最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

カルト研究者「親による信仰の強制は『児童虐待』に含めるべき」2世支援が乏しい現状に警鐘

 

安倍元首相の銃撃事件で、容疑者は動機について、母親が「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」にのめり込み、家庭が崩壊したことなどを挙げている。


ニュース速報

 

 イイネ

1

職場に派遣社員で来た方が、エボバの2世の方でした。 色々と制限があるらしく、職場で最低限の会話以外は話さないと親に言われている。 集会に遅刻するので時間外労働は出来ないとお母様から連絡あり。 地鎮祭のお清めがある日は、早退しますとお母様から連絡があり強制的に帰らされていました。 そんなこんなで周囲から浮いてしまい、退職。 まだ短大を出た所の若い子だったけど、流石に過保護を通り越して怖かったですよ。 本人は真面目で勉強熱心だったので、職場でも皆が退職をもったいないと感じていましたし、本人も職場と親の板挟みにあい、親を捨てられないと困惑していました。 子どもに宗教を押し付けるのは、その子の未来を奪うこと。 せめて子どもだけでも、法律を制定して救えないかと願います。


2

信仰の自由には、信仰しない自由も含まれています。 信仰の自由、そして信仰しない自由を守るためにも、事実上強制的な布教行為や違法な勧誘活動は抑制されるべきだろうと思います。 親の信仰が子供の信仰しない自由を奪っているのであれば問題だと思います。


3

私はある宗教の二世です。 子供の頃は親から言われるがままにその施設に通い、思想や価値観は当然その宗教団体仕込みです。 人と争わない、家族を大事にしましょうと基本的な教えは常識的で、良かった部分もありましたが、日々勉強し続けることが重要で遊びたい気持ちを持つべきではない…など一般社会に通用しない教えには疑問を感じずにいられませんでした。基本的にその教えを守ることは自由でしたが、そこに通っている限り、他の信者からの目が気になって「道」から外れることは難しいのです。社会人になり、広い世界を知るほどに自分は人とは違うのではないか?と不安を感じるようになり、自己肯定感は失われました。 現在「宗教二世」などと騒がれていますが、自分はこれまで一般社会と宗教の狭間でもがき続けてきました。人の親になり、その宗教とも疎遠になりました。子どもには自由に生きてもらいたいと思っています。


4

難しいし,問題が多いだろうなあ。まず、健全な宗教とカルトの線引きそのものが非常に難しい。ということは、容認されるべき健全な信仰教育とカルト的な信仰の強制の間の線引きも非常に難しい。日本のように単質でかつ世俗的な社会においては宗教そのものが誤解と偏見を受けやすい。世俗主義の同調圧力の影響で、家庭や教会で健全な信仰教育を行う権利さえ侵害されることになりかねない。例えば、ムスリムの家庭に於いて,イスラム世界ならごく当たり前の宗教教育を行うことすら難しくなる可能性が出てくる。日本人がまず世界の宗教をよく知ることが肝要であり、極めて慎重でなければいけないと思う。


5

中学時代の友人が二世だった。 その子はとても良い子だったので、 思春期に心通い合う友情を築けた。 でも友人は遠足や、修学旅行で、神社仏閣に行くとき中に入れない。 なので私も中に入らず外で一緒に待機していた。 勧誘はされなかったけど誕生日には、その宗教の若い人向けの本をくれたことがあった。 内容は宗教的ではなく、若者に健全な日々を送ろうと呼びかける生活的な内容だったと思う。 大人になってから、母とその話になった。 せっかく我が子の学びのために施設見学料を納めているのに、遠足や修学旅行で歴史的建造物である神社仏閣を門の外から外観だけ眺めて帰ってくることに、複雑な思いだったようだ。 そして誕生日に宗教の本をもらってきたときは、やはり驚いたらしい。 子ども同士の友情に口を挟まず見守ってくれていた母に感謝したが、 こういうケースで入信につながった人の家族は辛いだろうと思う。


6

賛成です。 しかし公明党と協力関係のある自民党が「子供への宗教の強制」を虐待の要件に含めると認めるとは思えませんが。


7

日本の行政や司法は「強制」と言う言葉を非常に狭く捕えがち。 ネチネチ要求を繰り返したりするようなケースでも、「拒否しようと思えば拒否できた」と言う理屈を持ち出したがる。 恐怖のあまり必死に顔色伺いをして従ってると、「自主的」と言う体裁にされてしまう。 「信仰の強制」だけなら、ぶっちゃけ今でも問題にすることだってできる。 もちろん、もっと救済の幅を広げるのも賛成だ。 でも、「顔色伺いして親の言うとおりにするしかない」「ネチネチ言われて渋々…」というのを「勧誘しただけ」「自主的に応じただけ」と捉える「強制」の狭さも一緒に直さないと、結局仕組みが作られただけで終わってしまうだろう。


8

小学生のころ、同級生に某新興宗教の家庭の子がいました。 クラスのお楽しみ会は参加不可、誕生日にちょっとしたプレゼントをあげるのもダメ、遠足や修学旅行でもお寺や神社の敷地には入れない(その子のために先生が一人、一緒に外で待っていました)など、子ども心にも「何だかおかしいな」と思っていました。 カルト的なものに警戒心を持ってあれこれ調べるようになったのはその経験が大きいです。 中学は違う学校でその後全く交流はありませんが、二世のニュースが出る度にその子のことを思い出します。


9

選挙の度に子供の同級生の家を訪問して、特定の政党への投票を呼び掛けるのも禁止して欲しい。 子供への影響も考えて欲しい。


10

信仰の自由、思想の自由も憲法で認められているのだから、強制されることが違法なのは明白でしょう。


 


 

TESTING130


11

児童虐待だと思います。 以前海外で、ビーガン夫婦に決まった野菜しか食べさせられず、必要な時期に必要な栄養素が摂取できず亡くなった幼子の事件がありました。 宗教同様、成人した親が自己判断でするのは勝手だけど、自動的に子や他人を巻き込むのはどうなのかなと思う。


12

自民党と連立を組む公明党幹部は、旧統一教会は反社的組織であると、 はっきり明言しました。 一方で、タレントの場合は反社の人間と写真を撮ったというだけで、芸能界 を追放された者もいます。 先輩に連れられて行っただけで、全く知らなかったタレントも数か月謹慎さ せられました。 タレントは許されないのに政治家はOKなんでしょうか? 写真を撮っただけでなく、式典で教祖を褒め称えるスピーチをした政治家は 一人二人ではありません。 最後には「何が悪いのかさっぱり分からない。」と居直る者まで出てくる始末。 信仰が原因の児童虐待の責任は、善悪の区別もつかない、魂の腐り切った 政治家にあると思います。


13

従来の憲法学では「信教の自由」は「子供に信仰を強制させる自由」を含んでおり、それについて学者から何らの疑問も呈されていませんでした。また宗教系の私立大学、特に付属校を持つ大学については、親が子供に信仰を強制する学校に通わせること自体が自校のメシのタネなのでそこの教授が疑問を呈するはずがあるわけがありません。かくして完全に浮世離れした憲法論がはびこる結果となっています。


14

とはいえ、仏壇や神棚など引き継いで世話するのが日本。田舎いけば問答無用で総代とか回ってくる。


15

私もそう思う! 約40年前妻が妄信していたのがエホバ(ものみの塔?)だが・・・ 思考能力のない子供に信仰を押し付け、私が気付いた時にはもう手遅れ状態。 「妻が宗教をやめなければ離婚をして、子供(3人)の親権は私がとる」との離婚調停を起こしたが・・・「信仰の自由」という事で調停不成立。 数年間の協議の結果、長女(当時12歳)については本人の意思で親権は私、他の2名は母親に親権を取られてしまった。 長女は以降エホバを離れ良縁もあって幸せな家庭を築いている。 二女は結婚を機にエホバを離れて普通の家庭を営んでいると思っていたが・・・ 3か月前「病院で輸血が必要だと言われたが・・・」と相談があった。 本人は輸血の必要性は理解しているが、何か心に引っかかるものがあったらしく、私の後押しの一言が欲しかったらしい。 子供の時のマインドコントロールは大人になっても尾を引き、「児童虐待」そのものである。


16

これはわからない… 人間なんて何らかの思い込みや勘違いは宗教の有無に関わらず起きる。 大学行かなければならない就職しなければならないだって充分思い込み。 子供はそんな親から洗脳を必ず受ける。 反抗期なる親視点の区分期である独立期になってはじめて親がおかしいと感じ始めるのが殆ど… 最近の未婚率の高さも、自分の親をみてあんなに不幸なら結婚などしないと感じた世代でもある。 宗教は単にそれがわかりやすかっただけで他の大半の親と変わらない。


17

コレは必要でしょう。 出来れば、オウム真理教事件の時に、作っておくべきだった。 さすれば山上徹也被疑者も、犯罪者にならなくて済んだのにね。 後は思想かな。 親によっては、子供に右翼・左翼的な思想を押し付け、歯向かうと暴力や説教をする親、いますからね。


18

教会に子供を連れて行く、子供に意志があるのだろうか?親が正しいと思い教育の一環として様々に行う、しつけ、習いごとも、この場合虐待になるのでは?簡単には答えが出せない難しい問題。


19

虐待として対処すべき。 私自身も親による宗教の強制があったし。 はっきり言って多くの宗教は盲信すると害悪の何ものでもない。 特にやたら金を求める宗教は存在が害悪。 国が潰すべき。


20

これ言うと程度の問題はあれどすべての宗教が該当するのでは?フランスの場合はカルトの要件を定めて法的対応をしているのですが、日本はその定義で延々と議論と先送りの繰り返しになりそう。


 


 


21

日本国憲法では 「何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。」 となっていて、「保護者の庇護下にある未成年者は除く」とはどこにも書いていない。 未成年者は「(どの宗教にも)入信させてはいけない」では信教の自由を侵すことになるから、「(本人が望まないなら)入信させてはいけない」とかの法整備はできないものか。


22

でも、親が子にする教育には、倫理や道徳があって、それには多分に宗教的なところがありますよね。 ところで、子どものマインドコントロール禁止って、フランスすげーっ、って思いました。フランス(の宗教)法や宗教法の研究者さん、日の目を見る時が来ました。新書をいっぱい出しましょう!


23

信仰の自由には「他人に信仰を強要する自由」などない。自民創価統一教会党は信仰の自由をはき違え、更には金集めと勢力拡大に利用してきた。統一教会の金の大部分は韓国へ流れた。まさに反社、反日政党である。 信仰の自由を守るためには「親であっても、子が成人するまで宗教を勧めてはならない」と法律で定める必要がある。カルトの子供は自動的にカルトになり、苦しんでいる人たちが甘利にも多いのだ。 アーミッシュという宗教は電気を使わない昔の生活をするが、自発的に大人になる前に、街へ出て生活させ、アーミッシュになるかどうか、選ばせている。創価や統一教会などカルトにこの精神がない以上、宗教強要を法律で禁止するしかない。 同時に「寄付や販売その他、金に関すること全て課税」にしなければならない。 上記は自民創価統一教会党は絶対やらない。だから政権交代が必要なんだよ。日本のためにね。


24

本当に深刻な問題で、やっていることはマインドコントロールと同義なので、児童虐待にカテゴライズするべきとずっと思っていました。 しかし、教育の様に教義の刷り込みが行われてしまうため、親には虐待の意識は絶対に無いのが最悪にこの問題を難しくしています。 親の目を覚さなくてはならないのですが、これも本当に難しくて。。。


25

母親が創価学会だったので、小さい頃から会合に連れていかれた。 同級生の親に聖教新聞を買えと勧誘して回っていたらしく、後でそういう人達から子供の私へ軽蔑の目付きとともに「あんたのお母さんに買わされた」と責められてとても惨めな気持ちにさせられた。 元々家庭不和で父似の私は虐待を受けていたけど、小5くらいに宗教には入らないと告げると虐待や教育ネグレクトが益々加速し、兄と比較して私が損するように色々な嫌がらせを受けるようになった。 成人すると公明党に投票するように強要された。 宗教は親から子への虐待になります。


26

マスコミもいまだに及び腰な所を見ると、本当に社会の根っこにいる闇なんだなと思った。 とりあえずどこも統一教会の話しか出さない。勿論今メインで語るべきなのは統一教会の話ですけど、2世に被害を出しているカルト宗教は何も統一教会だけではないんでしょ? 団体として政治に関わることや信者から多額の献金を受け取ること自体が、現時点では犯罪ではないことも、今他の宗教団体の名前を出すだけで影響がすごいというのも、話が他に行かない原因なんでしょうかね。


27

「難しい問題だよね」で終わらせないでほしい。 私はエホ証二世で親にものさしで叩かれましたけど、これは明確に虐待ですよね? もし宗教のために学校に行かせないとか進学を邪魔するなどということがあったらそれは「しつけ」や「信仰に基づいた教育」の範囲を超えているじゃないですか。 線引きがしにくいからこそ、「明確に線が引ける=虐待と認定できる」部分と、グレーゾーンとをきちんと分けてほしい。 前者まで「信教の自由との兼ね合いが」などと言葉を濁して逃げないでほしい。


28

子どもの頃、母親から創価学会の子どもの集まりに参加するのが本当に嫌だった。母に褒めてもらうため興味のないお経を覚えるのに必死だったり、当時は分からなかったが、あれは虐待だったのだろうと思う。


29

不動産を担保に献金し最終的に不動産も取り上げられ、子供達には食費もいれないなんて酷すぎる。


30

政府は積極的に法制度を充実させてほしい。 統一教会の期限をとったり、仲間割れしたりしている暇があったら、よい法律を作ってほしい。


 


 


31

教育で宗教史必修にすれば良いと思う 普通の人は、現在型宗教しか知らないので 宗教史を見れば、大きな変遷が分かる 宗教は人間の為に作られたものなので →自由の概念がなく、権力者に住民が従属した時代 だから行動指針が必要だった キリスト教、ユダヤ教は2千数百年前から →それ以前の数万年、人類は違う宗教で生活 聖書そのものも、編纂史から作成課程が分かる →教義に都合よい編が取られ、適宜書き変えてる →箱舟伝説など、過去の伝承からで固有ではない ヒンズー教や仏教は、時を経てお互いの神様が混合 日本では神仏習合など エジプト文明は5千年前だが、独自の宗教 →宗教と繁栄は一致しない →特に儀式系は時代で大きく変化してる →聖地の神社仏閣も、元は誰も来ない未開地 →むしろ宗教による争いが多数 信仰対象が完全なら、分派したり解釈で紛争が起きるわけがない 鵜呑みで信じる無意味さが分かるでしょう


32

現実問題として難しいと思う。 子どもの頃に親から「嘘をつくと天国に行けない。」と教えられたとして、子が18歳のときに「この世の一切は空である。」との認識に至ったとき、親は有りもしない天国の話を持ち出して子に嘘を教えたわけだが、これが果たして虐待と言えるのか。 世の中の道徳は多分に宗教に依拠している。むしろ道徳の集合体が宗教と言ってよい。その偏り具合が問題になるのだが、では偏りを誰が認定するのか。


33

生まれてすぐに本人の同意がなく強制的に宗教の信者になっているのは明らかな虐待です。学校などで親に知られずに行政にSOSが出せるようにしてほしい。


34

養育里親をやっている家庭が宗教団体の幹部の家という例があった。 その家に里子として措置された子は、同居一日目から教団の本部へ挨拶に行くと言って奈良県まで連れて行かれ、神様の前で挨拶させられた。 その後も自宅で行われていたお祈りの時間に参加するよう言われたり、長期休みなどは子ども向けの合宿のようなものに参加させられて嫌でしかたなかったらしい。 立場的に拒否もできず、結局18歳になってその家を出るまで宗教とは関わらざるを得なかった。 他の宗教をしていた里親も、「里子に来たのだから里親宅の宗教を信じて当たり前」と公言してはばからなかった。 こうした宗教団体関係の家で里親をする場合、子ども本人の宗教を信じない権利、または宗教を選ぶ権利が保証されるべきだと思う。 そうしないと里親制度を使って子どもを洗脳していると取られても仕方がないかと思います。


35

じゃあ、お宮参りや七五三、初節句、初詣やお葬式や法事も? 神社に行って親が参拝の仕方を子供達に教えてはいけないの? カルトの線引きは確実にして欲しい!オウムの様に国が指定した集団だけですよね?共産主義者は神社をカルトと思っていますからね!


36

たしかに2世は大変だろうな。 幼少期は普通に親の言う事が正しいと思ってる訳で宗教の選択など存在しない。 カルトであろうと当たり前の様に信じるしかない。 まぁカルト教団にとっては都合が良い訳だけど。 たまに大人になってから自分の育った環境が普通と違うという事に気付いて脱退する人も居るが、通常は脱退するという考えにも至らず、また脱退も簡単に出来ないらしいね。


37

本人が納得するならそれまで 自己破産も自己責任。


38

フランスの反セクト法(違法かつ悪質な活動をする団体を規制する)の設立のきっかけって統一教会なんだってね。羨ましいよ。 国民を守る為に法律を作る国あり、かたや自分の議席欲しさにカルトにひざまづいてる国あり。同じ自民党の中で起きてる話だから岸田総理は調査して処罰する役目がある。同時進行で被害者の救済を。 あとは自民党改憲案24条と第97条の全文削除は統一教会が変更する様に政治家に依頼してるであろうヤバいやつ。国民全員の基本的人権が無くなる。東京新聞で特集してるって。


39

親がイスラム教だと子供もイスラム教徒になって改宗出来ないと聞いた事ある。親による信仰の強制じゃなく宗教による信教の強制になると思うけど、どうなんでしょうね。


40

親は子供をつくった責任として子供の権力を守らねばなりませんが子供は子の人権がありますから親の自由にはできないことを肝に銘じてべきではないでしょうか。勘違いしている親御さんが多いですよね。。子供はあくまで親とは違う人格を持つ個人だと認識すべきだということですよ。


 


 


41

伝統宗教だって氏子・檀家・幼児洗礼などの制度によって、子どもの自由意思に関わらず親の宗教に強制加入させているからなぁ。 線引きは難しいと思う。 小学校の道徳の時間などに、様々な宗教について相対的に教えるようにはできないものか?


42

何でもかんでも犯罪にしてしまえば弁護士の仕事は増えるだろうけれどもっと冷静に考えた方が良いと思います。子供に習い事や勉強を強制するのも虐待になると言うのでしょうか。


43

信教の自由は個人に認められた権利ですから、いかなる宗教であっても、子供に強要してはならないと思います。 問題は何をもって強要とするかです。 他宗教を学ぶことの禁止は強要となると思います。 一方日常生活での躾の場で宗教的な教えを含むのはどうなのか、 解りやすいところで「バチが当たる」と言う事すら非難されるようになるのか。 そんな社会は誰も望んでいないはずだと思う。 少し考えたのですが、カルトとそうでない団体の線引きとして、 教団を離れる事にペナルティを貸す団体はカルト認定しても良いのでは無いでしょうか? 信教の自由を侵害してるのですから。


44

断ってもしつこく勧誘することは信教の自由を蹂躙する強要罪とすべきである!どんどん告発して問題にしよう。カルト宗教は社会の敵。潰さないといけない。


45

日本にもフランスの「反セクト法」的な法律が必要ですね 真っ当な活動を行っている宗教団体であれば反対はしないでしょ


46

(山上徹也ツイッターより抜粋) silent hill333 2世の苦しみか。 実にくた"らない。 親を個露してニュースになる2世が現れて統一教会の名が出れば許してやろうかとも思うが。 2021年5月17日 ↑ 山上徹也は、2世批判してますよ。 2世に同情するなら、弁護士が、カルト信者の家族に成年後見人制度を勧めたり、霊感商法での契約は何十年経っても解約できる法律(安倍政権の時に法律が作られた)があることを信者家族に教えるべきなんじゃないですか。


47

児童虐待も子供が親を庇うのでなかなか実態の把握は難しい。


48

こどもの権利条約や基本的人権で信教の自由は認められている。親とはいえ強制は信教の自由の侵害、虐待である。


49

ただそれを、なんで今頃言い出すの?って話。


50

自分も2世ですが、普通の家で育ちたかった。貧乏、親は宗教狂いでは何とも言えない気持ちでした。クリスマスもやりたかったし初詣も行きたかった。親が親でない感覚がまだある。


 


 


51

親の環境が子供に影響与えるのはわかるが、ちょっと違うかな。親ガチャじゃないけど仕方ない部分あるかな。こんなの言ったら歌舞伎とか政治家とかも似たように対象じゃない? 宗教に至っては、自分のところ以外の教えは邪教やカルトって感じだし、先祖を敬う、弔うなどお墓参りとかその辺も対象? カルトの線引きや科学的に証明できないことをどう位置付けるんでしょうか?お守りは良くて壺はだめ? 本人が納得していればいいんじゃない?


52

どこまでを「強制」というのか難しいね。 どうかすると家族で初詣に行ったり、教会のミサに行ったりするのも「強制」と言われかねない。


53

信仰の強制を小児虐待にすると、お盆とかの墓参りをさせることも虐待になりますね。神道なら祖霊信仰にあたる。 キリスト教では生まれたときに洗礼をするけど、これもおかしいよね。 自分の意志を持てるようになってから洗礼をしないといけないし、イスラームでは、子供に信仰告白をさせて信者としますが、これも分別のつかない子供にさせるのは駄目ですよね。 信教の強制を虐待にすると、これらも全部虐待になりますよね?


54

個人的な意見なので聞き流してほしいのですが、 宗教ってなんなんですか? 教訓めいたことをいっていますが、 非科学的な妄想がベースになっているし、ご都合主義だし そんなものをまず信じるとかなんとかって どういう感性なんでしょうか まず現実的に目の前にあることに全力を注がず 何かを信じれば救われるっていう発想が致命的に理解不能 ましてやお布施とか、もらうほうも渡すほうも 頭イカレてんじゃねえのって思います


55

同意 早急に取り入れれば名誉挽回のチャンスだよ 岸田さん


56

子供は持ち物ではない。 信仰が原因だろうが何だろうが、まともな教育は愚かまともな育児も出来ていないのなら、虐待に他ならない。 「信仰」という言葉を神格化してはならない。


57

宗教に寛容というかこだわりのない日本人ならではの発想かなぁ。 宗教と生活の結びつきが強い人々には全く受け入れられない意見だと思うが。


58

宗教自体を規制対象にしてしまうと、地元のお祭りなんかは基本的に神道系が主軸になっているので難しい。 教団としてカルト認定が出来るくらいなら、最初から宗教認定取り消してして、不法行為で財産没収ぐらいしてしまえ。


59

少なくとも子育てを放棄したり、財産を全部注ぎ込んでしまうのは虐待だよ。山上容疑者の母親が子供を虐待していると認定されてたら、方法は有ったのでは無いか。


60

確かに虐待かもしれないですね。心身健やかに育てないといけないのに、心を支配しようとするのは虐待です。信仰の自由はあってもいいけど、親が宗教入ってても子供には関係ないです。


 


 


61

カルトと伝統的にまともに細々とやっている宗教を混同すべきではありません。 カトリックでは幼児洗礼など行うが、それも虐待、食事の際の感謝の祈りまで虐待とされたらそれは行きすぎでしょう。 文化的なものや、教育に有益かどうかの見定めが必要です。


62

国や政府は本来ならば国民を守る立場にある。 だがしかし、 今の日本は『守る』ではなく『搾取』する国になってしまった。 本当に残念に思う。


63

子供が出来たら、税務署が子供の取り分を徴税してキープしたらどうかね?


64

安倍派も同じじゃん。カリスマが居なくなったら外部からと内部からと脆くなっている。 議員はロボットじゃないのだから、政策で付いたり離れたりする方が自然な事。なのに党有りき、派閥有りきなら議員削減して、プログラムを組んだロボットでも良いと思いますよ。


65

新興宗教って大変だなー。 変な集会、献金などあって。 阿弥陀如来様なら南無阿弥陀仏って唱えるだけで極楽浄土へ導いてくれるお手軽信仰だよ。 あみだくじも阿弥陀様のお導き。 お手軽な信仰が日本古来からあるのにわざわざ新興宗教に入るとは 変わり者ですね。 と言って毎回宗教の勧誘は追い返してます。 再訪はありません。 邪神とその手下を遠ざけてくれるのですから阿弥陀様の力は本物です。 本物の仏様の前では、ビジネス宗教は全てまがい物。 関わりたくない。 信仰の自由を認めてるってことは信仰しない自由も権利としてあるはず。 信仰しない自由を制限しているのなら問答無用で虐待です。 少なくとも子供は救えていないからその新興宗教はまがい物ですね。 だから集会とか献金必要な宗教は全て偽物。 宗教と言う名の詐欺である。犯罪者として全て刑事罰で対処するのが正しい。


66

立正大の教授に聞きました、か……


67

自民党の先生達は開き直って 何が問題なの?っていている所がずれすぎて怖い


68

親は子育てできなくなるな。子供は生まれたらすぐ親から引き離されて国家が運営する養育施設に移されて統制のもと養育されるなんてサヨクSFの世界になりそうだ。


69

「2世信者はかわいそうだから助けなきゃ」は確かに真だけど、そのためには世間が「2世信者」だった過去をきちんと受け止めてくれるかどうかが問題かと。 今の統一教会叩きが信者個人にまで及びつつある現状では「脱会した」からといっても世間が拒絶して居場所がなくなるだけになる危険性も。


70

2世、3世の苦しみもっと明るみになると良いな。私は親から大学行かなくて良いって言われましたが、その宗教がやってる大学だったらお金出してあげてもいいよなんて言われたこともあります。今思えばクソみたいな親だなと思いますし、宗教があったから進学だけでなく結婚時も揉めました。信仰の自由なんかないです。大好きな親に嫌われなくないから仕方なく信仰してる振りをするのです。私は結婚を機に辞めましたが、ろくなことがなかったせいで宗教アレルギーです。


 


 


71

そりゃ、安倍さんがあんな事にならなければ、マスコミも野党も人権派弁護士とやらもまるで騒がなかったんだから、致し方なしだよ。 で、政局的に騒ぎ出したはいいが、「宗教」「韓国」って(一部に人にとって)デリケートな要素が絡んできて、いまいち勢いづいてない感じだし…。


72

たぶん信仰を強制した自覚のある1世は多くないと思うんで どんな言動が強制かを明らかにしたほうがいい


73

まさにその通りだ。 創価学会の悪質な二世勧誘ははっきり言ってカルト教団でしかない。 児童虐待案件として全施設を立ち入り調査するべきだ。


74

ヤングケアラーもそうですが、今まで社会から隠されてきた諸問題が一気に見える化されてきた。江川さんはずっと真摯に向き合ってこられたのですが、全体に共有されていなかった。 それと同時に憲法の「信教の自由」と各種法律の不整合も炙り出されてきた。日本国の外務省は国連の「こどもの権利条約」を批准しているはずです。省庁は縦割り行政で整合性を考えていない。特に宗教関係がシステム不全となり、何もできない、何が問題がわからない、身動きできない状況になっている。 これを機に、また失われた30年にするのではなく一つ一つ時間をかけて法整備していくしかないんじゃないか?


75

例えば布教活動の為に、育児放棄や学校に行かせないなどであれば虐待で取り締まることは可能だと思うが、信仰による洗脳の規制は無理だと思うよ。 親が居る以上、あるいは親じゃなくても養育者が居る以上、子どもはその保護者の考え方の影響を必ず受けて育つ。 拝金主義、学歴至上主義はもとより、モラルの低い保護者が育てれば、子どもの善悪の基準もそれに準ずることになる。 子どもの為になると思い込んで、子どもがやりたくもない受験勉強やスポーツを強制する親なんて其処らじゅうにいる。 親ガチャでは無いが、それは防ぎようがない。 但し、その子どもが自分で判断できる年齢になった時に、自分の意思で自由に生きる為の社会作りは大切だと思う。


76

信仰の「何を規制するのか?」が難しい。 そもそも信仰とは一面では哲学であり、その人においての人生の規範、進むべき道、価値観を示すものである。モラルや常識、というものと非常に近い性質がある。親が家庭で行う教育で、このようなものを全く排除する事は出来ない。すべきでもない。 特に日本では仏教的な価値観、神道的な価値観が世の中に根付いている。これを分離するのは不可能だろう。 なので家庭内の問題は適宜対処しながらも、カルト宗教に対する規制を強めていくしか方法は無いのではないか。 断言できるが、高額の金銭を必要とする宗教はカルト。公安あたりにしっかり内偵させて、信者から高額の金銭を巻き上げようとする宗教法人は、法人格を停止させていく、のような対応が必要になってくると思います。


77

信仰の自由というのはおかしな妄想を信じる自由程度の意味であり尊いものではありません 例えば地球は5000年前に作られたと聖書に書いてあるからと言って議論を拒否して信じるのが尊いわけない 他の宗教でも同様 宗教というのは悪いものだと認識したうえで悪い妄想を子供に植え付けるのは虐待と定義すべきです 現在の自公政権はまさに全ての宗教のフロント組織みたいなものなので困難でしょうが


78

南妙法蓮華経、天にまします、ま〜か〜般若波羅蜜多、小さい頃からアレコレ聞かされたなぁ 決して押し付けられる事は無かったが、教義の良い?為になる?部分は言われたので、自分なりに役立つ部分は利用させて貰って歳は重ねたつもり だから、ハマり過ぎは他教義を否定する迄に至るから、止めた方が良いよと言う


79

国民性もありますよね。 日本人は一人じゃないにもできなくって赤信号、みんなで渡れば怖くないっていう、そのくせ根深くって腹の中で思ってることと口で言うこと違うし、自分の考え、意見を持ってないし、プライドだけは高い。


80

宗教を規制したところで割りを食うのは一般的な宗教だけでカルトは法を無視するだけ 必要なのは徹底的な弾圧、信仰の自由を盾にすることなど今の日本では許されない


 


 


81

親が宗教に入った時点で保護施設に入るとかしないとな。絶対子供を巻き添えにする。子供より神を大事にしてるし。 成り立ってないのは確か。 信教は自由でも布教(狩り活動)は自由なわけないっての。


82

親の信仰がそのまま子供に引き継がれるのは割と自然なことだと思う。虐待との境目は、やはり子供の人権を侵害するかどうかなのでは。 例えば嫌がっているのに信仰を押し付けたり、人権を制限するような宗教行動を強要するのは明確に虐待だと線引きするべき。 某世界平和なんたらの、まだ経済的に自立しきっていない若い2世に結婚を強要させたりするのは虐待でしょうね。


83

難しい問題ですね。 母親が宗教にのめり込んでいたら 当然その教えにのっとって子育てするであろうし。 宗教の集まりに子供を参加させてはいけない、ぐらいのことはできても どこまで他者が介入できるか・・・。


84

お金を求める新興宗教或は新新宗教か、苦を抜き楽を与える宗教かを自分でしっかり見極めましょう。お金ばかり強請る宗教が人々を救えるはずがありません。オームがよい例ですね


85

カルトor宗教2世問題の解決のために、「こどもの権利条約」に」準拠し、 こどもが自己判断⇒選択できるように少なくとも16歳までは カルトはもちろん宗教に関わることは禁止すべき時ではないか?


86

カルト云々になるとフランスの事例が紹介されるけど、他の国が紹介されない辺りから問題の難しさが伺えますね。 解釈を間違えると、過度な中学受験や習い事なんかも取締の対象になるのでは? 色々な思想は有るだろうけど、親のエゴは罪深い。


87

信仰の自由がある憲法下で、2世が故に制限していいのか? 2世自身の自己判断に委ねることが憲法上の信仰の自由じゃないか?


88

信仰以外にも親から強要される教えってたくさんあるけど…それは問題ないの? うちは仏教だけど、私は親と違って仏教は信じてません。そんな自分を親は軽蔑してます… 日本では旧統一教会はカルト。海外の一部では仏教は異教徒。


89

信仰強制は児童虐待だとすると、他の虐待事案と同様に父母兄妹から引き離すのだろうか?それとも実効力には劣っても重い罰則規定は設けず倫理指針に留めるのだろうか? 個人の自由を保護するために家庭に行政が介入することはリベラリズムに基づく発想と言えるが、以前よりは人々の抵抗感が減じているように思われ、法制化はそれほど困難ではなさそうに見える。自民、公明がどう判断するか、それ次第だな。


90

信教の自由は、憲法(第二十条)で、定められて、いる。  また、自由の定義も、憲法(第十二条)に、定めが、有り、「公共の福祉に、反する、活動を、自由と、認める、理由も、無い」のが、現状。  なお、憲法 前文 第二段落目に、基づく、ならば、「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてる」のが、国民性で、「違憲、違法な、教祖の指導、等に、『(A)従わせる(専制)』、『(B)従う(隷従)』は、違憲に、該当」とも、解る。


 


 


91

宗教2世だけを特別扱いして支援するなんておかしいでしょ? むしろ、根源のインチキ宗教やカルト宗教を規制できるようにすべき。何でも、元から絶たなきゃ意味なし。


92

小学生の頃体育の時間に女生徒に紛れて1人だけ男子生徒がぽつんと紛れてたのを思い出した。 柔道は宗教的にダメと説明を受けたがその頃はハテナしか浮かばなかった… でもなんとなく可哀想だなって思ってた記憶がある


93

必要な法律だと思う。 是非、国会で議論して頂きたい。


94

支援より元凶を無くさないと…18超えたら自立して親と縁切ればいいんだし。未成年は親権剥奪とかしないと無理なんだろうな。宗教狂いは子供手放さないで子供も洗礼うけさせようとするからな。親戚の奥さんがカトリックで旦那に黙って子供に洗礼受けさせ、それが原因で離婚した。


95

日本は自動虐待に関する感覚が鈍いよね。 特に幼児なんて、母親の所有物的な感覚だよ。 好き嫌いをする、イヤイヤ期の2歳児に「躾」と称して平手打ちをする母親。 挙句の果てに、言う事を聞かなければ「食事を与えない」との意見に賛同する多くの母親達。 早く共同親権を実施して、暴走する母親を称する鬼畜達から子供を守らなくては。


96

本人の意思に寄らない信仰の押し付けは全て信仰の自由に反する。 親は子供に宗教を強要する事は許せないし、宗教も個別勧誘は禁止して欲しい。 広告なりで興味を持った人だけが宗教に関われば良いし、どこかの宗派に入らずとも自分が思う様に心の中で信仰すれば良い。 それが宗教の自由ではないですか?宗教に縛られる人生など馬鹿らしい。


97

自由という名の見ないふり 方位 ギャンブルだって するのは自由だけど過ぎれば病気と言われることと同等ではないかと思う。 田舎ほど社会的なルールがきかないありさま だから無教養ほど いじめもまだはびこる 今の時代にふさわしい ルール モラルはひつよう もう家族制度が残る高齢社会の名残に押しつぶされるのはごめんだ。


98

迫害する人々がいるから、二世の行き場所がなくなるのでしょう。 人口が増えすぎた現代、個人主義の強くなりすぎた現代。 貧富の差が大きいので、管理通貨制度から、物々交換の世の中にシフトウェイトしてはどうだろうか。


99

難しい、と言うより無理でしょうね。そもそもカルトかどうかの線引きが難しい。オウムみたいに組織的な犯罪を犯せば刑事事件の対象として裁けるが、高額献金や霊感商法は信者から被害届が出ないし、出ても民事。 小さい頃から親に連れられて教会に行き、そこのコミュニティの一員として育つこと自体は他の宗教でもやってることだし、小さい子には善悪は分からない。千眼美子がいい例だ。


100

難しい問題。統一教会などの事例を見ると、確かに親による信仰の強制は、「児童虐待」に入れるべきだと思う。その一方で、家庭での宗教教育全てを否定することも難しい。どこに線引きをするのか、何らかの基準を模索するしかないが、江川紹子氏がコメントで述べられているような考え方が、やはり一番まともだろう。こういうものをたたき台にしてながら、さらに発展させていく必要があるが、現状に詳しい専門家の様々な意見を聞きながら、公論の場を通して世論を作っていくことが必要ではないか。政治家に任せておくわけにはいかないことは明白だ。特定の宗教団体と利害関係がある連中が多いのだから。