最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

JR東日本のローカル線66区間で赤字 路線あり方、自治体と協議へ

 

 JR東日本は28日、利用者の少ないローカル線を対象に、区間ごとの収支を初めて公表した。収支が公表されたのは35路線66区間で、全区間が赤字だった。


ニュース速報

 

 イイネ

1

国もそうだけど 国民もなんだかんだで少子高齢化をなめていたし、人口減少社会ということの現実を突きつけられなきゃわからないと思う。ユニバーサルサービスも限界があって、みんなでシェアしていたものができなくなるということもある。 100円のサービスの後ろに2万円近いコストがあるならば、それを民間でどうにかしろといえないし、第三セクターで地方自治体がカバーできるとは思えない。 日本の人口は戦後に膨らみ、今縮小している。維持には限界があるし、限界集落で産業などなければ、廃村でいいと思う。


2

鉄道輸送の長所を活かせない水準の利用者数だということだ。 しかし、だからといって即廃止すればいいというものじゃない。 利用活性化に向け自治体としてやれることをやってくれということなんだろう。 これまで行政は、道路には税金を注ぎ込み積極的に整備してきたが、鉄道、特にJR路線は事業者に任せきりだった。 しかし、社会のインフラとして鉄道を維持するのを一事業者に抱え込ませるのに限界が来ているのだろう。 今はJRと自治体との間での協議だが、もっと国が介入して社会全体で議論すべき内容だと思う。


3

完全民営化されたJRに赤字ローカル線を負担させることは、株主の理解を得られるはずがない。 赤字路線すべてを残せとは言わないが、国土のインフラ上必要と考えられる路線については、国が責任をもって維持する必要があるのではないだろうか? 今更、JR全路線を上下分離させることはできないだろうが、そもそもの分割方法が間違えだったと思う。


4

バスと比べ電車の利点は、時間の正確性、大量輸送である。 その輸送が、個人所有の車、人口減で需要が減ってきた。 ただ、一度廃線にすると復活は難しいし、災害時の移動手段としての活用も出来なくなる。 バスに振り替えると、移動時間が増える、時間の正確性が低下する、渋滞、道路事故に巻き込まれるなど不安定さはある。 しかし問題は、線路と車両の維持費であり、先延ばしも期限がある。 折衷案として、バスの欠点である時間の不確実性と路線のコストダウンを軽減し、さらに災害時の高速移動の活用と考えると、駅舎はそのまま、線路をアスファルト舗装してバス車両の専用路線の運用はどうかなと思う。 弱者の切り捨てとか、駅前や地方の切り捨ても当面防ぐ事ができるのでは。


5

JR東日本も西日本も赤字路線のアピールをし始めた。鉄道会社的にはコロナ禍の利益押し下げもありお荷物路線を片付けるにはチャンス。実際には主務省にも根回し済みで一部の廃線はすでに既定路線なんだろう。ただ、一度廃線にしたらその地域に二度と鉄道が走ることはない。国鉄分割民営化の総括もせず、北海道や四国とは違って体力のある西日本と東日本がこういう流れならいずれは大都市圏以外の鉄道はなくなる。


6

JR東日本に限らず、すべてのJRでローカル線は赤字。 それも一時的な赤字でなく、車両や施設維持、人件費を考慮すれば黒字化へ転換は到底ムリ。 現代は高度成長時代に線路を張り巡らせれば利益が上がった時代とは異なる。自治体は近距離の鉄道の役目が終わったことを自覚して、JRに対して廃線を自ら提案し、隣接する複数の自治体とJRで協議して廃線後のバスなどの交通手段による第三セクターを設立すべきだ。 ローカル線の終活は先延ばしにするべきではない。


7

ん-。 このところ、超絶田舎でも、ものすごい立派な道路ができていて、自動車での移動は向上している一方で、鉄道事業者ってのは、ほとんどの場合が企業努力で継続をする、みたいなことになっているってのは、なんとなく微妙な感じだったりも。 道路については財源が確保されていて、なおかつ国なりが管理をしている。 地方路線も自治体が資金を提供しているところはあるが、それも各自治体が負担になる、とすればそれこそバスに転換してコストダウンをしたいだろうね。 でもそうやって自動車の需要が増えていく一方で、運転手が足りないとか、そんなことを言っている。 鉄道ってのはうまくすれば、人件費を大きく削減できたりするはずだし、鉄道貨物輸送ってのは、うまく機能させれば環境にも優しい手段だと思うんですけれどね。 でもそのあたりは企業努力、という話に行ってしまうのがいいことなのかどうか…。 難しいところですかねぇ


8

道路は国に特会があるのに、企業だからと言って鉄道やバスに対して余りに後手を踏み過ぎたのではないか。 道路と同じように鉄道やバスは必要なもの。それを企業努力に丸投げしてすむ時代はもう終わり。コロナは時代を先取りしたに過ぎない。 これからは地方自治体のみならず、国としてしっかりと補助を出さないと、取り返しのつかないことになるのではないか。 そもそも特別会計自体、一般会計よりも予算が多いにもかかわらずに十分な開示をされてきていない。そろそろ既得権益を崩さないと、いけない時期が来ているのではないか。


9

首都圏の稼ぎも全て吹っ飛ぶくらい地方路線の維持が重荷になっているのでしょう。 早いうちに廃線やバス転換しないと、JRの財政はさらに悪化するでしょうが、先日行われた協議会がどう影響するか。 地方の足を維持するためには、鉄道に拘らずバス転換もと考えたいところですが、そのバスも人員不足で既存路線の維持がままならない状況。 解決策はあるのでしょうか。


10

そもそも国鉄時代に請願されたり 我田引鉄で路線を増やしたものが 役目を終えたものだと思う。 高速道路だって無償化にはならず。 なんでだろう。無償化になるって 本当に思ったのかな。 維持費を想定していないなんて 有り得ないと思うのたけど。 鉄道だって保線費大変だよ。


 


 

TESTING130


11

ローカル線が危機的な状況というよりローカル線の役割は終焉を迎える時期になったということ。赤字続きの路線は負のレガシーになるのは明らかだからこそJRは路線収支を公表したわけで。 とりあえず手始めは陸羽西線だと思う。 並行するバイパスが開通すれば存廃議論が湧き上がってそのまま…という流れ。 わざわざその工事のために運休してるんだし代行バスもあるから地元もバスで十分、となりそう。それにJR東日本はBRTの実績もあるし、路線によってはBRTを積極的に展開する算段なのかもしれない。


12

旧国鉄の時は、国鉄再建法で輸送密度4000(2000)未満は問答無用で廃止だった。 今回JR東が上げた路線、全て輸送密度2000以下。すぐにでも廃止手続き介してよいレベル。 国営の国鉄でも廃線にしていたレベルの路線を、民間企業のJR東日本に維持しろと強要すること自体がおかしな話です。 これら赤字路線の赤字は、首都圏の通勤路線や新幹線の収益で穴埋めされているのが現状。 逆に言えば、これらローカル線の赤字補填がなくなれば、新幹線や首都圏の通勤路線は運賃値下げとか、混雑緩和の投資ができるはずです。 そもそも乗車率150%の満員電車で詰め込み輸送されている乗客の運賃を、空気輸送の赤字ローカル線の補填に使うこと自体がおかしい。 どうぜ地元民も普段は車ばかり使って鉄道見向きもしない人ばかりなのだから、早急に廃線にしていただきたいですね。


13

地方の都市間・都市内輸送の問題で、主に交通弱者の足をどうするかという視点になりがちだけど、地方の衰退によってますます食料自給の道が閉ざされていくようで不安になる。仮に企業が農業に参入したとしても、社員の生活や輸送インフラがそこに維持されていないと人は集まらない。地方の衰退は農家の自滅の面もあるけれど、やはり農政の失敗放置が原因だと思う。鉄道だけではなく、日本がどういう国を目指していくのか、そういう指針は存在しているのだろうか。皆で寄り集まって効率的な都市生活を送ろう、で食っていけるならばそれに越したことはないけれど。


14

本来こういった話は、国鉄民営化の時点できっちりしとかなきゃいけなかった話なんじゃないのかな? あの当時は空前の好景気でお金は回ったし、その後もちょこちょこの手直しというか、何となくできちゃったことが、ここへ来てどうにもならなくなりつつある気がする もう一回国鉄に戻せ、はダメだけど(いろんな意味でね)、ちゃんと時代に合ったやり方、法律に変えていかないと、ホントに鉄道ってオワコンになっちゃうんじゃないのかな


15

多くがローカル線となるJRは、新幹線を除いた鉄道だけで見た場合、本州三社でもほとんど利益を出していないか赤字になっています。 高齢化や過疎化などで地方の沿線自治体での利用者が減少していることが一つの要因ですが、地方になるほど車社会で免許のない高校生が通学の足にしている地域もあるため簡単に休止できない現実もあるため、JR側は自治体と協力して打開策を図るためのきっかけにしたいのではないでしょうか。 先日の近鉄の運賃値上げに対する奈良県知事の反応がわかりやすいと思いますが、「鉄道があれば放っておいても人が来る」時代は昔の話となり、東京でいえばJR東海が京都、JR西日本が奈良をアピールするCMを放送して観光客を呼び込んでいるように、遠方からの観光客を誘致したり、若い世代の定住者を増やす試みも必要なのではないでしょうか?


16

経営で考えたら全ローカル線は配線か自治体へ売り切りした方が早い。 黒字路線と新幹線だけをJR東日本が管轄したら良いのではないでしょうか? 山田線なんかを取っても既に路線バスの方が利用価値があったりしますし、 他の所もそうですけど地方の主要移動方法は車ですし、 時刻表を見ても1本遅れたら数時間後とかでは利用しにくいですね。 まぁ自治体や地元民の方は残したいと思うかもしれませんが、 経営としてはドライに扱って良いと思います。


17

改めて見てみると平均通過人員の減少率が8割9割という路線がごろごろある。 人口減と自家用車が増えた影響だけではないようですね。 以前は、寝台列車・特急や快速など都会や地域間を結ぶ列車が多数通っていた路線が、新幹線や飛行機、高速バスに敗れ、単なる地域内交通としてしか活用できていない影響も大きそうです。これでは苦しいのは当然かもしれませんね。ネットワークとしての活用方法がないものかな。


18

確かに50年以上昔の道路事情は酷く、地方の農村山間部などはほとんどが砂利道で、バスの乗り心地は最悪だった。 それに比べ、鉄道は体が左右に大きく揺られるようなこともなく今とそう変わらない快適に移動できる手段だった。 また、そのような道路事情もあり、物資の輸送もほとんどが鉄道であり、乗客の利用が少なくとも維持する意味があった。 しかし、現在はどうだろう。  道路は舗装され峠道もトンネルで貫きクネクネ道も少なくなった。 車も冷房完備で快適。 貨物輸送もすっかりトラック輸送に変わり鉄道を維持し続ける意味が失われてる。 鉄道存続に過疎化という別の問題も抱えてるのは事実だが、それにしても鉄道を維持していく必要があるのだろうか?  バス輸送などほかの方法も検討し廃止の方向に向かう事は仕方ないと思う。


19

日本国内では鉄道を含む公共交通機関に対するユニバーサルサービス事業としての制度の縛りは無い筈ですが、ローカル線沿線地域からの理不尽な要求(気持ちはわかりますが筋が通っていません)が強いのが現状ですね。 旅客減少の責任は、公共交通機関側ではなくてその当該地域(自治体)にあるのですから、存続に要するコストは基本的に自己負担してもらいたいです。 ユニバーサルサービス事業の縛りがある郵便、電話、電力の各事業に関しても同様だと思います。 番外地でなければ山の中の集落の最後の一軒家でも電線を維持しなくてはならなかったりしますね。 とっても冷たいのかもしれませんが。 ランニングのトレーニングで久留里線が走る地域の丘陵にも行きますが、地域の皆さんもクルマしか乗らないですね。


20

日本の社会的崩壊が更に加速します 国民全体の財産「国有鉄道公社」では、地方の赤字路線を都市線の収益で補填して、国全体を守っていました その国民財産を民間に払い下げたのが中曽根氏 株に飛びついた人も多かったと思いますが、元々国のものなんでした 「組合はストばかり」と国民に悪いイメージを刷り込み、解体への気運を煽りました 以後、カンポ保有金目当ての米国等の保険会社介入のために、郵政も民営化してきました 米国資本家の立場で考えれば、思い通りに日本政府は動いてくれてます 冷静に振り返ると、豊かだった日本は中曽根政権から国力衰退が始まって、韓国からさえ抜かれる惨状になりました


 


 


21

当然、地方は赤字になるだろう。しかたがないことだ。車があるから鉄道は使わない。バスも減便か廃止、だから車を持つ。この繰り返しになってしまう。だが、車のない人、免許返上した人、運転できない人などは困る。国鉄なら国で面倒を見れるが、民営だと減便か廃止だ。民営化は地方、田舎の切り捨てだ。郵政民営化もそうだ。地方のことを考えようとはしない、心ない奴が、議員や大臣になるからだ。そろそろ国営の良さを再認識してもいいと思う。他国に多額の資金援助したり、コロナなどであれだけの金を使うなら、地方の鉄道を運営するのは難しいことではないと感じる。


22

企業が都市部に集中し過ぎなのよね。 田舎は仕事が少ないから都市部に出て人口が減少する。 電車に限らず利用者が減って益々廃れていく負のスパイラル。 もっと地方に企業誘致して地方に会社や仕事の幅が増えれば ローカル線の利用者増えて逆に都市部の通勤ラッシュが多少なりと 緩和されて良さそうな気もするけどなかなかそうもいかないと。


23

結局、乗る人が居ないから廃れる。学生の足は別として地方の人は電車乗らないし、仮に都心から地方に行っても結局新幹線&レンタカーになる。 那須塩原へ行って在来線に乗り換えて黒磯行くより、那須塩原からレンタカーで黒磯へ行く方が早いし自由度が高い。結局そう云う事だと思う。


24

ローカル線は、一定水準以上の赤字になったらJRが経営を放棄してよいことにすればよい 地方自治体は敗線には反対するくせに、協議にも応じようとしない そして地元民は鉄道は必要と言いながら、実際には自家用車ばかり使って鉄道には乗らない そんなローカル線をほかの地域や別事業の利益で運営するほうがおかしい 地方自治体や地元住民は当事者意識を持って、より地元民が利用しやすいような対策を講じたり、赤字を補填したり、特産物やイベントなどをアピールして観光客を誘致するなど、本気で鉄道を維持するための協力をしないなら、そんな路線は廃止してよい いろいろやっても駄目なら運賃値上げも仕方ないだろう それでも維持したいと、地元が願うなら維持すればよい 今のまま何の協力もせずに、単に廃止を阻止するための邪魔ばかりしているのなら協議などせずにバッサリ切り捨ててよいことにしてしまえばよい


25

2019年度は新型コロナの影響は2、3月しかでておらず、本格化するのは2020年度以降です。 にも関わらず、これだけ赤字路線があるということです。 こういう案件では国が対応を〜という意見を見ますが、国は打ち出の小槌ではなく、面倒をみなければいけないインフラは鉄道だけではありません。 どれも大事ですが、その大事なものの中でさらに優先度をつけざるを得ないときが近づいている、ということです。残念ですが。 こうした縮小がイヤなら、経済成長するしかない、と言葉で言うのは簡単なんですが。。


26

JRというより少子化を進めた国のやり方に問題がある気がする。人が減るとそりゃあ利益減るから赤字は必至。一都三県、名古屋、関西圏以外はかなり厳しいと思う。 民間企業では採算取れないと廃止にするのが普通。維持しろというなら国や自治体が維持費を援助なりするべき。


27

今更ですが国鉄分割民営化の行末が今だとしたら、 残念でなりません。 国が民間企業にしたから 交通手段が変化し高速道路網も発達した。 右肩上がりの経済だったら赤字切り捨ての考えはある意味正解だったかもしれない。 世の中どう変化するかわからないなかで、赤字だから切るという考えは今一度国としての方針が必要。 国としての戦略上必要な路線まで廃線にするとすぐに復旧不可能。 この考えだと北海道内の路線網の目だったのが筋になっている。 何かがあって大量の輸送が必要になったときに後の祭りだ。 なんとかいい知恵がないものか。


28

利用者の極端に少ない路線は、過疎で人口減のうえに、マイカー生活が普通なので、上下分離してもバスに転換しても乗客は増えず、いずれ行き詰まる。 感情論や精神論で猛反発して「JR再統合して国鉄に戻せ」と叫んだところで、その赤字を誰がどこでどのように負担するのかが問題なんです。 山手線など首都圏を大幅値上げして維持するのは誰も支持しないと思う。 それは旧国鉄の親方日の丸体質そのもので並行私鉄に客を取られた失敗を繰り返すだけ。


29

時代の流れで仕方ない面はあるけれど、国が鉄道に全く関与しない日本ってやっぱりヘンな国。 車に比べると、Co2の排出も少ない乗り物だし、ガソリンも電気も高い現状では、節約ができる鉄道をもっと有効利用すべきでしょう。 高齢者の免許返納を進めるためにも、現状の鉄道路線に加えて市内交通を充実させるとか、市役所や病院などを駅ビルに移転させるとか、いろいろなことを考えるべき。


30

赤字では経営していけないので、バス等への転換が必要です。バス等も、需要に合わせて、大型、中型、小型、乗合タクシーになりそう。 今の時代はスマホで、希望乗車位置、希望乗車時間を入力しAIで、運行計画し、合理的に運行出来たらいいですね、


 


 


31

本当に田舎だと、車が乗れないバスも来ないような場所で唯一の公共交通機関となっている。 定期的に廃線の話は浮上するが周辺の自治体の引き止めにあうそうだ。 JRからすれば慈善事業ではないので正直お荷物でしかないでしょう。 ただ廃線となれは周辺不動産価値にも大きく影響がでる。この問題はこれからもっと深刻になるだろうな


32

東京でも、何年も前から表札のない朽ちた空家が目立つようになりました。人口減少と国力の低下で、ご先祖が開墾し耕した大切な土地を守りきれなくなってしまいました。本当に残念でなりません。しかしながら現実は、限界集落を麓の町に集約していくほかないと思います。限られたお金で、この先何十年とインフラを維持し続けることは、どう考えても困難です。縮小していく日本ではありますが、孫・ひ孫の代にふたたび故郷に戻れるよう、辛いですが今は勇気ある撤退を選ぶべきではないでしょうか。


33

ある程度は仕方がないのかな、とも思うのですが 鉄道の意義って、やっぱり広く深いものだと思うんです。 すでに人口減少で利用者数が少なくなった結果の赤字なのでしょうが 整理をすることで、一層の過疎化が進むことは想定できます。 鉄道は、地域の振興・活性化に貢献する、しうるものだと思います。 脱炭素社会を目指す我が国では、電気自動車などのエコカーが優遇されます。 ところが、乗車人員で割れば、どんなエコカーだって鉄道には到底敵いません。 その鉄道が整理され、エコカーが優遇される現状は どうしてもいびつに見えます。 エコカーのために歳出される予算を、 鉄道などの公共交通機関の助成に向ければ、もっとエコになります。 このあたり、政府は脱炭素の本気度を問われていると思います。 自動車だけではない、新幹線だけではない、 誰もが気軽に乗れる鉄道は、我が国の財産だと思います。 大切にしてほしい。


34

これからは民営化ではなく、 官営化。 必要なら各自治体が運営すればいい。 できないなら無くすしかないでしょう。 田舎の多くの地域は車2台持ち。 だから、鉄道のみならずバス、タクシーも 存続の危機に。 こうかくと一部の似非福祉連中が 年寄りはどうする。 学生は、身障は、生保は と、金にならない連中を引き出して 人質にする。 あほらしい。 だから、その辺の情報を持ってる自治体が知恵を絞ればいい。 山の中の一軒屋のじいさん、ばあさんのために何億もかけて電線や舗装道路、鉄道維持する必要があるなら、自治体が包括的に面倒みればいいのでは。 赤字分は料金上乗せ、増税でまかなうわけだし。 はっきり税収に○○地区保全維持管理税と 銘打って他の市民からも徴税すれば 厳しさがわかるだろう。 東日本震災復興の増税には誰も反対してないんだから地元に理解ある市民なら納得するだろうし。


35

まあ、JR東日本でも相当経営が厳しいところは少なくないとは思っていました。 でもこれを見ると、ここはどうしても廃止にせざるを得ないところはあるように思います。 まずは久留里線。久留里以遠が異様に無駄になっている気がします。ここはもう廃線やむなしというところでしょうか。あとは気仙沼線も、今の前谷地~柳津間だけ残っている異様な姿なら、潰して全線BRTに一本化する方がましかもしれませんね… ただJR東日本は、結構繋がっているところが多いので、うまく活性化させようと思えば出来るとは思います。津軽線も中小国以遠はともかく、そこまでは海峡線(貨物線)のメインルートなので潰すわけにもいきませんですし。


36

一番儲かるのは新幹線。コレ以外の通勤路線はほとんど儲からない。5大都市圏内の一部混雑路線位が儲けが出ていると考えた方がいい。通学路線?赤字すぎて話にならない。 JRは新幹線と5大都市圏内の通勤路線以外は全て廃線にした方が最も利益を追求した経営が出来るでしょうね。私企業だもの。 国民は鉄道路線を税金で負担し、鉄道運営をどうにか維持することを考えた方が色々とスマートじゃないかって思う。道路だって維持してるんだから。


37

民間ノウハウを活用すると公共事業所を民営化するのだけれど、結局は少数切り捨ての効率化となる。 ノウハウではなく、公共性より経済合理性に従うたけ。 それでいて監督官庁は接待を受け続ける構図。 NTT、JR、郵政、誰得の民営化だろう? 次は上下水道事業の民営化が待っている。 老朽化も進む設備も多いのに、公共性よりも経済合理性が優先されると、安全性や利便性が犠牲になる地域が出てくるかも知れない。


38

1日数本とか乗客数が1桁とかの超過疎路線は、もう鉄道の役割は終わったと考えてよいだろうけど、ある程度の乗客数はいるけど採算は取れないという路線まで赤字だから廃止ってのは乱暴かと。だって使ってる人がいるんだよ? 上下分離方式で、線路設備は地方自治体、列車運行は鉄道会社、というのはどうだろうか。交通インフラという公共物を維持するのに税金を投入するのは問題なかろう。道路と線路どちらも交通インフラなのに、道路は税金、線路は企業って、どうなのさ? 議員さんは、道路を作れば利権ウハウハだろうけど、鉄道は新幹線レベルじゃないと旨味がないからこういう場合には塩対応なのかなぁ?


39

わたしの実家も豪雪地帯のド田舎で、ディーゼル気動車で通学してましたけど、大人になるとどの家もマイカーが無いと暮らしていけない生活環境なので、ローカル線は学生の間しか利用しないんですよね。観光地としても、みんな車で来た方があちこち好きなところ・気になったところに寄れるので、駅からアクセスするしかない鉄道は敬遠されてると当時から感じられてましたし。


40

日本では厳しい身分制度のため、一般市民が馬に乗るという文化が醸成されませんでした 明治時代を迎え四民平等が実現されると馬車が普及し始めますが、国は馬よりも鉄道網の普及を国策として取り組むようになり、その名残が現在の鉄道網です 大正時代から徐々に自家用車を所有する人が出始め、今では一家に一台は当たり前の時代になり、ローカル鉄道の存在意義が問われる時代に来ています


 


 


41

私の住む地域、少し離れた実家の沿線は電車ではなくディーゼル車で、数時間に1本しか走らないし、時間帯によっては一両編成。古い山手線なんかの車両を改造して再利用なので、子どものころは都内の駅名が書かれた跡を探すのが楽しみだった。 赤字なのはわかるが、県内の鉄道がゼロになるのは嫌だ。なので人以外のものも乗せるようにしてはどうか。宅配便が普及する前の貨物列車のように、正確性を利用して荷物を積みこんでほしい。駅での授受にはなるけど、そしたら宅配便よりはるかに早く、短時間で荷物をやり取りできるのでは。 JR西日本、お願いします!


42

JR東なんて恵まれてるじゃん。首都圏や新幹線のドル箱路線持ってるんだし。 JR北海道、四国、九州あたりはどこで赤字を補填するのさ。 また、道路があるから地方に鉄道はいらないだろ、って意見もあるけど、だったら首都圏なんて鉄道あるから道路なんていらないじゃん。全部なくしたらビル建てまくれるし、渋滞も道路がなければ解消するね、とはならないのでしょ。 鉄道も道路も共に社会基盤として必要なもので、首都圏が地方から電力や食料・物資などの資源を吸い尽くしてるんだから首都圏で赤字路線を負担するのも公平でしょう。


43

過程で維持できない道路も鉄道も早晩寸断され始めたら後はきっと早い。四半世紀もせずに網は筋になり、都市は点と線だけのものになる。 人の濃度が薄くなったところからライフラインが切られ始めたらあとは早い。最終的には地方はコルホーズのような一次二次産業者の集団化とコムナルカのような集合住居で共同体機能を集積した点で最低限度維持しつつ、広大な中山間地に鉄柵を張り、少数の監視員とドローンを配して入山者を取り締まる無人の山間部を拡大していくしかないのだろう。 江戸明治以降続いた文明と人の営みの跡はすべて藪と林に埋もれていく。 そして東でこれなら北海道や四国の原野化はもっと早かろう。


44

鉄道に乗らない奴に限って残せ残せとうるさい 客がすくねーんだとなればお店だってやめるだろ 鉄道も一緒、売上無ければ維持出来ません 個人的には秘境や風光明媚な軌道は道路変換して観光資源として利用出来ると思う 有料か無料かは別として入り口ゲートを作って中間の駅などをエスケープルートにし一方通行での観光道路として運用とか廃線になっても利用価値のある路線は相当にあると思う


45

一番赤字を垂れ流しているという羽越本線の沿線に住んでいます。 この区間は高齢化が進みに進んだ小さい集落が点在しており、日常的に利用する勤め人や学生も僅かな数です。 村上の人は都会に行くなら新潟の方が近く、鶴岡の人はわざわざ田舎の村上に行く用事もないので、通学通勤以外の利用もまた僅かです。 昔は青森や秋田から新潟まで特急が通っており、東北方面の新幹線が開通するまではそれなりの利用がありましたが、今ではそれもありません。 一番赤字だと言われても、地元民的には何ら不思議ではないと思います。 更に線路がメンテしづらい厳しい地形を通っているうえ、冬場は強風で脱線事故が起こったほどの場所です。 JR新潟支社や酒田支社は頭を悩ませていることでしょう。 かといって全線バス化となると、電車より運行時間がかなり長くなりそうですが。 どの辺が落としどころなのやら。


46

人口減で廃線が増えるのは仕方ない。ただ今の世界情勢。早急に廃線を押し進めるのは危険だと思う。 鉄道は大規模輸送に最適。周辺国が日本に対して攻撃した場合アメリカ軍は議会の承認がないと動かないし動けない。路線は防衛面も含めて吟味する必要があるんじゃないかな。 JR側としては早く廃線にして、コロナで落ち込んだ利益率を回復させたい。また同じようなことが起きた時に、赤字にならないようにしようとするのも当然。 JRと自治体協議というが防衛面含めて国も入るべきじゃないかね。流通網は重要だと思うし。 ただ国がエコで車乗るより電車でーとか言っておきながらこれなのは乾いた笑いがでるよ。脱原発とか脱炭素とか環境問題とか。目標だけ高くて全部国民がそのツケ引っ被ってるしね。スーパーの袋、電気代の値上げetc。 難しい問題。本当に必要無い所程ダラダラ長引きそうだね。


47

道路と鉄道の違いですね。 道路は税金をかけて整備しますが、その分税収も挙げる政策をとっています。 自動車本体に自動車税・取得税・重量税、燃料には揮発油税と、利用者負担を税金としてさせています。 鉄道は、国鉄時代から税金を使っても利用者から税金を徴収していません。 自治体から上下分離方式で運用すると、利用者から税金を徴収しないと、税金のダダ漏れになってしまいますよ!


48

JR北海道も1980年頃に比べれば、既存路線は総延長で半分未満だろう。 それでもまだまだ赤字路線は多い。 国鉄時代は日本全国どこでも採算度外視で輸送サービスを行ってたからね。もちろん、自家用車の普及率が少なかった背景もあるが。 名称に「本線」が入る路線で唯一廃止されたのが名寄本線だったのは知る人も多いが、今、石北本線も検討対象に入っている。


49

コンパクトシティに舵を切っているし、少しづつ廃線・廃駅が進むのだろうか。 そこまでの田舎ではなかったが、大人になると車で移動するから、基本的に電車(当時は汽車?)利用は高校生がメインだった。 バスで代替できるのであれば、もうそのような時代なのかもしれない。


50

廃止路線はバスに変更するとニュースで言っていたが、それでは脱炭素にならない。 脱炭素をうたっているなら、コロナで落ちた売り上げと一定の維持費として国が面倒みるべきだと思う。 あと脱炭素だが、中国やアメリカに日本までとは行かなくとも、排ガス規制をもっと訴えるべきだ。 日本は、車検で検査されるから努力している、その中で更に努力しなくてはならないのは理不尽。


 


 


51

本来なら、鉄道より地元の交通系の会社による輸送が出来た方が その地区にとっては有益なんだけどね 雇用にも繋がるわけだし、あくまで自治体からの補助ありきの話ね 鉄道を維持するより、コミバス運営するほうがよっぽど安くつきます だけど、それは地元の人が許さない 鉄道がないと困るのではなく、鉄道が自分たちを見捨てて撤退するという行為が許せないからだ 赤字だろうが何だろうが自分たちのために存続し続けろということです だけど利用はしませんよ、自家用車があるのでってこと


52

首都圏の交通網を持つJR東ですらこんな状況なんだから、先に公表したJR西はもっと厳しいだろう。 なのに、苦労もせず自治体側は存続しろの大合唱。 今となってはJRも民間企業。都合よく自治体の意見だけで赤字を垂れ流すようなことをしていたら経営責任を問われかねない。自治体の支援が無いなら、バス転換などもやむを得ないだろう。 そもそも・・・鉄道に限らずだが、散々普段は利用もしていないのに、廃止だの、見直しだのと手が入り出すとワーワー言い出すよね。それなら普段から使ってやれよ。


53

JRはもし、このようなローカル線を廃止するのであれば、 代わりに新幹線を値下げすべき。 元々、新幹線等のドル箱路線で儲かって他路線を維持してきたのだから、 お荷物路線を捨てるというのなら、新幹線を値下げしなければ話が合わない。国交省はきっちりと監視すべき


54

思い切って、鉄路をバスや輸送車の専用道路とすればどうなのでしょう?中途半端に鉄道とバスが両方あるから、本数は出せない費用のかかる鉄道の利用が減る… 過疎地域経験者ですが、なんだかんだ言っても、便利な方(本数のある方)が良いです。 鉄道無いと困る〜でも日中は10人も乗らないなんてざら。もっと地元で利用しないと、便利なマイカー使っておいて、無くさないで!はワガママと思う。


55

良くも悪くも無難な政治家が総理の日本では無難に少子高齢化が進行して廃線そして日本は衰退していくよ。背景に得意分野が印象操作と筋が通らない批判のマスゴミと批判するはいいけど解決策が現実的ではないご都合主義の野党がいるからどうしょうもないが。 結婚の有無も出産の有無も自由だから強制とかの話ではなくて、したい産みたい願望がある人に向けてコメント書くけど、大きく分けて年齢的身体的障壁と金銭的,社会的障壁があると思う。前者は科学技術の発展を期待したい。政治家や社会が変えられるのは後者だ。政治家が出来るのはお願いでもない。選挙前のばら撒きでもない。少なくとも40年くらいのスパンの中で政策を考えて欲しい。具体的には昔に比べて3人目4人目が少ない。例えば大胆に総額2人目は三百万、3人目は千万、4人目は二千万と子の年齢の節目に配ればいいと思う。最初は借金だけど子供が働いて税金納めるようになったら返ってくるし


56

赤字だから、廃止にするという考え方が単純すぎます。 廃止にしましたら地方の過疎化が更に進行し、完全に戻せなくなります。 自治体と協議し、地方財源から補助を出していただき、赤字路線を維持することは唯一の選択肢です。 JR東日本が地方過疎化に加担しないでほしい。


57

鉄道だけじゃなく、防災も含めて日本列島をガラガラポンする時期に来てると思う。車がないと生活できない地区の高齢者の居住地移転や分散集落の集合化など、効率化も見据えていかないと日本の国力では社会インフラを維持することは難しくなっている。東日本大震災のときに図らずもそういった状態になったわけだがその時の経験を防災以外に活かす時機にきている


58

ウ国での戦争でも鉄道は大量輸送に欠かせないもの。先の震災でも鉄道が繋がっていたからこその復興後押しもあった。国や地域はそこを念頭に輸送路としての鉄道を護る必要がある。そのために、地域住民がどう協力できるか。町おこしならぬ、鉄路おこしが必要だ。もともと、どんぶりとは言え需用があったから鉄道ができたわけで、そこに立ち戻って人の流れ、貨物の流れを研究しなおすのもいいだろう。個人的には多くが行ってみたい路線である。もうひとつ背中を押してくれるコピーなりがあったら、多分行く。その一押しはなんだろう…。


59

世界中鉄道は赤字が当たり前、だから国営がほとんど 鉄道は網として張り巡らすことに意味があり赤字だからと歯抜けのように断絶されたのでは意味がない 移動の自由の確保はもちろん、災害時や戦争時において鉄道は需要なインフラであり鉄道網の維持は国防そのもの またCo2削減の観点からもモーダルシフトが必要でそのためにも維持は不可欠 赤字だから廃線などという愚かな話はない 本来は黒字路線の新幹線などの収益を当てるべきだが民営化されているため配当や役員賞与に消えてしまう 再国営化が必要


60

地方がどんどん衰退している原因は何ですか? 1990年当時までは、全世界の富の18%を日本人が保有していた圧倒的世界第2位の経済大国だった。その後、自公連立政権が日本の富を切り売りしたせいで、5%にまで落ち込んだ。経済力が無くなれば、公共事業にお金を回せない。旅行にも行けない。生活できないから子どもを作れないから人口が減る。そして消費増税で国民は更に疲弊。効率化のためとか言ってインフラを民営化したら、当然赤字は切り捨てようという話になるの当たり前。 黒字路線は民営化して更にサービスの質を向上すれば良いが、赤字ローカル線は国営に戻し、地方を支えなくてはいけません。


 


 


61

地方の方は,「例え赤字でも鉄道の廃止は困る,存続して欲しい」と言うだろうが,ほとんど乗らないではないか。赤字ローカル線の維持になぜ首都圏在住者が負担するのだろうか。国鉄時代ならやむを得ないものもあるが,今やJR東日本は私鉄である。採算が取れない赤字ローカル線は,原則として廃止すべきだ。そうでないと首都圏在住者に対する逆差別ではないか。


62

赤字の回復なんて無理でしょうから廃線で良いのではと思う。 過去にも廃線にしてきた路線が有るのに、残す理由は無いと思う。 廃線は過疎化が進む理由にもならないと思う。 何故なら既に過疎化してるから。


63

元データを見てみた。 1987年比の減少率で最も減ってる奥羽本線の新庄~湯沢は、秋田新幹線と山形新幹線によって地域間の流動が完全に分断された区間だけど、90%減少かと。 これを見て気になったので、他の秋田県境を全部見たけど、こまちの走る標準軌と秋田市周辺のフィーダー輸送以外は壊滅的なんだと理解した。 ただ、日本海縦貫線は貨物が走るだけに廃止できないし、頭も痛いだろうな。


64

鉄道はインフラなのだから一括りに黒字だ赤字だと言うような性格の物では無いと思う。 人口が多ければ人が多く利用するので黒字、人口が少なければ赤字になるのは道理です。 この問題は地方の人口減少と都市部の過密と密接にかかわってくる問題です、一方では人口減少と都市部への一極集中を問題視していながら地方のインフラなど廃止する。 ますます都市部への集中が加速しますね。


65

JRが民間企業である以上は、 廃線か地元にカネださせるかの2択。 鉄道に限らず、全インフラがそうよね。 てか民間以外にしたって、日本は衰退国なんだから本来は地方のインフラ整備をする余力はないはず。 農地を企業に開放して効率化をすすめ、「企業管理農場」を残して地方自治体の統廃合を進めていかないと、インフラ維持費で日本は終わるんじゃないか?


66

これは郵便局と一緒です。 赤字ならいずれ廃線となりやらなくなるでしょう。 田舎の少数の人たちのために、都会の満員電車でひどい乗り方をしている人たちが負担をすると言う構図は解消しなければならないでしょう。 今はそんな時代です。田舎の人はいずれ都会人で出なければなりません。 要はある程度集まって住みなさいと言うことで、少子化による影響もあり、今は高度経済成長期のような時代では無いのです、


67

それにしてはJR東は、東海道ほど集客が見込めず必要性も低い新幹線にずいぶん投資しているよね。首都圏では未だに踏切が多いのに、高架化の動きも私鉄より遅いイメージ。東海もそうだけど、もっと沿線に住む人のことを考えてほしいわ。


68

ローカル路線維持大変ですよね。 いつも言われる、バス路線への移行ですが、バス運転士がそんなに居るんですかね? 後5年も経過すれば、バス運転士も高齢化が更に進んで、運転士居ないと思います。 自動運転もそう遠くない時期に導入あるかもなんで、若い人も運転士ならないと思いますし、難しい問題かと。


69

国鉄分割民営化を行ったのは、中曽根内閣のときでした。その時にJR九州、四国、北海道・・・と民営化しても黒字経営は困難と試算したが、廃線にはしないと、民営化に踏み切った経緯があります。 当時と比べて国の政策により道路事情はよくなり、当然乗客は減る一方。 今更、赤字路線だから維持出来ないとか、何言ってるのと思います。 泣きごと言うんだったら、自治体じゃなく国でしょう!!。 一度赤字路線を売りに出してください、経営したい会社も出てくるかもしれません、自治体はやる気のある会社と今後のことについて検討しないと、二度あることは三度ありますよ!!。


70

民営化で国は手放したものの、民間の運営(とは思えなかったが)でもローカル線は運営が難しい。地域が望むなら存続のために上下分離など国はもう一度積極的に関与すべきだ。 大都市圏への集中が地方を疲弊させている。それが問題だといいながら、大都市に資源が集まる施策しかしていない。 国会議員も選挙の区割りでは合区に反対しているのに、交通インフラを含め、地方の声を活かす努力をしていない。 道路が出来れば人口は流出するのはこれまでの歴史が証明している。それを見越して人口減、鉄道の利用者減をどう防ぐのか、国のエライ人たちや頭の良い人たちは答えを出さないとイケナイ。


 


 


71

貨物の超重要運行ルート上である上越線や羽越本線は絶対に廃止に出来ないし、自分たちの不祥事による「身から出た錆」的な理由で飯山線も廃止に出来ない まずはタテマエなどを一切反映していない数字上のデータを公表するのは良いことだが、JRはこれに続けて、数値が悪くても様々な理由から廃止には出来ないと自分たちで考えている線区も公表するべきだと思う


72

この期に及んで何とか残そう的な意見があるのは、正直なところ理解できない。 鉄道旅客輸送は、大都市圏か、航空から旅客を奪えるクラスの長距離高速大量輸送位しか使い道はないと思う(故に、途中の中小都市の顔色を窺って建設する近年の新幹線も危ないと思う)が、それすら怪しいというのが実相だろう。 従来、当面は固いとみられた首都圏すらうっすらと陰りが見えてきた。国力の衰えとともにゆっくり進行するものと思われていたが、コロナで前倒しになった感がある。 貨物輸送中心への転換も、そもそもが脆弱な規格で、貨物輸送の肝である大量輸送に向かないし、始めようにも施設用地は売却してしまった。 観光と言っても鉄道自体が観光資源となってそれだけでやっていけてる所などほぼないだろう。 首都圏の膨大な収益の余技でローカル線運営もしていける前提のはずだったJR東日本が、こういうことを言い出したのは終わりの始まりと言えよう。


73

こんなことは今更始まったことではなかろう、人口減による利用者減はいろいろを打っても、過疎化が進み赤字が増えるのは当然のことだろう。利用者負担も限界で地方創生を唱えている現状では、不平等感はぬぐえない。鉄道輸送は需要が十分見込まれるのであれば、民営でも十分ペイできるが、そうじゃない場合は赤字に陥るのがあたりまえだ。そもそも東京周辺に住んでると実感が乏しいが、もとをただせば生産性は低いから国有でやってきたわけだ。国有でやるか、補助金を出してやるか、涙を呑んで路線を廃止するかだ。いつまでも政策がぐらついているとよくない。結論を急ぐべきだ。個人的にはこういう田舎には住みたくない。


74

なぜ新しい交通システムは開発されないのでしょうか?新幹線リニアとか豪華な車両は開発しているのに安くて簡単便利という車両を作ればいいのに。バスならバスで専用の車両線路駅舎は開発の余地があると思います。


75

北海道の例を見ればわかるように、ローカル線については「バス転換議論」が始まった時点で事実上の廃止宣告に近い。 JRも民間企業とは言うもののローカル線運営には多額の補填がされているのが実情で、わずかな地方民のために国民の税金を投入することは容認されないだろう。 北海道や四国程ではないにせよ、今回提示されたローカル線のほぼ全線が今後10-20年以内の廃止は免れない。


76

各路線で見れば赤字でもトータルでは黒字。 そもそも公共交通機関として国から広範囲の鉄道網を渡されているのだから路線別で赤字だからというのはおかしい。 国鉄は国土開発計画の要でありその精神を忘れてはならない。 そもそもは分割したのが間違いだと思われる。 その結果、JR東海だけが莫大な利益をだし、北海道・四国は赤字に悩む結果となった。 地方は衰退してよいというわけではない。


77

悩ましい問題だね。経済合理性だけでは判断できない。国鉄から民営化されたJRだから赤字路線の対応は必至かな。コロナで在宅等が増加して鉄道も盤石な決算が組めないから大変だ。自治体と協議ということは税金投入という解決手段もあるのかな。受益者負担が原則だけどね。


78

既に実施しているJR北海道の様に悪い成績順で消すのが当然。 その様な順で消えて行った方が残された 下位路線が次はあなたの路線ですよ …と順番で廻ってきた時にも示しがつく。 自治体側も嫌でも第三セクターを一度はやって体験するのも必要。 本当にJRがこれだけやっても赤字というのを体感できるはず。


79

自治体と協議するのではない、政府が指示するのだ。安易にローカル線などとは言うべきではない、安全保障上関連の問題だと認識をあらたにしてして欲しい。有事の際は、鉄道は貨物輸送の大動脈となる。東日本大震災直後の緊急貨物輸送のルートを思い出せ。自然震災ならまだいい。仮想敵国のピンポイント攻撃を受けたらどうする。代替ルートはどうなる。ウクライナの鉄道網管理を大いに参考にするべきだ。JRや自治体任せとは笑止千万。日本中の鉄道網の取捨選択は、国家安全保障会議が率先して行わなければならない。違うとでも言うのか?永田町と霞が関の呑気な住民達は。情けない。


80

道路は公共が維持管理。鉄道は線路とその付帯施設まで維持管理。バス会社は道路まで維持管理しない。だから地方路線は赤字になるのが当たり前、ならないのがおかしい。国策で地方線を作ったり、買い上げたりした鉄道を赤字だから何とかしろは虫が良すぎる。せめて高速道路のように上下分離方式にしたりし、存続方法を考え、後世に残すのが国民の使命だと思う。


 


 


81

JRって民間企業なのに半官半民のどっちつかずになっている気がする 税金を使って整備をして開業するとJRが新幹線を走らせて、設備使用料をJRが支払う仕組みになっている まあ国鉄時代に開業した新幹線はこの仕組みの対象外ではあるが JRは建設費用を負担せず新幹線を走らせることができて、新幹線が開業すると赤字になる並行在来線を第三セクター化する 新幹線建設で公共工事をしたい国と赤字路線を切り離したいJRの思惑が一致している 地方に新幹線の駅ができてもアクセスが悪すぎて、新幹線の駅まで車を使う状況になっている 新幹線を作るのなら駅までのアクセスを、何らかの形で確保すべきだと思う 新幹線の駅の中に1日数百人しか利用しない駅があり、第三セクターの並行在来線の本数が減ることで、地方の鉄道利用者が減っている この先新幹線での都市間移動は可能だが、その先のアクセスがなくてレンタカーを借りる事態になりそう


82

そもそも考え方が間違ってたんだよ 自動車という競争相手がいる中で1時間に一本とか数時間に一本しか来ないものを生活の移動手段として使えるか? 最低でも15分に一回は来ないと使えないだろうが 使う人の利便性を考えないダイヤで運行してるから自動車に負けて利用者が減っていったんだよ 利用者を増やしたいなら全線15分以内に必ず来るダイヤに変更しろ まぁもう田舎じゃ1人1台車を持つのは当たり前だから遅いだろうけどね もう一回だけ言っておく 利用者が使いやすいダイヤにしないと誰も使わない 数時間に1度しか来ない電車など使えるか!


83

そもそも考え方が間違ってたんだよ 自動車という競争相手がいる中で1時間に一本とか数時間に一本しか来ないものを生活の移動手段として使えるか? 最低でも15分に一回は来ないと使えないだろうが 使う人の利便性を考えないダイヤで運行してるから自動車に負けて利用者が減っていったんだよ 利用者を増やしたいなら全線15分以内に必ず来るダイヤに変更しろ まぁもう田舎じゃ1人1台車を持つのは当たり前だから遅いだろうけどね もう一回だけ言っておく 利用者が使いやすいダイヤにしないと誰も使わない 数時間に1度しか来ない電車など使えるか!


84

今は鉄道の問題があるが、今後は作りすぎた道の維持管理ができないで破産するのが見えている。人口が増えることを前提に話を作っているが、増えない人口にお金を投資しすぎた結果である。人口を増やす政策をとるか。諦めて廃線にするか。どっちかしかないんだから、早く廃線にすればいい。


85

傷口が深くならない内に貨物と都市間の優等列車の輸送が無い赤字の全区間を廃止すべきである もう鉄道利用者の増加が全く見込めない現在、斜陽産業である鉄道そのものを見直すというか、JRの存在意義、JRそのものの存続自体を見直す時期であり、国民の負担が大きくならない内に前述の赤字区間を全廃すべきであるのは、間違いないだろう


86

在来線で日本が繋がっていなければならない理由なんてないし・・・。 都市間の幹線交通は維持するにしても、各地方都市から延びる枝線同士が日本全体で繋がっていなければならない理由はない。 人口も減ってるし、ツーリズムの懐古趣味も何時まで続けるのは無理があるし。貨物需要が無いのならキッパリ分断しちゃうのが合理的なんじゃないかな。そもそも鉄道は費用逓減産業なんだから、ローカル線なんてものが存在している方がおかしい。 費用が利用者数に追従して増減する交通手段(ロボット運搬車か?)に移行を考えなければならない。 何時までも懐古趣味的な見栄で支えきれない過剰な赤字インフラを負の遺産として抱え続ける事が許されるほど、この国は豊かでも発展している訳でもない事実を受け入れるべきだよ。


87

赤字路線は廃止するのがいい。 東京電力の経営者が13兆円の賠償金を払うように東京地裁で判決を下された。会社に損害を与えたと株主から訴えられたのだ(控訴中)。 経営者は会社に損害を与えたと判断されたら途方もない賠償金を払わされる可能性がある。赤字路線をそのままにしていたら株主代表訴訟を起こされるかもしれない。「赤字路線を放置していた、怠慢だ」と言われかねないのだ。赤字路線で想定外の大事故でも起きたら莫大な賠償金と責任が発生する。 株式会社である以上、公共性より利益が優先される。赤字路線は廃止されるべきだ。国営から民営化された時点で、予測されたことだ。 JRの経営者は心を鬼にして赤字路線は廃止すべきだ。市場原理に従って利益を追求すればいい。


88

>JR東日本がデータを出してきた線区では、県境ゆえに特急や貨物が通る路線もある。 廃止したくてもできないようなところも多く赤字になっている。 このあたりは上下分離の導入など、存続策を検討すべきである。 それ、区切り方に問題ありません?特急や貨物が重要なのならその運行区間をひとつの単位として捉えてあり方を考えればよいのである 上下分離も無限にできるわけではないのだから有効活用できるように考えないと


89

JRに言わせれば営利企業だから不採算路線は廃止にしたいのが本音だろう。 ただ、東日本大震災の時は、その磐越西線・日本海縦幹線は石油輸送だ助けられた。北海道だが、函館本線(山線)は有珠山大噴火の時に迂回路線となった。繋がっているれば、路線があれば緊急時に有効となる。国も補助を入れるなど、存続させるのであれば補助を入れるなど必要では。 赤字だから切りますだと、首都圏・大都市近郊部だけになりますよ。


90

ローカル線の生き残り、これから熾烈になりますね。 廃線は地方の荒廃につながりそうですから、慎重に検討して欲しいですが、国鉄を民営化した際の理念からは、赤字路線の廃線もやむなしです。 特効薬はありませんが、主因は人口減に間違いなさそうですから、合計特殊出生率を上げて路線を利用する沿線人口を増やすしかありません。 ローカル線は一つに兆候だと思います。 これから国内マーケットは急速に縮小していきますので、他産業も経営戦略考えるよいタイミングかと思います。


 


 


91

人の少ない地域、少なくなりそうな地域の過剰なインフラ運用は今すぐ停止すべきだ。 それで浮いたお金を、人の集まりそうな場所に集中投資すべき。 人がいなくなったり少なくなった地域なんて何の価値も無いのは解りきってる事なのだから、他国に譲渡や貸与して管理してもらうべきだ。 そもそも、上場企業の株主の不利益となりそうな事業は社会から排除すべきだろう。


92

地方では車依存が激しい。 ただ、利用の仕方によっては、コストや利便性は同程度になる場合もあるので、多くの人が先ずは公共交通機関を使う場合を検索してから車にするか決めるようにすれば、少しは赤字が減ると思う。


93

赤字路線だけ抽出して自治体と協議とはいかがなものかと思う。特に都市部のドル箱黒字路線も含めてトータルの中で協議すべきではないだろうか。国鉄から民営化された時点で赤字路線を切り離さず運営するのではなかったか?また、新幹線と同一路線の第三セクターの鉄道もJRと切り離され苦しんでいるところも多いと聞くJRだけがいいとこどりしているのはどうかと思う。


94

電車じゃなくバスでも走ればいいような気はする。 赤字になる駅に降りたことはないので詳しく分からないけど、ご年配の方が多かったり買い物するために乗ってるのかなとは思うのでバス走れば助かるかと思います。住んでる地域は40分以上歩かないと駅にはたどり着けず近くに高い運賃だけどバス停があるので助かってた。 一時間に1~3本くらいの電車と1日片道で2,3本くらいのバスなんだけどね。


95

これとは別だが高くなっては乗らなくなる。最近値上げが激しいし田舎に限っては短い距離なのに都会と同じ金額だと半分の距離。人が少ない時間帯にフル車両で走らせるなら7両とかにしてコスト下げればいいのに。


96

ローカルなエリアを旅するのが好きで、車の免許は持ってないので電車・バス移動がメインになるけど、収支など見るまでもなく赤字路線ばかり。田舎では通学の生徒の需要だけだし、通学定期の売り上げはたかが知れてる。 バスだと高くつくし時間もかかる。電車オタクではないけど、電車そのものも好きだし残って欲しいけど、私が爺さんになる頃は赤字路線はほとんど無くなってるかも。バスも運転手がご高齢なことが多いし、将来は足が無くて旅行できない時代が来るか。


97

今後迎える超高齢化社会において、移動手段は最も重要な要素で、電車が使えない場合は車になるが、事故の多さから、バス、タクシーになると思うが、白タク営業もゆるくして運営するなどしないとどうにもならなくなると思う。


98

国鉄が民営化してJRになったのだから収益第一は当たり前。損益考えず運営したかったら国鉄しかなかった。 採算が取れる路線の収益で無駄な路線を維持するなんて無駄なんだからやめてしまえばいい。 その昔、川のそばで人が生活していたように、主要路線の近くに人が住めばいいだけ。 日本には全てのインフラを維持する体力なんて無いし、これから更に酷くなっていくでしょ。


99

線路を走れる、バスかマイクロバスを活用すれば、安くできないのかな? そうすれば、便を増やすことも可能になるのでは?信号、渋滞も無いし、車両が軽くなるから、レールメンテも楽なはず。あくまで今と比べ。 田舎のローカル路線、2両車両に乗ったけど、乗客10名もいなかった。乗車時間1時間弱。2〜3時間に1本しか走っていなくて、往復するのに6時間弱。。


100

赤字だからという安直な理由で減便、廃線にすることに絶対に反対 住民の足を奪うことは、生活を壊し、彼らに死ねと言っているのと同じである。JRは人生をめちゃくちゃにしようとしているのか? そもそも民営化時に一切廃線は出さないと言っていたはずだ。国民との約束は厳守しなければならない。また利用客の減少、赤字は努力を怠っているJRの責任であり、血税を投入することは絶対にあってはならない