健康保険組合の半数が赤字 保険料増の恐れも 2021年度決算

 

 大企業の会社員らが加入する健康保険組合の半数超が2021年度の決算で赤字となった。赤字組合の割合は前年度から大幅に増加。医療費の伸びや高齢者医療への拠出金が財政を悪化させた。組合によっては今後、保険料率の引き上げを迫られる可能性がある。


ニュース速報

 

イイネ