最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

解熱鎮痛剤「カロナール」に赤信号 コロナ感染急拡大で“限定出荷”

 

 新型コロナ第7波の急速な拡大。その勢いのすごさは、肝心要の薬の世界にまで影響を及ぼしています。


ニュース速報

 

 イイネ

1

医療従事者として意見させて頂きます イブプロフェンならまだしも ロキソプロフェンはアセトアミノフェンと比較すると ウィルス性脳症の発現率が高まります 全く無いのであれば代替えするしかありませんが 個人的にはロキソプロフェンを使うようなら 解熱剤を服用しないという選択もあると思います インフルエンザでもロキソプロフェンは第一選択としては処方されません あくまでもリスク回避ではありますが このような情報もしっかりと提示した方がいいと思います


2

これは病院や薬局がコロナの感染拡大に伴って大量発注したことが出荷調整の原因です 恐らく今後の需要を見越して在庫を確保しようとしたのでしょう 原材料が不足したわけでも工場が止まっているわけでもありません 過剰発注に対応できないというだけで、通常量の出荷はできます がん治療などで常用している人の分はかかりつけの薬局が確保しているはずなので心配なさらずに コロナ治療に関しては他の代替品があります 替えがきく薬なので報道する必要があるのか疑問です 不安を煽るだけの報道は控えてほしい


3

昨春位まではイブプロフェンやロキソニンはダメと言われてましたが、その後はあまり関係ないから普段何かあれば飲む解熱剤で構わないなんて聞きましたよ。アセトアミノフェンより解熱鎮痛に期待値高い薬も沢山市販されてますしね、今更またアセトアミノフェンにって報道には不安を煽る以外何もないんだろうなと個人的には思います。TVやネットニュースは不安を煽ると数字に繋がるんだろうけどさ。普段からネットで色々みてるとコロナだけではなく色々と鵜呑みにしたらいけないんだなと勉強した人も沢山いると思います、ただ発信側には発信側の事情もあるんでしょうが。ここ数年で受け手側もそれなりに学習してる人が増えてますかね。


4

現在68歳の私は7月6日に4回目のワクチンを打ちましたが、注射部位上部の肩関節の痛みがひどく左上肢が動かせなくなりました(熱は出ませんでした)。カロナールを1日3回2日飲みましたが改善なくしょうがなく以前から腰痛に使っているイブプロフェン軟膏を塗ってロキソプロフェンを内服したところ2時間くらいで症状が取れ普通に動かせる様になりました。カロナール以外の消炎鎮痛剤が使える人はカロナール以外使って、カロナールの製品不足を起こさなくて済む様にしたほうがいいと思います。厚生労働省のホームページにも痛みや発熱等の副反応に対してアセトアミノフェン以外の解熱鎮痛剤を使ってもいいとの記載があります。アセトアミノフェンしか使えない人以外は他の薬を使っても問題ないと考えますよ!


5

まあ普通に考えれば患者が増えるんだから薬の使用量が増えるのは当たり前である。こんなことも分からないので国や政府が何も対策を考えていないとしたらコロナ対策など何もする気ないのだよ。こうなることは最初から分かっており我が家は常に自身に効く薬を常備してある。市販薬でも自分に合う薬を常に用意してある。アイスノンや冷えピタも用意済みである。まあそれでも感染した時の苦しさは尋常ではない。多少でも痛みや苦しみを軽減できるので最低限は用意してもらいたいものである。


6

アセトアミノフェン製剤は子供や妊婦さん、持病がある方でも副作用が少なく使いやすいという利点から処方されやすい薬です。 イププロフェンやロキソプロフェン使う方が解熱効果が高いと言われてますので特に体質に問題なければどの鎮痛剤でもいいと思います。 適切な人に適切な薬が行き届くといいですね


7

自分の場合はロキソニンProってのがマツキヨにあって買ってみたら抜群に効きました。 解熱もそこまで急激に下がるわけじゃなくて1℃から0.5℃くらい。 だから抗体の邪魔はそこまでしないんじゃないかな。 あと解熱鎮痛剤だから頭痛も減らしてくれる。 調べると出てくるけどカロナールだけじゃないから他の薬もいいと思う。 ただ、自分はルルを飲んだら動悸がしてすぐ止めたけど、合わない人もいる。 だから普段からちょっと使ってみる。 そんでもしものときに備えて自分の体質を知っておくのが大切だと思う。 健康なときは使わないほうがいいですけどね。


8

政府の危機管理はほんと情けないレベルだね。最悪の事態を想定して、先手先手で対策を打つ、とか、6回の波を超えて知見がたまっているとか、口ばっかりで、発熱外来は満杯、抗原検査キットは足りない、と思ったら、今度は、カロナールが不足。政府内には、ほんと危機管理ができる人がいないとしか思えない。最悪の事態って、口で言うばっかりで、本当に想定できる人もいない。でなきゃあ、想像力を働かせて、それこそ事前にいろいろと手を打てたはず。口では最悪の事態といいながら、実際は、そのうち落ち着くだろうと高をくくっているから、こういう後手になる。何にも学んでいないじゃないか!抗原検査キットもたりなくなることは想定できたはずなのに、今頃あわてて迅速に体制を構築だって!?今から迅速に、って!遅いだろ!信じられない!コロナを甘く見すぎ!これは岸田政権の怠慢で、人災だ!


9

別にカロナールじゃなくてもバファリンやロキソニンでも良いとだいぶ前に結論が出たと思ったけど、どうしてカロナールにこだわるのか? カロナールは副作用が少ないので私のようなアレルギー持ちでも使えるし、がん患者や他の疼痛に苦しんでいる人には必須な薬なのに、どちらでも使える人が使用することでカロナールしか使えない人が使えなくなるような事態は絶対に避けてほしい。というか、カロナールは痛み止めとしては結構弱いので、私だってアレルギーがなければ効きの良いバファリンやロキソニンを使用したい。


10

別にロキソプロフェンでもOKなんですが、これだけの 投与数=服用数が出ますと、NSAIDsを使用した場合 マクロに見て副作用件数が増加するのは当然です。 アセトアミノフェンを推奨するのは、副作用発生率が NSAIDsに比べて低いという理屈です。 ただし、解熱鎮痛効果についてみれば後者のほうが 高くなります。 多くの患者を診れば診るほど副作用発生件数(グロス) のほうが医師としては問題になります。 悪く言えば、無難な選択となります。 加えて、インフルエンザに対してボルタレンを使用した時に 脳症が多く見られたという相関関係で、一応インフルの発熱 アセトアミノフェンを使用するという取り決めになりました。 最後に、こんな低薬価の薬ばっかり作るわけにはいかない というメーカーサイドの理由もありますし、他の薬の流通にも 影響を与えるので仕方がないでしょう。


 


 

TESTING130


11

出荷調整とは医療機関からの注文がメーカーの供給力を越えそうな時に今までの注文実績に応じて注文ある医療機関へ配分する事です。 全く入荷してこないわけではないですが例えば500錠注文しても入荷するのは200錠になってしまったり今まで注文したことが無い医療機関は注文お断りと言う事が起きます。 ここ数年他メーカーの不祥事もあり医薬品不足が深刻でさまざまな出荷調整が頻発していましたがカロナールはここまで持ちこたえて大丈夫でしたが遂に余力が尽きた感じです。 カロナールは大体どこの薬局でも在庫してあるような超有名薬で医師も解熱剤の処方といったらまずはカロナールを考えると言う医師も多い薬です。 メーカーの案内文を見ると出荷量は平年並みはあるようですからパニックになって慌てて医療機関に処方してくれ!と言う事は止めましょう 幸いカロナールのジャンルは代替もありますし無ければ無いで薬局でも策を考えますから


12

熱が出たら下げなきゃいけないっていう認識が多いけど、発熱はウィルスを抑え込むための免疫活動によるものですよ。 下手に下げれば、抑制に時間がかかり長引く。 39℃を超えたり、どうしても動かねばならない事態にあるなら解熱も妥当だけど、基本的には栄養と水分をしっかり摂って、そのまま安静に休むことが必要。 熱が出たら即服薬・通院ってのは、製薬会社や医者の営業戦略です。


13

カロナールだけではない。 ジェネリック医薬品メーカーの製造上の不正をきっかけに、去年の夏ごろから全国的に薬の供給不足が深刻な状態が続き、依然として少なくとも2500品目の出荷が滞っている。 ジェネリック不足の影響で、ついに先発薬もなくなり非常に困っている。費用負担が大きい先発にしても処方箋に記載された薬が、手に入らないのだ。 こうした状況を受けて厚生労働省はメーカー各社に増産を要請したが、これまでにジェネリック大手2社だけが生産体制を大規模に増強する計画を発表。工場の増設や国の承認を得る手続きなどで2年ほどかかる見込みで、現在の医薬品の供給不足が解消する当面の見通しは立っていない。 受診出来たとしても、処方薬による治療が出来ない。 厚労省は何をしてるんだ。 コロナが感染爆発したら、解熱鎮痛剤需要も莫大になるに決まっているのに。


14

元々、頭痛持ちで病院にかかると、まずは「カロナール」次に「ロキソニン」を処方されました。そして全て効きが悪いため「ブルフェン」を処方してもらい、やっと自分にピッタリの薬を見つけられた。結局、先生の判断が「カロナール」優先であれば、それしか知らない人が多いと思う。それゆえに、在庫が少なくなっていくわけで、、、本当はもっと自分に合った薬があるかもしれないから、いろいろ試してみるのもいいかもしれないと思う。


15

コロナ感染に限らず、熱冷まし使うべきかどうかは悩ましいところです。原則はウイルス等と戦うための生体防御反応ですから、過剰に使用しないことです。もう一つの思案どころとして、脳は高熱にとても弱いので、40℃あるいはその方にとって非常に高い体温が維持され続けると朦朧状態になったり、食事不全や脱水症状に陥ってしまうと言うことも知っておくべきです。免疫系のみを考えれば良いわけではないという事です。


16

「コロナ罹患時には避けて」という類いのものではない限り、普段から飲んでいたり効いたことがある解熱剤をストックしておくことが一番良いと思います。 ロキソニン系は効き目は強いですが、私の場合は高熱時に飲むと、40度から一気に35度くらいまで体温が下がり、2時間ほど震えた挙げ句に一気に39度を超える現象が起こります…。本当に他の解熱剤が効かないときの頓服みたいな位置付けですが、それも例えばシャワーを浴びたいけど高熱で動けない…などの時にしか飲みません。 皆さんもぜひ、ご自身に合った安心できるお薬をストックされてください。


17

大人の解熱について大人はイブプロフェン(イブ他)でもロキソプロフェン(ロキソニン他)でも良いと思います。いずれも解熱鎮痛剤でアセトアミノフェンが解熱に優れているわけでもありません。解熱鎮痛剤の世代的にはとても古いです。それゆえ安価ですが。使用日数から見て大きな差ではありませんね。


18

今日、勤務中にカロナール出荷調整のお知らせが来ました。 ついにか〜やっぱりなぁ〜と思いました。 それでも処方は止まらない。今日もたくさんカロナールを出しました…。なんとかして在庫を確保できるように頑張りますが、今まで通りというのは難しいです。 他の薬もかなりの品目数がまだまだ出荷調整中です。先発かジェネリックか、どちらか片方でも(この際どのメーカーでもいいので…)入ってこればいい方で、どちらも全く入ってこないのがザラ。 どの卸さんに頼んでも入ってこない。 カロナールの出荷調整、長引いて全く入ってこないということにならなければいいな…。


19

去年のワクチン接種の時に、市販のアセトアミノフェンの解熱剤が軒並み売り切れで、自分の分は他の成分の解熱剤を準備した。 でもその後、アセトアミノフェンの解熱剤が入荷されるようになってから、市販の子供用のアセトアミノフェンの解熱剤をストックした。 コロナ禍以降は、大人はともかく子供に必要なもので品切れになっていたものは、買いやすくなった時期に必ずストックするようにしてる。


20

子供の解熱剤となると市販の薬より処方箋の方が安全な気はしてますが、大人なら市販の薬でも大丈夫な気もする。勿論、ど素人の考えです。以前は「ロキソニン」を処方してたとこも最近は「カロナール」が多いですね… コロナの第7波(になるのか?)子供達が夏休みに入り、今年から色んなイベントが復活しだしていて、大人ももうすぐ盆休みになるので、感染拡大は避けては通れない。とは薄々思ってますが、ワクチンではなく、「治療薬」が1日も早く完成して欲しいです。


 


 


21

みなさんこぞってワクチン接種し、熱が上がったから飲まなきゃ、っていうので解熱剤が足らなくなってるんじゃないですかね。 そもそも熱が出る、というのはデトックス、老廃物やウィルスを熱で燃やしてる状態です。 せっかく燃やしてるのに解熱剤で消火してしまったらぶすぶすくすぶる(微熱でだらだら推移する)は火を見るよりあきらかです。 意識に影響がなければ、できるだけ暖かく、安静にして、またできるだけ解熱剤も控えて汗を出し切るのがいちばん近道なのではと思います。


22

見出しやSNS等でこの手の話題を注目を集めたいが為に変に煽るのは止めて欲しいです。 カロナールに出荷調整がかかったという話で 対応出来る薬が今今無くなる訳では無い事を強調し拡散する努力をすべきです。ロキソニンは効きます。強い薬ですから。その分持病疾患を持っている方は注意も要ります。心配がある方は薬についてはSNS等で素人の話を鵜呑みにせず、医師薬剤師にきちんと相談すべきです。まだ販売店などで混乱はさほど無いと個人的にうかがいました。ただこの様な記事によって買い占めに走る人も出るかもしれないし買い占めを恐れて多くの人が念入りで1箱ずつでも心理的に購入を促されてしまうかもしれかい。混乱が起きない事を祈りますが、Twitter上でカロナールの通知画像と共に買い占めはしないでと言いつつ不安を煽る投稿を医師薬剤師と思しき方が発信されていたのは少し疑問に感じました。


23

私はコロナ陽性に23日になったばかりで、今も自宅療養中です。39.6度まで熱上がったりしました。私はカロナールがまったく利かず、ロキソニンで熱が下がりました。普段も歯痛等、病院行くまでの間飲むのはロキソニンです。やはり体質で合う薬、合わない薬があると思います。喉も激しい痛みでしたが、こちらも病院でもらった薬が効かず、市販の喉痛の薬を2種類買ってきてもらい、一つが効果あったので飲んでます。病院によって出る薬まったく違うみたいですね。


24

ワクチン接種の副反応による発熱を、必要もないのに内服の解熱鎮痛薬で抑えようとするのは、私は無駄に内臓に負担をかけリスクを増やす行為だと思う。 社会活動をするのにどうしても飲まなければならないなら仕方ないが。 自分自身や子供や親など、自分できちんと面倒を見るためにも正しい知識を手に入れて理解するべきことだ。 作用機序や、その必要性は? 使ったら副作用は? 一方使わなかったらデメリットは? 特に小児への解熱鎮痛薬の使用は、急速に解熱しその後リバウンドする事で熱性けいれんが起きるリスクが上がる。 アセトアミノフェンなら、カロナールに限らず他社から出ている同成分のもので良いし、ロキソプロフェンやイブプロフェンで問題ないならそれでも良い。 これくらいは、自分の家族を守るために持つべき知識。 他人任せでいい事ではない。


25

成人の子供がコロナになりましが、受診前はじたにあるロキソニンを飲みました。39℃以上あった熱が36℃代まで下がり半日以上は効いていました。受診後は、カロナールを処方してもらったので飲みましたが、38℃前半までしか下がらず効いている時間も短かかったです。 どちらが良いのか人それぞれですが、カロナールにこだわる必要はないと思います。


26

妊婦さんや小さい子供以外は、わざわざ効き目の弱いカロナールを求めなくても普段使う市販の鎮痛解熱剤でも問題なかったはず。 もしもに備えて、数日分の栄養源と市販の鎮痛剤は買い置きしてある。体質や他の薬との飲み合わせの兼ね合いで医者の出す薬しか飲めない人に譲ってあげて欲しいですね。 コロナ禍の初期にイブプロフェインやロキソニンを使わない方がよいような報道があったけど、その影響が大きいのかな!?


27

これだけ感染が急拡大すれば、在庫が足りなくなって当然。 頑張って製造されていると思いますが、それだけを製造しているわけではないでしょうし、工場の生産計画の予定も変更する必要があるだろうし、原材料の確保もなかなか難しいと思います。


28

その増えた分は、本来なら薬局で売ってる鎮痛剤 自身で熱っぽいなーで飲むのが、病院で検査からの処方薬+無症状でも一応処方されてるから これだけ増えれば当たり前だよね ワクチンだか検査キットやらは、寝ずに生産指示してるそうだけど、こちらの方もしっかり指示しなきゃプラス、市販薬の代用品もアナウンスをしないと


29

大人で、身体的に問題なければロキソニン+(不安であれば)胃薬でいいと思う。 私はカロナールでも子供用の風邪薬でも眠くなる上、ロキソニンを飲むと胃が痛くなるから、痛み止めはできるだけカロナール、もしくはロキソニンと胃薬をもらうようにしてる。 体調を崩したけど、病院に行けず、できるだけ、生活に支障がないようにしなければいけなかったので、子供用にもらったカロナールのあまりを飲んだり、アンパンマンの風邪薬の余ったやつを飲んだりした。普段不眠気味なのに爆睡だった。 体質的な問題はあるけど、それしか飲めない人(子供や妊婦さん)に譲ってあげてほしい。 子供用のバファリンを買いに行こうと思う。


30

国産のコロナ初期服用薬の承認を先送りし、理由が新型に対応未確認?でしたっけ? 結果今の状況 新型がこの先も、BA5より強い感染力BA7が欧米で流行の兆しとか終わりが見えない、先手を打って今あるかもわからないBA9とかBA1 2とかまでに対応した薬なんて作れるわけがないと思うのだが 私の無知もあるが、このままではいつまでたっても国産薬は承認できずやはり国内開発力、開発への意欲が(承認されなければ開発しても売り上げにならないという意味で)無くなってしまうのではないかと思う この辺の承認制度、組織の在り方がもうすでに時代遅れでスピード感亀以下なのではないだろうか 安全性も最低限メーカーで検証しての申請なのは前提だろうし


 


 


31

カロナールは私には全く意味がない薬でした。 コロナに罹患して39.2度まで上がったときに、病院で無料だからと処方されたカロナールを飲んでいましたが38.8度までしか下がらず全身の痛みも和らぐことなく... 3日目の夜にこのままでは多分持たないだろうと思って自宅にあったロキソニンを服用して、やっと37度台まで下がって少し楽になりました。 コロナ自体のウイルスに勝つまで熱は上がり続けますが、ロキソニンの解熱作用がある時にお風呂に入ったりご飯を口にしたりできました。 カロナールが副作用も少なく無料の薬として配布されるからと出されても効かない人からしたら無駄な薬です。 有料でもいいから自分に合った薬が欲しい。 カロナールを必要としている人がいるなら余計にばら撒くのは無駄だと思います。


32

安易に解熱剤を利用しすぎです。 本来の使い方は、高熱が続いて栄養補給や、食事もままならない時に 一時的に熱を下げて、その間に栄養を補給する。 37度や、38度台前半程度の熱で使用するものではありません。 頭痛が続いているときは別ですが


33

こういう話を見聞きすると、学習能力はないのかといいたくなる。 以前、「バナナがダイエットにいい!」という噂が広まって、全国のスーパーの店頭からバナナが消えたことがあった。元の発言は「忙しいからといって朝食を抜いて間食するぐらいなら、バナナの1本でも食べた方がいいよね」というもので、別にバナナの効能を謳ったわけではなかった。それが伝聞に伝聞を重ねて、「バナナを食べると痩せる!」という話になって、楽して痩せたい層が飛びついたわけだ。 放送倫理で問題にもなった「納豆がダイエットにいい!」もそうだが、この手の話は何度も繰り返されており、いかに自分のアタマで物事を考えず噂に踊らされる人たちが多いのかを再認識させてくれる。科学リテラシーのなさといえるが、本当に情けない。


34

こういう記事とかテレビとかで中途半端な知識を得て、薬局に行くからややこしくなるのでは? たまにスマホ片手に箱の後ろを一生懸命読んでる人がいますが、薬剤師というプロが常駐しているのですから声掛けた方が早いです よく知らない製薬会社の同じ成分の商品教えてくれますよ(安いの) あとは解熱・鎮痛の効果のバランスなんて成分表では分からないでしょ 専門家は新商品の勉強だって常にやってるし、副反応の情報だって持ってるんだから聞いた方が間違いない


35

カロナールが効くような病気なら、もう5類にすべきだと思う。現在の病床逼迫は、もう大した病気でもない、普通の風邪薬で効くような病気を2類にしているからだ。政府がこの際すべきことは、非常事態宣言でもなければPCR検査の強化でもない。2類を5類にしてコロナの特定扱いを止めることだ。普通の風邪でも重症化する場合はある。特別扱いするから病床を一般と別にしなければならなくなり逼迫するのだ。


36

アセトアミノフェン製剤は子供や妊婦の方にも安心で、胃にもやさしいので重用されやすいですよね。カロナールは主に病院で処方されます。 カロナールの出荷量が制限されるなら、市販薬のタイレノールやラックル速溶錠などの需要が上がるかもしれません。 ですが大人の場合、必ずしもアセトアミノフェンにこだわる必要はなく、発熱の他に喉の痛みがあるようならイブプロフェンのほうが適していますので、臨機応変な薬選びが必要かなと。


37

現場からすると、一部の医療機関が大量に確保しようとしたから数が足りなくなったわけではないよ。明らかに日本全体で処方量が増えてるのが大きな原因。一部の医療機関が大量に発注して納品を受けているケースもあるけど、そういうところからは先月までの実績と比較して余剰発注分は回収されている。卸業者の裁量にもよるけど。 全ての医療機関や薬局が在庫をため込まずに、適正に都度都度発注していけば何とかしのげるのだとは思うけどね。できることならうちだって今すぐ1万錠(100箱)くらい確保したいところ。それでもすぐ無くなると思う。


38

見事に今月BA5に罹りましたが、やはりカロナール処方されました。胃粘膜への負担が少なく非常に良く効きました。 ただ、一回2錠で半日の効果なので一人の患者にかなりの量が処方されます。微熱程度でも同量処方されることが不足の原因のように思います。


39

一度、頭痛のときに、生理痛に効く薬のイブA錠使いましたけど胃にも優しかったのでイブプロフェンの入ったのを使ってます。 ドラッグストア独自の鎮痛剤があるのでイブプロフェン成分のは安いですね。 歯が欠けていて、疲れで歯痛になるので常備してます。 ただ、効いてくるのが少し時間がかかるのが欠点です。


40

なんと一般の解熱剤にまで不足が生じてくるとは コロナは恐ろしやですね。 最近4回目のワクチン接種しました。38.5℃までは 薬を飲まないでおこうと頑張ったのですが翌日の お昼過ぎに38.5℃まで体温は上がりました。 以前処方されたカロナールがありましたので、 服用致しましたが、夕方までに38.8度まで上昇しました。 その後も上がったり下がったりした後、微熱が 接種5日後まで続きました。 まだ7錠残っておりますので、5回目の接種時まで 取っておこうと思います。


 


 


41

塩野義製薬の内服薬を素直に承認すればこんなことは起きない、ただの対症療法で治るわけではない、水枕の代用品、それより東大の教授がわざわざ塩野義製薬を承しなかった弁解があったけど、苦しい弁解だった、外人向けはでかいカプセや制限が多い、学者や政界、官僚が大金でがんじがらめでしょうが、正義を通して残された人生を有意義に!


42

ワクチンの服反応に備えて解熱剤買っといて良かったのかな。 結局使わなくて無駄になったと思ってたけど。 解熱剤を使うのは好きじゃないので、少し熱が出たくらいなら使わないけど、周りの感染した人に聞くと、40℃超すこともあるみたいだしあれば安心。


43

コロナ流行から何年も経つのに、何かと未だにうまく回らない日本。 各々頑張っているのに生産性の悪い国民性がこういうところにも出てくるのかな。 個人的にはアセトアミノフェンがほとんど効かない体質で、市販薬など効果ゼロに等しく、やむなくロキソプロフェン派です。 感受性も高いため人より苦痛も大きく、高熱時にロキソプロフェンが無いと意識が遠のいてもう殺してくれと思うほどの苦痛です。 各々にあった薬が入手しにくくなるのはすごく不安。


44

子供や基礎疾患のある人、高齢者はカロナールなんでしょうけど、通常の成人であれば解熱剤としてロキソニン使用はそれほど問題になるのか?と思いますね。カロナールは他の疾患にももちろん使われますし、そちらへの供給が滞るのも問題。他の解熱薬で問題無い人はカロナールにこだわる必要ないのではないでしょうか?もちろん、頓服利用前提の話ですが。


45

この記事を見て直ぐに薬局へ解熱鎮痛剤を買いに行った人、これから行く人が少ないくないと思う。そして解熱鎮痛剤の在庫が更に無くなる。家族数名で行ったり、あれこれと理由をつけての買い占めはやめましょうね。


46

高熱はウイルスと闘っている作用だから解熱剤は本当は好くないらしいです、アイスノンとか昔ながらの方法も理にかなっているかもね。高熱に耐えられない身体は仕方がないけど。


47

処方しても使わないで残った薬を、病院や薬局へ持ってきてもらう制度を作っておくべきでした。緊急時のみでも。 個人で譲ることは薬事法に抵触するからできないし、知識がないと危ないので病院や薬局を通すしかない。 コロナでは発熱外来や待機期間など、時間があったのにやるべきことをやってなくて、感染が広まるたびに表面化してると思う。


48

限定出荷とか、調整されると処方箋を持って薬局を探し回る羽目になるんだよね。 あれどうにかならないのかな? 子供のアレルギーの薬が一時同じ事になって、かかりつけのチェーン店薬局行ったら無くて、データベースで近隣の店舗まで探してもらっても無く、個別薬局も無く、別のチェーン薬局で探してもらったら5km遠方の店舗にあったので確保してもらった事があります。 次に病院に相談したら隣の敷地の薬局にはあるよって言われたけど、結局そこも無かった。


49

なんか、熱でたらすぐ薬飲まなきゃ!な思考なの?世間は? たとえ一時的に40度出ても、少しして自然に下がってくるようなら飲まなくても大丈夫だよ。ずーっと高い熱が続く時だけ飲めばいいんだよ解熱薬は。 37度程度でも飲む人もいますよね。熱が悪者みたいな考え方なのかな? とにかく熱下げればいいと思ってる人、多くない?


50

前列のない勢いで全国的に感染が拡大しているのに過去の前列や慣例、減点主義の評価によって塩野義の軽症者、中症者向けの治療薬の承認が後回しにされている。審議会メンバーは薬剤のプロかも知れないが医療現場の逼迫を数字でしか理解していない。現場を知っていれば取りあえず最善の策として認め、その後期待以下であれば承認を取り消せば良い。そのための新たな承認制度だったはずなのに… 感染拡大、経済活動の停止を目の当たりにしながら日本の薬剤専門家は…


 


 


51

そもそも解熱剤って、別に治してくれる薬でもないのになんでそんな飲むのか分からないです。どうしても寝れないとか子供が辛すぎて休めないときにのみ必要。市販の薬買うのとかも、ただ症状和らげるだけ。ウイルスは細菌と違って解熱剤や市販の薬では減らない、自分の免疫力で治るのを待つだけという基礎的な知識を国民に広めるほうが良いのでは。あ、でもそんなことしたら町医者儲からなくなるから広めないのか!!


52

今日調剤薬局に行きました。 風邪薬系ではないですが薬が不足していて在庫も無く問屋からも少ないと説明されました。 私が待っている間も、いつも飲んでる薬が他の調剤薬局に無く他で断られたという方が相談に来てました。 なんの薬かは知らないですが、色んな薬が不足しているのかもしれないです。 鎮痛剤は飲み合わせの関係でアセトアミノフェンを薬剤師さんには推奨されてますが、無かったら他のでも良いと言われてるから臨機応変に対応しようと思ってます。 薬で不安があるとすぐ薬剤師さんに聞いてしまってます。


53

同じ解熱鎮痛剤と言ってもカロナールは解熱がメイン、ロキソニンやイブは鎮痛作用がメイン。 熱と痛みはどちらを優先して抑えるかによって変わるから、飽くまで発熱に関して後者は代用程度と考えるべし。


54

この情報でまた買い溜めに走る人もいるでしょう。 必要な人が必要な時に買えるよう、メディア等も配慮する必要があるのではないでしょうか。マスクやトイレットペーパー等が不足した時の経験を活かし、効果的な情報公開がされるよう願います。


55

病院でよくもらう薬だが、かなり余ってる。 正直言うと痛み止めというのは、その場しのぎの為のものだから、ほんとに必要な時しか使わない。痛み止めに頼るのではなくて根本的な治療が大事だと思う。なので、カロナールが不足したところで大事には至らないと思う。


56

お願いだからこれで「欲しいから」程度で病院や薬局に殺到しないで下さい!! 少なくなったと聞くと必要もないのに欲しがる人がいるのが困る。 カロナールには抗炎症効果が無いので、効かないなぁと思うことも多いかも。 他の解熱鎮痛剤でもいいんじゃないのかなぁ。 そもそもカロナールに限らず薬自体がほぼ出荷調整がかかっている状態なので、無駄な受診自体コロナ対策の観点からしても止めて下さい!


57

ウイルスが体内に侵入したら免疫機能が働いてウイルスをやっつけるために熱が発生するんじゃなかったっけ?薬に頼ってばっかりだと本来持っている免疫力は低下しないのかな。ワクチンも薬にも頼らなくていいように自己免疫力をあげる記事こそあげてほしい。


58

陽性者への処方は公費負担。 とはいえ陽性者本人に薬局に行けとも言えないだろうから、他の解熱剤もしくはジェネリック選択の余地もなく、必然医者がカロナールって言ったらカロナールにならざるを得ない。 もう少し対処を柔軟にすれば 供給は安定するのでは。 これは、医者が悪いんじゃない。 制度が不器用すぎるんだと思います。


59

カロナールは副作用が少ないので、不特定多数の患者に配るには最も適しています。ただ、普段から服用している解熱鎮痛剤があるなら、それで問題ないですし、ロキソニンでも副作用が出ない方は沢山います。 こう言った報道があると、必ずカロナールでなければならないと勘違いされる方もおられるので、そう言った事もしっかりと強調していただきたいです。


60

検査薬もカロナールも不足ですね。夏にコロナが感染拡大することくらいこの2年でわかってたはずなんだから。各家庭に配布しておいても良かったくらいだよな、岸田さん?冬はもっと厳しいのか来る可能性大きいよね、経験値としては。今から準備してくれ!


 


 


61

現在コロナ中で39℃近い熱が出てますが、カロナールだとあまり効かずに市販のEVEがちょうどよく効いて37℃ぐらいまで下がって頭痛も消えてくれます。 しかも効果は半日以上続いてる感じなので、カロナールにこだわらずとも、人それぞれに合った薬がわかればそれでいいのではないかと思います。


62

当初からの日本のコロナ防疫度?の状態から欧米から日本は大変な事になると予想されていたが約束の様に現実になってしまった。 欧米の予測は余計なお世話と言えるぐらいの処置を政府がとつているものとほとんどの国民は思っていたはず。 当初から現在まであまりにも欧米の予想通りと言う事は対策に問題があったということか。


63

カロナール、妊婦の時に水疱瘡になった時に処方してもらいました。 (水疱瘡の薬は、赤ちゃんに影響ある可能性があって飲めず、高熱の苦しさを和らげるため) 妊婦さんや子供でも飲める解熱剤なので、足りないなら、妊婦さん・子供に優先的に回して欲しい。 解熱剤の種類によっては、子供が飲んで死亡って事例もあったので。


64

コロナには今まで感染していませんが、 例えばインフルの時など、 私にとっては苦しまずに体力を温存して楽になる事が最優先なので、 処方のアセトアミノフェンで効かなくて、 辛ければ、真っ先に自宅にあるロキソニンを飲みます。 心配であれば自己責任で漢方の胃腸薬と一緒に飲みます。 熱を下げすぎるのも良くないとは聞きますが、 体力を消耗する事と天秤に掛けて、 私ならロキソニンを選びます。 ロキソニンダメとか言ってたら歯医者に行けないですよー…。


65

ワクチン接種前に用意したのとか微熱で検査受けて使ってないお薬が家に置きっぱなしだけど、そういう人はたくさん居るんじゃないかなあ?自宅にある薬を持って受診するとかにして問答無用に処方するのをやめたらいいんじゃないだろうか?


66

我が家は家族3人全員が順番に発熱した為、昨日、発熱外来でPCR検査を受けてきました。 未だ結果は不明ですが、陽性を見越して3人️3錠️10日🟰90錠のカロナールを処方されました。 実際には私も長男も症状のピークは過ぎてしまってますので大量のカロナール錠は不要となります。 こーいうの見直せば不足する事はないと思われます。


67

カロナールの出荷調整、まあいつかは来るような気はしてました。 現場の大抵の人間はやっぱり…という気持ちがありそうですね。 今、本当に色んな薬品の出荷調整、メーカー欠品ありすぎて、現場は色んな既存患者様の薬の確保のためどこも必死だと思います。 勤め先は、プランルカストの採用品の在庫確保が全然安定しなくて…3ヶ月以上前の発注残分が最近最小包装単位で1箱入ってきました。今はもう普通に納品されていますが、少し前のライゾデク配合注フレックスタッチの出荷調整・停止の時は定期で来られる患者さんの処方分をかき集めるの、本当に大変でした。 カロナールの出荷調整、長引かないといいですね…大変なことは百も承知ですが頑張ってほしいです。


68

カロナールは肝排泄、ロキソニンは腎排泄なので、腎臓が悪い人はカロナール一択になってしまう。子どもや高齢者でも比較的副作用が少ない。そして、薬価は安い。 効き目はやはりNSAIDsよりはマイルド。特に高齢者は膝や腰の痛みでカロナールを毎日内服してる人が多い。(一包化されて、何がどの薬か分からない…)こうした理由から、日常的にカロナールが、処方されることになったけど、今後はそうもいかないのか。 せめて腎関連の疾患の人には優先してほしいですね。


69

医師です。 カロナール(アセトアミノフェン)の出荷調整は非常に問題です。 ・気管支喘息(の既往) ・鼻茸(鼻ポリープ)や慢性副鼻腔炎(蓄膿) 上記がある方で、今までロキソニンなどのNSAIDsを使ったことがない方は、アスピリン喘息による発作で致命的になる可能性があります。 今までそれで数時間の間に気管挿管が必要になった患者を何人も診てきましたが、コロナ禍で救急受診が難しくなると、助かる患者が助からなくなります。 気道に詳しくない医師が詳しい問診をせずにロキソニンを出す可能性がありますので、皆様ご注意ください。


70

さっそくニュースでやってから今日は高齢の患者がアセトアミノフェンの処方せんを持ってきました。 1人2人じゃないです。 ニュースでやってたし、これから何かあった時に持ってないと不安だから処方してもらったって皆さん言うんです。 引きました。 ニュースでやると余計納品されなくなりますし、薬剤師もTwitterで騒がずに静かにしていればもっと割り当て多かったと思いますよ。 全メーカー今朝からすっからかんだそうです。 アセトアミノフェンに限らず、あと何年耐えればいいの?ってくらい薬局は多くの薬剤の品薄対応に疲弊し続けてることを国も考えてほしいです。


 


 


71

カロナールが供給できないくらいなら、穏やかな行動制限を実施しましょう。 週に2回の在宅勤務であるとか、店舗のスタッフの間引きとか。もちろん、非正規でシフトが減る人には国が相当額を企業に支給し、所得補償するとして。いっそ、マイナポイント制度で登録を推奨した口座に直接振り込みも良いかと。


72

ワクチン3回目接種を3月半ばの段階で打ちました。3回ともモデルナ製です。 カロナール、接種した先の厚意もあって受け取り、飲みましたけど、2回目までならともかく、3回目は飲んでもそんなに効きませんでした。 結局、薬局やらドラッグストアで買った別の頭痛薬の方が効きました。 ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、あとはノババックスとか、ワクチンでさえこれだけいろんな種類があって、個人差によって合う合わない、向き不向きもあるのだから、その解熱剤や頭痛薬などだって個人差があるのは当然だと思います。 「熱さましならカロナール」みたいな風に認識させようとするようなのもどうかなと。 ドラッグストア行った時なんて、熱さましなんて腐るほどいろんな種類があったし。


73

一般名の方でどうぞ。ですね。 あと、こう言うのは知恵として、手元に置いといて安心するようにすると足りなくなって、適切な管理者にいつでも引き出せるようにしておくと大丈夫だったりするものですよね。 不要になった時にメルカリなどで他の人にあげられないものだから、備蓄は慎重にね。 必要になった時にネットで届けてもらえる薬局やネットスーパー的なものができると良いのだけれども、上手いこと実現してないかな。


74

アセトアミノフェンは一般名【元 】だから、商品名のカロナールではなくても他のアセトアミノフェンの商品を探せばいいだけだから大丈夫だ。 ただ小児科の処方に対して足りなくなるのは発熱性の脳症など防ぐためには、ちょっと融通してもらわないと心配だなとは思う。 まぁ卸会社の努力もあるから今後も大丈夫だと信じたい。


75

カロナールだけじゃないよ コロナ禍になってからありとあらゆる薬剤が品不足で出荷調整 春から感染者が減ってきていたからってコロナの検査キットでさえ製造数を減らしたから今や検査キットすら出荷調整 熱が出ても発熱外来に受け付けて貰えないだけじゃなく、そのうちコロナかどうかの検査もすぐにはやって貰えなくなるかもしれない状態 メーカーは儲けばかり考えてないでもっと製造するべきだし、人々は感染しないよう十二分に気をつけるべきだ


76

カロナールは確かにアスピリン系より安全で子供や老人にも優しい解熱鎮痛剤だけど、素人考えで安易に服用すれば肝機能障害を起こすこともある。 私は以前カロナール服用により黄疸が出たことがある。 何も分からずカロナールにすがり付く? コロナ感染やワクチンの副作用が怖いのは理解できるけど医者の処方のみを過信せず自分の身体に合った薬選ぶくらいの知識もってほしい!


77

今ねぇ~帯状疱疹の後遺症としての神経痛の緩和薬として カロナールを処方されて居るけど正直、効かない。 胃薬などの同時服用が不要と言う点に於いてのみ優位性が 有るかなぁ~と言う感じですが。 継続的に飲む必要が無い場合や胃薬などと併用すれば他の 解熱鎮痛剤でも良いんじゃないかと思うが。。。


78

冷静に。アセトアミノフェンで熱が下がるという事はインフルエンザ以下ですよ。暗に恐れなくてもいいと言っているようなもん。 サリチル系の解熱鎮痛鎮痛剤はインフルエンザには危険なので、服用しないように言われています。コロナにはそんな注意事項ありますか?アセトアミノフェン飲んでもインフルエンザには効かないと聞いた事があります。効いてしまうコロナウイルスってどうなんでしょう。 コロナ禍前、ドラッグストアに風邪に即効性のある薬下さいと真顔で聞いていた客がいましたが、風邪に特効薬はありません。免疫力の向上が治すのです。それを知らない人が多く本当に嘆かわしい。今コロナ禍で恐れている人、PCR検査を受けたがる人はまさに即効性ある薬下さいと頓珍漢な事を言っているのと同じです。


79

勤めている薬局も、今日発注したカロナールが品切伝票でした。薬剤師さんいわく、イブプロフェンやロキソプロフェンがダメなのは妊娠中の方や小さな子どもさんや、腎臓などどこか悪い人で、普通の大人ならカロナールでなくても大丈夫だそうです。 医師も患者さんが妊娠中でないか、持病がないかなど確認していると思うので、コロナ感染やワクチン副反応の処方箋全てをカロナールにしないでいいのでは?と思いますが、今のところほとんどがカロナールの処方です。 うちの薬局でもいつ足りなくなるか分からないので、カロナールは他が飲めない必要な方に出すようにして、処方箋は患者さんによって臨機応変にして欲しいです。


80

現場からのリポートです。今日現在です。 現状、カロナールだけではなくアセトアミノフェンの錠剤はすべて薬剤問屋のコントロール下になっております。 ただ、カロナール含めアセトアミノフェンの細粒(粉)はなぜかコントロール外なので普通に入荷出来る予定です。 子供が服用する分はほとんどが細粒なのでご安心ください。 とはいえ報道されてしまったので、明日以降、あらゆる医療機関が細粒までも買いあさる可能性もあります。 医療機関はコロナ後、こういった急な在庫不足に困っているので自己努力で買い漁って余らせるまでがセットです。


 


 


81

アセトアミノフェンさえ服用できれば解熱は出来ます。そして、アセトアミノフェンを含む薬は他にもたくさんあります。ノーシンなど頭痛薬として知られているものもその一つです。で、よく読めば、頭痛止め(鎮痛)だけではなく、解熱にも効くと書いています。なんで「カロナール」が推奨されると、日本人はそればっかり求めるのでしょうね。これ、海外から見ると非常に恥ずかしく見えることの一つです。日本以外の国では、痛み止めならアセトアミノフェンのように痛み止めに聞く成分名を薬局で言います。アレルギーなどの考慮すべきことがあったら、それも相談しながら薬を求めるのが世界の常識。だから、薬の製品名じゃなく、成分を皆知っています。製品名や書かれている用途が異なっていても裏面を見るとほぼ成分が同じっていう薬意外と多いですよ。日本人って医学の教養レベル世界でも一番低いんじゃないかな?


82

先週半ばからカロナールの注文が前年同月比で3倍にまで急増する日もあり、原薬は調達できていても製品化する工程が追い付かない状態。 アセトアミノフェンは感染症だけに使われるわけではない。整形外科領域では副作用が少ない鎮痛剤としても極めて広く使われている。早め早めに手を打たないからこういうことになります。


83

医薬品の負の側面といえばコロナワクチンの副反応ばかりに目が行きがちですが、カロナールもごく稀とはいえ多形滲出性紅斑やStevens Johnson症候群などの重い副作用が起こる場合があります。カロナール=安全、品薄=大変、という単純な図式を刷り込まれるのではなくどんな医薬品にも有用性と危険性があることを理解し、有用性・危険性どちらが自分にとって優先されるべき場面なのか医師や薬剤師ともよく相談して冷静に適正使用することが肝要だと思います。


84

我が家の旦那さんは3回目のワクチンで40℃の熱が出ました。 家にたまたまカロナールあったので飲んだけど全然効かず。 時間空けて、常備薬にしてたイヴ飲んだら解熱した。 カロナール、体に負担はかからないのかもだけど、若くて(アラフォー)健康体ならカロナールに限定しなくていいと思う。


85

カロナールが無いのであれば、高熱を出している患者を前にして、多少のリスクがあっても短期間であれば他のNSAIDS を出すしかないですね。あすか製薬は24時間体制で量産しているというので、頑張ってもらうしかないです。


86

コロナが流行り出した頃に、コロナにはイヴプロフェンではなくアセトアミノフェンが主成分とした解熱鎮痛剤を使った方が良いと言われていましたよね。で、万人が使いやすく安全性からカロナールが良いって言われてた。コロナ禍でも初期以降はずっと普通に買う事ができていたんだから、みんな備えておけば良いのに。


87

コロナールも合う人もいれば 改善されない人もいます。 あまりに、高熱だっなら、 自分にあったものを、使うべきです。 他の病気で常時服用している薬があるなら、 相性があるので、薬剤師さんに確認のもとが、いいと思います。 高熱が、あまりにも何度も続く方が後遺症が残ります。 そのせいで人それぞれちがった後遺症になるケースもあります。


88

今、コロナで自宅療養中。 解熱にカロナールが効くか実感なし。 夜半39.5度になった時点で、疼痛で以前処方されたカロナール500mgを2錠服用して就寝したが、朝、測ると39.5度のままであった。 朝食後、同じくカロナール2錠服用。 発熱外来の予約アタック、数時間後、翌日の予約が取れて気が抜けたように2時間ほど睡眠を取ると大汗をかいて熱は37.5度まで下がった。しかし、また日が落ちてくると熱が上がって来た。 翌日、発熱外来で陽性確認。カロナールも処方されていたが、1回200mgが2錠だった。喉の痛みが酷かった為、ロキソニンを服用し、カロナールは、母の主治医に相談して発熱してきた母に譲った。 ロキソニンで翌朝は平熱、日中も微熱で有ったが日が暮れると39度が4日目です。 とは言え…カロナール、あった方が安心なのよねぇ…コロナ前は、必要なら譲ると友人に伝えていたけど…


89

元々頭痛待ちで家にカロナールが沢山あります。 3月にコロナになり37度くらいの軽い熱症状が出ました。 発熱外来でPCR検査受けた際、当たり前のように総合感冒薬と葛根湯を処方され、サラッと『カロナールも出しておきまね。』 と言われましたが、飲みきれないほどカロナールがあったので、お断りしました。そもそも、大した熱でもないのに解熱剤なんて使いません。体温は伝えておいたはずです。 医師の意識から変えていかないと、本当に必要な人に薬が行き渡らなくなります。 結局、風邪(コロナですが…)は寝てれば治るので、風邪薬も葛根湯も不要と言えばよかった。 薬代がもったいなかったです…


90

感染者数もさる事ながら、発熱症状が発症している人が多いという事をもっと公表すべき 殆どの人はBA.2のように感染者だからといって症状はあまり無いという事を想定していそうだ BA.5はインフルエンザ近い発熱を伴う発症率が非常に高く、高齢者など熱だけでやられてしまう可能性も高い かかっても、どうせコロナでしょ?みたいなものでは無い


 


 


91

現在コロナで自宅療養中です、発熱時に飲むようにと頓用でカロナールを処方されましたが、私の場合喉の痛みだけで発熱も世間で言われているようなコロナの症状もでなかったので処方されたカロナールはほとんど残っています。今後、何かの時の為にストックしておいた方が良いのでしょうか?


92

自宅に解熱剤が無いなら処方もらわないといけないかもしれませんが、もしあるなら断っても良いんですよ。身体が辛い中で薬局に寄らなくてもいいのです。 今までの残りが結構あったりしますので、自宅の残薬確認しておくと良いです。私はお薬出しておきますね、と言われた時に断ります。 むしろ薬もらわないといけない状態でなければ受診も必要ないですけども。 証明の為に受診してるような人もいるでしょうが、薬必要無いのにもらってしまっていませんか?


93

アメリカでの話ですが,コロナ禍の初期は解熱にはアセトアミノフェンのみが推奨されましたが,今は,イブプロフェンも推奨されています. また,アメリカの市販薬の1錠は500mgなので,日本の市販薬は1錠150mg程度らしいので解熱効果はあまり期待できないかもしれません. 強い効果が必要なときは,1回2錠(1000mg)を飲んでよいことになっています.日本なら市販薬で1日分の量を1回で飲むことになる量です. なお,日本でも医師が処方すれば1錠500mgの錠剤を買うことができるそうです.これは,自己責任の国と,医師が責任を負う国の違いでしょうか.


94

知り合いがロキソニンでは改善しにくいと話していました。 コロナで39度近く熱が出て、ロキソニンを処方されたが1週間近く経過して、いまだに熱が上がったり、下がったりするらしい。 国が定めた待機期間は過ぎていても、病状が芳しくなく、まだ出社出来ないらしい。 コロナは症状に個人差があるのだな、と思った。 ロキソニンが効く人もいるでしょうが、そういう人ばかりではないらしい。


95

「カロナール」は今回のコロナウィルス禍が始まって以来我が家の事実上の常備薬になっています。 尤もこれを服用したのは、過去3回受けた「コロナウイルスワクチン接種」に引き続く発熱の時だけでした。 それ以外には通常のインフルエンザにも風邪にも罹らなかったので、今でも十数錠が残っています。 まあ何とか「買い足し」をしないで今回のコロナウイルス禍を乗り切りたいと思います。


96

カロナールは作用が穏やかで腎機能が低下している患者さんに鎮痛・解熱剤として処方されるケースが多いと聞きます。 経験的に言えばあんまり効かないというのが実感です。 いいなと思ったのがロキソニン、ロキソプロフェン。市中のウェルネスで売っています(薬剤師対応)。 医者の言うにはロキソニンなどは腎臓が弱っている患者に対しては良くないので、作用が穏やかなカロナールを出すようにしているとか… イブプロフェン系もカロナールよりかはいいかな…と…いう感じです。 市中の薬屋で売ってますが、適応外や副作用に注意する必要があるということです。 尚、解熱・鎮痛用ではありませんが、新型コロナ対応でIVM(イベルメクチン)ということがいわれてますが、厚労省は否定的で現場の医師も勧めないでっしょうが…自己責任で…ということしか言えません。海外の代理店があり通販で買えるそうです。家畜用のはダメです。


97

タイレノールがカロナールとほぼ同じかと…40度近く熱が出たら、飲めない体質の方以外はしのごの言わず解熱剤は飲んだ方がいい。薬に頼っていい。 後、熱以外の症状がある時の総合感冒薬だけど、糖尿病の気があるからパイロン以外の感冒薬は飲まないようにしてる。 どの解熱鎮痛薬でも同じだけど、注意書きは確認しよう。


98

国内メーカーの薬承認については被験者の人数の問題もあり治験が少ないので 承認が遅れる。ではファイザーにしろモデルナのワクチンは本当に安全だったのか?アメリカ国民がワクチン接種しない人がかなりの人数いたにもかかわらず・・・ 薬なければ感染者は増え、それに比例して死者数も増大し医療崩壊へとすぐに導かれる。そうなればそれこそ救える命が減る。 それであれば、リスクや効果が不透明でも治験が済んでない未承認の薬だと患者に周知したうえで、医療を受ける患者に選択させればよい。 事実、ワクチン接種でさえ、打てない人を除いて打たない人いるですから。


99

我が家みたいな、低学年を筆頭に子供が3人と妊婦がいる家庭にとっては不安な報道です。。 家族が多いと、家庭内感染しやすいですし、みんな次々に高熱を出したら、消費しやすいですし… どうか必要な人に行き渡りますように。


100

腎臓病など患った人はロキソニンとかは辞めたほうがいいですよ。 腎臓って一度患って弱ると病気は治っても腎機能としては弱ったまんまで全回復はしないですから。 急性腎盂腎炎を患ってからやっぱり主治医に言われましたから。何かあると腎臓負担が少ないカロナールの処方になってます。 後、免疫抑制剤も使えなくなる場合があります。 自分は血液細胞を増やす為に免疫抑制剤を使って過剰反応してる免疫を一旦低くする為に使ったんですが事前説明で急性腎盂腎炎の事を言われましたもん。 もしかしたら腎機能障害出るかも知れんから一週間単位で検査しようって。案の定2週目中盤で腎機能障害出て辞めましたから免疫抑制剤は。 ついでに言われたのが白血病へ進化進行した場合、 免疫抑制剤治療(骨髄移植)は出来ないと太鼓判押されちゃいましたからね。