最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

男子高校生もナプキンを着用。校内の「生理セミナー」で彼らが学んだこと

 

学校での生理の学習といえば、一昔前は女子生徒だけが集められて仕組みや過ごし方について教えられるのが一般的だった。しかし今、その常識が少しずつ崩されようとしている。神奈川県藤沢市にある湘南学園では、高校2年生の有志生徒が「男子生徒向けの生理セミナー」を企画した。実際に生理用品に触れ、話を聞いた男子生徒たちにはどのような変化があったのか。本人たちを取材した。


ニュース速報

 

 イイネ

1

こういう取り組みがあることには賛成。でも、できればちゃんと産婦人科のお医者さんを招いての話をした方がいいと思う。 生理は病気ではないけど病気の発見の糸口にはなるし、ダイエットなどで生理が止まれば将来子供を産みたいと願うときのリスクにもなりうる。 避妊や出産やもちろん男性側の生理現象や性病などについてもきちんと10代のうちに専門家から学んでおかないと大人になってからのほうが勉強するチャンスは少ないと思う。


2

実際、装着までは必要ないかもしれないですが、生理のしくみや生理前後の心身の不調などは男性にも教えてあげてもいいと思います。 生理は病気ではありませんが、人によっては痛みや出血で救急車を呼ぶ事もある人もいると聞きました。道端で突然、気を失ってしまう事も… 男性の方にも色々あると思うので、全部とまではいかなくても、歩み寄れればいいなと思います。


3

素晴らしいと思います。私はこの子達よりずっと上の世代ですが、思春期の男子が生理についてのセミナーに参加する姿を写真で見てびっくりしましたし感動しました。私が高校生だった頃には考えられなかったことだと思います。生理の話はタブーみたいな感じでしたから。男性だから、女性だからではなく相手の気持ちを想像したり、お互いに配慮し合える、当たり前のようで難しいことですが、これからを生きていく人達がこういった活動を通して見識を深めみんなが生きやすい良い世の中を作っていってくれるのではないかと。期待しています。


4

取り組み自体は良いと思うし、異性のことを知ることは大切だと思う。 ただ、やっぱり異性は異性として、違うところをちゃんと教えてあげる事が必要だと思う。なんでも同じではないし、その上で思いやりのある大人になるように指導してあげて欲しい。


5

結局今までの学校教育では、生理含めた性全般を触れてはいけないタブーとして扱っていた。だから女性の中にも触れてほしくない、話題にされたくないと考える人が一定数いる。それは否定しません。 私の夫は私と付き合うまで、生理についてなんとなくのイメージしか無かったそうです。 私が自分の生理について色々話すことで、痛みや不快感にも理解を示してくれて、今では頼めば生理用品も普通に買ってきてくれます。 私が生理について隠さなかったのは、理解してほしいとかではなく、毎月自分の身体に起きていることを夫に隠す必要なんてないと思ったからです。 そしてこれはいつか必ず生理がくる私の娘にも結果的に良い事なんじゃないかと。 こういう授業で男女がお互いの身体の生理について学ぶことはとても大切です。 それと同時に、とても個人差があることですから、パートナーや家族に自分の症状をきちんと話すことも大事なことだと思います。


6

取り組みに共感し、賛成した上で、あえて書く。 「LGBTQ+」や「ジェンダー平等」の言葉は、この記事に必要なのだろうか? これらの言葉を使わなくても「他者を理解し気遣う気持ち」さえあれば、この取り組みは十分に機能すると思う。 むしろそれらの言葉によって、若者たちの素直な感性を尊重すれば良いだけの単純な話が、意図的に政治的な問題にすり替えられていないだろうか。 私にとって「ジェンダー平等」は当然の常識だが、「LGBTQ+」はまだ完成途上にある概念である。「L」「G」「B」「T」「Q」はそれぞれ異なる立場にあるのに、それを無理やり一つにまとめて語ろうとする点に、ずっと違和感を感じている。十把一絡げの言葉によって、それぞれの立場の違いを意図的に隠そうとしているように感じられて仕方がないのだ。 だからこそ、私はこうした取り組みにまで「LGBTQ+」を持ち出す必要性を感じない。


7

自分達世代では女性、男性といった意識が強く、他者は他者として関係ないと言った意識が強かったかもしれない。今妻を持ち、子を持ち、その子達が彼らと同じ年代となり、その世代が他者を尊重し、守れる態度を取れるということは時代の進歩だけで無く精神的な進歩もかなり大きいのだろうと思った。自分の世代でそこまでの配慮ができなかった事がとても情けない。今の子供達が学んでいる事は、当時、同世代だった自分よりもかなりの情報量がある。そうゆう意味出も次世代を担う子供達には期待したい。彼らは世界を平和にできる。


8

最近、男性が女性の困りごとを理解しようという流れがあり、実際こうして動きも出ている。 とても素敵なことだと思う。 同時に、女性が男性を理解しようという動きはでているだろうか? 今の社会が男性優位にできている部分があることは確かだけれど、だからといって男性が困りごとがないわけではないはず。 女性は、男性の性的な悩みを理解しようとしているだろうか? 生理の授業があるなら、男性の性や身体の悩み、lgbtqの方の性の悩み、身体についての授業もあるべきなんじゃないだろうか? 誰に対しても優しい社会でありたい。相互を理解することが大切な気がする。


9

とてもいい取り組みだと思います。 変に分けて隠されるから揶揄ったりするんだろうし、堂々と参加して貰えばいい。 女性が生理での出血量って結構だと思うんです。まとめたら、事件現場か!?くらいはあるかも。 現実を知るべきです、男性も。 最近では男性トイレにもサニタリーボックスを、と言うニュースもあったし、実際に使ってみるのも経験の一つではないですか。 実際の話、生理用品の開発してるのは女性だけではないので、恥ずかしいとか失礼ですよ。汲水ポリマーの開発もかぶれない素材の開発も、本当に感謝しかないです。


10

生理は個人差だったり、個人でもストレスとか次第で重かったり比較的軽いときだったりするので、一概には言えない部分もあるとは思います。 着用までするかという議論もあるとは思いますが、何にしても学ぶことは重要で、まだまだ黎明期だから、これからもっと内容は改善していけばいいのかなと思いますね。


 


 

TESTING130


11

修学旅行、林間学校など、学校行事が生理の時だとものすごい憂鬱でした。でも、男子と同じように行事をこなさなければいけない。  大人になって働くようになってからも、なかなかトイレにいけない環境だったり、制服が全身真っ白だったり。世の中のそういったところへの配慮ももっと普及してくるといいなあと思います。


12

生理は恥ずかしいこと、みっともないこと。男性に知られてはならないこと。痛みなど我慢できて当然。生理で下着などを汚すことはだらしがないこと。 そういう教育を受けて育った世代からすると、凄いな!って正直に思います。酷い教育を受けていても、なぜそんなことを言われなければならないのかと疑問に思っていた女性は多いはず。 LGBTQについては私はよく分かりませんが、人間にとって、とても素晴らしい取り組みだと思います。お互いが分かり合い、理解しあうために寄りそう気持ちをもつことが大切だと気づかされます。 こういう若い世代の新しい取り組みを見ると、世界はまだまだ良くなれるんだっていう気持ちになれます。


13

男性です。生理の問題は女性が個人で声をあげにくいと聞いていたので、こうやって皆で生理に関して知る機会には価値があると思います。生理がどんなものかを知らないから、何もしてあげられない男性も多いと思います。 男性生徒と同様に、男性の先生に体験してもらったら、学校の運営に反映してもらえそうな気もしました。今回はまだ機が熟さずといったところだったのでしょうか。今後の展開に期待します。 ただ、一点知りたいのは、本当に女性が男性に生理について知って欲しいと思っているのかという点です。生理は女性同士でも話しづらい話と聞きますが、男性に知られたくない女性もいるのでは。そうなると、距離のとり方が難しいです。 あと付け加えると、生理は身体的な性差なので、ジェンダーやLGBTQとは関係ありません。


14

多くのメリットがある取り組みだと思った。生理用ナプキンはつけてるとムレなどあり不快というのは長年女性が感じていることだしその不快感を改善しようと思う人が増えることは将来的にはより良い商品開発につながると思う(個人的にはユニ・チャームが既に販売している商品は抜群に良いと感じる)。それから、アラフォー世代としては男子学生が生理用品に触れる写真に少し違和感がありましたが、逆に学校という場でこういう取り組みがない限り、交際or結婚前に知る機会はなかなかないし、やはり実際に見て使ってみて知るってことは大切だと思った。


15

自分は男性で子供はいないけど、この方達の親世代です。自分たちが若い頃は気が付いても、そこに触れず、デートしてるなら、トイレ休憩増やしたり、あまり無理はさせないようにしてあげてね位の配慮を求めることを示唆されるくらいだったかな。というか、男子側は生理についての教育は皆無だったような。なので、未だにいい大人になっても、心配に思っても見て見ぬというか、特段の対処はありません。若い男性がこういう見識を持って適切な行動が取れると女性に取って少しはいい世の中になると思います。きっとそういう男性はモテるんじゃないかな。


16

こういうのに参加する男子生徒はいい旦那、いいパパになりそう。男性が体験することのできない生理を他人事とは考えず理解しようとしてるから。きっと妊婦がつわりでつらいときにも寄り添ってくれるんだろうなあ。それはそうと、女子生徒の最終目標は生理用品を学校においてもらうことっていうのが気になった。それって持参すればいいんじゃないかな?量によって、昼でも夜用をつける人もいれば羽ありがいい、なしがいいとかもあるし。ここは私立校だから、買えないくらい生活には困ってる家庭はないでしょう?「女性特有の問題に配慮しよう」というのはわかるけど、そこまで学校に用意させるのは違うと思う。忘れた子のために保健室でもらうとかはいいけど


17

黒板に書いてただけの授業、教科書だけの授業より、生理用品の吸収の度合い、着け心地やPMSによる変化も学習できる授業の方が、断然いいよ。理解したら、女性が体調で苦労してるんだなって分かるし、分かったら何か出来ることはあるかなって思えるような子になってくれたら、授業として素晴らしいよ。時を経て、自分が歳を取りオムツを履く年齢になった時、生理用品への理解があれば、オムツ選びも進んでどれがいい、どれを使ったほうがむれないとか、そんな会話できる人の方が、家族にとってどれだけの救いになることか。


18

自分の当時の保健体育の授業で生理についてしっかり学んだ記憶はないし、当時は生理について話すことが全くなかった こうやって、女子も交えて男子が生理について学ぶことはいい事だし理解が深めやすいと思う 今の男性の社会人も自分含め生理についてしっかり理解できている人は少ないと思うし、社会人向けにも理解を深める講座をやってもいいも思う


19

調べればなんでも分かる時代に授業をする意味はとても大きいように感じます。生理がなぜあるか、生理中はお腹が痛くなったりする程度は保健の授業で知りますがPMSなど個人によって辛さが違うことをしっかりと知ってもらいたい。他にもピルと聞いたら緊急避妊薬(アフターピル)のことと思ってる人もいます。生理が重い人にはピル(低用量ピル)という選択があることなども教えてもらえたら嬉しい。親から話されて知識を得ることも大事だけれど学校で皆平等に知ることでちょっとした気遣いができるかもしれません。 今回紹介されたのは男女別での授業でしたが男女一緒に同じ教室で授業を受けるのもいいと思います。生理のことなど女性のことについて学ぶのも大切ですが、男性側のことについても女性は学ぶ機会があっていいようにおもいます。


20

とても有意義な取り組みだと思いました。 具体的な苦痛や不快感を知らなければ男性も将来パートナーを持ったときに配慮の仕方が分かりません。確かに授業とはいえ男子生徒がナプキンに触れる・装着する体験には抵抗を感じるある大人もいるかもしれません。そこの部分を隠すのが当たり前の時代を生きてきましたから。しかし、そこを避けて生理の実際を理解するのは難しいのではと思います。何がどう不快なのかを知ることは、その後の理解度にも大きく影響がある。そして、知識のあるパートナーを得た女性は、「話せば理解してもらえる」という安心感を得られるのではないでしょうか。 積極的に参加した男子学生や企画に賛同した企業、企画を実現した学校や女子生徒たちみなさんが素晴らしいと思いました。 逆に、女性も男性の身体の生理について理解する努力が必要です。理解し歩み寄るような雰囲気の社会になればいいですね。


 


 


21

大事ですよね! 最近、梅毒などの性病やSNSでの事件や虐待など悲しいニュースが多いため、何故、他国ではレディファーストがあるのか、女性を守ろうとする本能があるのかなど想像できるだけで素敵なことだと思います。 相手を思いやるためには相手を知ることが必要ですよね! 自分も母親がこうして生理があり生まれてきたこと、そして自分の子孫を残すために必要なことを知ろうとすることは、とてもいいことだと思います。 男性が無責任に自分の欲求をみたすためだけのことの抑止力もある行動だと思います。 生理痛体験機械もあるようで、こちらも経験することもいいかも!


22

私も同棲してる彼氏に生理ってどれくらいの血が出るの?と聞かれたことがあったので、トイレし終わったあとの経血でかなり赤く染った水を見せました。私は生理痛の症状はほとんどないのですが、血=痛いというイメージがある男の人にとっては、かなり衝撃だったようで、生理1-3日目はとくにたくさん気を遣ってくれるようになりました。 興味のある人には生理とはどのようなものなのか、逆に不順だったときにどんなリスクがあるのか教えることによって、男性にとっても将来のことを考えたらとてもプラスだと思います。 今回のこの取り組みは素晴らしいと思いました。有志で参加した男子生徒さんたちも今回学んだことによって、彼女・将来の奥さん・娘さんを大切にしてあげられるようになると思います!そしてもっとたくさんの男性にもこのような機会が増えればいいと思います。


23

否定的な意見も見受けられますが、生理って本当に個人差がすごいので、同じ女性でも理解してもらえない事は多々あります。私は量がものすごく多くて常にナプキンとタンポン装着でも2時間保たない感じで、それが3日は続いて段々と量が少なくなっていき、だいたい1週間ぐらいで終わる。軽い人は本当に少量しか出ないと聞いたことがあるので、すごく羨ましいです。当然常に貧血でフラフラです。一度職場でうずくまったまま動けなくなってしまった事もあります。あまりにもしんどくて、今は薬で強制的に生理を無くしているのですが、そうすると今度は更年期の症状がすごく辛い。もう辛いことだらけです。なので、生理を知らない方に知ってもらうというのは、私はとてもありがたい事だと思います。この辛さを知ってもらうだけでも、精神的に助かります。生理ごときで仕事休むなんてありえない!みたいな態度を取られると、本当にへこむので…。


24

大事なのは、生徒の自主的な取り組みであるということ。 社会の問題に対して(特に、教員でもどう扱えば良いかわからない問題に対して)自ら声を上げ、校内で広く企画を行ったことは、賞賛されるべき。 不快に感じる方もいるかもしれないが、賛否両論あるのならなおさら、広く報道され、今後の教育にどう活かしていくのか考える機会になれば良い。


25

生理の事や避妊の仕方も大事だとは思うのですが、 その先の妊娠や出産、赤ちゃんを育てる過酷さについて、早急に男女共にしっかり教育をしてあげた方がいいと思います。 学校ではすでに過重労働が問題なので国の規模で用意して。 私は女ですが、経験して初めて知った事があまりにも多すぎます。出産は大袈裟ではなく本気で本当に命懸けですし、妊娠は主に悪阻含め体調不良が長すぎですし、産後は女性ばかり精神的に追い詰められやすい。 ちゃんと分かっていたら女性の産後うつも対策が少しはできるかもしれないし、 男性側も性欲だけに溺れることなく避妊をしっかりする習慣が子供の頃から身につくことを期待できると思うのだけど…だってこれらの過酷さの詳細まで知っていて 不計画で無責任な性交渉ではただただ思いやりがない人ってことに繋がると思うので。


26

変に包み隠さずに、こういう形で生理のことを学んでいけばもっと早く男の人たちは女の身体を持つ人たちに優しくできたと思う。 親子でさえ、自分が生理が重くないと理解できない人もいるから。 生理が始まる前の生理教育は子供すぎて、つい突き放してしまう部分もあると思うけど、生理と併せて性教育も一回だけじゃなく段階を経て、高校生ではなく義務教育内に行うと必要があると思う。


27

異性の身体の悩みはきちんと教育でもしない限り、知ることも実感することもなく、偏った印象のみで個別に構築されてしまうので、非常に有用な学習だと思いました。少子化に伴って兄弟がいないケースも多く、当然姉や妹がいないことも比例しますよね。 女性の性に関する情報がネットの偏った情報やポルノ動画のみとなってしまう事で、誤った理解を深めてしまい、女性を傷つけてしまう事も多々あると思うので、年頃の子を持つ親としても、こういった教育をどう子どもに伝えれば良いのかとても興味がある。


28

凄過ぎる、自分が学生の頃とは時代が違っている事をものすごく感じた。こういうのが恥ずかしく無いこととして学校教育で学べるとすれば貴重なことだと思うし、人格形成と言うか子供の成長に大いに役に立つと思う。逆に男性の性的特徴を女子にも教えたり、後はジェンダーによる考え方の違いとか、そういう内面部分にもアプローチするような教育が今後進んでいけばもっと良いと思う。 男も女も、あるいはそうじゃない人たちにはこんな良いところがあって、逆にこういう風な困ったことがあるんだ、みたいな事を知る機会がもし中高の頃にあれば、社会からジェンダーに関する様々な偏見が無くなっていく日もグッと近くなる。


29

いい取り組みだと思います。 何年かするとこの子達が社会に出て仕事していく上で女性と男性の体の仕組みの違いを理解していると仕事の効率や休みのとり方などに理解が出てお互い働きやすい環境が作れるのではと思います。 生理は病気じゃないからと一蹴りされてしんどくても言えない環境は地獄です。 それを経験してきた世代なので相談出来る環境を作れるのはほんとにありがたいと思います。 女性としてこれからも広がって欲しい活動だと思いました。


30

学校でこうして教えてもらえたら助かります。息子達(まだ小学校低学年と幼稚園児ですが…)にいずれ教えるにも、どう伝えるか。私が毅然と教えられる自信があまりないので。 でも、更に欲を言えば、望まない妊娠や、妊娠してしまったらどうするか、どんなことになるかを学校で学ぶ機会があると良いなと思います。もちろん親として責任持って伝えたいのですが、思春期息子がそんな話を母親とまじめにできるのかなー…と不安で。あまり早くからそういう話もしたくないような…。 まだ数年先ですが、息子達が正しい知識を持って大人の階段を登っていって欲しいです。


 


 


31

知ることが本質なのではなく知った上でどのように行動すべきか考えることが重要なポイントです。すなわち、「女の人って大変なんだね」で終わるのではなく必要に応じて実際に寄り添えるようにならないといけません。 でも生理って男性からするとなんとなく触れてはいけないタブーのような雰囲気もあって現実的にそもそも知る機会すら中々ないので、それを教育の一環として取り入れた学校に賛辞を送りたいと思います。ナプキン設置も含め他の学校でもこのような教育が当たり前になればより良い社会になるのではないでしょうか。


32

私は女性ですが、男性が女性の生理現象を理解する教育と同じように、女性も男性の生理現象を理解出来るような、お互いが相手の立場に立って考えられる時代になってほしいです。 男性の精子は夢精や自主的に出さないといけない事への理解は女性に理解出来るのでしょうか。その時に気持ち悪いと思わない様な教育が出来れば、本当の意味でお互いが理解し合えると思います。


33

いい取り組みだと思う。少し前に、生理ちゃんという漫画で生理痛の痛みを感じ取ったらしい夫が、ナプキンのテレビCMを見て「生理中ってあんなに動けるの?」と聞いてきた。CM的にはこんな動きでも漏れない!快適!を強調してるだけ。実際にあんな飛んだり跳ねたり足上げてみたりしないしできる状態ではない。でも夫の感想を聞いて、CM見て男の人は、生理の時でもあんな動けるんだ!という感想を持つこともあるのかと驚いた。そりゃ生理中全然つらそうに見えないCMだけど(CMが悪いわけじゃない)。 小中高生では、生理でプールを休んだりすると男子にからかわれたりとかもあってすごく嫌だったし、正しい知識を得ることは大切だと思う。きっと知ったところで何ができるとかないだろうし何かして欲しいと思うこともないけど、「たかが生理だろ」とか「あいつ生理なんだって」とか恥ずかしいことのように言われたり思われないだけでも十分だと思う。


34

高校生男子の親です。 小さい頃から生理という言葉や生理前や生理中の症状についても伝えていました。 イライラやお腹や腰の痛みなど、具体的に言うことで、まず知るということ、そして今後パートナーができた時に少しでも気遣える人になってほしいと思ったからです。 少しずれてしまいますが、同じ女性からの無理解についても触れていく必要があると思います。 生理の症状や妊娠中のつわり、出産の方法などで自分はこうだったから、こうするべきなどの自己主張的な考えがまだまだ残っています。 それこそ人によって全く違い、なにより比べるものではないです。 年頃の男子では困惑することも多い内容かと思います。それでも性教育というより体への理解として深まっていって欲しいと思いました。


35

実際に装着された男子生徒の方、ものすごく勇気あるなぁと思いました。 そうなんです、ムレるんです! ちょっと笑いも出ましたが、妊娠中のママを体感するために重いものをおなかに装着したり、陣痛を体感できるものもありますが、やはり体験した方は、より実感しやすいと思う。 男だから関係ないではなく、生理のしくみも、妊娠も、男性にもかかわりあることで、一緒に体感してくれる気持ちが、すごくうれしいし、いい取り組みだと思います。


36

「私たちは活動の目標として『学校に生理用品を設置する』ことを掲げています」 小学校の女子トイレには、学校側から生理用品がカゴに入れて置いてあったのを見て、発育が早いなと感じました。 このような活動は素晴らしい。 小中学校ではまだ理解など難しいと思いますが、高校一年生ぐらいから、是非、保健体育の実習体験としてやって欲しいですね。 学んだ知識や優しさなど、大人になっていく過程で自然に接する事が出来る男性は、素敵です。


37

こういう性の違いを知る学びの場は良いと思う。 違う体を持つ故に実際には分からない事はあるけれども、知識として知っておく事は良い事だと思うから、偏見を持たない為にも、性差の勉強は男女合同での授業で良いと思う。 そして女性も男性の事を知ることで互いに理解できる事が増えるのではないか。 しかし、この授業とジェンダー(社会的・文化的につくられる性別)は関係するのかな、それはよく分からないと思った。単に体の作りの違いで、人間が作り出した違いではないし。でも、もし関係があるとすれば、社会は女性の生理をあまり公にしないところがあって、秘められているからこそ、女性の生きづらさを感じるところはあるなと思う。


38

主旨には賛同しますが…。物事には節度や限度があるのでは。 ナプキン装着とか出血量とか、それは究極のプライベートゾーン。ちょっとそこまで踏み込んできて欲しくはないかな。一番デリケートな部分をあまりにも直截的に暴かれたり晒されたりするのは、誰もが望むことでもないのでは。 女性同士であっても、生理の話題は生々しさや不快感を与えないような間接的な表現で相手をいたわるように心がけていると思う。人として、社会的に適切な距離や節度は常に必要だと思います。 生理に伴う不調や不安、不眠など肉体的精神的苦痛を男性が正しく理解することはとても大切だけど、逆にナプキン装着や出血量がなければ理解できないことでもないはず。正しい理解や思考、共感には想像力が必要なのでは?目的脳と言われる男性にこそ、想像力から共感脳を呼び起こすような教育であってほしい、ということは言いたいです。


39

凄く良い取り組みで、また、生徒達の率直な感想に胸を打たれました。 これをきっかけに、こんな教育を他の学校、違う学年に大人が広げていってほしい。教育の場で学ぶことは非常に重要だと思う。 自分の子供達は中学校でLGBTQについての授業がある。自分の中学校時代では考えられなかったことだ。違う考えや感性の人がいること、そのままでいいことを、早い段階で教わる、知ることは大切だ。


40

私も男子本人らが装着まではしなくても良いかと。 でも、実物を見てマネキンみたいな物を使って、どのように装着するのか等は、見せておいても良いかも。 みんなの母親も生理があってこそ出産が出来た事や、それと重要な事として、生理に伴う体調不良や病気などのことも伝えられれば、かなり「未知の世界」が身近に理解しやすくなるので、良い指導だと思います。 交際するにあたり、思いやれるようになれば先々結婚しても、理解のなさ、思いやりのなさでの喧嘩も減り、ひいては離婚率にも多少は影響したり、長い目で見ればもても有意義な学びとなると思います!


 


 


41

他者の立場を理解するというのは重要なことですが、女性と男性の関係の問題についてはそこではないと思います。LGBTQは確かに性別不合でない人が大半なので、そういう人にとっては未知の部分があり、未知であるがゆえに偏見や誤解が生まれやすく、だから勉強して理解しようとするのは意味があると思います。しかし人口の半数を占める女性についてはどうでしょうか。教材はそこいら中に存在する。情報も多く出回っている。大半の人が人生のパートナーとして異性と生活を共にする。それにも関わらず偏見や誤解があったとするならば、「よく分からないから」ではない別の何かがそれろ生み出しているということだと思います。


42

生理についての理解が深まるきっかけがあるのは嬉しいですね。生理に伴う不快症状は個人差があるし、家族構成次第では理解するきっかけすらない人もいるだろうし。 ジェンダーについての理解を進めたいことがきっかけなので圏外だとは思うけど、正しい避妊について学ぶきっかけがあるといいですよね。想像するだけでこっぱずかしいけど、オンライン授業が普及していくと、こういったデリケートな話題も取り上げやすくなるかも知れないですね


43

経血量がとても多い時期がありました。(1時間で40cmの夜用ナプキンが全面真っ赤になるほど) 夫や高校生の息子に、そのつらさ大変さを知ってもらうために、使用後のナプキンを畳んで、ビニール袋に入れて、手に持ってもらいました。使用前のナプキンと重さを比較して、とても驚いていました。 それ以降、私が月経で体調が悪い時、とても気遣ってくれるようになりました。 それまで「経血量が多くて大変なんだよ」と、何度言葉で説明しても伝わってなかったんだなと改めて実感しました。 実際に見る、触る、使ってみることはとても大切なので、この高校のような活動がもっと広まって欲しいなと思いました。


44

こういうのはすごく大事ですよね。強制参加ではなくてもちゃんと知ろうとする男子生徒もいいですね。 遅すぎるぐらいですけどこれからの時代に向けてこういった活動をもっと行ってほしい。本当なら国がもっとすすめるべきことなんでしょうけど。 体育、特にプールで休む理由。仕事を休む理由でこういうこともあるから。ちゃんと理解しないまま大人になった人達はサボりとか言ってるんですよ。


45

これこそが性教育。 また子供のうちは柔軟に受け入れることが多いので、性を学べる場があることをとても素晴らしいと思います。大人になると「関わると面倒だから」や「何となく知っているし」「自分は女性だから良く分かってる」「自分は男だから」「自分には関係のないこと」と積極的に関わることが少なくなってくる気もします。もちろん積極的に学ぼうとする大人もたくさんいますがこのような場は少ないと思います。 今後世の中がジェンダーの性差を受け入れつつ、でも差を感じず、無理なく自然とお互いを助け合えるような社会を目指したいですね。


46

生理に対する嫌悪感や誤解なんてあったかな?一度くらい女性と付き合えば自然と理解出来るけど早いうちから知るってのも大切かもね。 良い取り組みだと思うので次は女性が男性の悩みや苦労を経験できるような授業を行い相互理解を深めれれば良いなと思います


47

昭和の時代迄は男女をハッキリ区別して隔たりを作ることで興味をそそらせ差別化も強めていた様に感じます そうした、性によって表現も能力も感性も枠にはめ込み決め付けの評価を下される世の中に違和感を感じてきた人が増えたからこそ、その歪んだ価値観を壊していく人も増えて今の若い世代観に繋がっていると思うと一人一人の思いはちゃんと変化を生み出していると感じます 自分を知る相手を知る事は想像力や思いやりを育むんだと、この記事を読み思いました


48

男性でもお腹が緩いとき、痔のときに使えますから、ナプキンというものを知っといて損はないと思います。将来シングルファザーになる可能性だってあります。 「夫に生理用品を買ってきてもらった」という話をめちゃくそに叩く女性が結構います。 生理を恥ずかしいと感じる人がいてもいいと思いますし、お店の陳列棚の前に先客がいれば少し待つなどの配慮は必要かもしれませんが、個人的には普通に家族の男性に共有できる話になっていってもいいと思っています。いやらしいものではないですし、不調の時は助けてもらってもいいと思う。 あと男性は、よっぽど変な人でない限り、知らないからこそ結構優しいと思います。 個人差がかなりあるので女性→女性の方が結構厳しかったりしますよね。


49

ひと昔前なら避難を浴びてただろうけど、時代の変化ですね、素晴らしい取り組みだと思います。 生理だけでなく、合わせて男性の体の仕組みについても一緒に学べたらいいなと思います。 生理用品はなかなか触れる機会が無いでしょうから、実際に触れてみることで種類や違いが分かりますよね。 女子でも、家庭の事情で種類がある事を知らない子はいると思うし、タンポンは形状も使い方も分からないだろうから、みんなで知るという機会はいいと思います。 ある学校で、プールの授業はタンポン使って参加しなさいと言われたと聞きました。生理中は腰が冷えるのは良くないので、タンポン入れたら大丈夫でしょ?ってのは間違いとも知って欲しい。経血量が多い人はタンポンでもすぐに漏れだします。


50

女性の生理って、個人差もあるというし、自分も奥さんが重い人なのだけど、一緒に生活するまでは、どういうものか全く分からなかった。 自分もそうだけど男だと実感は当然できないけど、知っているだけでも理解が深まり自分の行動にも良い影響があると思う。


 


 


51

良い取り組みだと思います 私も中学のころ女性の生理について噂で耳にしました 思春期でしたので、正直興味でした 両親に聞いても教えてくれない ネットなんてまだありませんでしたし 本をみても赤ちゃんを産む準備としか書いてなく 想像や噂で勝手に尾ひれ背びれが付くよりも 授業でちゃんと男性と女性の体の違いを教えるのはいいと思います ただ、実際男子も着用は やりすぎのような気がします。


52

社会人の男性にやってほしいです。 職場や配偶者が、生理や更年期など女性の体のことについて知らなさすぎる。 女性の中にも個人差はありますが、きつい人は本当にきつい。それを仮病とまでは言わないまでも大袈裟にと思っている人はいるはず。 きつい時にちゃんときついって言える、言ってもちゃんと受け止めてくれる社会のために、こういうことはどんどん進めてほしい。


53

すごくいい取り組み!生理についてとか、妊娠中の負担などは当事者じゃないと知る機会も少ないだろうし、自ら調べる人も少ないと思うので、義務教育の中に含めるべきだと思う。 女性側からすると男性特有の困難な部分も分からなかったりするので、もしあれば同じように双方が別の性別の理解が深まるような授業があるといいと思う。


54

とてもいい取り組みですね。全国の学校でもこのような取り組みが広まって欲しいです。男性が女性の生理について理解が深まることは家族や好きな人などそばにいる人だけでなく、クラスメイトだったり職場内での女性の体調不良や痛み、悩みへの理解、共感にもつながると思うので。そういう女性の身体への理解が進んだ社会になっていく素晴らしい取り組みだと思う。


55

素晴らしいと思いました。 今知って学んでいたら、いざ彼女、奥さんに対しても生理の辛さなど少しでもわかって自然的に優しさだったりがでてくると思うのでいいと思います 人によって生理痛は全然違うのでその辺も理解してもらえる環境素晴らしい 会社でも生理で休むのに男上司だと言いづらい部分もあります そんな環境がなく気軽に休めて、働きやすい職場がどんどん増えていけばいいかなって思います 未だに、たいした事ないでしょとか言う輩は 一回体験してこいやってなる


56

寄り添う、分かろうとする、それを今の子達がやってくれるなんてとても嬉しいです!生理は前後も合わせて3週間体調の変化があり実際元気なのは1週間程度。個人差もあります。何度生理なんか無ければいいのにと思った事か。生理がないから関係ないじゃなく理解しようと行動に移せる子達は思いやりや優しさに溢れて行くと思います。日本の性教育はありきたりなのでこういった体験が広がったらいいな!


57

非常に素晴らしい取り組みですが現実的にはどの位の学校で実施できるか? まだまだ性教育ですら保護者は完全に逃げ腰で学校に押し付ける、教師も一般学業のほかに性教育やジェンダーの詳細を教えるなどは現実的にはあまりにはハードルが高すぎる この女性の問題も母親が教えられるかと言えば多分逃げ腰で教えるのは良いけど学校でやってね・・・ のスタンスは変わらないと思う 又男子校ではどう教えるのか? ごく一部の進学校やトップクラスの学校ばかりではない現実を考えればまだまだ壁は厚いと思う


58

いい取り組みだと思います。 生理特有の痛みや体のだるさは男性に言うことは恥ずかしいことと思って話すことがタブーになってました。 でも、会社などで男性は上司として社会で働く機会が多い。 部下の女性の体調不調(生理)に対して理解を持ってくれたら、どれだけの女性が助かるか・・ 女性の体調不良を「使い物にならんな」ではなく「今日は無理しなくていいから。体調いい時に頑張ってもらうから」と気遣える男性が上司であってほしい。そのためのこういう教育は大歓迎です。


59

性教育は、絶対に確実に推進すべき。 触れてはいけないような環境を作った大人は罪深いと思う。 正しい知識を身につけないと苦しむ人、苦しむ子が必ず生まれる。 赤ちゃんポストは必要かも知れないですが、正しい教育があればもしかすると不要になるかも知れない。 とにかく、教育は根幹を成す。大変良い試みと思います。


60

生理の辛さ、不快感、体調の変化を知る事は、他の知識同様に必要だと思うし、男性の理解の為にも、もっとオーブンにし、避妊も関連して教えていくべきだと思うので、とても良い取り組み。 もっと広まって欲しい。 そして、生理痛が酷い人は骨盤の歪みや内蔵の冷えが大きな原因なので、その対策も一緒に教えて、少しでも快適に過ごしていけるようにしてあげて欲しい。 現実的には中々難しいと思いますが。


 


 


61

女子だけ集めて生理の勉強をし、男子には秘密にして下さい、という教育を受けた世代です。 大人になってからも、生理痛、月経前症候群、つわりにパートナーが無知で、すれ違いが多かったです。 女性の体について男性が無知である事も、女性蔑視、DV、望まれない妊娠、育児への不参加、高くなっていく離婚率、少子化、へ関係してくると思います。 時代にあった教育ですね!素晴らしい取り組み!こんな学校が増えますように。


62

私も男子がナプキン付ける体験は、そこまでしなくていいかな、と思う。 相手の辛さを体験しないとわからない、ではなく、生理にしろ風邪にしろ、体調が悪い人を思いやるのは当たり前。 女子にだって、男子の体の事はわからない部分があるだろうし。 ただ、妊娠については共通の責任なのだから、そこはしっかり男女共に教育は必要。 イギリスの海外ドラマで見たけど、小学生だか中学生が、袋に入れた小麦粉?を赤ちゃんに見立てて、数日間世話する、という授業があった。丁寧に扱わないと、落として粉まみれになるとか。 それに意味があるかはさておき、体験させるならこのご時世は難しいかもしれないけど、妊婦さんの話を聞くとか、保育園で赤ちゃんと触れ合うとか、命の重みを体験できたら、と思う。


63

すごくいい活動だと思う。ざっくり言って世の中の半分は女性で、男性からすれば生涯のパートナーや社会的生活でも仲間となる存在でなくてはならない存在なのだから、人間の根源とも言える生殖に関する生理現象について性別関係なく知るということは当然だと思う。恥ずかしいことでもなんでもない。デリケートに感じるところは人によって違うと思うけど、普通に生理についてコミュニケーションを取れて理解のある社会へと若い人たちには作り上げていってほしいと思う。


64

性教育を男性も行うことはいいことだと思う。 フィンランドではもう何十年も前からそういった教育が行われていて、恋人ができた女性の場合は、ピルの処方もしてもらえると本で読んだことがある。 だから教育することはいいことだと思うのだが、男子がナプキンを着用することに意味はあるのだろうか?もっと発達してVRとかでそういった痛み?も体験できるようになるのであればともかくナプキンをつけたからといって何かがわかるとはとても思えないのだけど・・・ ただ、そういうことが可能になると男には耐えられないかもしれないけどね・本当かしらないけど出産するときの痛みを男性が受けたらショック死してしまうと聞いたことがある


65

性教育を男性も行うことはいいことだと思う。 フィンランドではもう何十年も前からそういった教育が行われていて、恋人ができた女性の場合は、ピルの処方もしてもらえると本で読んだことがある。 だから教育することはいいことだと思うのだが、男子がナプキンを着用することに意味はあるのだろうか?もっと発達してVRとかでそういった痛み?も体験できるようになるのであればともかくナプキンをつけたからといって何かがわかるとはとても思えないのだけど・・・ ただ、そういうことが可能になると男には耐えられないかもしれないけどね・本当かしらないけど出産するときの痛みを男性が受けたらショック死してしまうと聞いたことがある


66

生理の学習は有意義だと思うけどジェンダーの事は本当に難しいしほとんどの先生だって理解できてないのに教える立場になり苦労されると思います。ジェンダー問題は極論から言えばなってみないとわからない世界だと思います。他人の痛みや悩みを教科書にして勉強するのなら借金苦の親やDVの親の元に生まれ落ちた子についても考えてやれよと思うけど。


67

興味半分、好奇心から始まってもいいと思います。 いつまで経っても正しい知識がないより、自ら意識して知ろうとする試みが大切だと感じました。 「優しくしてあげたい」「寄り添ってあげたい」という気持ちが芽生えたことで、十分に効果があると思います。 活発な取り組み。素晴らしいですね。


68

個人的には、人本来の状態とは異なるのたから、 ある程度は、違和感を感じるのが当たり前だと思う。 これを何も感じなくなったら、普通の人がそちらの方へ誘惑されると言うか、投げ込む場所になってはいけないと思うけどな。 そう感じるのは私だけだろうか。


69

男子医学生です。 男子生徒が生理についての知識を得る場は保健体育の授業内などでももっと増えていった方が良いと思います。 私は義務教育のうちに生理について教えられた記憶はなく、過多月経や月経困難症など医学部の授業内で学びましたがあまり疾患のイメージが湧かず、実際に患者さんをみるまで恥ずかしながら正しい理解ができていませんでした。 性に関する話題を回避していては正しい理解を得られないどころか偏見なども生まれかねません。 真剣に男女平等であったり差別を無くそうと取り組むのならばまずはお互いの性差を知る機会を早い段階から設けていくのが良いのではないでしょうか。


70

そーやんね。誰かが動かないと偏見や発見、気付き 何も生まれないよね。ありがとう勇気を出して発言してくれた人,それに賛同してくれた人,初めは興味本位だったかも知れないけど、参加して色々考えも変わったと思うし、いい経験したと思います本当に.。 もっと色んな中学,高校で、こういう取り組みが、 必要なんだと思います。もう今の時代,年齢や、 男女を分けて性教育する時代じゃないと思います。 昔の日本ではないし、母親1人で産んで遺棄する事件が、増えてきています。男女の責任なのに。 まだまだ色んな問題にぶち当たって人生突き進む 若者が、日本という国を、少しでも良くなるように 日々色んな所に目をつけてくれて本当に嬉しく 頼もしく思います。頑張って下さい。有り難うね。


 


 


71

とても良い授業だと思います。父も夫も生理に理解のある人だったので、ニュースなどから無理解・無知識の男性も居ることに驚いていました。 私自身は「小学六年生」などの思春期の子供向けの雑誌を愛読していたので、性のコーナーで男の子の悩みなども読んで違いを認識してました。 しかし、少し前に友人とこの手の話題を話していたのですが、男性の体について全く知らないと言っていたんです。学校で習ったよと伝えたのですが「性教育の授業は恥ずかしくて聞いてられなかった」と言ってました。 男性が女性について学ぶ機会を持つと同時に、女性も男性の体や悩みについて恥ずかしさを持たない環境で学び、お互いを助け合える、悩みを軽く扱わず嘲笑しない雰囲気を作っていけると良いですよね。


72

私たちの世代では性教育は男女別々が当然で、生理については忌むべき事で隠す事が女性の嗜みの様な風潮ですらありました。生理痛は他人と比べられるものではないので、同性同士でも気絶する程の痛みであっても女性の全員が我慢していると間違った知識が当たり前で、恥ずかしながらアラフォーまでその痛みが子宮筋腫で病気だったなんて気付きもしませんでした。そんな時、ウチの妻がそうだったと仰る男性から辛過ぎる生理痛は病気かもと受診を進められ、その次は男性医師から「今まで辛かったでしょう?頑張りましたね」と言われ泣きそうになりました。辛い時に理解してくれる異性の何と勇気付けられることか!こんなご時世ですが決してセクハラとは思いませんでした。むしろありがたかったです。正しい知識の為には教育が必要で、教師に抵抗があるならば医師を呼ぶ等して同じ内容を同時に行う事が当たり前になればいいなと思います。


73

ナプキン装置して分かる事もあります。夏場は特に蒸れるし地獄。私はとても痛みも量も酷いなら一生痛みや気持ち悪さなんて男性には分からないけど少しでもわかって頂いたらきっと女性に対しての勤務上でも有給など改正されたらと思います。生理ごときではありません。生理でも激痛な日があります。仕事や学校どころじゃない日もあります。それを出勤して当たり前や登校するのが当たり前な世の中を変えて欲しいですね。


74

体の仕組みにおける性差の違いを、子供たちが自ら企画して認識を深めるというのがすごい。時代は変わってきたんだなという実感を得る。 私は生理が始まると目に見えて顔が青白くなるので、夫は具合が良くないことを理解してくれる。とてもありがたい。 でも世の中には平気そうに見えてもそうじゃない女性もいるし、例えば職場で同僚が生理休暇を取得する場合にめくじらを立てたりしないよう、折を見て話しておいた。 お腹の痛みや不快感も人それぞれだし、私のように貧血症状を起こす人もザラにいる。子孫を残すためのシステムとはいえ、そこには大なり小なりの苦しみがあるのだとわかってほしい。 今の若い世代にはずいぶんナチュラルに浸透しやすい素地があると感じるので、問題は中年以降の皆様ですね。忌避すべき問題ではないので、少しずつ周知が進むことを願います。


75

周りでお姉さんや妹がいる男性は、生理前のイライラや、生理中の辛そうな状態を見ているのでなんとなく理解はしているけれど、姉妹がいない人は生理について知ることが皆無だと思うのでこういった機会は大事だと思う。 辛さを体感することでわかることもあります。妊婦さんを経験するために身体に重りをつけたりするような体験と同じく、生理を体験するためにお腹の鈍い痛みなど、実験的に体験できたら良い気はします。 学ぶだけでも十分意味はありますが。


76

最近生理を絶対経験することのない男性への啓蒙・教育が広がっているのはすごく嬉しいことです。 生理や妊娠は病気ではない、とよく言われるがそろそろその概念が変わってもいいのかもしれない。 確かに体を蝕むような「病気」ではないが、定期的・周期的に体調に変化があり、人によっては日常生活に支障をきたす場合もある。これは花粉症や偏頭痛と同じジャンルと言えると思う。 花粉症・偏頭痛も症状がない人にとっては、ある人の苦しみはわからないし、人によって症状の重さも様々。この花粉症(アレルギー症状)や偏頭痛が病気だと認められてるなら生理や妊娠もそれと同レベルに見てもらってもいいんじゃないかな。


77

過去にお付き合いした男性(当時24歳)が姉がいても生理を知らず、当時20歳の私はイチから説明したことがありました。その頃は性教育が男女別で知らなくても仕方がない時代だったのでしょうがないかなと思いました。 男性の中には生理を性的に捉えたり、機嫌が悪いとすぐに生理だと決めつけ冷やかしの対象にしたりということも昔は結構あったので、生理を隠す女性も多いと思います。かといって生理痛の軽い女性は、男性が生理に詳しかったり生理中の女性の方を労わっていると「気持ち悪い」と言っていました。私自身は生理痛は寝込むほどしんどいので女性だけではなく男性の理解があった時はありがたかったです。生理、妊娠、つわり、出産について話題が上がるたびに、男性女性関係なく結局のところは「思いやり」だと思います。


78

こういう教育はすごくいいことだと思います。 同じ女性でも症状が軽い方、一日中寝込んでしまうほど重い方がいらっしゃり、様々ですが、男性には理解しがたいこともありますが、自分に出来る事でいいので思いやりのある行動が出来たらいいですね。 体調不良もですが、精神的にも辛くなりますのでその辺も理解できたらいいですね。 机の上での勉強ではなく、実際に体験したことって覚えやすいしわかりやすいですよね。


79

これ、災害時などで女性が避難する場合、男性ばかりの職員では、生理用品は軽視される事が多いので、知識としてきちんと理解するのは大切だと思います。 ただ、男子の場合は実際使う訳じゃないので、女性との生活習慣の違いなど、普通なら表に出せない基本的な部分の考慮が出来るように教えてあげて欲しいです。


80

全国でやって欲しい取り組みです。 性教育はむしろ男子に徹底的にして欲しいけど、家庭では中々難しいかもしれませんし。 この年頃から生理の大変さを理解すれば、無駄にからかったりせずに、労れる男子に育ち、社会に出た後も優しい頼もしい男性になってくれそうです。 避妊等も積極的に当たり前として教育出来る様に学校でも、どんどんやって頂ける様に文科省は動いて欲しいです。


 


 


81

男性が女性の月経などの知識を得るのは大事なことだと思う。 その反面、男性が『女性は生理などが大変なので、保護しなければならない』という意識を強く持つ事にもなる。 つまり、性別による仕事の各差を肯定する意識も当然芽生えるので、、ジェンダーフリーを標榜する方々にとっては痛し痒しであろう。


82

良いと思います。 こういう取組みがあると「女子ばかり理解してもらおうとしてる、女も男のことをもっと理解しろ!」みたいな男性コメントが一定数上がってくるのですが(そしてなぜか若い男性ではなくオジサンに多い)、 今までの社会は男性が思っている以上に男社会で、女性はなにもせずとも生きていれば男性の体のことや思考や行動パターンが自然にわかったのです。でも男性が女性に対して知れる機会がゼロだったのですよね。 勿論女性側が「慎み隠すことが美徳」とされていたせいもあると思います。 女性も積極的に知ってもらおうという運動をせず、言わずとも分かってほしいみたいな雰囲気でした。 今やっと「女性はこう考えています、こういう体の作りです」というのを男性にオープンにフラットに伝えられる時代になりました。 今の若者は本当に素直で自然体で素晴らしいと思います。 どちらの性も暮らしやすいように変わって行くといいですね。


83

「男子生徒向けの生理セミナー」とジェンダー問題は明確に分けた方がいいのではないか。それとわざわざ男子高校生がナプキンってのも違和感がある。何でもかんでもごっちゃにしてしまうと本来の目的もなんか、?って思ってしまいそうだ。何となくジェンダー感が強過ぎると感じた。また、こう言うことをするならば基本のSEXや避妊と言うことについてしっかりと教えて欲しいと思う。考えてみればほぼほぼすべての人が経験するようなことなのにまったく教えないのはおかしな話だ。


84

今迄、「性」に関する話題は、オブラートに包んだ状態で明確な取り組みが少なかったので良い傾向だと思います。 話は逸れますが、ナプキンや男性用シートに関しては、普通の使い方の他に、事故等で、創傷等、縫合処置が必要となる大きな傷を受けた場合、短時間であれば応急処置の止血用具として応用利用できるので、緊急時の人命救助のセミナーにも力を入れてもらいたいです。


85

自分はお付き合いした方が生理が重い人が多くて、妻は生理は軽いが生理前に体の不調がよくあるので、大人になってから生理については色々学んだ。だから「お腹痛い」と女性が言うと「いつでもトイレ行っていいよ」と言う男性社員が多い中で自分は違う声かけをするようにしてて、それから同僚の女性と生理の話をする機会が増えた。 「ピルを飲んでる」とか「昼でも夜用ナプキン使ってる」とか「今生理中」とかも自分には普通に話してくれる。女性同士でも不調の度合いや不調の箇所、周期、量も違い、自分ベースで考えるのでなかなか理解してもらえないそうでそういう面でありがたかったと言われた。 自分は痔で医者に言われてナプキンを使用してたこともあり、ムレて痒くなったり、においを気にしたりしたこともあったから理解しやすかったのかもしれない。男性がこういう知る機会は必要。ただ正しく知らないといけないから実際の声や専門家の話はいいですね。


86

良い事だ 震災の時、支援物資の生理用品を不謹慎だと送り返したという噂がありましたが、そういう事も「ありそうだ」と信じてしまうほど、特に高齢男性などは生理の知識がないと思う 男性も自分のパートナーや母、姉、妹、娘…家族や、同じ社会で生きる女性の身体のことを知っておくのはお互い助け合えるのではないだろうか 逆に男性にとって女性に知って置いて欲しい事のひとつとして、睾丸への攻撃の残酷さはジョークでは済まないので周知していいと思うけどね 互いに「知らなかった」という事をなくせばお互い生きやすくならないだろうか


87

いいですね。ナプキンを作る会社では男性もいると思うので知ってると知らないではだいぶ製品開発に差が出ると思います。 このことは他でも応用できそうですね。 例えば子供たちに安全教育の一環として歩行者ではなくドライバーとして自動車運転免許講習を教習所と同じように一度勉強させれば自分たちは車からこう見えていてこういうことが危ないんだということをドライバー目線で学べるのではなんてことにも応用できますね。


88

ここに至った生徒の方々は本当に優秀な方々なのだろうと感じます。 研究と一緒で、それまでのものを否定して形にして実行する。素晴らしい能力です。 隠すのではなく知らせる事で共通理解を持とうとする事で、本当のサポートに繋がるのはこの分野に限らない事ですね。その線引きは常にアップデートが必要な課題か。


89

すごくいいことだと思います。 我が家はこの授業に旦那を参加させたいと思ったくらい。 生理は恥ずかしい事でも隠すことでもないのに、そう思わせるような教育を受けてきた理由が分からないとずっと思ってきました。 男女別々で授業とか…… 今の若い方たちが昔とは違う授業を受けることができたり、違う感性を持って大人になってくれることはいいと思います。 昔と今は違うものもあると思うので。 俺生理ないから分からない。 じゃあ、体調悪いの言えばいいじゃん。 生理位で。 などなど、偏った知識と分からないことを分からないから仕方ないとそのままにしないで優しい心の若い子が増えてもらえたら、少しづつ何かが変わって行くことが出来るような気がしました。


90

他者を知ろうとする。たったこれだけのことなのに、難しいものは本当に難しい。 その機会が出来るってことはとても素晴らしいと思います。 我が家では生理はオープンで、私と娘の生理は大概みんな解っています。 付随する情報も、恥ずかしい事ではなく、家族として知っていて損はないからです。 それと同時に、女性が男性の事を知るのも大事ですよね。そうやって相互理解までいかずとも、姿勢を変えるきっかけがどんどん増えていくといいな。


 


 


91

とても良い取り組みだと思います。何より生徒からの発信であることが参加しやすいものになっているのではないでしょうか。男子にも女子にも正しい知識をもってもらいたいです。生理痛を我慢していたら実は子宮内膜症だったりすると不妊の原因になることや、生理を知ることで避妊の重要性を知ることにつながるかもしれません。


92

生理を知るというのはとても良いことと思います。 私(男)が学生の頃、そこまで突っ込んだことは理解していなかった。 結婚して初めて生理をある程度理解出来るようになりました。 ただ、写真にある横浜流星さんもメイクしています。みたいなのは そりゃ撮影だからするでしょって思わないのかな? 普段オフの時もしてますよって言質取ってるならいいけど 芸能人はテレビ出る時は照明の関係で必ずメイクします。 そういうことと男性が当たり前のようにメイクするのとは違うのかなと もっと説得力のあるものを出した方が、こういうツッコミが入らなくてよいと思います


93

互いの違いを正しく理解して排他的にならない姿勢から出発して、自分とは違う人達が集まる現実社会を公平でより住み良くなっていって欲しいなぁ 男女の生物的性差やLGBTQなど脳科学的または精神認知的な性差は、個々人の違いを正しく理解する最初の一歩かもしれない もちろん、社会的公平の根本には時代による意識の変化や文化の変化の影響は受けるけど排他的同一化を求める方向には将来的に進行して欲しくは無いかなぁ


94

自分の身体への理解、選択肢を若い時から識る事、とてもいいと思う。また学生中心に活動していて、この学校の先進性も感じられる。とても良いな。 自分の身体への理解が、異性や自分と違う人たちへの理解にも繋がると思う。 今は生理用品もたくさんあるし、生理痛が重い時は病院に行くというのも、普通になってきているから、若い時に痛みを我慢しても良い事なんかないから。


95

異性の生理現象について学ぶのは良いことだと思う。 男性自身が生理用品を使う機会はないが、パートナーや娘が出来て関わる機会はあり得るのだから、大事な人や身近な人の身体にどういう負担があるのか、何ができるのか(or何をすべきでないのか)知っておいて損はない。 女性側だけでなく男性側の生理現象も学べるような総合的な保健体育の機会にできれば、互いに誤解や過剰な要求をすることも減るのでは?


96

この手の話題になると、女性は大変なんだ!(ざっくりで申し訳ないが)ということをコメ欄などで目にする。 自分は男だから体験はできないが、理解はしたい。話を聞く限り、生理痛が重くて動けなくなる方や倒れてしまう方もいるよう。 その中で私が思ったのは、結局男女が社会で同一の活動をするのは結局不可能だなと。 仕事をするにしても、月に1度数日間体調不良で欠勤しますという人を雇う会社があるのかと。配慮するにも限度がありますし、真の意味で女性の生理問題を解決することはできないのではないかと思います。


97

これ男性に対してありがとうって言わなきゃいけない感じなのかな。 我儘かもだけど、ちょっと抵抗感がある。 詳細は学校じゃなくて女家族か彼女に教えてもらえばいいんじゃない?いくら経血量とかナプキンとかを手に取られたところで生理痛や出産の痛みを理解しろっていってわかるわけじゃないし、そこまで要求しないよ。 ただ「毎月生理痛がとか言ってるけど甘えないほうがいいよ」とか自分の感覚だけで言わないでほしい。そういう配慮だけで十分だしそれが一番難しい。


98

素晴らしいです!! 私が高校生の頃は生理痛は無かったのですが、子供を産んだ後、物凄く重い生理痛に悩まされて来ました。 30代はピルで過ごして、40代ではもう飲めないのでとても辛い日々。 子供は成人し、旦那とは離婚し、更年期が徐々に来てる中、彼がとても優しくしてくれます。 昭和男子でも、気遣いはとても有り難く、今の男の子達も優しい中でも男らしくあって欲しいです


99

生理のことを男女同じく学んでとても良かったと思います。 他のコメントでもっと他のことも学んだ方が良いとありましたが、始めの一歩で一気に多くのことをやる必要はないかと思います。 少しずつ色々な疑問が出てきて、それを知っていく生徒達の自主性が素晴らしいですので、これからも好奇心を持って取り組んでいってください。


100

以前男性の多い職場にいた時、生理期間の辛い女性は男性社員なりに頑張って配慮していたと思う。  私は女性ホルモンを自分の意思で取り入れていて、勤務中に眩暈を起こして、動けなくなった事がある。  ホルモン補填が原因かはわからない、その女性から「女性のこの辛い月一の生理は本当に大変、男の体調不良なんて楽なもんよ?男は頑丈じゃないと頑張れー」って言われた、カミングアウトもしてないし仕方ない、PMSは辛いと思うの!メンタルも沈むのは辛いはず!だけどね、友達やパートナーが辛いのは労わる!けど無理矢理辛さ押し付けないでほしい、他人のあなたは私以外に配慮して貰って!って思った事があった、本当に良くないんだけどもw 生理期間排卵期間とか生理学を男の子も学ぶのは大切、出血も情動変化も自然な事で個体差がある事、辛い時期は多くの人に助けを求めるのは素敵な事!生理に限らずに。