最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

尾身会長ら専門家有志、コロナ対応“2段階”提言 “全数把握”見直し・法改正など

 

新型コロナウイルスの専門家有志らは、感染者の急増によるいまの第7波への緊急的な対応と、今後、通常医療へ移行するための法改正などを含めた対応の、2段階にわたる提言を取りまとめました。


ニュース速報

 

 イイネ

1

全数把握見直しと言うより、現実として無理となったから、止めるのでしょう。 コロナ対応では、同様な事が繰り返されています。 検査能力が足りなくなったので、『みなし陽性』を認める。 積極的疫学調査が人手不足で、できなくなったので止める。 濃厚接触者の把握ができなくなったので止める。 発熱外来の受診希望者が多過ぎ、若者は受診を控えを要請する。 高齢者には行動制限を要請する。 感染状況が悪化し、すべき事ができなくなってからの場当たり的な対応です。 経済回復を目指し、制限を緩和する方向に舵を切ったのですから、 感染拡大は想定できたはずです。 第6波が収まって来たときに、準備をする時間があったにも関わらず、 なにも対策してこなかった事が、混乱の原因でしょう。 ウイルス感染による被害を予測することは難しいとはいえ、 政府、厚労省、専門科会議は、根本的な対策をする必要があったと考えます。


2

厚生省が堅持していた全体把握への変更要請は医師会、知事会からも出たようである。世界も今やまともに感染者数の把握などしていない。もし変わるとしてもこのスピード感の遅さは中国の次ぐらいかもしれない。これが実現すれば困るのは厚生省というよりもマスコミであろう。今まで毎日感染者数を出して国民の不安感を煽ってきた。これが無くなるとマスコミも視聴率が稼げなくなり、手の平を返したようにコロナ報道がずいぶん減るのではないだろうか?もう、オミクロンになってフェーズが変わってきたのは間違いない。コロナ対応や意識も変わっていくことが大切だと思う。


3

”専門家有志の提言”ということは公的な専門家委員会の意見ではないという事ですね。つまり、尾身氏らの「自分達はこんな意見を言いましたよ」という、国や国民に対するアピールに過ぎないという事。そんな自己保身的なアピールではなく、専門家委員会の正式な提言として政府に突き付けるべきではないのだろうか。厚労大臣は全数把握をやめないと言い、現場に対応する医師や地方自治体・知事は全数把握をやめろと言う。政府は現場の実態をしっかり把握し、今何が最優先すべき事なのかを即座に判断し、国民の為の施策を実行すべきである。


4

尾身氏は能力、適正は別として政府の専門家会議の責任者ではないのか。 「専門家有志」として発言はおかしい。 国民の行動に関し場合により規制をかけるかは、有志如きが話す話しではない。 内容の妥当性はなくても尾身氏たち専門家が政府の一組織として議論し内閣として勘案しオーソライズされたものだからこそ一定の規制もできる。 しかし、今回の尾身氏の発信は一体なんなのか。 この方は役割を終えたのだから身をひくべきだ。 もっと自らの地位と責任を自覚しなければならない。


5

もう専門家分科会は必要なし百害あって一利なし。 分科会や専門家が状況に則さない提言とも言えない事を発表するだけで政府は陰に隠れて出てこない、結果何の対策も進まず。 そして何も行われなかった対策の責任の所在があやふやになり政権支持率に繋がらず、支持率で政府の責任を数値評価しないから、なんど波を経験しても政府はまた何も対策しない。 政府の隠れ蓑となってしまっている専門家分科会は即廃止若しくは表に立たないでいただきたい、分科会は政府に提言しそれを受けて政府が対策を打つ正常な関係に戻して下さい。 アナウンスや対策発表は必ず政府大臣がやるべき事です。 責任の所在がわからなければ、有権者は評価のしようがありません。


6

「あっそうですか」と言う感じですねぇ。 今回の提言は第6波が下げ止まった時点で第6波の状況を総括して事後の対応に備えるために行うべきものだったと思う。 分科会等の専門家組織が、これまでの感染拡大が落ち着いた時期にちゃんと事後のコロナ対策の政策提言をしていたら状況はもう少し違ったものになっていたのではないだろうか?


7

要は、政府や専門家さんはこれまでの対応が出来なくなったからギブアップするということですね。 コロナへの対応は私も見直すべきとは思いますが、それはこんな爆発的な感染拡大の状況下ではなく、社会的に余裕がある時期にすべきこと。これまで、いくらでもその機会があったのに、 何もせずに現在の状況を招き、国民の生命や健康の危機を招いたのは、政府、専門家です。 「国民一人一人が……」って、もう皆さんやっています。誰もあなた方を信用していないのですから。


8

分科会有志のスタンドプレー。なぜ、経済や教育などの有識者もいる分科会で議論せず、医者や感染症法専門家だけで立法論含めて議論し、提言するのか? 内容の前にこういうやり方するから、経済軽視、医療偏重、医者の利権の最大化と言われるんだよ。 それにしても、やっぱりなし崩ししか出来ず、やったことは意味のない行動制限とマスク警察と菅総理の退任扇動だけでしたな。


9

重症者の医療負担は全額公費というより高額医療制度の適用でいいかと思うんですよね。 ただ申請をやりやすくとか病院側でできるとかに工夫する余地はあると思いますけど。 国としては批判されるのが目に見えるのでやりにくいとは思いますが、何でも税金で全額保証もそろそろ見直していく時期です。 このままだと5類にしてもコロナ関連の医療費は全額負担しそうなので。


10

現実的物理的に無理になったから、ルール変えますっていう「さじ加減」を提案してる時点で専門的でも科学的でもない。 この時点で、「風邪ウィルス」と口に出せないだけで、国民に対して察して欲しいということの表れ。 本当に脅威の殺人ウィルスだというなら、増えてきたなら国難なのだから、全ての資源を投下してでも全数把握を貫かないといけない。むしろ引き締めないといけないはず。 ということで、とりあえずマスク警察を糾弾する風潮だけでも出来たらいいなと思う。 それだけ切にお願い。 他は知らん。 国が傾いてでも何年でもやっててくれって感じなので。


 


 

TESTING130


11

そもそも全数調査を続けているのは、保健所が集めたデータを独占的に使用している国立感染症研究所が自分たちの新型コロナ研究のために反対しているからで、感染状況を把握するのであれば、季節性インフルエンザなどと同じように、定点医療機関からの報告数で十分足りる。 自分たちの研究のためなら、医療現場がひっ迫し、本来助かる患者の命が失われようが、保健所がひっ迫し、本来の業務が滞ろうがお構いなしなのが、国立感染症研究所という組織で、本来、国民の命を守るための研究のはずが、自分たちの研究のために国民の命を犠牲にしているのだから、本末転倒もいいところ。本当に恐ろしい。。。


12

医療ひっ迫(一部医療崩壊)や保健所業務のひっ迫という現状から、こうした提言をするということは、いよいよお手上げなのか。 思い返せば、政府の「行動制限しない」という言葉が先行し過ぎて爆発的感染拡大(オーバーシュート)。←現在進行中 「大きな社会からの要請」「経済との両立」で行動制限せず、その替わりに個人の公衆衛生意識に委ねてきた感じがあるけれども、リスクコミュニケーションが上手くいかなかったよう。 分科会や分科会の有志としてもう少し早い段階で国民との間でリスクコミュニケーションがあれば、現在のような爆発的感染拡大、それによる保健医療体制のひっ迫は抑えられたような気がするけれど。


13

無症状陽性者の炙り出しと濃厚接触者認定 それによる舞台演劇の中止 まずこれをやめて下さい。 体調不良の人が出たら、その人だけ休演して代役で続行。 代役が立てられないくらい感染者がでたら、中止は仕方ない。 クラスターなんて言葉はいらない。 インフルで感染者が増えたときには、そんな言葉はなかった。 あともう一つ、海外からの帰国者全員へのPCR検査の義務をなくしてほしい。 すでに国内にこれだけウイルスが蔓延してるのに、海外からの持ち込みを必死に阻止する意味はない。 陽性になった自国民を外国に放置するのはおかしい。 医療に限界があると言うなら、せめて外国籍の人だけ要検査にすればいい。 短期の旅行の場合、日本国内で感染してた可能性も高い。


14

予測して先手先手で対応する事が出来なかったという感じでしょうか。 本当は法改正が必要であればこちらを優先して議論する必要があったと思いますが、選挙でそれどころではなかったのでしょう。 まぁここまで広がれば、ピークアウトを待つしかないと思います。 全数把握も普通に考えれば検査検査でそれも病院となればすでに混雑している病院+保健所では限界があるのは目に見えていたのではないでしょうか。 国民もすでに居酒屋、ファーストフード店でマスクなしで大声で話しているので今後も増えていく一方だと思います。 黙食、マスク着用はどこへやら。 喉もと過ぎれば暑さを忘れるとはこの事でしょうね。


15

数日前にコロナにかかり自宅療養してましたが、保健所からレトルトの食料が沢山送られてきました。ふと、この食料費はどこから出されてるんだろうと思い、結局は皆様の税金ですよね。それなら一般で感染対策頑張ってる人には何も報酬ないのにコロナにかかった人は食料配布ってなんだかおかしくないか?って思いました。確かに自宅療養でスーパーに行けない為の食料は理解できますが、それなら配布でなくある一定料金を請求しても良いのでは…と思います。


16

感染爆発で何もできなくなったから手を引く、ということですね。それが感染症の専門家の態度だろうか。検査方法の確立とその結果に応じた治療薬の投薬が、きちんとできるように、その方法を提言するのが専門家ではないか。それができたら、ウィズコロナを提言しても良い。 なぜ、個人が判断しなければならないのか。どう判断するのか、いわなければわかるはずがない。 これらができる人に、全員交代すべきだ。ここでも、日本は終わっている。


17

陽性者人数見て出主体的判断すると言うことでしょうか。 今、国民が困っているのは、陽性者対応です。 陽性者対応を迅速に進めないと、陽性者増加の要因になります。 医療機関が陽性者対応を拒んでいる。 検査受けるのに、皆、百件近い医療機関に電話しています。 電話で症状聞いて、陽性と強く疑われる場合は、受診せず、陽性と判断したら薬と指示書送り保健所に知らせる、症状重いか本人が受診希望する、他の病気疑われる場合のみ受診医療機関案内することにできないのでしょうか。 現状は、検査して、陽性だったら解熱剤しか渡されない。 無料で保険証使わないなら、電話で診断して薬、指示書送付してもらえれば、陽性になって困る不安は無くなります。 医師会さんの権威保持が、それを許さないなら、陽性者検査嫌がっているのは医療機関です。医療機関の負担も減らせると思いますが。


18

この2年半、何度も大波が到来したのに同じ展開にしかできないのか。落ち着いた時に次の波への対策をと言われながら、政府はwith コロナではなく、コロナが無くなったかのような経済対策にしか関心がなかった。県民割だとか「出かけてください!」なんて感染拡大の策ばかり。そして拡大したらお手上げ状態。ここまで学ばない政府はすごいけど、今度は感染者数も把握しなくていいらしいから、無策による拡大を隠せて良かった、ぐらいになるんじゃないですか?


19

やっていたものをやめる判断は判断者に負荷がかかる。判断しないと広範囲の負荷が解放できない。何事もそうですね。現状を考えると自動で報告するシステムも組み切れない中、人海戦術で2年以上医療機関、保健所が対応されているということですよね。また方法も以前はFAXということを聞きました(たぶん今もそう)。個人情報の問題、法規制、入力者の確保等課題解決できる省庁もなく、手書き、手入力、取りまとめを続けるのであれば、限界が来ているのですよね。毎日10万人をこえる人数をFAXと手書き集計できる方がすごい国だと思います。でもすごいだけで、何に役立つかもわからない。報道で前の週の何倍とか、1年前の何倍とかあほみたいな割り算掛け算の数値にされて遊ばれるくらいならまずは日次発表をやめればよいと思います。週次、月次に切り替えれば十分。


20

一体この尾身会長は何をしたいのだ。 分科会の位置づけはどうなっているんだろう。 分科会で提言するのが立場上求められている事ではないのか。 公の提言ではなく個人の有志での考え方を発信すべきではない事くらいわからないのか。 何年たっても同じ事しか言わず、いつも感染が増えだしたら自分たちの対策の不備ではなく、国民が悪いかのような分析をして発言し、国民のために考えているとは到底思えない分科会、分科会で提言できないなら早急に分科会も解散したらよいだろう。 もっと早い段階で感染しても重症化はほとんどせず、軽症で済むこともわかっていたのに、5類に引き下げる判断をするのが遅すぎて、引き下げる機会を失っているからこんな状況に陥っているのだろう、 分科会最後の仕事で5類に引き下げて解散してください!


 


 


21

いかにコロナを長期化させ引っ張るかを延々と考えてるとしか思えない。症状は風邪同等なら風邪として扱うべき。アメリカ、イギリス他海外では今年始め位から一部を除きまともに検査、集計も殆どしていない。今こんな事をしてるのは日本と中国位。海外では流行り風邪になって日本と中国だけ強毒なわけがないでしょう。ロックダウンしていた時の中国では無症状95%でした。日本も20万人近い感染者数の中の重症者と死者数見たらわかるでしょう。風邪インフル同等なのに新型インフルと位置付け補助金、対策費流し続けるのも問題でしょう。コロナで死亡の9割以上が基礎疾患を1から3個以上あった高齢者。高齢者は昔から風邪で亡くなってきた。今はその数を数えてるだけ。ガンの末期でもPCR陽性ならコロナ、熱中症や脳梗塞で搬送されてもPCR陽性ならコロナ。重症者の基礎疾患の有、無、他疾患からのPCR陽性か、軽症、中等症の人数割合公開すべき。


22

全数把握見直しと言うより,感染者の数を表に出さない様にする為ではないか また「医療で感染者の数を集計するのに時間が掛かるので、集計をしない方向で進める」と言っているが、集計方法を検討する事もあるのではないか 日本には前に世界に誇るコンピューターがあるのでこの様な集計するのに活用できないのか また各医療でアプリーを使った集計は出来ないのか、集計をやめるのは簡単ではあるが国民に 自分の県で現在感染者がいるのか全国でどの位の人が感染しているのかが分からなくなるのではないか 例えば旅行に行きたい時この県は感染が多いから行かない 今どの県も多いので旅行を控える人も中にはいると思う 政府は経済を回す為に数を表に出したくないのではないか


23

大体、専門家有志じゃないだろう。 第六派もおわり、二年半も過ぎた。 それでも今は感染拡大中、全然役に立たない専門家。 名ばかりで、結局国民に投げ出している。 いままでやって来た感染対策は無駄だった、そして今回は重傷者以外は受診出来ないとはとんでも無い事に決まったようなもの。 こいつらは政府と結託して結論を出している、国民は病気になれば受診できる権利を持っている。 この連中は二年半も全く成長してない、他国では空気感染といち早く結論だしたのに日本だけ今になって認めた。 飲食店とかに休業要請したり、馬鹿見たいな事で税金を無駄にして来た。 もう、専門家有志などの意見を聞く必要はない。


24

テレビでマスクを屋外で外せとcmを流しています。 電車内は混雑してたらして下さい。と言ってます。 混雑ってどの位を言うの? それ以前に人と2メートル以上離れている時と 限定してますが、何処の都市を想定しているのでしょうか? 熱中症対策としてマスクは人のいない所で外して温度調整したり、こまめに水分補給や休憩で良いのでは? 故に電車内ではマスクをしない。コンビニ内でもマスクしない等。 それらの注意でイザコザが多発しています。 それ以前にコロナ対策本部と言う、マスコミ、議員相手の部署は税金使って作る必要あるのでしょうか?


25

尾身さんの役割は終わった感じです。全数を知ることは、全体的な流れを見ることができるので必要です。無理だからやらないではなく、ネットを使い書く内容や手続きを簡素化すれば良いでしょう。2類5類問題もゼロイチではなく、中間的な対応も可能なはずです。もっと具体的な提案が必要です。


26

とりあえず感染してないし感染する予定ないからどうでもいい話しなんだが、、、 ワクチン接種に意味が本当にあるのかをちゃんと調べてほしいものだ。 4回目の接種が近づいてるけど、、、 3回目の時に副作用で1日半ほど熱が出て家で寝てたから4回目接種したらどうなるか心配。  ちなみに2回目の接種は、1日腕が痛かっただけだから回数を増すことに副作用が酷くなってる。 それなら意味のないワクチン接種ならしたところ自分が苦しいだけだからワクチンに効果あるのかとりあえず本当に調べてほしい。


27

全数把握をやめることはいいがまずどう言った理由でやめるに至ったのか明確に医学的根拠を示すべきだろう。また全数把握をやめたことによる弊害、例えば、感染者がおおよそどれだけいるか不明になり見せかけの安全が広まることで、国民の間で気の緩みが生じやすくなるどいったリスクもあることを示すべきだろう。死者や重症者が少ないから大丈夫だと油断していたら、実際は感染者が相当数いて知らない間に感染が爆発的に広まり、感染者数に比例して重症者死亡者も比例して増加することに繋がるのではないだろうか。


28

治療法が事実上少ない疾患なだけに、特に医療保険の扱いに影響がある治療費の問題には十分配慮してほしい。現状では医療保険加入者は保険が出るが、五類変更後は不透明。ECMO治療に陥ったら高額医療費制度があったとしても半年もの高額医療入院ではとんでもなく実費費用もかかり、経済的事情で治療が困難になる人も出かねない。財務省はその高額医療費制度すら廃止検討すべきといってるくらいなので、意外とこれは冗談では済まない。高齢者の重症化は劇的に低くなったが若い人の重症者はあまり変わらないので一定数は出てしまう。感染症という自力では制御、予防不能な疾患ガチャで運悪く重症化したら、これまた親ガチャで治療可否が決まるなんてことは避けたい。財務省は財源優先で命切り捨てを狙っているかもしれんが、そこで最も被害に遭うのは子ども。なんでも支援では困るが、命に関わる支援は制度をしっかり作って欲しい。


29

全数把握が保健所の人数的に無理ってことでしょ。 よく専門家や政治家がここまでの爆発的感染が起こるとは思わなかったとかずっと言ってる気がするけど、諸外国で起こってることは日本でも当然起こる想定で普通は考えて対策するのが普通じゃない?第何派まで続くか知らないけど、いずれ東京の1日の感染者数が5万〜10万とかいう時だって来る想定で対応するのが普通じゃない?その度医療逼迫、保健所の人手不足、国民への自粛依頼。その時が来ないと考えない、やらない。何のためにそういう対策チームやら専門家やらがいるんだろうって…。それで毎回ここまで感染が拡大するとは予測してなかったって…。何のために税金払ってるのか分かんなくなる。


30

尾身会長の発言は本意ではなく分科会のアナウンスなのだと思う。分科会の専門家としては最後まで出来るだけ多くの患者を救うという立場だから全数把握は流行状況を追うために必要なんだと思う。ただ行政、医療も逼迫し本末転倒になりつつあるから暫定措置、姑息的対応として発表した。感染症医としては譲れない部分もきっとあって分科会は「いろいろ大変そうだから緩くやっていいですよ」と公言できないのでしょう。政治家は分からないから分科会の顔色をみてるだろうし、結局は我々が選挙で選んだ人に決断してもらうしかないですね。


 


 


31

これまでの感染対策が行き詰まったということでしょう。 ほぼ全国民が酷暑の屋外で今もマスクを着用し、それを正そうともしない メディアの論調。 感染は室内に漂うエアロゾルが主たる原因だということは世界の知見なのだから、そこにターゲットを絞り、換気の悪い室内での対策を促すこと。 ムダなことに力を使い果たし、本来やるべきことを怠ってしまった。 ワクチン接種3回を終えた患者は高齢者、持病のあるひとを除き、 発熱外来に行列をなして行く必要もない。 メリハリを効かせ、自分の頭で考えて行動したいものだ。


32

こんなんコロナの補助金取ってる市立病院、大学病院なんかの大きいキャパの医療機関が率先してコロナの重症~中等症の患者を受け入れるべきだろう。一般外来は民間の医療機関に委ねるという感じで役割分担をすればいい。経営的にも大きな病院は安定基盤があるから、そこは厚労省が補助金と指示を出して人材確保とコロナ対策的な集中治療の設備投資等を義務付ければいい。コロナとの長い戦い、あるいは新種の感染症が出てもいいように、付け焼き刃的な政策じゃなく今後を見据えた構造構築を目指すべきじゃないか。それができないなら、一度厚労省を解体するしかない!事は一刻を争う。総理は速やかな決断をすべきだ


33

これまで2類から5類の単純提案だけだったから実行性がなかった。 大阪の知事などただそれを言うひとは政治的アピールにしか感じなかった。 変異による再度強毒化のリスクも残っているこの段階では、毒性の見極めによる対応ができるように整備することが重要。 今度こそその辺の検討だけではなく、法整備等を終わらせておくべきであろう。 政治力は第7波には皆無だったからこそ第8派以降にはしっかり備えていてほしい。


34

2類相当の対応のはずなのにベッドがないから自宅隔離オッケー、検査が間に合わないからみなし陽性オッケー、数が増えすぎたから全数把握をやめる。 あと残ってるのは2類感染症対応の為に病院は発熱外来を設置して、発熱患者用の入院は分けて対応してる事(一般診療を制限して)と費用を国が負担してるくらい? 2類にしてる意味が全くない。5類にしたら報道もされなくなるから誰も気にしなくなるよ。


35

そもそも高齢者の行動制限に意味があるとは思えません 確かに重症化を予防するという意味ではあると思いますが、高齢者ほど3回以上のワクチン接種をしているのは事実です 今やるべき事は、若者の行動制限とワクチン接種の促進だと考えます 明らかに若者のコロナ感染が増えているという事と、若者はワクチン接種をあまりしていないので、今対策をすべきは、若者への対策ではないでしょうか 国は本当にコロナ患者を減らしたいと考えるなら、早急にすべきです 中途半端な対策をしたところで、意味を成さないと思います やるならしっかりやる。今はその時期ではないでしょうか


36

全数把握見直し等は今やることではなく、落ち着いていた時にやるべきこと。 医療崩壊している現在、いかに少なくさせるかを科学的に広く知らしめ、適切に対応することが筋では? 尾身会長も職務怠慢、政治家のような考えになってきた。 もうこの人より現場で苦労している医療関係者の意見を聞くべきだ。


37

場当たり的な政府の対応もここに極まれりですね。 全数把握をやめるということは、日本国においてどこでどれだけ罹患者が出ていることを隠す行為に他ならない。 数字は統計上の処理なので、発生の報告を義務付けているなら簡単に処理できる。 いろいろな理由をつけて政府のコロナ対策の失策を隠し、世論を鎮静化させようと意図しているのだろう。 総理になる前にベテランの政治評論家が、この方は総理になっても何もしないですよ・しない方ですよと言っていた意味がよく分かった。 しかも、専門家と称する各委員の方々の最近の唖然とする無責任発言、専門家を名乗るのが恥ずかしくありませんか?。 自分の命は自分で守れということですね。


38

政府が詳細な全数把握にこだわる理由がわからない 報道されてるけど医療関係者が文句をいってるのは個人の詳細な情報の通知(ハーシスの入力)をするのに項目が多すぎて工数がかかるからであって単純な数字だけなら文句はないといってるだけなのにそれすら受け入れないとか自分らに主導権がなくなるという印象を持たれるのが嫌なのであろうか リスクを考えれば詳細な報告なんて60代以上とかだけでいいだろうに


39

尾身会長ら専門家グループのスタンドプレーのように見えるけれど、これは厚生労働省と連携をとった 提言。厚労省は、前面に出るのを避けているだけ。 1日に20万人以上も新規感染者が発生する中で、 無症状の人も含めて全数把握なんて、確かに馬鹿げている。この事にどんな意味があるのか。 保健所職員がこの仕事に忙殺されて、本来の患者への 指導が出来なくなっている 。保健師が所内で統計業務をするなんて、人材の無駄遣い。 一方感染者から見れば、保健所に何度電話をしても通じないとイライラ。もう保健所はパンク寸前。もっと早く全数調査は止めるべきだった。


40

政府も、専門家も、報道機関も方針変更に対する理由を全く述べないか、述べても簡単に済ますことで事足りると思っている。 これでは、その方針の意味も理解も深まらず効果など上がるわけはない。 一応柔軟に考えていますという態度を示すことが仕事だと思っているようにしか見えない。 一生懸命やってる姿勢を良しとし理由の追求に緩い点は、国民性も含め日本社会の弱点だ。 こうした点は海外情報への無関心にもつながり、情報鎖国状態でいまだにマスクをし続けることを不思議に思わない社会をもたらす。 オミクロンに変異後、呼吸粘膜に付着する形に変わりマスクすることにより呼吸器内が保温されウィルスの増殖につながり、逆にマスクしていることが多くのウィルスを含むエアロゾルや飛沫を出すことにもなるという科学的エビデンスも述べられている。 とるべき対策は全数把握などではなくエビデンスを示し対策を提示することだ。


 


 


41

このコロナだけが、年度を超えて感染者数を積算したりしているのかが不思議に思っていましたが、今の段階で数えることが何かの役に立っているようには思えないし、マスコミが変に煽るような報道に聞こえると弊害の方が大きいようにも思う。 そして専門家でもいろんな意見があることは自然だとは思うが、どこが責任を持って対処しているのかが見えにくいことにも、課題はないだろうか。


42

ここ2年半でいったい政府は何をやってたのか?特に第6波の後、行動制限緩和、入国緩和で第7波が来る事はわかってた。 なのに無策すぎ。毎回感染の波が来るたびに前回の最高値を軽く更新してないか? そういうのも予想がつくだろう。病院での検査は、やめた方がいい。他の患者に迷惑だし医療が崩壊している。集団検査場を作って、そこへ行くべき。 全数把握もやめた方がいい。真に全数把握するなら、強制的に国民全員が検査しないと本当の数字はわからない。検査しない人の方が圧倒的に多い。 それと、自分が感染するのは己の所業であり因果応報。正しい感染対策してこなかった、その人の責任(寝たきりの人の感染は周囲の人間が悪い)。そう言う輩が医療崩壊の原因。 全ての医療に言えることだが、病気になってから病院へ行こう、じゃない。普段から健康維持の為に体調管理を万全にしておく、病気予防する事が大事。


43

ちょっと無責任過ぎますね。 自分達の手に負えなくなってるから全数把握はやめましょうとしか聞こえません。 そもそも重症化プロセスの不明や治療法の未確立、更には治療薬の開発すら遅々として進まない現状で、これで重症者や死者が増加したら、尾身氏を含む分科会や提言した団体は責任を取れるのですか? 責任取るつもりもないのに、不用意に感染拡大や死者重症者を増やしかねない提言は止めて貰いたいです。 国民が貴方達に求めてるのはコロナ禍の収束させる事です。


44

当初から尾身さんを含め、この専門委員会は、コロナ禍の被害を低減させることができてない。提言とは行動と共に遂行することで、意味があるのではないか。 厚生労働省も含めて、この国のウィルス対策は、効果がない。 何かする事で、問題が発生した時の責任を問われる事を恐れる人々である。 国のあり方を再考すべきである。


45

1段階目にいまの第7波への緊急対応として、いわゆる「全数把握」をやめ、入院患者や重症化が懸念される人に絞って情報を収集する。 保健所の濃厚接触者の特定が困難な場合には、それぞれ一人ひとりが、自らが主体的に判断して感染予防の行動をすることとしています。 その後の2段階目では、感染症法などの改正を行って新たな医療提供体制をつくり… なぜ第七波の真っ只中に思いついたように行うのか? もう7波ですよ。これまでコロナ禍は数年ありましたが、今まで何も議論せず提起してこなかった。 さらに「自らが主体的に判断し…」と、また国民の判断で自粛しなさいと言わんばかりの提言はもう飽きました。


46

尾身さんや医師会は、自分たちには火の粉が飛んできた時だけ、自分たち目線で提言しているように見える。 今度感染拡大した時は、医師会はこんな体制を取るので政府としてはこんな支援を頂きたいとか、何故無かったのか? 大規模発熱外来とか、大規模簡易入院施設とか、事前に検討していても良さそうに思う。 全て保身目的の提言にしか見えないのは私だけなのでしょうか?


47

全数把握をしない(現実的にはできていないのだが)のなら、我々が認知できるよう流行のバロメーターとなる代わりの何かを発表してほしい。重症者の数とかでは、流行の山や谷を捉えることはできない。我々の自主性を求めるのであれば、材料となる情報はしっかり開示すべき。


48

発熱外来は軽症の人は受診を控えてとのこと。でも発熱はコロナだけではないんですよね。 先日、うちの子が発熱しなんとかありがたいことに診ていただき、PCRをしてもらい、翌日陰性を確認。 その後発疹が出て水疱瘡とわかりました。 発疹が出るまではなんだかわからず不安でした。 そんなこともあります。 一括りにするのはちょっと危険ではないでしょうか。


49

コロナは細胞に侵入して爆発的に増殖を繰り返すのだから、場当たり的な対応だけでなく、なぜ細胞を防御する方策を提言しないのでしょうか。 細胞を傷つけるのは活性酸素、細胞が無防備になるのは糖鎖が損傷してコロナを感知できないことです。これを放っておいたら免疫細胞は働きようがないと思う。 体内の活性酸素の除去、糖鎖を修復する方法を周知することがコロナに対処する重要な方策だと思うのだが。


50

1回目の緊急事態から2年もたつのに、いまだに「感染症法などの改正を行って新たな医療提供体制をつくり」などと言ってるのが信じられない。 彼らはいくら時間を与えられてもコロナ対応に対応可能な体制は作れないだろう。日本医療は無力であり、感染症対策に限界があると認めてほしい。


 


 


51

全体把握しないのは、歓迎。 世界に少し追いつけた。 どうせ、検査は皆がするわけではないのだから、陽性者数ばかり追っていても仕方ないでしょう。 でも、さっさと2類から外せば全て済むことなのだけどね。 段階措置取るなら、やはり重症化する年代別に対応を考えるべきでは? ワクチン5回目等、行動制限。 どの世代が医療逼迫を招いているかは、明白なのだから。


52

ずっと言われてる「特例付きの5類」ってやつだね。 とにかく5類にしろ!と一部が譲らない主張してた案よりも 現実的でいいんじゃない。 実質的に一切の行動制限はなくなって、インフルエンザクラスの扱いになるけど それでも重症化した時に出来る治療は公費で出来ないことには 不安が残るってのは完全にではないけど理解はできる。 管繋いで長期間延命する超無意味無駄な高齢医療と 若干共通する要素があるものの、それらと比べたら 発生する絶対数も金額も比較にならないくらい小さいから許容範囲。 これなら、今後はワクチンも不要って判断だから そちらにも金かからなくなるしね。 新規で発見された直後の脅威度が高いあるいは未知のウィルスについては ワクチンが有効だけど、今はもう脅威度は低く 未知でも無くなったから、名実ともに covid19についてはワクチンからは卒業でいいかなと思う。


53

今さら「専門家有志」が何を言っているのか。 真の専門家であるならば、行動制限を行わないと政府方針が出た段階で、検査体制や医療体制の整備を提言すべきであるはず。 にもかかわらず、今回出された提言は、後手後手であり、しかもある程度素人でも考えつく事ばかり。 専門家有志はもっと動かない政府や官庁に働きかけ、動かない事実と理由をマスコミに公表すべき。


54

全数把握については、完全に止めれば、確かに医療現場、役所つまり保健所の事務作業負荷が低減されます。 しかしこれで医療現場最前線の混乱は、解決されるのでしょうか? タイムリーではないですないですが、有症状を訴え医療機関を訪れた患者総数とその症状程度を把握できていることによる限りある医療資源の配分が中央から出来ることを失うことによるデメリットは無いのでしょうか疑問です。 インフルエンザのタミフルのように即効性ある感染力を抑える経口薬が医療現場に浸透しているのであれば良いのですが 症状緩和しか出来ない解熱剤便りのような医療最前線において、感染抑制へ即効性ある対応出来ない為に個々医療機関が次々と悲鳴を上げた感染爆発状態で、医療資源不足を補う支援調整が出来なくなるつまり全体調整が困難となることはないのでしょうか?


55

感染者数の発表は、意味をなさない。 PCR検査をして陽性となり表沙汰になったものの数を発表してるだけ。 倦怠感が、ただの疲労感、熱中症か、ウィルスか判明がつかないで、スルーしてしまっている陽性者もいるだろうし。 感染者数のコントロールではなく、逼迫しない負担が少しでも小さい医療体制に重点をおくべき。 コロナ 熱中症 その他の病  どうやって区別つけるか、スムーズに振り分けるかの術を。 救急医療体制などにも、政府や専門家機関、関連機関のサポート体制の充実は必須かと。


56

全く専門家としての提言をされていないし、今まで何をしていたんだ。やれることは個々の対策なんか今まで通りじゃないか、全数の把握中止は現状把握する為には必要だ、いま抗原キットを全配布してこそ濃厚接触隔離期間必要なしとか経済を回す唯一の道具なんじゃないか、でも国も対策が遅い、なんか自然減少を待っているみたいだぞ、第8波が待ち構えているぞ、早く対策を採れ!


57

出勤を認めるかどうかは各雇用主の責任なので、尾身さんや政府がお願いしても動きようがない。雇用主としては、勤務評定に悪影響させるズル休みでないならば、感染発生と陰性証明を求めることは当然。保険や補償金も必要。他にやりようがない。 発生把握なしの自己申告で日数制限のないコロナ有給休暇を与えろ、という主張なのでしょうか。それなら労働法の改正を先にやらないと。。。


58

初めてコロナに感染しました。38度を超える高熱、全身と喉と胸の痛みと倦怠感。自分は高齢者ではないですが、こんなの風邪ではないですよ!自分の周りの人にはコロナにならないため、外出も控えた方がいいと強く訴えますが、尾身会長の言っていることは政府よりの絵空事としか思えません。医療を守るよりも国民を守って欲しいです。


59

国立国際医療研究センターの研究グルーブは、新型コロナからの回復後、4人に1人の割合で発症から半年経っても何らかの後遺症とみられる症状が出現し、1年後でも10%弱の人に症状が遷延するという研究結果を発表している。 その症状としては、嗅覚障害7.7%、味覚障害3.5%、倦怠感6.6%、息切れ3.9%、咳2.4%、脱毛3.1%、記憶障害11.4%、集中力低下9.8%、うつの症状8.1%だった。 コロナはこの後遺症が厄介だと思う。 岡山大学の発表によると、ウイルスが体内から完全には除去されずに長期間持続感染する可能性が、数理モデルにより示されたとしている。 これが事実なら、普通の風邪と比べて完治しにくい病だと言えるだろう。


60

結局、政府は、感染者が爆発的に増えて、把握し切れなくなったからって、2類から5類に移行させようと! 確かに、インフルエンザと同じくらいだ!やただの風邪だという人もいる。無症状の感染者もいるくらいなので、無症状や軽症までフォローしなくてもとは思うが、 インフルエンザや風邪よりは重症者や致死率は高いのは確かで、この尾身さんの提言がどこまで医療逼迫を回避できるか分からないが、すんなりと2類から5類に移行はまだまだ先の事だと思う。


 


 


61

コロナ禍での行動規制なしは、結果的に感染爆発をさせ、医療を逼迫させている。 若者は感染しても軽症だから、経済を回さないといけないから、ということなら、発熱外来など病院での対面診療は、高齢者や基礎疾患のある人に限るということぐらいをしないと医療が逼迫するのは当然! しかし、若者も、感染し苦しければ、病院での治療を希望するし、会社や学校を休むために感染証明を求める。 そういったことを想定し、軽症の若者の感染時の対策(電話相談対応など)が、医療を回すためには必要なんだと思う!


62

早く対応変更をしてください。 守れる命が守れない状態は回避する必要が有ります。 BA.5より感染力が高いBA.2.75(ケンタウルス)の感染拡大が懸念されており、今週中には多くの感染者が置き換わる可能性が出て居ります。 更なる感染拡大が予想されており、対応策の変更は早期に行わないと混乱が更に広がり、間接的に救えない命が多く成ると思います。 政府は早期に対応策の変更を!


63

利権とか別として、純粋に病気として新型コロナを考えた場合…。 病気になりやすい人が重症化しやすいところはインフルエンザとそう変わりないですよね。何が違うかといったら、①インフルより季節関係なく一年中流行る、②感染力が高いからみんなよくかかる、③リレンザみたいな特効薬がない、ってところですか。つまり、たくさんの人がかかりやすく、治るのにインフルエンザより数日長くかかる、ということであってますか?流行り始めは毒性がわからなかったから怖かったけど、今はここらへんだけが問題で騒ぎになってるんですか。だとしたらコロナで熱が出て働けなくなる人が増えて仕方ない、って事が問題なんですかね。そうなると、予防に気をつけるのが良いと考え、少しでも具合悪かったら、人に接触しない事を徹底するのが良いのでしょうか?それともここはみんな一斉にかかって、一度医療崩壊して、集団免疫を獲得する方が賢いのでしょうか?


64

前々から感じてたこと。 尾身氏は専門家委員会改め分科会の会員会長である以上、意見を取りまとめたものを政府に対してのみ提言すればいいだけの事であり、直接国民に言う事はない。 政府が言う事、厚労大臣が言う事、経済再生大臣が言う事、そして分科会が言う事、それぞれが勝手に発言するからちぐはぐになり訳が分からなくなる。 最大の遺産は、発熱しても5日間は医療機関を受診せず待機と言った加藤氏の発言。


65

本当に必要な人達に救急車や病床、医療の提供が迅速に行われる為にも当然見直しは必要だし、この波が来る前に早い段階で議論すべきだったと思う。 一方で5類になったら全額自己負担これは困るのでそこも含めてしっかり議論して欲しい。


66

何を今更の内容である。 1段階目の「全数把握」をやめ、入院患者や重症化が懸念される人に絞って情報を収集する。 2段階目では、感染症法などの改正を行って新たな医療提供体制をつくる。 って、要する感染症法による2類相当を5類にしたり、普通の風邪と同じ分類にするのと同じことを 遠回しに二段階に分けて実施するってことだろ? 高い給料貰って2年半以上経っても、こんな程度の提案しかできないのか。 政府もこんな連中をいつまでも専門家扱いしてるのかな? 政府も医療関係者を減らして感染や病原体の専門家などのメンバーを入れて、積極的に議論させろ環境を構築しないといけない。


67

この提言を肺炎リスクが下がったオミクロンになった段階ですべきだが、その頃やると「また5類信者が!!」と攻撃されていた。 事前にやれば今ある分類にこだわらず、法改正だってできるのに、あくまで必要性を実感するまで見えているものでしか思考できない。 合理的、論理的、戦略的な話を受け付けない人の方が、声がデカいってのが問題。


68

アメリカも、EU諸国も既に真面目なカウントはしていません。 日本の医療関係者は、いつも周りを見渡しながら、消極的行動開始しかしていませんね。 誰も経験していない事柄なのですから、小さな失敗が山積する事は当たり前です。 ただ、成功は成功、失敗は失敗と、きちんと報告はするべきではないでしょうか? 失敗を恐れるあまりに、厚労省はワクチン接種者の人数を改ざんしました。 こんな事をする位であれば、陽性者のカウントも意味がありませんし、すぐにでも止めるべきでしょう。


69

今は感染者人数を把握しながら行動していますが、それが出来なくなると何を基準にして行動すれば良いのかわからなくなるな。 感染者が増えつつある状況下においても普通に外出しそう。 何か指標となるデータだけは残してほしいと思います。


70

公費負担をやめなければ無意味。 政府よりまともな事言ってきているが、医者の利権は確保したい様だな。 指定感染症を5類にするか、指定無しにして公費負担をやめ、面倒なコロナ対応オペレーションが無くなれば医療が逼迫なんてしないよ。 これを機に後期高齢者の自己負担も3割にして欲しい。


 


 


71

娘と2人でPCR陽性になって感じたのは、発熱外来なんて繋がらないし、そんなの発熱してる状態でできないよ。重症化しない為にカロナールを処方して欲しいけどこれまた不可能。結果重傷者、後遺症を増やす。そこで、全国民に事前にPCR検査キット配っておいて、陽性者には結果報告とカロナールが送られてくる。すると?発熱外来空く。重症者、後遺症減る。重症者が診察受け易い!!!


72

何と無責任な発言。尾身会長、カメレオンの様にころころ意見を変えるな。今医師達が懸念して居るのが、疾患も無く軽症と思われた人が翌日に急変して、保健所や救急が繋がり無かったり、救急搬送の行き場が無くて、手遅れで無くなって居る人が多いと言う事だ。絶えず感染者には監視の目が必要。その為に今まで何度も保健所のマンパワーを増加する事と言って来たではないか。もう尾身会長は辞退して頂きたい。


73

全数把握してなければ、今の状態も分からないだろう。 要するに病床逼迫や救急搬送できない。 まともに治療も受けれないし、入院もできない。 第1波からずっと同じですよね。 内閣や厚労省の過失政策ですよ。 大体感染症法では、入院させるようになっているのに、自分達に都合良く自宅療養って言う適当政策を行っている。 自宅に4日とか適当言って、病院にもかかれずに自宅で亡くなった人達も沢山いたはずですよ。 まだ責任取ってないし、軽症者は自宅で控えてくれなんて自宅で4日と同じことでしょ。 2年間何もやらずに適当なことばかり言うのは、過失政策ではないのですかね?


74

東京とかだけど、去年の夏のデルタ流行に比べたら、重症者数は一桁違うけ。だから行動制限にまでは至っていないのかもしれないけど ただ、入院患者数はあんまり去年と変わってないんだよね。デルタよりは念のための入院というのが多いような気もするね それかオミクロンは本当に生死をさまよう重症化の率は少ないけど、こりゃ入院した方が良いよってところまで行く人の率は割と高いのかも 何にしてもインフルエンザとたとえ同等になっていたとしても、季節問わずに流行るインフルエンザってなると厄介だよね。 色々批判したい気持ちは分かるけど、日本は不幸にも波が来るたびに過去最高の陽性者数を更新してるところがあって、毎回、過去の経験が生きづらい状態になってしまってるのが厳しいっちゃ厳しいんだよね 無意味な検査は必要ないけど、症状がある時はインフルエンザのように検査できる体制は欲しい コロナ以外で1週間とか休める人も少ないよ


75

尾身氏の頭の中は どうすれば自分の経営する医療法人により多くの補助金を引っ張ってこれるか この一点のみです。 分科会が後出しの対策を打てば、その分より多くの補助金を請求できます もしも未然に防ぐ対策を打ってしまえば、補助金は降りてきません。 政府分科会や専門家と言われる人、TVのコメンテーターは、一般に不安を煽り 自分たちの思うような行動をさせる事こそ、自分たちの目的を達成する手法です。 だって専門家の発言なのに有効な手立てを聞いたことが無いのですもの。


76

うちは新型コロナウイルス感染症に対する東京都指定診療-検査医療機関ですが、連日発熱外来はパンク状態です。更に恐ろしいことは一般外来に多数のコロナ陽性者が紛れ込んでいる事です。私は発熱外来でコロナ患者の特性は理解しておりますが、これまでコロナを診たことのない先生方がいきなり一般外来で、導線も怪しい中で、コロナ患者を診察するのは無理です。知らないでいきなりやると瞬く間に院内感染は必定でしょう。尾身さんは公衆衛生医で臨床の実態を知らないので勝手ことを言っていますが、いきなりどの医療機関でコロナやれは余りに酷でしょう。これは法律云々とは次元の違う話です。気持ちは痛いほどに分かりますが、ことここに至ってはやれる医者が気力と気合で乗り切る以外にはありません。恐らく多くの診療所ではこの話に従うことは無いような気がします。


77

この提言を聞いてると「もうお手上げ」ですに聞こえる。 感染を広げないように検討し政府に提言する専門家の集まりが専門家会議だと思っていたが、もうそれができないなら必要ないんじゃない。 5類相当に落とすべきという話をするが、症状の軽い人は診療せずに自宅で様子見しろと。 もしインフルが流行していたら、検査してもらって感染していたらそれに適した薬を処方してもらう。 検査もせず薬も飲まなくていいというなら5類相当以下じゃないの。 普通なら、体がだるいとか微熱程度なら仕事を休んで様子見する。しかし日本人のバカなとこは、そう言われているにもかかわらず、無理して出社して菌をばらまく事 もし医療が対応できず感染者の把握もできないなら、国民に「少しでも調子が悪ければ自主的に休め」の推進(強制)であり、それで乗り越えられる環境作りが必要なのではと思う。


78

実質2類がこのような状態を招いているのだから 5類がだめなら4類でも作って医療の間口を広げていく方が医療や救急車出動の状態も改善できるのではないかと思います。 自宅療養に安心を提供出来ないと無理じゃない?日本人の特性としたら・・・ TVでも急変して亡くなりました・・・とか言うのを見ていれば急変が怖いからになるし 10代でも・・・とか基礎疾患無しでもとか 煽ることも医療に殺到する原因としてあると思います。 きちんとした死因をコロナでしたから変えることも必要ではないでしょうか。


79

ウイズコロナ!言いますが~~日本はとにかく検査!医療体制が脆弱! 頼りになる医師会とは真逆! 国民が不安と恐怖にいるなかにあっても街の医院は大型連休! 力強い!国民のために活躍する医療体制!医療充実!とは真逆です 感染者の数値は国民が~~気をつけよう!となる源ですよ 今では数値掲げる問題点も多々ありでしょうが! 数値が意義ない!とか関係ないとか!ですが~~この数値こそが原点です! 国民た皆が気をつけよう!を感染者数かかげ~~力強くダイナミックに国民を鼓舞させて下さい! かってのような国民が気概感じられる~~一貫性ある姿勢貫いて頂きたい!


80

今騒いでいるのが第七回目の大波だ。 そしてその都度新しい手法、対策法が出てくる、これって何だろうな。 政府分科会も、毎回対策法が出るが、彼らはいったいその場にならないと想定が出来ないのかな、そしてその想定に対する対策法が次の大波からとするもの。これは小学生レベルの頭脳でも可能なことだ。そして今回も政府、総理大臣は今の大波が収まってからとのたもうている、何の対策も講じて居ないのに何で第7波が、収まると思っているのかな。自然消滅を待っているんであれば、無責任極まりないことだ。自然消滅とは、ものを言ってくれるのかな、総理は聞く耳を持つというんだから。


 


 


81

全数把握なんて意味ない事は、オリンピックが終わればすぐにでも止められたはずだが? 結局必要以上に警戒して経済を停滞させただけで、コロナ対策なんてほとんど効果はなかった。 第7波で医療崩壊なんて言ってるけど、その前からずっと同じことの繰り返しで全然改善されていない。 何もかも後手で何も上手くいってない。政治的判断が全くできていなという証左でしょう。


82

実質全数把握の為にリソースを割いてる場合じゃなくなった。 場当たり的との批判もあるが、新たな感染症に対してはできることを行うしかなく、対症療法的になるのは致し方ない。 政府の対策より、こうしたアドバルーンと報道の方が効果が上がっている。 この方向で進んでいくのだろう。


83

尾身先生たちの能力や知見を考えると、おそらく以前から同様の提言はされてるんじゃないかなあ。 ただただ経済を優先させたい政治がずっと専門家の意見を無視して後手後手に回ってる感じがする。 専門家の意見にはきちんと耳を傾けるべきだし、臨機応変にさっさとやらないと、政治への印象が悪くなるばかり。 医療ってインフラだし、国民の健康や生命あってこその経済なんだから、経済優先して医療を蔑ろにしたら結局経済が立ち行かなくなるだけなのに。


84

現在日本で行われているコロナ対策は、ある意味では手詰まりというか… 医療崩壊のメカニズムに関して、机上の空論でしか話さずに現実を政策担当者が見ておらず 現場の声を組み上げる気がないことも問題 そもそも、コロナ以前はインフル放置してたがなという所で整合性取れてないんよ で、初期型の新型コロナはリスクの面からもあの対応で良かったがその時期はとっくに過ぎてる訳で… いつまでも感染防御を過剰に強いる事で現場への負担をかけ続けるのはどうなのか、とは強く思うけどね


85

結局まえまえから散々言われていた5類への変更、全数把握の打ち切り→感染者数で不安を煽ることをやめること がコロナ禍収束への鍵ということを専門家も認めざるを得なくなったということでしょう 軽症者にかんしては実質通常の風邪と変わらず数日で回復するので受信せず市販薬での自宅での治療をとついに感染症学会も発表しましたし、そういうことなのです。 ここへきて尾身さんが信用ならないなどと言い出す人まででていますが、尾身さんは感染状況やウイルスの特性変化などを考えて初期の頃には行動制限を支持してきた方です。その方がこういった発言をされるということは専門家の目から見ても現状の日本の扱いは不適当であると認めるに至ったということです。尾身さんはずっと真摯にやってこられたしいまも真摯にやってらっしゃいます。 国民も真摯にうけとめこれまでとはもはや特性も変わっているから対応も変わるべきだと受け入れるべきです


86

こんなん、分科会の奴らの単なる職場放棄、国民への責任転嫁だけやん。GW 過ぎから新規感染者が落ち着いていた頃に、医療現場や保健所に於けるマンパワーの再構築を何もしなかった行政の怠慢以外の何物でもない。社保であれ国保であれ健康保険料を徴収しておきながら、感染のレベル次第では治療拒否しますって一体何なんだろう、と思ってしまう。 一番手っ取り早いのは、とにもかくにも国民全員への行動制限の適用、鎖国政策の復活、という二枚のカードを出すだけではないか。   第5類への変更なんて気軽に口にしないで欲しい。形はどうあれ、自費負担の請求が少しでも発生した時点で、“経済困窮者いじめ”を意味する事となり、同時に憲法で保証された生存権の切り捨てとなる。


87

やっとこ、現場の状況の無理を伝え始めた。と言うよりもう無理だからやれてない状況の現実を伝え始めた。 現実は、感染者が自ら病院におしかけ、患者によっては看護婦や、医者に何かあったら訴えてやるとか言って脅してくる。医療の対応意外に患者の精神的余裕なさの脅し文句とも戦っている現場の状況が更に医療従事者や、介護現場で起きている。一旦仕事現場に入れば看護師や医者のほとんどの方が食事も休憩もまともに出来ず残業までして業務にあたる。 やっとこ帰れても疲れ切って食事するより寝たいが先。 しんどい日々がいつまで続くのか。 政治家の怠慢で問題ばかり、お願いだから統一教会の言い訳してないでコロナの仕事して欲しい


88

ワクチン接種した人、してない人に分けて科学的なデータを取ってほしい。あくまでこのワクチンは治験であり任意であったはず。ワクチン必要ないという考えもあり。マスクは科学的根拠はないであろうが精神的安心効果もあるかもしれない。利権、利権には負けず効果あり治療法は意外に漢方薬にあるかも知れない。葛根湯は初期であれば、体質にもよるが、自然免疫力を高める万能薬です。


89

事実上、『公助』が無理だから、部分的に『自助』にしたいと言っています。 医療行政のGIVE UP宣言であり、一時的には保健所の逼迫した業務は少し楽には成りますが、 感染の把握が『自助任せ』で遅れる訳ですから、確実に、悪性の変異種が出現した時がパンデミック的な感染拡大に繋がります。 難しい問題です。 簡易的なコロナ治療薬・予防薬を街中の薬局で販売するとかして貰いたい。


90

人間よりもウイルスの方が賢い。と言うか欲がないから素直に行動できる結果的に最適化する。強い毒性を捨て感染力を強める事で生き残る。医療が発達していなければ発見しにくいレベルまで毒性を下げれば体内に潜んで生き残れる。しかし、見つける事ができるようになると細かい破片すら危ないから排除するようなる。排除されるから更に感染力を上げる。結果的に社会が崩壊する。頭の良すぎる学者は自分達が対処できる。コントロール出来ると考えているようだけど、できないからこの始末。いい加減みとめてリスクを踏まえた共存の道を探すべきだと思う。医師会は偉そうに言っても結果的に無理な気がする。2年半同じ事しかやれてない。


 


 


91

全数把握しているから、重症者、死亡者を ある程度抑えているのではないか? コロナと診断されば、10日間隔離され人との 接触を避け療養します。軽症者は自らが主体的に判断して感染予防の行動をするとなれば、 症状が治れば、仕事、または学校など直ぐに復帰するでしょう。今以上に感染が広がり、医療逼迫になるのではないか? コロナと診断されなければ、欠勤、欠席になります。また、民間の生命保険請求も出来ない。 この二年半、国は何の対策をして来たのか? せめて検査体制ぐらいは、準備出来たのではないか。


92

医療を逼迫させているのはまず、軽症者が発熱外来等に殺到するからです。それと、2類相当に未だコロナを置いてあるため、企業や病院等濃厚接触者定義に元付き疑わしい人には全員PCR検査をさせるために陽性者を炙り出してしまい皆心配になり病院に殺到します。実際陽性者の95%は無症状でしかも無症状者から人に感染させる確率は0.02%です。これでもまだ2類相当と言えますかね?実際第6波時点で重症化律、致死率は季節性インフルエンザと同じもしくは低い。7波においては完全にインフルより低い数字となっています。そうそう、インフルには特効薬のタミフルや、リレンザ等があるから安心と思っておられる方も多いようですが基本このような薬の処方は日本のみと言ってもいいでしょう。その他の国ではタミフルの処方もなく解熱剤で対応しているようです。現在のコロナも解熱剤の処方で2日も経てば皆ケロっとしています。


93

尾身氏の発言はいつも信頼できる。 今回の手のひらを返しと様な発言を見ると、しがらみや金銭的なことではないことがわかりました。 行動制限の発令がされなければ医療混乱やむなしということでしょうか。 あとは政府に決めていただくと 今後、医療が崩壊した責任は政府がとることになるんでしょうね。 どういった責任が取れるんでしょうね。


94

常に何とも場当たり的な提言。 感染拡大しなければ、救急隊、医療逼迫に至るはずが無く、感染拡大の兆候の見極めとその直後の提言が全く無く、放置し手に負えなくなり提言を出すのが専門家なのだろうか? 感染症の専門家ならその立場で提言し、経済に与える影響など考慮する必要はない。


95

政府が分科会を無視し始めたから、専門家有志での提言になったとのこと。政府としては自分達以外からの助言を受け入れることを嫌がる。その理由は単に「国会議員のプライド」だけのため。国民の命の事なんて全く考えていない。あくまでも「プライド」と「選挙」のためだけに存在する人種。なんかやってます感を出すための分科会なら必要ないんじゃない。そして世論が騒いで騒いで批判して、ようやく動き出す後手後手内閣。本当にいい加減にしてほしい。


96

政府が後手後手だから、野党が専門家から聞いて分析して今日にでも法案出したら注目されてだろうに。 科学的分析などに基づいて、5-6月にこういうのだせてればよかったのに、実際に激増してでもみんなそんなに気にしてないよね、というのを確認してから動き出すのが、なんとも日本的で非生産的に思えてしまう。


97

政府の公式見解で「それぞれ一人ひとりが、自らが主体的に判断して感染予防の行動をすることとしています。」と断言されてしまうと、行動制限もないのでどんどん活動的になりますね。 今のコロナ株は一定の若者等には弱毒化して軽症の方が多いですが、変異してさらに強毒化した時はどうなるんでしょうか? 陽性者が陽性者を介抱するのが当たり前になる?


98

新聞記事を見た限りでは、穏当な意見と思います。コロナの感染力が強すぎて、罹った人をすべて隔離、治療することはできない。医療機関での治療を要する人が治療を受けれない事態を無くし、重症者や死者を治療することが目的らしい。2類とか5類とか法律論にかまけているよりも、今すべきことをやりましょうということですね。こういう形で発表された背景については、政府及び専門家会議と医療の専門家との間に意思疎通の祖語があることがあるみたいですね。政府は国葬と統一教会問題でそれどころではないのかな?


99

未だに「2類相当指定感染症を5類に」と叫んでいる巷の輩が多いけど、 答えは「感染症法を改正し、指定感染症2枠を作り、それに分類す る」が科学的に正しいのだよ。科学者は躊躇なく正しい方向性を示すべき。法改正はあなた方の業務任務ではないので心配無用。勇気を持て。


100

第7波は簡単には収まりそうもありません。今からでも遅くはありません。風邪くらいの症状も多いわけですから、医療機関の業務を今すぐにでも軽減すべき。検査、治療よりも厚労省への提出書類に時間がかかるなど、ナンセンス。2類のままでも、中身をどんどん特例として変えていくべきだと思います。