最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

一杯2000円のつけ麺が物議! プライシングの専門家がそれでも「安い」と話すワケ

 

 5月16日、神奈川の人気ラーメン店「らぁ麺 飯田商店」が、ラーメンやつけ麺の価格改定を発表し、SNS上で物議を醸しています。そのワケは、ラーメンが1600円、つけ麺が2000円と、従来のラーメン業界からするとかなり強気ともいえる価格設定にあります。


ニュース速報

 

イイネ

1

私は価格所謂売値は売る側が決めることですので消費者所謂買う側がそれでよしであれば価格はいいと思います 社会通念上といいますか一般的な価格といっても時代によって変わると思います 売る側も材料や人件費等いろいろ勘案されて価格決められたらいいと思います 仮に高いと思われてもそれに見合えばいいことです もう昔のような安かろう悪かろうの時代でもありません 日々研鑽されて良い物を提供されることを願っています


2

かけた手間やかかった材料費、そして作り手の才能が反映される価格になっているべき。それに対する評価を決めるのはお客であって、提供される物に対して払ってもいいと思えるクオリティなら食べにいくし、価値がないと思えば行かなくなるだけ。場合によってはもっと高くてもいいと思うことさえあるだろう。 ブランド品や高級なレストランがそうであるように、ラーメンだから安くないといけないなんていうことはないし、ラーメンは庶民の食べ物だと言うのであれば庶民向けのラーメン屋に行けばいいだけの話です。


3

観光客=旅行で金を消費しに来ている そういう人達が客という立地だからこそという気もするけどね。 記事にもあるように観光客向けの商売は地元を無視するので値段が高くなる。ラーメンの未来も何も、単に観光客目当ての強気商売ってだけじゃない? 勿論単価を上げればそれだけ良い材料を使えるという副次効果もあるだろうけど、結局地元の人は行かない店になるんでしょうね。


4

こんなこと書くと叩かれるかもですが・・・ 根本的に日本の物価がもっと上がらなければ国民の所得も上がらないと思います。 また円安も解消される事は無いでしょう。 ラーメンに限らず企業も商店も無理無くちゃんと利益を得られる金額設定にすべきだと思います。 もちろん急激に物価が上がれば給料が上がるまでのタイムラグで生活が困窮する家庭が増大すると思いますが、そこは政府がしっかりと下支えし乗り切るしか無いと思います。 こだわりを持って良いものを作りちゃんとした値段で売る。 海外に対してもそれが出来なければ日本経済は良くならないと思います。


5

めったに行かないディズニーを比較しても実感は湧きません。 ラーメンの適正価格においても自分が納得する価格なら行きますし、高くてもリピートします。 結果論ですが、初回に支払いをしてそれに見合うかどうかの判断は個人です。 どれだけリピートするかはやはりお店や企業の努力によるもので、生き残りをかけて営業するからにはお客にサービスや満足感を与えているかによると思います。


6

そこしか食べられない唯一無二の味で めちゃくちゃ美味しいものであれば 金額はあまり関係ないが、よっぽどの 評判にならない限り、一杯目を食べようとは 思わないので、結局食べないで終わる。 やっぱりミシュランとかで持て囃されないと 2000円を食べようとは思わないかな…。 まぁ、店としても混雑ばかりの薄利多売より 客数をコントロールした上でしっかり売上を 出せる値段なら、適正価格だし成功とも言える。 でも、近所に700円で、自分にめちゃくちゃ 合うラーメンを見つけちゃったら、行かないよね。 私自身も近所に隠れ家的なラーメンを 見つけてしまい、他のどこの行列店よりも 美味しいし、並ばず食べられて 700円なのでここで充分。


7

ビジネスとして成り立つのならとても良いことだと思います。 同じような味で同じような安い価格ばかりでは付加価値が無くて産業が成長しません。 ただでさえ外食なんて飽和しきっているので、こういうお店を個人的に応援したいと思います。 決して高級でもないけど安売りでもない中間マーケットはすごく厳しいと思いますが、インフレで安売りとの価格差が縮んできている今なら成功できる確率も上がっていると思います。 回転寿司がその例で100円を維持できずに200円がメインになっていることから、そんなに価格が変わらないならと地方チェーンに回帰する流れが来てますね。 数年程度で終わってしまう気がしますが、プチ贅沢は既にトレンドな気がします。頑張ってください。


8

都心在住の20年来のラーメン好きです。これまでのラーメンブームにおいて、高価格(高品質)をコンセプトにしたラーメンを数多く見て来ました。 その多くは行列が出来、やっとこさ順番が来て食べてみると、他にはないような味と少々の驚きがあり、食べ終わった後は、そのありがたみもあってとても満足します。 が、リピートはないなって思ってしまうのです。 実際、その手の店は数年のうちに淘汰され、最後に残るのは「リピートされる店」なのです。 いったいリピートされるお店とは何なのか。ラーメン屋さんには、それをよーく考える必要があると思います。


9

どんな値段で出そうと、それに見合うと思う人が多ければ客が増えて商売として成立するし、見合わないと思う人が多ければ客足が遠のいて成立しなくなる。 原材料にこだわれば価格が青天井になるのは当然で、それでもこだわって高価格で提供するお店と、それに納得する客がいるなら、それがその商品の適正価格。 その辺のスーパーの隅で安売りしてるペラペラのTシャツと、専門店で売ってる生地も厚くてしっかりしたTシャツを、Tシャツって一括りにして適正価格はいくらでしょうって言ってるようなもので、材料も作り方も違う他のお店の商品とごちゃ混ぜにして適正価格云々なんておかしいし、なんの意味もないと思う。


10

記事にある地域のラーメンの価格ってのは、そりゃ出店すんなら当然下調べするだろうけど、それはあくまで傾向であって、適正価格とは違うよね。 その味が唯一無二ならお客は来るだろうけど、適正価格と思って払ってるかは別。高いけど仕方ないくらいだと、他でも安く食べられるとなれば客足は遠のく。こういうのって難しい。目に見えて客が減ってから気づいても遅いからね。 飯田商店も、ラーメンの未来がどうとかってのが値上げ理由なら、逆に下げることもしにくいけど大丈夫かな。つけ麺2000円か。さすがにごはん一食の値段として高いと思うので…。


 


 

TESTING130


11

95%の人が高すぎて買えないと思っても、5%の人が満足して頻繁に利用するならビジネスとして成立する。 95%の人がリーゾナブルな価格と評価しても、凡庸な商品で他店と比べて魅力的な商品と言えないなら、ビジネスとしては厳しいものになる。 コアな顧客をきっちり確保できるなら、万人に愛される必要はない。


12

1時間に3回転を求めるから、700円で提供できたり この店のように、1時間に1回転でいいものを提供するなら、 2000円でもいいのでは? もっと、高級素材を使い、客席も全席個室だから、1杯10000万円だ!、 でも、それは店舗経営者の考えだよね ラーメンは、スープにこだわればいくらでも値段が跳ね上がるからね 利益を上げるために、回転率を上げるのか、 質を上げて客を絞り、値段を上げ利益率を上げていくのか それは経営者の経営方針だよね。


13

2000円に文句を言う人は、店の立場では最初から相手にしていないのでしょう。 世の中の大きな流れで言うと、店が客を選ぶ時代に移行しているのだと思う。ちょっと話がそれるけど、銀行が硬貨の両替や預入で手数料を取ることが普通になってきた。銀行目線では、手間が掛かる割に銀行の利益につながらない人は「どうか他所の銀行に移ってください」という考えなのだと思う。 不満をもつ人も多いと思うが、万人を相手に安さを売りにする商売、値段やサービス内容で客を選ぶ商売、いろいろあっていいと思う。


14

ラーメンの値段で物議をかもすのは良いと思うけど、そんなに理屈をこねるほど語る事でしょうか。 値段設定はいくらでも店側が決めればいい。 食べに行くか行かないかは、我々消費者側が決めればいいわけで。 気軽に安くおいしく食べられる、そこがラーメンの原点だと、昔から今もずっと思っていますけど。


15

ラーメン業界の結構生々しい話が沢山出てくる「ラーメン発見伝」ってコミックに、面白いエピソードがあります。これまで500円を維持していた老舗がどうしても利益が出なくなり、相談を受けたラーメンマニアの主人公は具材のキクラゲをスープに使った昆布に替えるなどギリギリの原価削減を試みるんですが、主人公のライバルであるプロのラーメン店主兼コンサルは店内をカフェ風に改装し器を替え、ラーメンは以前のまま糸唐辛子と白髪ネギをトッピングした今風のルックスにするだけで800円に値上げしても客足を落とさない、という手段を使います。インチキではないかと噛み付く主人公を「だからお前はただの優秀なラーメンマニアなんだ」と嘲笑し、記事にあるような適正価格とは何かを説きます。ライバルの手法は「ラーメンの質は落としたくない」と言う店主の思いも叶えていて、主人公は完敗を喫するのです。なかなか興味深いエピソードでした。


16

そもそも、1000円の壁が仕事ある事自体、知りませんでした。自分的には「未来のラーメンの事」と言われるよりは、原材料の高騰とか、使っている食材が高級なので、とかを言われた方が納得しますけど。お客が要求しているもの(美味しい、量が多い等)を提供出来れば、1000円を越えても納得して食べるでしょう。ただ美味しいの基準は人それぞれなので、難しい面もあるんでしょうね。


17

なんか適当な理屈をこねられてる気がする。 立地が観光地であるのは置いといて、既に有名店である点、提供されるラーメンにお客が価値を感じてくれている点、商売が既に成り立っている点を考えるとやっていけてるのでそれで良いのでは? 自分の店なのだからラーメンだから価格はこれぐらいにしないととか関係ないやん、自由にすればいい。


18

パスタも店によっては二千円以上するところはいくらでもあるからね。 蕎麦だって同様。庶民の食べ物だった蕎麦が格式ばった店構えでけっこうな価格で提供しているところもある。 ラーメンだけが千円の壁ってのは改めてもいいと思うよ。 家族五人でつけ麺食べたら一万円。 その店の雰囲気と味で、それが高いか安いか人それぞれ感じ方が違うから。


19

私はこれが成立するようになって欲しいと思うラーメンファンの一人です。 ラーメンの値段の相場から外れてはいけない風潮がありますよね。文化でもあります。 でも、チェーン店のコストカットしたラーメンより100倍美味しいのに値段はさほど変わらず、美味しい店がなくなっていく流れがあるのも事実。 本当に美味しいラーメンが無くならないで欲しいので、安くて量のあるラーメンと美味しくてそれなりの値段のラーメン。両方選べるようになれば良いな、と思います。


20

安い高いは消費者個人が決める事 一度食べて高い 味に見合わないと思えば食べなきゃいいし合うと思えばまた行けばいい このお店の場合 地理的に環境要素あるし客が並べばいいってものでもないんじゃないのかな? 食べてみなきゃわからない 世の中には値段をある程度相場より高くしてお客さんをセーブしているお店だってある 薄利多売が当たり前になっている経営者には想像がつかないでしょうが…


 


 


21

飯田商店だからできたことなのだろうけど確かに高いことは高いと思う。 まだ食べに行ったことはないけど(セブンのカップ麺はとても美味しかった)、店主がラーメン作ってるところをYouTubeで見たところとても仕事が丁寧でそれだけでも食べに行きたくなるくらいだった。 前述したようにカップ麺はカップ麺と思えないくらい美味しかったし1回は食べに行ってみたいお店。自分はその後値段については判断する。 もし適正外の値段だとしたら自分は行かなくなるし他のお客さんも自然と行かなくなると思う。 スイーツが普通にこのくらいの値段することを考えると、この値段改定がダメージにならない可能性の方が高いと思っているけど...


22

安さ前提でラーメン店に来るならば、注文しても安いものを注文する客が多くなりがち。 一方、高いの前提で来るならば、安いメニューの注文はかえってもったいなく感じる。開き直ってそれなりに高級なメニューを選んだり、いろいろトッピングしたりという客の率がグッと上がる可能性が高い。 多様な価格帯のラーメンが存在していること前提ではあるが、ラーメンなどの外食業界がこうしたメリットを考えず、業界全体で値上げを過度に忌避してきた面は確かにあるだろう。


23

ラーメンって焼肉、寿司、天ぷらなどに比べたらB級な扱いをしてる人が多いと思います。 しかし、美味しいラーメンを作るには色んな出汁や調味料などをブレンドしてやっと完成する料理で非常に難しい! 高級素材を使っても美味しくラーメンは作れないのでいわゆる発明みたいなものだから店側はそれなりにお値段は貰いたいと考えるのでしょう。 つけ麺に2000円は高いと思いますが、すごく美味しくプレミアムな感じがして、このスープを完成させた物語を考えると物議を醸さなくてもいいのではと思いますがね。 結構高過ぎると思う奴は食うなですね。


24

事業者の値段設定は自由であるべきですが、価格・サービスを誤認される恐れがある場合など制限されるべきケースもあります。例えば道で手を挙げてタクシーに乗ったらそれは初乗り2000円の高級タクシーでした、というケース。 ラーメン屋は特に誤認される恐れはないので、適正価格なんて概念にこだわる必要は無く、世間から不適正と思われる価格だろうと全面的に店の自由で値付けすれば良いと思います。


25

高価格の利点は利益率を高くすることが可能な点。 それによって、販売数が少なくとも必要な利益を上げられれば、商売として成立する。 もちろん、例えば近所に安くて結構豪華(に見える)店でもあったら成り立つかどうかはわからない。 安くても高くても状況次第。


26

個人的には別の種類の食べ物という見方になるかも知れません。 外形的な面に加えて手頃感や高級感というような枠の中でラーメンであるとかその他の食べ物を見るという視点がありそう。 他にはハンバーガーなんかでも所謂ファーストフード店のものとレストランで出てくるようなナイフとフォークで食べるようなそれとは認識が違いますし。 どっちも食べるけど。 それらが融合するということはなく区別、住み分けのようなものが認識上存在しているというべきでしょうか。


27

こういう価格帯のラーメン店があってもいいと思う。ただ、だとしたら回転率重視して、カウンターにギュウギュウ詰めでなく、食べ終えた後も少しゆっくりできる店作りをしてくれると嬉しいかな。 まあ、現状でも待ってる人がいても関係ない、無敵の人はある程度いますが。


28

値段は需要と供給で決まる。 2000円でも食べたいと思う人がそれなりにいるなら成り立つ。 500円でも食べたいと思う人がいなかったら成り立たない。 食べたいと思う人の動機はそれぞれ。 味・立地・価格・接客・店の知名度・SNS映え等々… だから2000円のつけ麺が物議と言っても、普通は値段設定に文句を言っても仕方ないし意味がないと思う。


29

客と店とが幸せな関係で繋がれるのであれば、そこに高いも安いもないと思います。 ただ、安かろう悪かろう路線だけは正直支持したくありません。 私は別にエサを食いに行っているわけではないので、店主が心を込めて作ったものを、感謝の気持ちでいただきたい。 それが実現出来るのであれば、「店にとっての」適正価格でもなんでも喜んでお支払いいたします。


30

500円のラーメンを提供しているお店が潰れ、2000円のラーメンを提供しているお店が繁盛しているというのは、飲食店ではあり得ることだと思います。 コスパより、味や量、お店の雰囲気などを優先して選択する人もいらっしゃいますから。 人それぞれ、個々の好みやお財布の中身と相談して楽しめれば良いのではないでしょうか。


 


 


31

問題は飽きられるかどうかだと思いますよ。 要はエルメスやロレックスみたいなブランド価値が認められれば、どんな価格でも受け入れられると思います。そのためには美味しいのはもちろん、飽きられないのも重要になってくるでしょうね。 しかしラーメン業界は栄枯盛衰を地で行ってる競争の激しい業界ですからね。常に新しい味を求め続けるお客さんを、この価格で繋ぎ止めるのは難しいと個人的には思いますけど。 つまり価値があるかどうか決めるのは店側ではなくて、お客側ということになります。 なので専門家の分析なんて、何の参考にもならないでしょう。


32

この物価高。少しは値上げしても当然だとは思います。が、現実的に出せる金額はと問われれば、ごく普通のラーメンだと1000円未満でしょうか。これ以上となると、定食を選びます。また、高級食材を使ったとしても私のような庶民の口に必ずしも合うとも言えませんしね。出来れば、ラーメンは庶民の昼飯(ランチではなく)に叶う、最低でも週1で食せる価格であると嬉しいです。まぁ個人的には、例え月の売上が同じだとしても、週1で通えるお店の方が、月1~2で通えるお店より長く続く気がしますが。


33

そもそも【適正価格】なんて概念があるからダメなんだと思うけどね。 代金ってのはそのモノやサービスに対しての対価であって、それ自体にその金額の価値があるなら支払うのは当たり前。 で、国民にはそれぞれ《生活水準》と言うものがある。年収100万円台の人と年収1千万円台の人のモノに対する価値観が同じなハズがない。 ひと口にラーメンと言っても600円台が普通って思う人もいれば千円以上が普通と思う人がいるのも自然な事だよ。要はそのバランスによってその人にとっての【適正価格】が決まるワケだ。 ラーメンの適正価格が7〜800円と考えてる人の同意を得たいなんて思ってないでしょ。単純に店側はそういう層をターゲットにしてないだけ。そういう人はどうせ食べに行かないんだから文句言うのはお門違いだよ。


34

「ラーメンの適正価格はこのくらいであるべきだ」みたいな話が出てくるたびに、「では天丼とか海鮮丼とかうな丼とかざるそばとかたらこパスタの適正価格はいくらであるべきだとお前は思ってるんだ」って聞きたくなる それぞれ立ち食い店で500円くらいで食えるのもあれば、高級割烹めいたところで数千円とか1万円超の値段で出てくるものもある。けど普段380円の駅そば食ってる人が蕎麦屋の1300円のざるそばを「高すぎる」とか言わないし、チェーン店で500円の天丼食べてる人が天ぷら専門店の2500円の天丼を「ぼったくりだ」とか言わない。安い店は安く、高い店は高い、そんな当たり前のことをちゃんとみんなが理解してる。 なのになんでラーメンの時だけ、「高い店のラーメンは安い店よりも値段が高い」という当たり前のことを理解させるのにこの記事みたいに面倒な説明と言い訳が必要になるのか、本当に不思議だ


35

「誰に何をいくらで」は商売の基本ですから、その先どうやってリピーターを獲得できるかが問題、皆そこに苦労しています。 「一度でいいから食べてみたい」がどう変化するか。 「素晴らしい、また食べたい」 「おいしかった、満足です」 「おいしかったけど、一度でいいかな」 「値段の割には…」 観光地需要→富裕層(インバウンド)がターゲットだと、どれだけ持続性があるか疑問です。 国内富裕層(あるいはコア層)は景気に左右されるので、安定感に欠けます。 結局は味=品質と、持続営業=ランニングコストのバランスをどう取るか、だと思います。 話題性だけでは、いずれ飽きられます。 ラーメンの未来は原材料生産者の未来にもつながるので、がんばって欲しいと思います。


36

"神奈川県湯河原町と観光の名所です。"  と書いてあるが、湯河原に観光なんてありえないに等しい。飯田商店に行く人は飯田商店目当て。何しろ予約必須なので、通りすがりで入る事はできない。 "意外に思えるかもしれませんが、ほとんどの顧客にとって"  この1文で矛盾させる文章力も凄いし、 "原材料の高騰を理由とした値上げで炎上"  なんてほとんど見たいことがない そもそも飯田商店がTRYラーメン大賞で殿堂入りを果たした事についての言及がない時点で詳しくない人だとわかる


37

商品価値に対する価格が適正かは、その商品を欲する人がどれだけ居るかの需要と供給のバランス 2000円でも食べたい人が居れば成立するし、600円でも食べたい人が居なければ店は潰れます ここで紹介する飯田商店は外部の飲食店予約サイトOMAKASEによる完全予約制で、電話での予約すら受け付けていない 更にロケーションは湯河原と都心部からも離れていても、その価格で食べたい人が居るから成立している 実際に都内のラーメン単価は上がっており、1000円の壁を越える店が増える一方で、柴崎亭系列のように600円台から丁寧なラーメンを提供する店もある 想いの詰まったラーメンを届ける気持ちは一緒で、後は受け取る側の好みやお財布事情に寄るのだと思う


38

別にそこまでの検証をしなくても和食や中華などでも数百円から数千円まで価格の幅はあるし弁当だって1000円以上するものはざらにあるよ。 もちろん価格が違えばターゲットは違う。 ラーメンはどちらかというと会社員や学生が昼食として食べることが多いから数百円の店が多いだろう。 一方で道楽としていろいろなラーメン屋の味を楽しむ人も多いから1000円を超えても成り立つと思うよ。 ただ和食や中華などのように会話を楽しみながらゆっくりと食べるような料理ではないからその点ではどうしても安い価格帯に集中するだろうね。


39

「廻る寿司屋と廻らない寿司屋」と同じ理論。 同じネタ(名前上は)なのに、片や100円、片や時価。 それでも廻らない寿司屋で食べて、満足して帰る人だって普通にいる。 要は、提供するサービスに対し、その値段に値する満足度を得られるかどうか、ただそれだけ。 満足度が得られないのであれば経営が傾き、市場から淘汰されるだけです。 100円のコンビニおにぎりが130円に値上げしたら 「上級国民の食べ物になった、もう二度と買わない」 なんて言う人も居る世の中ですし。 大体、値段で文句言う奴は基本来店しないし、来店したとしても、オレの口には合わない、マズいと言えば他人からの批判なんて浴びることもない、店のあら捜しメインで叩ける所を見つけては、とにかく高いって店を叩き、文句言いたいだけの奴だから、店側も最初から来てほしい客層じゃない、フィルタリングされて良いのではないか?


40

この記事の論調を全て否定したい。 「適正価格」は「提供者の事業が継続できて従業員に給料を払える利益が残る価格」のことであるべきだと思う。 もちろん、いくらなら買うという消費者心理はありますけど、まずもって前述の価格でないのなら、それは「適正価格」ではなくて「叩き売り価格」だと思う。


 


 


41

そもそもどんな商品も販売対象があるわけで、誰でも買う資格があると言うだけで、誰でも買える商品価格でないといけない決まりはない。 そもそも、物の値段に対して日本人は外見と一般商品のイメージに捕らわれすぎ 何故自分が必要としない物まで文句を言うか? 高いなら安い物食べに行けばいい 食べたいなら食べてみたらいい。一生かかって払い続けなあかん額でもないんやから


42

値段設定は自由なので好きにしてくださいとしか言えませんね。 高級路線も一つの戦略だし、1000円でも儲けているところは儲けているでしょう。 値段高くすることが業界のためというのは違うと思います。 家庭持ち一般庶民の私にとって外食は高くつくし贅沢な部類。 ラーメンを食べるのは数ヶ月に一度で900円くらいのところが多いですが、高いなあと思ってしまいます。高くなればなった分だけ足が遠のくことになるでしょうね。


43

食べたい人がいて、そこにそれだけの金額を払いたいという需要と供給がマッチしているのであれば良いと思う。 ただ、この手の行列店にならんでいる人たちって その店のラーメンに興味があるというより、「人気があるから」「トレンドだから」という場合が多く、自分の感性で物事を決断できない人なんだなと感じることが多い。


44

TOKIO考案のdashラーメンがとても高すぎて出せないと言う事があったな。観光地でもある日テレ敷地での提供を考慮しても。 前回のオンエアで蘇ったが。 私も1,000円まで派、並ばず気軽に喰いたい(限度15分店頭待ちくらいかな) こことか、藤沢市内にある某店舗とかわざわざ何時間も前に行って記名してとかしたくない。藤沢市内の某店は移転前(取り壊しによるものだから仕方ないが)は曜日や時間帯をちょっとずらせば気軽に食べれたのにと思ってしまう。


45

職場が繁華街でランチ平均価格は約1000円です。ラーメン屋も、チェーン店600円から素材拘り店1600円まで幅広く店がありますがどこもそれなりに並んでます。客層は各店ちがってて高額なラーメン店は観光客風、チェーン店には日常使いのサラリーマン風がよく並んでいるし、潰れる店は安価だろうが潰れてますね。結局ニーズにあっていれば店は続くし、数百円の致し方ない値上げがあってもその時点で根強いファンをある程度獲得してれば納得させられる。 初入店のラーメンで2000円は躊躇する人もいると思いますがそういう店はすでにリピーターだけで回っているんだろうから、そこの世界観を理解できない、安いのが全ての正義みたいな人はお断りってことなんだと思いますよ。


46

2000円でも一万円でも店主が自由に決める事なので店主が決めた値段がそのお店の適正価格 ただし2000円のラーメンを食べたいと思う人の数がどの位居て、その人が継続的に食べに来てくれるのか お店が続けられるくらいの数お客さんが来てくれるのかだと思います


47

このお店は神奈川の中でも、観光地として有名な湯河原にあるお店です。 もともとラーメンが1300と高めに設定してありますし、観光客相手ならまあ良いのでは?? 観光客は質の良い美味しいものを求めてる客も多いでしょうし、もともと客単価も高いと思うので これが都内で同じクオリティでオープンしたらどうなるのか??ですよね。。。 ただラーメンの光熱費や食材費を考えると、この値段も仕方ないのかもしれません。。。


48

記事の補足のような形になるが、都内でラーメンランキングに入ってくるような店だと千円超えるのは割と普通。私も、美味しいものを食べにきているので、安く済ませることに重きを置いていない。 一方で、地方、特に田舎の方だと売上が悪いからなのか、ラーメンどころか昼間から店が閉まっているところも少なくなく、ラーメンを1000円以上で出すなんて狂気の沙汰にしかならない。


49

いいんじゃないですか、商売として成り立つなら価格設定を いくらにしようが店側の判断で。高いと思うか、安いと思うかは お客にゆだねればいいんです。自分は行かないですけどね。 こういった店が増えれば、客はフランチャイズ店に 流れるだけじゃないですかねぇ。まぁ頑張ってください。


50

自信があるからの価格設定なんだろうし、2000円でも食べたい人は足を運ぶ。 ラーメンの値段の話になると、やたらと1000円の壁というワードが出てくるが、その固定観念が値段を上げられない最大の理由。 いまだに、庶民の食べ物だからと言って、高い価格設定に物議を醸され続けるラーメン屋さんがかわいそう。 ラーメンは安くなきゃダメだ!という人は日高屋などのチェーン店に行けばいいだけの話。


 


 


51

別に良いんじゃないですかね。互いの価値観からくるのもですから、高値でもこれなりに価値を見出せる・納得できる人が食べれば良いし、価値を見出せない納得できないなら食べなきゃ良い。ラーメンに限らず例えばケーキだってそうじゃないですか?あんなに小さいワンカットのケーキが1,000円くらいするとこだってありますよ。それでも食べたい食べてみたい人は買う。嫌なら買わないで他の選択肢を探す。購入者の変化で経営が成り立たなきゃまた模索するだろうし。


52

常識的な価格ってのは一般庶民に向けた価格設定であり、庶民向けでないお金持ちを相手に商売をするなら1杯2000円でも良いと思う。 2000円で買って食べてくれる人がいるなら、それで商売は成立してる。 何でもかんでも安いが好きな日本人の同調圧力に負けて、安い価格設定をして商売がジリ貧になるよりは良いのでは? 値上げと同時に従業員への賃金に反映されているのであればさらに良いと思う。


53

最初に言っていた「いくらで高いと思うか?」は、いわゆる需要であり、需要がなければ供給もない。又、場所的に考えても、東京のど真ん中ならまだしも、地方で販売する事は値段的に不利な状況。販売するのは勝手で当初話題や珍しさで売れるが、一巡して売れなくなればやめてしまうと思う。


54

高い店にはそれを求める客が安い店にはそれを求める客が行けば良いだけの話で、適正価格などは無い。 高くても美味ければリピーターになるだろうし、合わなければ2度と行かない。 安くても美味しい所も有るし、安いだけでとても食べられ無い所も有る。 どちらにしろ続いている店こそが適正価格の店。


55

この「物議」って具体的にどんな物議なんでしょう? ラーメンの個人店であろうがチェーン店であろうが、そのお店の経営として成り立つのなら、ラーメンの単価なんていくらでもかまわない。 ただし、その値段にどれだけのお客が納得するか、というだけでしょう。 わたしは1000円のラーメンには手が出せない価値観の持ち主ですが、400円のチューハイは平気で注文しちゃう価値観です。 お寿司も同様で、開店するなら2貫で100円ですが、銀座なら1貫で1500円かもしれません。 それぞれの寿司やラーメン、ステーキなどなどに、それぞれの人間の価値観が入り交じるのですから、”物議”ということが起きることはあるのでしょうか? 単に、他店より高級な価格設定の店が出現した、というニュースなのであって、それ以外のなにものでもないでしょう。


56

ネットショップ、多業態内での提供、など勘案するに、味は二の次だね。自分以外でも、誰でも作れるラーメンと公言しているようなものだから。 そのような「誰でもオペレーション可能」な提供システムを使うなら、サイゼリアのように廉価な方向で大衆の支持を得るのが普通だと思うけど、その逆を狙う所が商売上手。 通販のスープも化学調味料がギトギトでなんの矜持も感じないけど、それでも買う人を見つけられるんだね。不動産とかの「オオバカ理論」(買う人がいるなら値段を釣り上げて良い)を実践している。素晴らしい方針だと思います。 … 自分は食べないけど


57

他の食事からしたらかなりリーズナブルで満腹度も高いですが、2000円はやりすぎだと思います 食事が提供されてから30分、40分かけて食べるものでもないですし、ラーメン屋に行く人にしてみてもお店の滞在時間は短く、回転も早くってのが前提にあります 「こんなに...」と思うような行列のできる人気店でもら並んでみると20分、30分で案内されることも多いです 原価もほとんどかかっていないことも周知の事実である以上、安易な値上げは逆効果に思えます。 安くてうまいラーメンはいくらでもあるからです。


58

値段をつける権利は店側にある。 高いか安いか判断しその店に行くか行かないかの決定権は客側にある。 それ以上でもそれ以下でもない。 利益×人数の最大化を店側が考えるのは当然。


59

最近のラーメン屋出来ると興味あり、入店すると…リーズナブルの値段で食べれる店が減って来たと実感します。 もちろん…値段の付加をつけるのはお店側で良いと思ってます。 でも…見合った味と比例しないお店屋さんも多々あると思ってます。 やはり…数年後には潰れてるのが目立ちます。 北海道で某有名店が25年前に出店されて、いつ行っても行列で食べるまでが大変でした。久しぶりに入店したら…昔の行列が嘘の様に減ってたのに驚きました。 土日祝日は相変わらず行列みたいだが…平日はこんなモンだょと常連さんに教えて貰いました。 やはり値段もソコソコ値上がりしてて…選ぶのに迷いました。 いくら美味しいと思っても…お昼代に1000円以上のラーメンには少し抵抗感ある一人です。


60

私はラーメンほど、当たり外れの多い飲食店はないと思う。 ラーメンは同じ値段でも外れのお店は本当に美味しくないし、美味しいお店は本当に美味しい。 地元なら自分が1番美味しいと思うお店に行くのがいいし、旅先の場合はネットの評価よりも地元民が溢れているお店に行くのが間違いないと思ってる。 美味しいならば高くても行くけど、高すぎると行ってみようという気が起きない(それならば、地元の美味しいお店にいく)。 高くて外れのお店に行くほどがっかりすることはない。(途中で出ていきなくなる。)


 


 


61

それなりに高価な食材を使用しての価格なのか、その上で食材に見合う味なのかで納得感は違ってくるのでは?いくら手間暇かけても美味しく無ければダメだろうし店のプライド、ブランドだけでの高価格なら話にならない。


62

ラーメンは未だに大衆食で店主が研鑽されていますから、それぞれの味や価格の意見は出るよな ただ自分の口にあったラーメン屋を探すのは大変だね 自分はこういった価格帯の店は後回しにして飛びつかないタイプだからな 700円程度のラーメン屋を調べて探し利用するかな


63

ラーメン業界はB級扱いだったためか全体が低価格で当然という認識があったのではないか。 寿司や蕎麦などのように高級路線、安価路線があっていいし、その方がより業界が活気付くのではと期待。


64

ラーヲタです。 この記事を読んで感じたのはラーメンの価格に家賃(立地)が含まれているという解釈になるが、実際マニアが重要視しているのは基本的には味>量(コスパ)>価格の安さ(コスパ)の順です。 重要視してる味に関しては旨ければ僻地であろうがどこへでも行くしそれに対しての対価を支払う事も厭わない。安くて美味ければ当然通うし人気店になる。 原価率が高くてしっかり作っていれば味はそれなりのモノができるが高いから旨いとかそんな安直なものではない。2000円のつけ麺が2000円以上の味ならばリピートするし、高くてマズければそういう風評がたつという単純な話。


65

価格設定は各店の自由でいいでしょう。 社会主義国じゃあるまいし。 消費者が納得するかどうかなんだから 店の価格設定自体にけちつけられる筋合いはないよね。 納得できないなら行かなければいいだけの話なんだからね 個人的にはそんなにラーメン好きじゃないから食べに行かないとは思うけど


66

値段は店が考えて出すのだから何円でも良いのでは? また2000円も出す価値があると食べる人もある程度いるでしょう。 問題は値段より店を存続出来る来店者数が継続出来るかどうか... 座席数、客単価、回転率、イニシャル・ランニングコストからの損益分岐点を切らなければ良いのですから。


67

別にいい生活をさせてもらいたいと思います。 ・・・と言って高いお金をせしめるのは何も悪いことでは無いですよ。 コストが上がって・・・とか聞き苦しい正当化をされるのが鬱陶しいだけで。 ここは確か、前述するような取り組みで値上げしましたよね? だから、それで成り立つんだから、良いじゃん。 もっと値段上げても良いかもよ? 参政党に言わせれば小麦で癌になると言っているわけで、それが本当ならいずれ利用客も減って利益が出る期間も短命になるかもしれない。だから、儲けられる時にしこたま小麦を使って儲けたら良い。


68

別に良いと思います。 それに見合った材料を使っているのでしょうし。 お客さんもそれでも良いから行ってるんですよね? このご時世どの業界も安売りか高価格かの二極化が進んでいる訳ですし、経営を安定させるという意味でも高価格で客足が離れないのであれば正解だと思います。


69

外食は全然値上げしていいと思う。 『お腹が空いたから安いものを仕方なく食べる』というよりも『食べたいものに見合ったお金を出して食べる』という方向にシフトしていったほうが、会社としてもいいし、無理に値下げをしなくて済む。結果的に働いてる人に還元されたら最高のサイクルになると思う。


70

消費側が感じる適正価格は美味さと値段。売り手はどれだけ手間と原価がかかっているかってことですよね。で、利益をいくら出すか。 例えば原価が100円で売価1000円なら、利益は9割も出ますが、それがどれくらいの人に納得してもらえるかでしょう。でも売れなきゃ客も減って利益も出ない訳で、値段は下げるしかない。おのずと原価と利益の1番良いバランスが適正価格なんだと思います。 売り手が美味しいから2000円でも適正価格と言い張っても、それで一部の客しか来なかったら、それは失敗価格だと思います。


 


 


71

物の値段は「材料費+人件費+光熱費+場所代+利益」が基本。でも、これに「価値観」ってのが加わるわけで、この「価値観」ってのは、まさに人それぞれでだし、その人の収入によっても変わってくる。 趣味の世界なんかはその典型例だし、さらに悪い例で云うならば、怪しげな宗教団体が販売している壺だの印鑑だのも、「霊感商法の被害にあった!」なんて憤慨している人もいるけれど、少なくとも購入した時には、その壺や印鑑に価値観を覚えていたわけで、100%被害者とは言い切れない部分もある。 で、2000円ラーメンだけど、これに価値観を覚える人がいるならば、原価がいくらだろうが、それはそれで適正価格だと思うし、周囲が「高すぎる!」と批判すべきことでもないかなと。


72

飯田商店が2000円で成り立つのは観光ラーメンだからでしょう。せっかく来たので、高くても話題のラーメンを食べてみよう。だけど一度食べたら二度は食べなくてよいと言う人も多いのでは。 ランチ、ディナーと言う観点でラーメンに1000円を払うかと言えば、私は払いません。それは夕方までお腹が持たないから。勿論食事としてのボリュームがあれば食べますが、残念ながらそのようなお店は少ないんですよ。


73

飯田商店の看板があるから、その金額でも行列をなす。 全く同じ商品を名もないラーメン屋が出したとしたら、やはり1000円の壁は、そう簡単には超えられないと思う。 ただ、今の原料価格を考えたら、1000円を切るラーメンって、本当に企業努力だと思う。


74

2000円という価格設定はある程度のブランドがあってこそ成り立つのだと思う 例えば、開店直後の店が2000円でラーメンを出しても売れるわけが無い 高価格は「商品力」「ブランド」の双方があって成り立つものだろう 高価格帯で経営を維持することが最も難しいと思う


75

700円のラーメンで1人あたりの利益率を500円とした場合、1万円/日の利益を出すには20人/日の客が必要。10万円のラーメンで1人あたりの利益率を5万円とした場合、1万円/日の利益を出すには5日に1人客が入れば十分。高い商品はおのずと客が絞られてくるけれど、低回転率でも元が取れる価格設定にしておけば例えラーメン店であろうと高級志向は成立する。1000人のうち990人が高いと文句を言ってきても、残りの10人が金を払ってくれればビジネスとして成功するわけで、金を払わない人間(つまり客じゃない)を切り捨てるというのも戦略の一つ。リピーターが付かないとラーメン店(大衆店)は成功しないと良く言われるけれど、大衆店としての成功を捨てる代わりにリピーター確保にコストを支払わないというのもまた営業戦略。ラーメンには大衆食というイメージがあるけれど、全てのラーメン店が大衆向け商売をする義務は無いのだから。


76

いやあ別に物議を醸しだすとかそう言う事も無いんじゃないのかな。 プライシングの専門家の人は、コストとか商品価値とか考えて値段を考えるんだと思うけど、どんなもんでも金払っても食べたいって人は居るし、3000円でも安いと思う人も居れば1000円がせいぜいって人も居るでしょ。 自分は多少は料理の心得が有るし、こと「味」に関しては自分にとって一番旨いのは自分の味付けだと思ってる。常に100%の味付けが出来る訳では無いけどね。 あんまりそこら辺で騒がずに、旨かったって人を取り上げれば良いんじゃないの。


77

そもそも一杯2000円出しても食べたい!と言うラーメン屋さんは少ないかなと思いますね。ラーメンとはそういうものですしね。 当時800円で食べていた担々麺もこれなら2,000円でも食べたいと今でも思います。 初見で食べたことないラーメンに2,000円は個人的には無理で花月で食べた飯田商店のだと絶対出さないかな。個人的な意見でした。


78

まぁ、提供する人の考え方の問題でしょうね。。水道哲学に基づいていいものを安く提供しようという考え方にも良い面もあり、高いのであればそれをいかに安くして提供しようか考える人もいる訳で、その辺は提供する側の問題でしょうか。また消費者も高くても食べたい人は支持するでしょうし、普段の食事ということから考えたら後者のお店を支持するでしょうし。


79

まずは、食べてみないとわからないのだから、食べなくても、この店なら信頼できるという確証がないと値段が安かろう高かろうが意味ないでしょう。わたしはそんな高いのは注文しないし、なにより、並んでまではいかない。


80

ゴールデンウィークにハワイに行きましたが焼きそばとラーメンを食べて約5000円で驚きました。 アメリカはここ数年で平均年収が倍になっているから良いですが日本は年収は下がっているのに物価は上がる。 高くても食べたいのであれば2000円でも安いと言うかもしれません。 物価が上がり企業の売り上げが下がればまた減税や免税で超優遇し税収が下がったと言って消費税等を増税する。 日本はおかしいですよ。


 


 


81

ターゲットマーケティング戦略は今や常識。男女年齢層地域場所柄時間帯地場産業が一番考えやすいのではないでしょうか? 究極的にいえばリピート率とターゲット数が戦略的にあえば出店可能だし、そうでなければ難しい。品物は品質納期値段が原則、そこにストーリーを足すことによってターゲットとなる客層に選んでもらう


82

モノの価値とは提供される品やサービスの高さに対して判断されるべきだと思う。 店に入り、冷凍ものやインスタントな品質なら『高い!』と感じるが、料理に真摯に向き合ってるシェフや作り手は何となく分かるもの。 今回ラーメン屋の1,600円はなかなか強気と思うが、光熱費、食材費、人件費の高騰でラーメだけいつまでも1,000円以下を求めるのもおかしい話。 高いかどうか食べて評価するべきだと思う。


83

ラーメンにそこまでかけて食べるものではない。ラーメンはそこまでかけて作るものではない。 私はそういう主義なので、手頃で美味しいラーメンを出してくださる近くの店に行きます。私にとっては交通費も飲食代です。 お金を出したい人や食べたい人の否定ではなく、それぞれの主義でいいと思う。


84

ラーメンは近所の人が気軽に食べる食事としてのラーメンと、電車代を出しても食べに行くような行列覚悟のラーメンとの二極化がすすんでいて、前者だったら1000円超えは負担だけども、後者は電車代や行列のことを考えたら1000円超えてもいろいろ考慮すると重い負担とは言えない気が。 場所柄近所の人が気軽にくるところでもなさそうだし、ネットで見る限り2000円とるだけの味はあるみたいだから、ラーメンオタ向けには正解と言う気がするけど、そもそも観光地の蕎麦だって山菜ちょこっと乗せただけで1000円オーバーとかするじゃん、それに比べたら真摯な態度だと思うよ


85

付加価値がなければ、一杯2000円のつけ麺で集客は難しいと思います。飯田商店さんの場合、「観光ついでの特別な経験」が付加価値になるのでしょうか。 私は、ビブグルマンラーメン店に行きます。美味しいのはもちろんですが、話題にもなりますので。


86

価格が高いと言うことは我々消費者が試されていると思います。700円で売っても十分利益があるものを1万円で売るのは詐欺だと思いますし食べる側の価値観が試されていると思います。企業努力で頑張っているお店に足を運びたいです。


87

別に食ってみてこれは旨いとリピートするほどの価値があるのならそれでいいいだろうし、原価からしてそれでも安いと言うのも勝手だろう。多分インフレが進んでいる国の方は普通だなと思うと思う。ただラーメンって 旨くて普通で、ステータスは特に無い。高いなら当然旨くなくては いけない。どちらかというと安いのに旨い方を求めるものじゃないかと思う。物珍しさが一回りした後、また来てくれるかな?その店に。


88

客単価をあげて、 回転数が少なくても売上を維持するか。 客単価をさげて、 回転数を頑張りながら売上を維持するか。 っていう違いだと思う。 2000円は有名店だからできるんじゃないかな。 そうじゃないと、さすがに人入らないと思う。


89

店主の考え方、客の考え方次第。 この価格でもリピートしたいと多くの客が思うのか、興味本位もありの 多くの客層が来店するのか。 飯田商店ならリピート客はあるのだろう、少し客数が減るかも知れないが それはそれで、客として並ぶ時間が少なくて済むとかメリットはあるのかも。


90

店側からしたら売れるのなら値付けをいくらにしようと何も問題ないでしょ。売れるなら。 だけどお客さんのラーメンの位置付けで捉え方は変わるよね。毎日のように昼ごはんとして食べる人にとっては1000円は壁でしょうし、行列店に遠方から食べに来て並ぶ人には2000円なんの問題もない。 俺はラーメンは好きだけど、この暑い中並んでまで食べたいものじゃないし、そのためにわざわざ遠方まで行かないので1000円以内で自分が美味しいと思える近くのお店に行きますけどね。


 


 


91

昔は理解できなかったけど中年オヤジと化した今なら分かる。痩せ難くなってカロリー摂取というイベントが年を経る毎にビッグイベントになっていくんだよな。 安くても美味い店だってあるが大抵はお値段相応だ。500円のラーメンで1日の過半数のカロリーを摂りたくはない。どうせならより美味いものが食べたい。 コロナ以降、パワーランチが消滅した事で食いたくもない店に入らなくて良くなったもんだから一食にかけれる予算にも余裕が出てきた。 週1のイベントなら多少割高でも罪悪感も湧かない。 後地味な話、行列に並びたくないって需要にも敵う。


92

時代は変わります。 物価も上昇しています。 物価が変わらず賃金は反対に下がっているのは日本くらいなものです。 いくらの値付けをするかは個々の店の問題であり責任です。 それで商売が成り立てば良いだけです。 定期的にこの趣旨のこの店を取り上げる記事が上がりますが、この湯河原の店にとっては良い宣伝になっていることでしょう。


93

物価が上がらないと企業が得られる利益も上がらない。 利益が上がらないと従業員に支払う給料も上がらない。 給料が上がらないから消費者は安価なものを求める。 安価でないと売れないから企業は値上げできない。 だから物価が上がらない…。 負のスパイラル… と思っていたら、こうして高価なものでも見合った価値があれば売れることが判明。 かつて日本人が大挙して海外に行き、モノが安いと高級品を買い漁っていた。今は海外から人が来て「物価が安い」とモノだけでなく土地まで買われている。 そろそろ日本人は「安さだけ」を求めるのではなく、価値に見合った適正な金額を求めるようにならないと、本当にこの国は沈むよ。


94

結局適性価格なんてないと言う事だけど、適性かどうかはそれぞれが決めればいいだろうけど、許容価格はあるだろうなぁ。 ラーメン1杯2000円で出すのもいいし、食べたい人が食べればいいと思うけど、ラーメンの地位を上げたいとか訳わからない事はやめて欲しい。凝りに凝ったラーメンは高級小麦麺みたいな別の名前でやってもらって、シンプルだけどやすくてうまいラーメン屋は残って欲しい。


95

自分が納得するなら値段は関係ないです。 自分としてはあまり味にこだわりがないので1600円、2000円のラーメンを食べる為に湯河原まで行こうとは思いませんが、それは人それぞれなので、そこに価値を見出す方ならばそれだけのお金を払っても食べたいと思うでしょう。 私などは味にこだわりがない分、手軽さに食べられる事に重点を置いている為デリバリーで注文して自宅に届けてもらえる事にはけっこうなお金を払っても注文します。 この様に価値観は人それぞれなのだからラーメンの値段が1600円、つけ麺が2000円だとしても批判する事ではないと思います。 それだけの値段をつけてもお客さんがくるのならそれで良いでしょう。


96

適正価格と言うのは仕入れ原価に対して何割の粗利を付けるか?と言う場合には使ってもいいが、料理を提供する店で使うのは適正ではない。それこそ諸条件によって全く違うし、適正と言うのは店が決めた価格が適正だからだ。客はそれを見て嫌なら食べないだけ。


97

適正価格の決定権はユーザー側にある。 高価格滞になれば分母が小さくなるだけのこと。10000円のラーメンでも食べてくれる顧客がいて、商売として成立するなら「適正価格」でしょ。 ラーメンを食べたい人には1600円は高いのかもしれないが、1600円でどんなものが食べられるのか?の人には価値を感じてもらえれば、問題ない。 ちなみに、外食で原価を気にして食事をしている人は、少ないと思う。原価が気になるのは、いわゆる「高額(not高級)食材」を、廉価で食べられる機会に遭遇した時くらいだと思う。


98

飯田商店だから出来ること。 本当に美味しいので、箱根の近くまで行く価値はある。 店主も一見怖そうな雰囲気だが、接客はとても丁寧な印象です。初めてのお客と分かると相手にもよるのでしょうが、わざわざ食べ方を説明して下さります。 あとは駐車場環境さえなんとかしてくれれば。


99

飯田商店の商品の良さをもっと書いてほしかった。 あと湯河原も青森も同じ観光地だと思うのですが、なぜ青森はダメなのかその整合性もイマイチわかりづらかったです。 青森でも品質が良くて高い海鮮丼などは売れていますし良い店はクチコミで広まるので、別に地方だからダメということはないと思います。


100

飯田商店はもはやラーメンてジャンルには収まってないのかなと それが良いか悪いかは分からないが 自分は数回行った事有るけど 多分もう行かないかな ここ数年意識高すぎる感じがして入りにくい ただあくまで個人の感想だし好きな人はどんどん行ったらいいと思う