EVへの課税、走行距離に応じた仕組みも…政府税調が本格普及を見据え検討

 

 政府税制調査会(首相の諮問機関)は26日、総会を開き、自動車に関する税制などを議論した。電気自動車(EV)の本格的な普及を見据え、走行距離に応じて課税する仕組みを含め、新たな課税方法を検討すべきだとの意見が相次いだ。


ニュース速報

 

イイネ