る。 国から職員が派遣されて医療が回ればこんな事起きないんじゃないかな? 小池都知事が宣言を出していないから強化地域として認定されていないからこんな事態が起きているのかな? 国会議員、都知事は移動の際も密にならない移動手段をとり感染しないからいいのか知れませんが公共交通機関利用者は不安でしょうがないですね!


46

コロナの患者数は1日の検査数の限界を超えると頭打ちになる可能性があるそうで、その天井もすぐ近くまで来てるそうです。そうなると見かけ上は頭打ちに見えても患者は増加している可能性も出てきます。 現状、日本の感染者は世界最悪のペースで増えているのでこの状況が続くと、今回のような悲しい事例が増えてしまう可能性があります。 行動制限をしない以上、感染の増加はある程度予測できた筈なので、この医療崩壊一歩手前状態は、政府の対応の不備と認識の甘さを露呈しています。 今回のコロナによる悲劇もそうですが、救急車不足は、心筋梗塞などの一刻を争う患者にとって正に致命的な状況にもなり得ます。 医療スタッフ不足は、他の疾患治療の遅延にもつながり、ひいては他の疾患でも助かる命が救えない可能性も増えてきそうです。 お盆休みを目前に控えて、政府は新たなガイドラインを示して医療崩壊を防ぐ手立てをしていって貰いたいと思います。


47

救急隊がなんでもかんでも運ぶのが良くないという書き込み見たけど、現状で救急隊は呼んだら死んでても運ばなければならない。死亡診断できるのは医師だけなので心臓マッサージして運ぶこともあります。在宅で看取ろうという患者でさえ家族が呼吸停止したときに驚いて救急隊に電話してしまうことが問題になってたくらいですから。話を戻しますが、救急車を呼ぶべきかどうかは患者や家族が決める事です。夜眠れないとか、38度くらいで救急車を呼んでしまう人が夜間救急にはたくさんいるのでタクシー代わりの救急車を普段から抑制しないとダメでしょうね。少なくともタクシーより高額にしないと減らないでしょう。とりあえず有料にして、診察後本当に必要だったかを後日病院が判定して還付できるようにするとかしないと厳しいかもですね。あと残酷ですが高齢者にECMO(人工呼吸器)は可哀想という発想を全員がもって酸素吸入は自宅でできるようにするか。


48

渋谷にあった仮受入施設はもうない? 昨年の正月だったか、都内の満床の大学病院が取材中に受けた救急搬送の患者を一度断ったものの、2度目に連れてきて!という事があった その病院は満床でもう患者の受入はできないものの、医師の判断で駐車場で救急車を受入、医師が応急処置をしてそのまま駐車場で受け入れ先を探し、数時間後埼玉の病院に受け入れられた 医師は受け入れはできないけど時間稼ぎができると考えたそうだ 今こういう臨機応変な対応が求められていると思う 日本人は人種的にインシュリン分泌が少なく糖尿病のリスクが高いとされている これはどんな感染症にも言える事だが基礎疾患として診断がなくとも予備軍な人は感染によって一気に状態が悪化して同時発症する可能性もあるだろう 重症化が減っているとはいえ楽観視はできない


49

寝たきりなのに感染した経緯はどうしてなんでしょうね。 もちろんやむを得ない事情で外出したのかもしれませんが、医療従事者の方等とてもとても気にして生活している方もいるはずで、やはりかかってしまったのは緩みがあったのかなとも思いますし、全て医療体制のせいにするのは違うかなと思います。 医療体制に頼るのは当然だけど、自分の命は自分が守るのがまず第一にやることでは。


50

言い方は悪いかもしれんが仕方ないとしか言えない、救急隊員も病院も現状できることを最大限にしてこの状態である、医療崩壊とまではいかないが緊急の受け入れが出来ないところが多くなってる、しかも発熱がありコロナの症状が出てるならより一層受け入れる病院は限られてくる、他の患者などの兼ね合いも考えて苦渋の決断で断らざるを得ないところも多いだろう、今回の事で原因を考えるなら確実に国政策のミス、感染者が増えるたびに医療崩壊だとか騒いでる割にはなんの手も打たないし、少し患者が減れば何故か患者が増えるであろう訳の分からない政策を打ち出す、完全に国のやり方が間違ってるのが大きな原因。


 


 


51

こんなことを言うと日本では非国民扱いかもしれませんが...末期の大腸癌でかなり介護度も高かった様子。搬送されれば助かったのかと言われたら、かなり厳しかったとおもいます。呼吸器を付けるかどうか、という話でそれを望んだでしょうか。家での看取りについて最初から考えなければならなかった事例だと思います。日本のコロナ医療の問題よりも、日本の医療そのものの問題だと思います。おそらくこの状態で病院で隔離されたら、腕を縛られ、モニターの音が響く部屋で孤独に過ごしていたでしょう。ご家族も辛いと思いますがこの奥様はご立派です。さぞ心細かったでしょうが、覚悟を決めて見送った。ご主人は大切な家族の見守りで大好きなお家で最期を迎えたのですから...


52

何故救急車が来てから電話で搬送先を1件1件確認するのでしょう?今、コロナで入院可能なベット数は幾つと言う情報を逐一病院から消防庁に報告させ、消防庁のディスプレーに可能な搬送先を表示させておけば、この暑い中100件も電話する手間が省けるのではないのかな?でないと患者発生の度に救急車から病院に問い合わせが有って、病院もその度に応答しないといけないがその手間だけでも大変と思います。この辺を改善する気も無いのでしょうか?


53

本件のように感染し亡くなる人だっているし、増えてきている。一方でテレビやメディアはBA.5の感染者のほとんどが無症状や軽症で済むと言ってまわっている。特に芸能人や関係者は興業収入をコロナ前のように戻そうと躍起になっているようにも観てとれるようにも。なんだか感染対策の必要性についての伝え方をミスリードしているような気がする。


54

今回は自分もこの第七波によってコロナ感染し大変な思いをしました。これがお年寄りに起こると死の危険性もあるのが理解できるほどでした。 救急車も呼んでもあまり意味がなかったり、たらい回しにされるとニュースでみてましたがまさか自分がその立場になるとは思ってもみなかったです。 政府も一刻も早く緊急事態宣言等、医療体制も改善してほしいです。真夏で熱中症と一緒にコロナなんかなったら危険度が増すようにしかならないと思うのでどうか早く政府の方は動いてほしいです。


55

今までの教訓が全くいかせていないですね。 メディアも国に忖度せずこういうニュースを 大々的に放送すべきではないでしょうか 病床使用率ばかり報道されてますが 実際には医療従事者の感染者も増加し 病床数があっても治療する人材が いないのが現実かと思います。 不安を煽ると言われるかも知れませんが 現実問題として感染し悪化しても搬送先 はないということです。 本来であれば今こそ緊急事態宣言では ないでしょうか BA5にはワクチンの効果も低いという データが出てきてますし飲み薬も効果 薄くまさに危機的な状態なのに無策な 状態では感染減少には遥かに遠い気が します。


56

無知な者ですが、すみません。 もし二類から下げたら、搬送先はすぐに見つかるのでしょうか。 先日一歳の娘が高熱で痙攣、意識不明になってしまい119に電話をしても話し中で繋がらず。10分かけても繋がらなくて色々調べて救急相談室に電話をし、そこから救急に連絡を繋げてもらいました。 救急隊員の方が到着後、やはり搬送先が見つからず。必死になって電話をかけて搬送先を探し続けてくださった救急隊員の皆様には本当に感謝しています。自宅から1時間ほどの距離の大学病院が受け入れてくださり、何とか無事に今元気に回復しています。 娘はPCR検査は陰性で、ウィルス性の風邪からの痙攣との事でした。 現在、どこも熱があると断られて受け入れてくれるところはないです。ですが、二類から下げたらもっと受け入れやすくなるのでしょうか。 医療機関の逼迫改善に繋がるなら早く下げてほしいです。


57

本当に御冥福をお祈りしたい。奥様はしっかり運命を受け止めていらして、御立派と思う。 いいか悪いかは分からないが、この方のような事例は受け入れるというのがwith コロナの考え方なんでしょう。もうマスクも検査もしていないらしい欧米の国々は、こういった事例は天寿であると受け止めているのだと思う。 日本もそれでいいのかどうなのか。こういった具体的な事例をみて考えていく必要があるのだと思う。


58

先月上旬、高齢の母が転倒して動けなくなり救急車を呼びました。受け入れてくれる病院がなかなか見つからず、家の前で30分程立ち往生しました。今ならもっと見つからなかったと思います。昨日も1日中救急車のサイレンが聞こえました。医療崩壊すると新型コロナ以外の患者や医療従事者の方にも命と健康の危険が出て来ますね。 行動制限をなくした英国では今医療崩壊が起こり3日も待って亡くなる患者もいるとのことです。 夏休みを楽しむ人達と救急車の走り回る様子 検査に行列を作る人達とお祭りの様子…テレビを観ていると疲れます。 行動制限をしないのなら、医療難民を出さない対策とともにしないとですね。


59

これ、末期がんで在宅緩和医療中の方を救急搬送しようというのが間違いなんじゃないだろうか?少なくとも救急車を受ける立場からは違和感を感じる。何かあったら在宅で診とる方針で往診しているのでは?そのために高い往診料金をとっているのでは??困ったときだけ救急を頼られても困るというのが一救命救急医の個人的見解。


60

新型コロナを2類から5類へ変更すべきと言う意見が多いが、2類の区分であっても現状はこうである。 このような状況を良い、悪いと言うつもりは無い。 風邪並みの5類へ変更し社会を普通に過ごせる状況にするということは、高齢者で基礎疾患を有する人は感染したら、このように死亡に至ることもあることを日常の風景として全国民が受け入れようと言うことである。 全例がこうなる事では無いが、全員を2類に扱うことは医療体制上も問題が多く国の経済的負担も大きすぎるので変更が必要と言う事か。 だが、普通の風邪並みと言うなら、安価な検査法を確立させ、安価な治療薬が容易に処方・入手可能、安易な診療行為(通院、診察)が可能などを実現すべきである。 現状のインフルエンザーはそのようになっている。


 


 


61

100件も断られたのは、この方が救急案件じゃないって判断されたからじゃないかな。 末期癌の患者さんなら、急変時の対応は決まっていたはず。終末期はどうするつもりだったのか?この訪問診療医が看取る予定だった? 予定外のコロナ感染で、治療すれば助かる可能性があると判断したなら、訪問診療医がDr to Drで連絡して状況説明するのが普通じゃないかな。それもせず救急隊まかせだと、救急隊から連絡受けた病院は、末期癌BSC、優先的に受け入れなきゃならない症例ではない、って判断するよね。 まあ朝日だし、テレビの演出かな


62

今の内閣、政府も結局何も考えてなかったな。 ここまで医療が切迫する状況を想定した上で準備、戦略を考えず、高を括って行動制限をしないと発表をしたまではいいが、万が一の事態にいつでも対応できるだけの準備計画を行っていなかったため、事態の急変にバタバタし、大規模治療センターの全国的な設置さえも出来ない。 政権を認めるような選挙結果が出たから、余計、危機管理がおろそかになったとしか思えない。今の状態は何も考えてなかったのも同じ。政権の見通しの甘さがコロナ以外の患者も含め多くの国民を死に至らしめる。


63

軽症・無症状なら「発熱外来に行くな、検査に行くな、家でじっとしてろ」と思うのだが、会社がそれを許さない。 濃厚接触者になって、症状はないばかりがいつもより元気。 なのに、上司からは「陰性を証明してから出社するように」の一点張り。 PCR検査も抗原検査も、ドラッグストア、診療所、調剤薬局すべてまわったが予約一杯。市のHPに無料検査場の一つにあげられている薬局行ったら「やってませんけど?」。抗原検査キットも売り切れ。 この濃厚接触者ってくくり、いい加減になくしてほしい。せめて症状が出てから、とかでいいだろうに。


64

この件は、患者さんが大腸癌末期で死期が迫っていたのか、そうでないかによって意味が全く異なると思います。もし死期が迫っていたので有れば、奥さんは、臨終に一緒に居れたので良かったと考えることも出来ると思います。人生に置いて、とても大切な時間を過ごされたと思います。ご主人は奥さんには心配をかけまいと、とても頑張って居られたのかもしれません。発症から半日で死亡するのは、コロナが死亡の主原因ではない可能性があると思います。今は老衰でも、最後にコロナに罹患するとコロナ死になります。死因を老衰にして、関連疾患を新型コロナ感染症とすることは出来ないのでしょうか。


65

救急車を受け入れるような2次救急以上の病院は、手術などの治療や集中治療によって命を助ける病院。 コロナによって血中酸素が低下している状況で、たとえば気管挿管などの集中治療を希望していれば対応してくれる医療機関は見つかるかもしれない。 今の第7波の状況では病床の関係で、高齢者や末期癌の方など様々な理由で延命は望まない、点滴などの最低限の治療を希望されている場合には、往診でお願いしますと言われてしまっていると思います。 なので救急隊の方がいくら救急病院に連絡をしても決まらないことがほとんど。 救急車を受け入れていない療養型の病院で1人でもコロナの方を受け入れられるようになれば、こういった方の行き場になるのかなと思います。 人の命を救いたいと医療従事者になり、救急で働いていますが、この数年でそれが叶わないことばかり、心身共に疲弊しています。毎日悔しいことばかり、こんなこと早く終わって欲しいです


66

お年寄りを蔑ろにしていいなんて一切思ってないけど厳しいこと言います。 80代末期がん、在宅。 家で最後まで奥さまと一緒にいられて良かったんじゃないでしょうか。 父を末期がん、在宅看取りしました。 急変に対して病院へ戻るか打診されたので、自分で看取りますと搬送を断りました。 そのため、身体が楽になるように往診の先生や看護師さんが対応してくれました。 この記事はコロナ云々より往診のあり方や家族の気持ちの問題だと思います。


67

・国はまだ国民に強制的な対応をしないが、医療が困難状況になっているのにまだ何もしないのか?異常事態、有事とは言えないのか?救急車を呼んでもすぐ来てくれない、来ても搬送先の病院が決まる迄に何時間もかかる、決まらないからそのまま自宅で過ごす事になる。明日は自分がその立場になるかもしれない。こんな事になっているのに経済が優先なのか?先に強制的な対応をしないと経済が更に最悪な状況になるんじゃないのか?造幣局に現金を造らして全国民に現金支給すべきだ。自助努力にも限界がある!


68

こういった動画を観ると本当に辛いです。 ご家族の方、お悔やみ申し上げます・・・。 受け入れ先の病院がいっぱいだったり緊急搬送要請もいっぱいと言うのは例え2類が5類になったとしても全く意味がありません。 何故か?重い症状が発生しているから入院だったり緊急搬送しているからです。 5類に下げれば保健所の負担は軽減できるでしょうけど病院はそのままですし本来助かるはずだった命が助からない今回のようなパターンもそのまま続きますし今後感染者が増えすぎれば今以上に病院は逼迫します。 岸田さん5類の検討の前にすることがあるんじゃないですか?


69

これは氷山の一角でしょう。もともと、緊急医療の問題はコロナ禍が始まる前から、言われていた問題だ。救急車が到着しても、なかなか搬送先の病院が決まらない。それにより、助かる命も助からないことが、もともとあった。ドクターカーやドクターヘリもあるが、それでも限界がある。 それを政治が見て見ぬふりをしてきたから、昨今のコロナ禍で更に浮き彫りになった。緊急医療の問題は最早待ったなしだ。早急に対策をしなければならない。 国民は、そのために税金を払っている。誰かさんの国葬のために税金を払っているのではない。


70

ご家族の気持ちを考えるとやるせないです。 心よりご冥福をお祈りします。 私の父も一昨年の12月コロナ禍に入院しそのまま息を引き取りました。亡くなった翌週その病院の同じ病棟でクラスター発生となりコロナ感染が原因とならなかった事は救いでした。 仮にコロナ感染で亡くなったとなると私も悔しさは大きく残ったと思います。 適切な処置を施せば回復すると言われているコロナを処置ができずに亡くすという事に本当に無念さを感じます。 急な感染拡大で医療逼迫してしまうことを踏まえてやはりコロナはとても恐しい感染症であると改めて思います。


 


 


71

5類にすべきという意見が多くなった。 あるテレビでこんな案はどうかとやっていた。 それは60歳以上のみ2類として他は5類にするというもの。 救急搬送、検査、隔離すべて高齢者最優先。 他の世代は自己の管理で行う。 重症化、死亡は大半が高齢者。 高齢者以外は濃厚接触者も関係なし、検査、治療は有料 救急搬送は後回し、感染者数の把握もなし。 医療現場、保健所の軽減にもなる。 そしてすべては自己責任において判断、治療する。 若者に5類にしてほしいという意見が多い。 ちょうどよいのではなかろうか。 ただし何をしてもいいわけではない。 5類でも感染症には違いない。 感染したもしくは可能性があるなら人との接触はしない。 それは人としてのモラル。


72

この記事を岸田に読ませて 感想聞きたいですね。 第7波で毎日のように過去最多感染者更新中だが 岸田は一切制限掛けるどころか 逆に対策を緩めるばかり 海外からも自由に入国出来る検査も無しで入国出来る 後は各自の都道府県市町村に丸投げしている 経済回すのは物凄く大事な事なのは理解しているが、 経済回すのも一般国民なんだよな 経済回す一般国民自身が 毎日の様に過去最多感染者更新している 当初のコロナより重症化低い 何度も株の入れ替わりで 感染力は強いが、重症化低いは 理解出来るが感染者数に比例して死者数も増え続いて 殆どの都道府県市町村で 毎日のように過去最多感染者数更新 比例して死者数も過去最多更新している現実 岸田じゃ、コロナ対策は出来ないだろう。制限掛けながら経済も回すのが 岸田の仕事じゃ無いのか? 制限一切掛けず経済だけ回すなら 誰でも出来る総理大臣なら制限掛けながら経済も回すのが仕事だ


73

観光地や歓楽街に出歩いてる人が大量にいるが、その結果がこういう事態だと思う 6月頃はいたる所でいつまでコロナで経済止めるのか、症状が緩和してるのだから対策は必要ないという声が多く、そういう認識が多かったから出歩く人も大量にいた。結果として感染者は増え、我が身変可愛さに緊急でもないのに救急車呼んだり、外来に並ぶ余裕のある症状の人が詰めかけ、医療を圧迫して、本来、医療が必要な人に届かない とりあえず、自分で動く余裕のある人は家で安静に寝てればいいと思う コロナは治療薬なく、処方される薬も症状に逢わせた一般的なものしか処方されないのだから、大人しく自宅療養してるべきだし、毎年感染拡大してから騒ぐけど、騒ぐぐらいなら感染しないようにむやみに出歩かなければよい


74

東京は7月半ばから、もう病院も発熱外来もずっといっぱいで、発熱したからすぐ病院に行こうは無理です。電話はどこも繋がらず、繋がってももう予約でいっぱいで受付てさえくれませんでした。 民間の移動してくれる病院も駄目でした。もうどこも駄目で、放置状態が4日ほど続きました。 いつまで同じこと繰り返すんだろう。国が、国民を守ると言いながら何も守れてない状況に非常に腹立たしいです。 コロナ感染症はもう3年、患者さんが急増して医療崩壊を起こすって同じこと繰り返してますよ。 もし自分の家族だったら・・・これが現実と受け入れるのはあまりにも辛い。


75

都内の受入病院の状況です。 先週の状況は、保健所の入院先探しもお手上げで、保健所によっては探す前に、家族に救急車を呼ぶように指示し、消防隊に入院先を探させている。 受け入れ病院側は、東京都の調整本部、近隣の保健所、消防隊、酸素ステーション、ホテル、それぞれから受け入れ要請がひっきりなしにかかってくる。ベッド状況を見極めて、受け入れを決定している状態。それでもほとんど断っている。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。


76

自治体はこの効率の悪さを改善する策は投じないのか?去年も一昨年も同じことを繰り返し、助けられる命も助けれず。 今後仮に5類相当に引き下げたとしても、患者の押し寄せる数が変わらなければ何も変わらない。搬送先がなければ助からない人も当然出てくる。まずは何箇所も医師看護師を常駐させた宿泊施設、待機所などを設けて、そこへ分散させ、緊急性の高い患者からコロナ病棟へ搬送。ある程度の治療で経過観察が必要な場合は宿泊施設にて宿泊。軽症で問題がなさそうであれば数時間様子を見てから帰宅。 医療の専門用語はあまりよくわからないが、今の体制よりかは多くの患者を診ることができると思う。 私の甥っ子は10歳でしたが、搬送先が見つからず、救急車の中で4時間待機のまま天国へ行ってしまいました。陽性確認後1日半で急変でした。 同じ思いをする人が今後増えないよう祈ります


77

以前事故にあって救急車呼んだ時も 事故でよんでいるんだけど炎天下の中と言うこともあり子供の体温が37.3度だったかな?あり何件も受入拒否にあいなかなか搬送先が見つかりませんでした。 命に関わるような状態ではなかったけど、凄く不安だったし凄く時間が長く感じました。 コロナ感染者じゃなくても受入先が無いし感染者で命に関わる状態でも受入先がないって怖いです。 子供は学校などで感染者出ても濃厚接触にしないような事を都知事が言っていたけど子供が急変して亡くなったケースも静岡だったかな?あったから凄く不安でしかない。


78

断った病院の状況をきちんと調査すべき。 単に面倒だからとか厄介そうだからという理由で断っている病院もかなりあると思う。 救急隊は選択せずに出動するのだからそれを受け入れる病院も患者を選ばずに受け入れる仕組みが必要だと思う。どんなに忙しくても病院に搬送されれば多少なり手が空いた時に看れるかもしれない。門前払いのような今の医療体制というか病院上位の姿勢は改めるべき。どう考えても100件も同時に受け入れないのはおかしすぎる。


79

気の毒で仕方ない。私も父が危なくなって救急車は来れないけど病院はあったので父から感染して陽性になった私がすぐよくなるから病院へ行くよと連れて行った。やはり朦朧としていて途中でどこへ行くのか分かっていない。何とか入院できたがやはりもう手の施しようがないということで酸素吸入しながら看取り介護して自宅で亡くなった。自宅に来てもせん妄で自宅に来たことも分からなくなっていたが何とか自分の手で送ってやれただけ幸せだったと思う。この奥さんもお医者さんも本当に無念だったろうと思う。誰が悪いとは言わないが反ワクチンとかマスク不要とかは言わずに感染拡大を少しでも止める努力を皆さんしてほしい。家族を亡くした者の叫びです。


80

感染者の絶対数がめちゃくちゃ増えているわけですから、いくら重症化が少ないとはいえ、それなりに重症化が増えるのは当たり前です。 一方で、受け入れ態勢が十分ではないのですから、同じ悲劇が繰り返されます。 行動制限を行わないのであれば、医療態勢を見直すべきです。


 


 


81

末期の癌なので受け入れ優先度も低いのだろうけど、それでも苦しかっただろう。人手が足りないにも関わらず1時間半もアナログに電話をかけなければいけないシステムがどうかしてる。 コロナで圧迫する中で他の搬送もあるのだから、リスクの高い人はかからないよう予防に努める。高齢者は外出自粛。リスクが高くなくとも集団で会食して移し合わないなど、医療を圧迫しないよう気をつけないといけない。


82

この事例はいろいろな教訓を含んでいいると思います。記事は医療逼迫の観点から書かれていますが、83歳の高齢で末期の大腸がんを患われてということで、そもそも行動範囲は広くないように思われますが、それでも感染したということは、感染経路はどうだったんでしょう。コロナがまん延している時期なので、いつどこで感染してもおかしくはないですが、まん延防止の意味からも感染の原因が分かればいいのですが。


83

今回のオミクロンは重症化しにくいとか死亡者は少ないとか言ってるけど確実に医療は逼迫してますね。6波の時もたしか大阪は自宅療養者が急変して死亡者が増えましたよね。 保健所とか逼迫してて経過観察もまともにできていなかったとか? とにかくコロナが終息するまでは医療体制を 常に整えておくことですね。 感染者が減ったって喜んでいてはダメです。 いつ感染者が増えてもいいようにある程度次の準備は必要なんだと思う。 助けられる命も助けられなくなる事が1番悔しいと思う。コロナを軽くみてはいけないと思う。


84

こういうニュースを持ってやってほしいです。最近は知識もないただのコメンテーターが「ウィズコロナ」「社会活動を止めるのはおかしい」「騒ぎすぎだ」と言ってますが、現実には医療逼迫が起きてることを前ほどは言ってくれない。 コロナを5類に引き下げとか検討する前にかかったときに医療を正常に受けられるようにすることがまず先決。3年たってもまだまだ同じ。 病院に行けなくてもお薬は手に入るようになるとか、それができて初めて先のことを考えてほしい。 御本人も奥様も苦しかっだろうけど、先生も救急隊の方も本当に何もできないのが辛いだろうなと思う。 ご冥福をお祈りします。


85

この番組リアルで見てたんですけど、患者さんを運んであげられずに帰らなければならない救急隊の方の悔しさ、訪問医の先生のできる事が限られている中での力及ばなかった悔しさ、何より奥様が1番辛く悔しいはずなのに文句を言うどころかお礼を言っておられる姿を見て胸を締め付けられる思いでした 医療崩壊とも言われてますが、人も設備も限られている中この様な事がなくなる様に早くコロナ禍が終息して欲しい


86

そもそもコロナって救急ではないのでは? 2類相当であれば保健所が搬送するのでは? 保健所だけでは手が回らないなら、せめて病院の選定くらいは保健所でしてもいいのでは? 正直、保健所の医師から要請した方が、救急車からの要請より受け入れてもらえる可能性は高いと思う。縦割り行政の中で、救急隊は病院より下の扱いをされているのだから。 そして100件もの電話をかけ続けている間、救急車が活動出来ないのは、明らかに医療資源の無駄遣いなんだから


87

病院も救急隊も往診のドクターも可能な限りのことをしているにも関わらず救命できない悔しさが感じられる。難しい状態の患者さんだったことは否めないが、コロナ感染が判明する前から、動けなくなった時点で通常なら病院へ行く、救急車を呼ぶことをするはずなのに、コロナ感染が判明したが故に受入先がなかった現実。これはコロナと言うパンデミックが起こしたパニックを未だにパニックのまま甘受しているためだろうと思う。これ程様々に変化して継続しているパンデミックに対して何もしていないのと同義だろう。受入病院、隔離などは医療データを元に行政側が決めているが、行政政府が実際に現状を把握して、その場凌ぎではなく根本解決を見据えて対策を講じているのかと言うことに尽きるだろう。法律は現実を円滑にするための決まりのはず。円滑でないなら現状に応じて法律も変える必要があるのではないかと思う。が、現実にはそこまで見ておらず逃げている。


88

これは他人事ではない。自分も感染疑いの症状が出て、近くの病院に10件くらい電話したらうちはコロナ対応、発熱外来はやってません。薬局に行って抗原検査キットを探してもどこも全て売り切れです。ネットで探してようやく二日後に手に入れられる、こんな状況です。コロナにかからないための感染対策はもちろんだけど、かかったとき、あるいはかかった疑いがあるときの対応がしっかりできる医療体制を整えて欲しい。本当に。


89

恐ろしい現実が再び日本に押し寄せてきた。今回のBA5による第7波は強力な感染力によって日々拡大している。私たち家族全員も感染してしまった。幸い高齢者がいないので、皆が回復の傾向に向かっている。しかし油断はできないのだ。 高齢者及び高齢者のいる家庭の行動宣言を各自治体が訴え始めている。しかし、それだけで良いのだろうか。これまでの政府のコロナ対策を振り返ると、まだまだ未知の病気なので仕方のないことだが、後手後手に回っていることが多い。そう考えると、もう日本全国レベルで行動制限を指示しないと手遅れになってしまう人がどんどん増えていくのではないだろうか。過去の感染からもわかるように、いつかは波には収束が来るようだ。いつ収束するかはわからないが、今できる対応をすぐ取るべきだと私は考える。この状況下で行動制限を出したことによる批判は小さいと私は考える。皆さんはどう考えますか。


90

ここに至っては緊急に5類扱いに変更しないと発熱以外の通常の医療までもが崩壊する。この時期に脳卒中、心筋梗塞、交通事故はもちろん熱中症なども命取りになりかねない。119.はどこでも受診すれば良いのか分からないコロナ疑いの要請や『平熱よりやや高めの発熱』明らかに緊急性の低い救急要請にはトリアージ出来る権限を与えないといけなくなるかも知れない。


 


 


91

この事例はひょっとすると氷山の一角だと思う。コロナに加えて、この暑さ。自分の子供やじいちゃん、ばあちゃんが体調崩したらまず病院とはなるよな。 夜になると、救急車のサイレン鳴っている。あれもそうなのか。一見して軽症か重症かは素人には分からない。医者にも分からないところはあると思う。 2類からの引き下げ検討もいいけど、これで重症者、死者が増えたら国民も岸田政権もまずいと思うんだけどね。まずは、秋まで2類でいいんじゃないかな。


92

家庭用の酸素濃縮装置が有れば、なんとかなったのかな。それとも、そんなレベルでは無く、エクモとか必要なレベルで、家庭用の酸素濃縮器なんて、あっても役に立たなかったのかな…。 去年、安心のため、22万かけて家庭用の24時間連続運転可能な酸素濃縮器を買ったけど、気休めだったのかなと、暗い気持ちになった。


93

搬送されて「最善の治療」を受けても、病院で亡くなった可能性は高い。病院では、面会できないし、最期に家族が付き添えない。早めの入院が、本当に良い方針なのか、難しいケースも多い。 厳密な隔離が不要でも、感染症と戦うには、 1.病院を原則、個室にする(面会・付き添い可) 2.自宅で酸素吸入・点滴くらいは1日以内に手配できるようにする ことが大事じゃないかな。


94

前回の感染拡大のとき、入院していた家族が追い出されるように退院。結局はその病棟全員が退院となり、医療の逼迫を身を持って実感しました。知り合いの人が勤める救急病院も、地域でここだけの脳外科以外の救急は原則受け入れを断ってました。救急車の立ち往生という状況は、まさに今、医療の逼迫しているんだという状況をを伝えています。 コロナにかかる人の一定数の人は重症化するので、毎日何万人も感染すれば、重症者も毎日多数発生する。いったん重症となれば呼吸器が外せず、管理に人手を取られる状況が1か月以上続くわけです。当然、医療現場は混乱します。 抗体が弱体化するスピードが早いコロナでは集団免疫という考えが通用せず、かかる人が増えれば変異種発生も加速する。つまり、withコロナで社会を回そうと思ったら、それぞれが「かからない」生活を実践することが一番の対策であり社会貢献なのでしょうね。


95

医療が逼迫しててどうにもならないと言うこと。 あらゆる事で自粛をするべきです。 先ず遊びに行って感染した奴は自宅待機で病院には行かせない。 保険証の利用を禁止する。 県外移動の制限、旅行の全面禁止と罰則を設けて対処する、高速道路なんて料金50倍に値上げする、ホテルは封鎖、観光地も封鎖、飲食拘らず全ての店舗を時短営業にする、飲み屋は週1、1時間のみの営業に制限する、キャンプ場や海水浴場の全面封鎖、プロ野球やJリーグも5年は試合禁止にする、出歩くのも自粛して許可制にする、スーパーなどでの買い物は店内入りを予約制にするなど、強権的にやって厳しく挑むべきです。


96

国民皆保険制度が破綻しています。 健康保険料を支払っていても医療にアクセスできない。 これは救急車だけの話ではなく、病院再編で感染症対策用の空きベットを削減、感染症専門医の育成のための予算削減などの結果です。 コロナで顕在化した問題ではありますが、政府の対策は糠にくぎを刺すようなものに感じます。


97

政府がこの事態を傍観していることに怒りがわく。経済優先と言いつつ、医療や社会インフラが正常に機能しなくなり人心を不安にし経済の首も絞めている。5類変更でも今すぐ問題は解決しない。重症者を扱う高度医療をおこなう病院程、コロナ患者以外へのリスクもあり現場オペレーション変更は容易でない。感染拡大で医療従事者のマンパワーも削がれている。感染爆発が引き金となり、今死ぬ必要がない基礎疾患のある方や高齢者の数多の死亡に繋がってゆく。救急搬送全般も支障をきたしている現状を鑑み、一時的に入国規制や可能な限りの在宅勤務要請や不要不急の外出を控える要請をするべきと思う。急病や事故で一刻を争う時、救急車の受け入れ先がなくあなたが亡くなったとしてもそれを受け入れられるのか?それが当然とされるシステムはありえない。社会はみんなのものである。国民が安心して生活できる社会を取り戻すべく為政者は最大限の努力をして欲しい。


98

最近救急出動が多いなんて騒がれてるけど、そもそも緊急性のカケラもない事案を減らしていくことが必要やと思います。 交通事故だからというだけで救急車呼んだものの打撲擦り傷のみ、自宅前でタクシー捕まえたかのように歩いて救急車に乗り込む高齢者、発熱しただけで普通に歩ける一人暮らしの大学生、例えば痔みたいに全く命に別状がないけど痛みに耐えられないことを理由に夜中に救急車呼ぶ人間など… 救急車が必要な人のところに中々到着できていない傍らで、こういう現場にたくさん行ってる現実があります。


99

医療機関は、公的な財政を受け取るならドイツ・フランス・イギリスのように公的病院にするべき。そういう国は医者は公務員かそれに近い立場。そうすれば、入院先が見つからないというケースは起こらない。 逆に7割もの民間病院をそのままにしたいなら、アメリカのように民間の医療保険でまかなうべき。金さえあれば入院できる。 日本だけが特殊で、公的財政で医療が成り立っているのに、財政を使うのは多くの民間病院。コロナを受け入れない判断を個々の経営者に任せるからこんなのことになる。


100

毎日、何万人も感染者が出ている状況での医療逼迫、病床は増えているのだとは思うが、早々増えないだろう。 そうなると、病院に入院するトリアージのレベルを見直すしかない。 ただ、問題はこの方は末期のガンだったと言うことだ。 限られた病床含めた医療資源の中で、命の選別を医療機関は強いられる可能性がある。 どんなルートで感染したのかは情報は無いが、この方は、恐らく自宅でガンの療養をされていた訳で、外で感染したのでは無いだろう。 沖縄での高齢者施設でのクラスタの報道などを聞くと、ほぼ、職員や業者からコロナが持ち込まれているとのことだ。 と言うことは、当面、家庭に感染を持ち込まないよう最新の注意を払うしかないと思う。