最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

国際秩序主導、中ロに対抗 日米、次世代半導体で結束 「経済版2プラス2」初会合

 

 【ワシントン時事】日米両政府は29日、米首都ワシントンで外務・経済閣僚による「日米経済政策協議委員会」(経済版2プラス2)の初会合を開催し、覇権主義的な動きを強める中国やロシアを念頭に、「ルールに基づく国際経済秩序」を主導すると明記した共同声明を採択した。


ニュース速報

 

 イイネ

1

これ小さいようで割と大きな話だと思います。 80年代の日米半導体協定以降貿易摩擦の問題という名の日本叩きで日本国内への投資というのを避けてきた面があります。結果日本から生産が韓国台湾などに逃避しました。 その結果日本企業自体も衰退してきたのですが貿易収支も赤字化したこともあり、また韓国の立場が西側から離れつつあることもあり米国の見方も日本叩きから脱却しつつあると見ることが出来ます。中国陣営に取り込まれるよりはという感じでしょうか? ルネサスやエルピーダなどを見てもわかるように斜陽化してしまった以上これですぐさま日本企業が躍進と言うのは難しいかもしれませんが経済環境としては少し好転したということではないでしょうか?


2

国内生産体制構築は喜ばしいのだが 上海電力なんとかしないとソーラー発熱の1/3 握られてるのは、生産活動にも影響を与えかねない アメリカは気づいてるのか? 日本政府にプレッシャー与えてくれたらいいのだけど現実的な脱却手段はやはり原発で安全性の取れているところは順次稼働させていって電力に余裕を持たせて上海電力の影響力を弱める方法ぐらいしか思いつかない 上海電力は誰が手引きして日本に連れてきたのか?はっきりさせといた方がいい気がするな、確実に協力者がいるしこれスパイ防止法がある国なら確実に逮捕されていると思う 今後電力問題等がこの取り組みに水を注さなければいいのだけど、、、


3

完全に中国を仮想敵国と認定しましたね。初撃を受ける韓国台湾に半導体生産拠点が偏在しているのは、地政学的に非常に不味い。半導体協定で日本の半導体産業を衰退させて韓国台湾に移管させたアメリカの政策転換ですね。グローバルサプライチェーンの終焉の始まりです。経営者はそこを間違えない様にしないと大変な事になります。国内への生産拠点回帰が国策となる可能性が高いです。自国インフレ対策の為もありますが円安ドル高容認されていますし、間違いないでしょう。


4

日本で半導体生産が定着しないのは投資コストの大きさが根底にあると思っています。 現状TSMCなどの大手生産企業では、毎年のように新しいプロセスに移行しており、仮に日本が多大なコストを掛けて5nmを完成させたとしてもその頃にはTSMCは更に微細なプロセスに移行していて追いつけません。 国防のために採算を無視して税金を投入するにしても毎年のように大金が必要とされ続ければいずれ限界が来ますし、独力では無理なのでアメリカとの協力は必要不可欠かと思います。


5

半導体ビジネスは大量投資が事前に必要になる。 さらに、湯水のごとく投資を続けないとプロセスルールの微細化に間に合わない。 日本企業が独力で行うのは荷が重いが、それこそ国策かつ米の援助があれば何とかなるかもしれない。 半導体製造装置等の技術はある、今からでもやろうと思えばやれるはずだ。 円安傾向であり、工場の国内回帰を行う絶好のチャンスである。 この機会を逃す手は無い、今後の日本における主幹産業を構築を。


6

軍事面・経済面含めて、日米は協力すべきだと思います 80年代の日米半導体協定からの経緯を一切無視し、完全な対米協力など無理ですが、最先端の半導体技術開発には兆単位の資金が必要で、もはや独力でこれを行い中国に対抗する事はほぼ不可能だし非効率的です もう一つの問題はどの国々を仲間に引入れるかという事ですが、歴史問題など政治問題を勘案せずとも韓国を引入れる事は非常に危険です。せっかくの中国外しを行っても、将来的に韓国がまるっと寝返る可能性は否定できないのですから。 米日台を中心とした連携と結束の枠組みが安全保障上も資金効率上も最も有効だと思います


7

日米半導体協議で、当時世界一だった日本の半導体産業を壊滅させたのはアメリカ。それをまた日本に半導体産業戻して中国と対抗するとかあまりにも自分勝手ではないかなアメリカさんよ。しかし、重要な産業基盤の生産拠点が日本に帰ってくるのはいいことなので、日米台でサプライチェーンを構築して対抗しましょう。


8

中国が仮想敵国という事だが、台湾侵攻の可能性を踏まえて経済だけで無く、軍事力にも力を入れるべき。ウクライナの二の舞にならないためにも憲法改正と軍備拡大を行うべき。アメリカなどいざという時行動してくれるか分からない。日本は日本自体で守るべき。もはや国際情勢は平和では無い。 理想を言っていてもきりが無い。早急に軍備拡大・憲法改正を行うべき。


9

今更手遅れではある。 クリントン、オバマ政権、また日本の30年間において国策により極めて多くの技術及び技術者が中国に吸収されてしまった。 この危機はまさに西側が生み出したのであり、中国はこのような反動が生じることは当初から予想している。 それ故、もはや西側の技術支援など不要となっている。 そして技術と開発を支えるのは資金であるが、まさに中国が成長したのは資金を西側が供給し続けたからであり、それは今後も変わらない。 前世紀は宇宙開発が技術開発を牽引し、それはソ連が西側に先行していた。 中国は宇宙技術はすでにほぼ過去の技術を吸収しており今世紀はネット技術が技術開発を牽引する。 そして技術開発は多大な資金を必要としており、西側はEU、米国、日本が協働しているが、中国の資金力は莫大であり引けを取らない。 技術の水準は政治が決するという極めて当然の事実にようやく向き合うことになっている。


10

きちんとした民主主義国家で重要産業のサプライチェーンを構築しておく事はとても大切な事。国内での成長産業に繋がれば雇用にも結びつくし、規模が大きくなればより多くの恩恵にも繋がる。こういう事に税金は使ってもらいたいね。


 


 

TESTING130


11

半導体でリードしていた日本を一度破壊したのも米なのだから、日本は相手の腹の中を想像しながらもっとしたたかに、そして戦略的になるべき。


12

低賃金を求めて中国・アジアに進出したあげくに今のような半導体不足。低賃金もそろそろ終わりの様子。日米がこれまで経験してきた産業の空洞化現象が今につながっています。今後は日米で資源・エネルギー・工業製品・先端技術をひっくるめて管理する体制をつくってほしい。コストが上がるのは分かっているが、日本の物価もあるべき水準に進むだろうし、それが賃金の上昇にもつながる。非中国体制でいきましょう。


13

新しい半導体の開発は経済に留まらず国際競争においても非常に重要だと認識しているが、並行して防衛力を備えることが重要だ。国家が存続ができてこそ他のことを考えて力を注ぐことが可能と考えるなら防衛力強化の方が半導体以上に重要かと思う。バイデンと習がオンラインで話し合ったそうだが、どうも米国の方が弱気に感じる。他国に関係なくどんどん軍事力を強化し宇宙にまで米国を追い抜くことに力を注ぐ中国に勝てないと米国が感じ始めたのだろうか?民主主義国家と専制主義国家の相違は、何事においても民主主義国家が前に進む時は野党や国民の抵抗にあうことから思うように進めないが、中国などは今日決めたことを明日には決めたことを実際に行うことができるのだから、この先において米国は当然のこと、日本などは消え去る可能性がある。特に日本は政治家に問題が多すぎるため途上国にさえ追い越されるだろう。


14

国策を何度も誤り半導体工場を壊してきた連中の排除を先にやるべきです。 米国が技術を日本と共用するはずもなくTSMCに流れないように用心しているはずです。 心中派の権化みたいな人が交渉に入って大丈夫か?と日本人が心配しています。


15

失った信頼を取り戻すのは難しい。日本人技術者が日米政府や経営者を100%信頼し、本気で力を合わせて取り組めばまだなんとかなると思うが、過去に受けた仕打ちを思うと到底そうは思えない。また使い捨てられるのか、と言う不安は拭えない。そうなったら、また日米の10倍の待遇でもてなしてくれる国に技術は漏れていく。半導体は少なくとも資本主義社会では、そういう「人間の感情」の問題だと思う。


16

昨日プライムニュースで米国から梯子を外されることへの懸念を話してる経済学者がいました。確かに田中角栄の頃は日本が米国と経済で戦っていて政治的にはやられ放題でした。今の状況とあの頃の状況は違う事と米国以上に中国から梯子を外される可能性の方が大きいという事を忘れてはいけないと思う。複合機の問題でもありえない要求です。自由経済ではない。どちらかがマシか、より日本にとって有利か、日本の自由経済というものに近いか。どれをとっても中国と組む要素はない。米国も西欧も自国中心です。でも価値観が近いし、正義にも近い。経済安保を考えれば米国だって台湾や韓国より日本の方が安心です。思想的にも地政学的にも安全です。一定量は日本と組む以外に選択肢ないんだと思う。今の経済界は中国に未練たらたらです。機微技術以外は中国と仲が良くても問題ありません。自動車EV技術・半導体・蓄電池・太陽光発電・新幹線みんな取られました。


17

半導体の世界は、判断力の勝負です。 ・いかに思い切った設備投資ができるか ・原材料(ウエハ、ガス、バルブ、配管など)を確保できるか ・優秀な人材を確保できるか(設計、生産ともに) が非常に重要です。 これからもメモリ、イメージセンサー、パワーデバイス、ディスプレイなど需要は広がる一方で、競争も激化していくことでしょう。 米国はよくわかりませんが、日本はコロナ対応一つ見ても判断する能力がない。リーダーシップがない。半導体で覇権を握っていたのも、遥か過去の話。そこから復興の兆しもない。 まあ、中国に負けるだろうなと思います。


18

これからの国際秩序形成は世界最大の民主主義国家であり世界最大の人口14億人を抱えるインドとの戦略的互恵関係強化を早く築いた国が有利だと思う。 米国との競争は共走に変化しそこに同じ価値観を持つ国々の参加で同盟ベルトを形成すべきである。


19

国際秩序主導、中露に対抗 日米、次世代半導体で結束… 現在 、IPEF には14カ国が加盟申請をしていますが、中には中国やロシアに忖度する韓国やインドも含まれており、決して「中露に対抗」で、一枚岩とは言えないのではないでしょうか。 また、日米が主導して中露包囲網を構築することは、「経済安保」という観点からも理にかなっていると言えますが、IPEFを正常に機能させるためには、参加国の「選択」を慎重に見極める必要があると思います。 日米などの革新的な先端技術が、中露などの専制国家に流れることを防止するという意味でも…


20

半導体に限らずだけど、 中国、韓国、台湾にさまざまな分野で追い抜かれてもそれを傍観しながら、一方で経済成長のための長期的な投資を行ってこなかったのが日本。 むしろ、基盤となる学術分野の予算を減らし続けているのが日本。中国も、アメリカもテック系スタートアップの多くが大学から出ているのに、そのことを知っていてなお予算を削り続ける。うわべだけ大学発スタートアップを増やすとか言ってるけど、金も政策も有効なものになってない。全部場あたり的、ただのやってます感アピールするだけ。本当に意図的に国力を衰退させているとしか思えない。 今回宗教団体との癒着が噂されているけど、いろんな議員の発言を聞いていると、既に洗脳されてるんではないかと思わされる発言が多い。政治家も宗教団体も、国民が馬鹿であればあるほど活動しやすいからそのような状況になっているのかもしれない。


 


 


21

甘い。アメリカはそんなに甘い国ではない。かつて日本の半導体産業が強かった時に、なぜアメリカは日本を叩いたか? 経済的な面よりも敵国・ソ連との戦いの戦略上日本を叩くべきだと判断したからだ。 つまり、高い技術をもった日本がソ連と組むのを恐れたのだ。地理的にも歴史的にも日本はソ連とのかかわりが深い。日本はアメリカの同盟国だがアメリカは昔も今も日本を信頼していない。 中国の台頭にともなって新たな戦略で中国と対峙しなければならないアメリカは日本を抱え込んでしまう道を選んだ。それが今回の2+2だ。 日本が中国と組むとアメリカは困る。日本を叩きすぎた反省もあって日本ににじり寄ってきているのだ。何を今さら勝手なことを言うのか、と思うが、これを機に日本はかつての輝きを取り戻すべきだ。 ただ、自己犠牲をいとわない労働者や技術者が日本にいなくなったのが気がかりだ。復活の道のりは遠い。


22

これは下手すると日本メーカー内でも勝ち負け、優越が明確に分かれるように思う。 装置メーカー然り装置を構成するFA機器、部品メーカー、原材料に化学メーカー等々未だに中国寄りのメーカーは、設備投資然り人材交流、技術移転も日本国内よりも中国がメイン。 未だに、出向者すらも日本国内で使用していた技術情報も満載のパソコンを日本に置いていくでも無く中国の出向先に持ちだしている。 そのようにリスクある企業が先進、先行的な技術を第三国に漏洩させないとは思えない。


23

技術もノウハウも全て捨ててしまったのにどうやって立て直すんでしょうか? かって半導体を作っていた技術者は中国へ行ってしまってますし、 優秀な学生も学ぶ事がなく賃金も半分以下の国内のメーカーなんて見向きもしないと思います。


24

ウクライナ侵攻で、アメリカの残酷さは十分理解できたはず。 彼らはあくまで自分たちの利益だけを追求する 日本は米国と距離を置く必要がある


25

今こそ日米だけで協力して強力な半導体商社と工場を作るべき。 もう日本のコストは高くはない。 他国を入れるとサプライチェーンや足並みが乱れる。 安定した日米友好提携機関を作り、経済や防衛をより強くして欲しい。 日本は国主体で特定した場所に工場誘致して新しい街と労働環境を整えて、経済建て直しをして欲しい。 いい加減利権争いはやめてくれ。


26

日米が行う高度の半導体開発は極めて重要なことと思います。日米同盟は軍事連携に限らず半導体をはじめ民生用高度技術の開発においても最重要の課題であり、そのための技術漏洩、盗難を防止するためにも米軍接種地内もしくは接収解除地で行われるべきであり、横浜の神奈川区瑞穂ふ頭周辺地域が適切であると思います。ここに日米互恵センター的な総合研究開発施設の整備と接収解除を望みます。


27

ロシア・中国のあり方やり方において世界経済産業が悪影響を受けるというのは全く度し難いわけで、そこを批判し十分に対抗し得る構造を多国間によって構築・共有するべきは言うまでもないこと。 そもそもロシアや中国を安易に世界経済に参加させるように流れて来たこれまでが愚かだった。 あういう体制国家が妙に力を持ったらろくなことにならないのは初めからワカルこと。にもかかわらず、当時の政界経済界等は目先の利益に走る無自覚であった。 今更みたいなやり直しの発議とでも言えるんだろうが、どこまで腰の据わった実行が伴うのか、現時点でのそれぞれの国力・世界的立場等々において、甘い期待を出来る筈はない。 返り血を浴びることが多々生じるわけで、耐えられるのか。 やらざる得ないが、先行きはかなり不透明だ。


28

世界のファウンドリ半導体シェア6割以上が 台湾企業で占められている現状は台湾有事の際 世界経済にとって深刻なダメージを与える。 一極集中する台湾シェアの日米分散などのリスクマネジメントが同盟国・準同盟間で求められてくる。


29

日本の半導体産業を衰退させたアメリカと衰退させられた日本がここにきて手を繋ぐ訳だ、アメリカは日本はお人好しで節操の無い国と思っているだろう日本はアメリカの何ですか、日本の未来はあるんだろうか孫達を見ていて不安になる。


30

相変わらずアメリカ帝国主義の利益に従属するような「結束」。なぜ欧米政治経済勢力と「結束」するのか?こんな政治「結束」ではなく、何と言っても技術革新による<資本生産性+労働生産性上昇→生産関数P=F(K、L)の「上方へのシフト」>が余計な政治路線とは全く無関係に必須。こういう頭の悪い政治路線政治勢力が途上国並みの社会経済へと転落させていることに全く気づいていない。追記すれば、資本主義経済学経済成長理論であろうと、社会主義計画経済学マルクス資本蓄積論でもこんなことは常識。政治路線とは無関係。人々の「厚生」に寄与するならば、政治はどうでもよい。


 


 


31

ここまででもやらなければ競争に勝てない。 現実、ここまでやっても、思うようにならない。 秩序というが、米国を唯一の頂点とする秩序のことを実際意味する。 ほかの家が豊かになることすら許されない米国の精神は、この世界の進化を破壊していく。 米国グループ以外は、みな極貧に固定されるままの秩序を、米国が必死に守ろうとしている。仮に中国を極貧にすることができるとして、日本は何が得するのか?近隣中国の成長がなければ、ここ二十数年、日本の経済はどうなっていたのか、少しでも理性があれば分かるはず。対して中国も同じですが、日本崩しなどしていない。 日本は、この米国精神に乗っ取って、仮に成功した暁に、得るものがあるのか?あの米国を相手に。


32

日本はかつて設計から製造まで一貫してやろうとして惨敗したのを忘れてないのだろうか。 TSMCの会長も言ってるが先進国で製造して儲けるのは難しい。人の質も問題だし、数を揃えるのはもっと日本なんかだと大変。 UKだとソフトバンク傘下のアームズが世界のCPUの設計を牛耳ってるがああいうビジネスモデルで基幹の設計部分を握るようなやり方しか安全保障にはならない。 多分むりやり高い半導体を使っても輸出企業からするともっと安いいい製品があればそちらを使うし、トヨタも電化製品も主要市場のアメリカとか中国向けは現地生産だから国内生産は的外れ。 自由貿易下である限り、半導体の受給はグローバルの受給が決めるのであって国境の線の内と外の生産量で決まるのではない。国の経済政策は無駄そのものであり、市場にまかせてアイデアのある人が起業して成長できる様にすべきだ。 社会主義政策は常に失敗して不良債権化する。


33

この頃に、win2か、3が出始めたころで、日本は既にTRONを 開発していたんですよ、性能はTRONの方が圧倒的に良かったんだけど 開発にブレーキをかけられたわけ スーパー何とか条ていうやつ


34

これって要は日本はカネと持ってる技術出せよってことでしょ。 聞こえはいいんだけど、一般的な半導体ビジネスに日本は不向きですよ。投資と回収のモデルを作れない。半導体トップと言われてた時代は装置があれば作れた数メガのDRAMで円安もあって世界を席捲しただけ。その後の低落はご存知の通りで、ロジック系は蚊帳の外… 今世界に通用してるのは、画像センサーとパワー系くらいじゃないか? この前もキオクシアに数100億投資とか言ってたけど、もうお金の単位が兆の時代に何やってんのって思ってしまう。 とにかく、工場ぶったてるのは構わんが、本気でやるならもっともっともっとカネ出して技術者に取り組ませろ!


35

今までにMade in Chinaに依存しすぎてたと思う 大量生産だとコスト重視は解りますが世界的な品不足が起こると手に入りにくくなる


36

東京エレクトロン、アドバンテスト、ディスコなど半導体製造装置や材料の上位の大半が日本の大手企業が世界シェアを占めていて、肝心の半導体自身は韓国や台湾に偏在という、わざわざ日本の技術力を他国で発揮しているというおかしな状況だったけど、これで改善されるなら歓迎したい。 土地だって日本が狭いわけじゃない、台湾のが遥かに狭いし、コストコ作れる土地があれば充分だからね。


37

日本の半導体はアメリカに潰されたんだけど・・・ まあ時代も変われば敵も味方も変わる。 日本にとっても良い方向に進んでいるなら文句はないよ。


38

中国外しが着々と進む。 半導体は日米で新設した工場があと2年くらいで稼働となる。DRAM以外は韓国も外せるようになる。DRAM工場はマイクロン広島を増設したばかりだけど、もう1個工場新設すべき。韓国自体の動向も怪しいし、サムスンやハイネックスの工場も半分近くは中国にあるらしい。もうちょっと、DRAMにも注意を払ったほうがよい。


39

以前日本の半導体シェアは世界1でした。これを米国との貿易戦争で負けて日本の半導体工業は完膚なきまでに叩き壊されました。米国の日本からの貿易赤字額を下げるためとの理由で日本の半導体技術を韓国、台湾などに移籍して日本以外から米国へ輸出するような仕組みです。米国の貿易赤字は変わらないのでどう考えてもおかしな方法です。結局日本の自主的行動はなく対抗もせずに言われるままに動かされ多くの技術者が日夜問わず必死に作り上げてきた半導体工業を放棄させられたのです。 また今回も言われるままに行動しさんざん利用されてどこかでまた切り捨てられる気がしてなりません。日本を取り戻そうと訴えた安倍氏の言葉が身に沁みます。


40

台湾が半導体で重要になってるからでしょ。 今朝の「朝まで生テレビ」で、中国はウクライナでロシアが世界を敵にまわしたことから武力統一ではなくまずは「通貨統一」を目指すと言ってた人がいました。 中国も半導体を台湾から買ってますが、通貨が一緒ならわかりやすい。そして台湾の輸出は元高となって中国に貢献します。 ウクライナと違うのは、台湾は外国ではなく中国の内戦ということです。それは台湾も世論が分かれてることですが、中国共産党によるクーデターで台湾に逃げてきてると考える国民も少なくはありません。


 


 


41

半導体は産業・経済界だけではなく、防衛面でも必須な物質。 石油と並ぶ戦略物資だ。 日本が、絶対的な同盟国である米国と、その面で協力するのは 日本だけではなく、世界の安定にも必要だと考える。 どこかの日和見で日本を裏切り続けている国に、任せておいてはならない。


42

確かに日米の協力は必要です。戦後日本の産業高度化につれ、アメリカとの摩擦が増えました。まず繊維製品、次に大衆車、さらに半導体。  アメリカは次第に強硬になり、「東芝がソ連に売った工作機械はCOCOM違反」と因縁をつけました。ソ連原潜のスクリュー音が小さくなり国防の脅威だと主張し、ワシントンで議員が東芝のラジカセを叩き潰してみせました。  さらに日本の国産戦闘機や、Bトロン(全国の学校教育で使うはずだった独自アーキテクチャの先進的パソコン)開発を潰し、全力でバッシングした。日本はおとなしくなり、アメリカの戦闘機を買い、Bトロンの代わりに全国の学校でIBM互換機を使いました。  中ロ対抗へ日米が結束し、次世代半導体を作るのは賛成です。ただし、アメリカは日本の技術を利用すると同時に、将来のライバルにならないよう制御する意図も感じます。「防衛の一体化」と似て、これ以上属国化しないよう注意は必要。


43

色々と繋がる案件ではあるよね。そもそも日本政府や日銀がここまでの円安を容認しているということは、何らかの大型投資案件があったからだろうと。現状の経済ブロック化しつつある状況で、半導体のメインを置くなら日米側で見ればリスク的に日本にならざるを得ない。日米半導体協定という黒歴史をアメリカ側が中露の有事が現実化で修正せざるを得なくなったという方が正しいかなと。 台湾のTSMCの熊本工場もその尖兵ってところだと思う。あれ自体は大した技術ではないが、中国有事を見据えたときに台湾本島に技術集中させるリスクが大きくなると。その為の足掛かりと考えると腑に落ちる。そして日米の脱韓国で韓国半導体が凋落。アメリカが台湾・日本の生産ラインに切り替えたってことだろう。そして、個人的にはそのアメリカに対して信用をしっかりと作り上げた安倍外交の最大成果。 岸田首相に言いたいのは投資に金を惜しまないでほしい。


44

1980年代の半導体景気で多くの技術者が育った。製造員もこぞって半導体現場で昼夜問わず働き作れや売れやのバブル期。しかし多くの正社員を抱え込んだ企業は日米半導体協定と言う日本潰しで資金繰りに困った企業は正社員が足枷となった。そこで1990年代の後半から2000年の初頭にかけて正社員の希望退職を募る。この時、優れた技術者や若者は自分をより高く評価してくれる企業へ希望して乗り換えた。企業は従業員を切り捨てたつもりが実は社員から捨てられた企業となったのに気づかず、他で活躍できるスキルの無い社員だけが残った会社で経営を続けた。今回の半導体不足もやがて市場がだぶつくだろう。しかし今回は派遣社員で身を固めているので以前のように多額の退職金を払わないで済むようにしている。そしてまた技術者は海外へと流れていく。これの繰り返しで日本企業は益々衰退することだろう。


45

どうして半導体製造が集約されていったのか、その理由を考察せずにTSMC依存から脱却しようとしても難しいだろうね。 軍事やインフラ向けの数量というのは限られていて、それだけで半導体工場をフル稼働することはまず不可能。かといって、残りのキャパを民生向けに使いたいくとも、価格競争力がなければ平時には勝てない。 今問題視されている自動車向けなどその典型で、あれほど価格センシティブな業界が平時に高価格の半導体など買う訳がない。 という訳で、TSMCに正面から対抗できるだけの競争力を持ち、民生市場含めて戦う必要があるのだが、ここまで差のついた今からそれが出来るかは大いに疑問。 唯一可能性があるとすれば、インテルに投資援助してロジックファウンドリビジネスを立ち上げることだろう。 インテルは過去に何度かチャレンジしているけど、MPUビジネスの成功例に引っ張られ過ぎで一度も上手くいったことないけどね。


46

これは良いことです 日本経済復興へ向けての力にはなる ただ日本の政治・軍事・経済・・・全てアメリカだに頼っている せめて今は、軍事だけでも日本単独で国防出来るようになってほしい


47

半導体は、装置産業です。装置に何千億という膨大な費用が必要。かつ技術の進歩が速いので、毎年、装置に膨大な投資をしなければならない。この様な背景で、日本は投資に対して慎重になり過ぎた。半面、韓国、台湾は、毎年大規模な投資をして、日本を引き離した。日本が負けたのは、技術ではなく、装置投資に慎重になり過ぎた結果、生産能力、大量生産技術で投資差がつき負けた。もう一点は、日本は、設計(開発)と製造を一体化して、上流から下流まで垂直項構造にした結果です。台湾は、設計はアメリカに任せ、製造のみに特化した結果、アメリカの設計資産で製造することにより、アメリカの顧客を大量に獲得でき、世界topに立てた。今からでも間に合うので、再び世界一を目指してください。


48

日本の半導体不足は深刻だ!! アメリカによる日本叩きが今になり逆目に出てきた。 今回のプロジェクトは、1.5年の工期で1兆円規模の投資である。 ソニー・デンソー・TSMCに主体で、政府が5千億程度補助金を出す大きなプロジェクトだ。 世界の半導体のほぼ全数がアジアで製造されている。 中国・韓国が後進でしたが最近はリードしてきた。 しかし、経済安保の重要な産業だ。国内回帰を喜びたい。 今時、なぜ半導体不足が何年も続いているのか理解できないが、日米台の協力により強固な製造体制が出来る。 なぜ熊本かというと、半導体製造に必要な 水 が綺麗なようだ!! ここ20年、安倍政権時代を含めて、国民の賃金は伸びていないし、企業は海外に出ていき瀕死の状態である。 国民は消費税が増えて社会保険の負担など重荷に感じている。 政府や政治家は後手後手の政策を取ってきた。 今こそ、世界のリーダーになるべきだ!


49

30年前ダンピングや系列を批判して日本の半導体産業を衰退させておいて今頃同盟とはへそで茶が沸く。 東芝も不採算部門の本体を残して優良採算部門の半導体部門を切り売りしようとしているこの時期に何を言ってるんだか。


50

80年代のアメリカの圧力による日米半導体協定で日本の政治家が従い半導体産業は壊滅的になった経緯は無視していいのかな。 協調は必要だが今回も独立国として機能しているか不安。


 


 


51

勿論、日本にとってプラスであり、中ロを警戒しながらの米国との連携は重要なのだけれど。 同時に過去に半導体で米国にコテンパンにやられてしまったことは忘れてはならない。米国はそれだけ一筋縄ではいかない。いざとなったらどんな強引なやり方でもやってくる。日本は強かに頑張って欲しい。 …と呟きつつ、んなこたエリートの世界では超当然なんだろうし、外交の現場は自分のような一般人の想像の数千倍大変なんだろうが。


52

アメリカは第二次世界大戦から中国にとって最大の鴨、国民党を援助するつもりで日本軍を駆逐して政権は共産党に乗っ取られる。30年後冷戦になってソビエトに対抗するため旧友台湾を捨て水と油の独裁と国交正常化、おしまいに台湾は中国の一部と認めさせられ。中国経済に貢いで、今は中国に年間4000億ドルの貿易黒字を貢献している。中国はそれを使って軍事費に充て、天下二分とアメリカに突きつけている。皮肉過ぎる話しではないか


53

スパイ防止法など、技術・技術者を守る法律も早急に整備する必要が有ります。 これが無ければ、暫くすると元のもくあみです! 何故日本には国民を守る法律が整備されていないのだろ? 今まで大丈夫だからコレカラも大丈夫とは、成らないと思います。 国会議員も選挙に受かる事だけに注力しないで、本来の仕事の国民を守る仕事してください。


54

半導体で結束とかいうが、日本が世界を席巻していた時、半導体もパソコン系のOS開発、各種世界規格の構築、最近ではTPPに至るまで全部自国都合で日本の足を引っ張ったのはアメリカじゃないかな アメリカが同盟国である日本を脅威と感じ邪魔した結果がアジア新興国の台頭を招き、台湾や韓国はともかく、中国を最大の脅威にしてしまった。 約30年前、日本の半導体の足を引っ張ったのはアメリカである


55

半導体を作るのは良いが10年以上遅い気がする。 日本って国は企業任せで、経済が困るまで 最新技術の開発も援助も売り込みもしない。 一時は技術が世界トップの国であったにも関わらず 企業は賃金を出し渋り、売り込みも出来なかった為 ヘッドハンティングで他国に技術を取られて もはや技術の日本は過去の栄光に過ぎない。 世界でもストライキも起こさない、政治に興味ない 低賃金の類を見ない社畜の日本人だから この先は他国の下請け会社や国になるつもりかな… まぁ国の運営する政治家や企業経営陣が 自分の利権を得るのと、責任逃れは天才的だが 10年先を考えられないからワクチンや半導体を含む技術開発や人材の流出阻止もしないんだろうな。


56

国内生産すれば雇用が生まれるが、そこを外国人枠でコストカットしたり、特定の会社を指名して非正規雇用で埋めようとしそう。


57

外交の駆け引きは良く分かりませんが、なぜ米国に忖度しなければいけないのか? 過去半導体で成長した日本産業を叩きのめしたのは米国


58

学習の能力があるなら80年代のことを考えて、日本もつかず離れずにしないとね。 アメリカのご機嫌次第でそのうちまた無理くりの協定を結ばされることにもなりそうだね。


59

政府主導で産業育成は、もはや機能しないのでは?と思う。 お役所が絡むと面倒なプロセスが増え、スピードが落ちる。 TMSCなども民間企業だし、世界で勢いのある企業は 全部、民間だSpace-X,tesla ,google, apple... これらがアメリカで生まれ、日本で生まれないのは、 金融機関や政府が阻害要因だからでしょう。やり方が古いのだ。 コロナのワクチンも、モデルナやビオンテックと言ったベンチャーが開発したもので、その事も考えた方が良い。


60

日本は半導体産業を国が潰して来たからな。メモリー、ディスプレイ、太陽電池・・。量子技術が日本にどれほどあるのかは?だが国別の留学生の人数制限も必要だろう。さらに学術会議を解体。新組織にして軍事転用技術研究を解禁。とりわけ無人兵器。当然、半導体が核になるだろう。


 


 


61

>中ロに対抗 日米、次世代半導体で結束 政策として動くのは歓迎すべき事だが 世界をリードできるエンジニアの存在が気になる。 中学の理科で正解率が50%以下では心もとない。 中国は模倣 窃盗 低品質と揶揄されながらも 半導体を自力で開発できる力を既に備えている。 「笛吹けども踊らず」にならないよう 幼少のころからエンジニアの育成に力を入れてほしい。


62

>>>国際秩序主導、中ロに対抗  「中ロに対抗」は日米自分の気持ちに任せるものだが、「国際秩序主導」は”国際”が決めることであり、つまり、「”国際”が認めない、或いは”国際”を認めさせる実力がなければ、言うだけ番長だ。 >>>半導体やエネルギーを相手国に対する威圧の「武器」として扱う中ロを非難。 経済産業相の”ロジック思考機能”はしっかり効いているのか? 米国こそ(設備のサプライヤーチェーンを含め)半導体を相手国に対する威圧の「武器」として公然に扱っている事実の前に、”非難”の矛先は間違っているのだ。


63

アメリカも日本も必死だよね。 両国ともいざとなると頼りになる力のある仲良し国が少ない国同士だから。 ここは利害が一致するところだろう。 中国、ロシア連合も中国の経済力が強いから本当に手ごわいと思う。 日米豪と西側諸国あたりを合わせても中国にかなわない日が来てしまっているのか、ほんとうのところは誰もわからないのか。 ほんとやばいよね


64

中曽根内閣の頃とは様変わりしました。あの頃はアメリカが日本の強すぎる半導体産業を目の敵にしていました。 日本側も、アメリカ製半導体の歩留まり品質の低さをあげつらって必死に抵抗したものです。 どうやらアメリカと中国の間で、台湾侵攻が規定路線化されている節があり、そんな喫緊の情勢の下にこうした画期的な日米合意が急遽結ばれたのかもしれません。


65

半導体の製造技術が無い事も問題だか、誰が兆円単位の資金を集め、その後、投資を継続できるのか?、そちらの方が重い問題では無いか? 政府が支援したとしても、兆円単位のお金をつぎ込めるとも思えない。 サムソンもTSMCも創業者=社長に絶大な権限があり、判断か早く投資も矢継ぎ早で伸びてきた。 今後、日本に失敗を恐れず、巨額投資を継続できる企業を作れるのか? また、新しい事に挑戦する際、企業内での擦り合わせに労力と時間を要する様な会社もダメだが・・・、今の日本では半導体製造業は無理な気がする。


66

昔、むかし、半導体といえば東芝 なんて時代があったのがなつかしい。 安い海外製品に圧倒されて、撤退したっけなあ。あれは別のものだったかな? 経済産業省なんて国家経済の長期的展望なんて、あるのかな。間違ったのかな。 所詮は、アメリカの下請けをさせられるだけのことだけど、仕方ないわなあ 亡くなった安倍さんが大好きな「同盟、同盟」。そのうち「道迷、道迷」ってならないように。 半導体を国内生産することはとても重要だよ。コストばかり言ってちゃ、それは出来ないけどね。


67

期待はしたいのですが、他の方も書かれているように、膨大かつ継続的な投資が必要な半導体ビジネス。総合大手エレクトロニクスメーカは膨大な赤字を抱えて、ほぼ事業売却等撤退してます。残った工場設備で農業をしていた企業も有るくらいです。 今活況なのは東京エレクトロン、アドバンテスト、レーザーテックなど製造装置や検査装置や特定領域のニッチ市場に特化した企業です。 今の状況になってもはや10年以上。日本に技術が残っているのかどうか? 大学や研究機関の状況はどうなのでしようか?優秀な学生や研究者は残っているのでしようか? 利益を他国に持って行かれないよう、韓国とも競争をどうするか?含めて、得意領域を十分生かした上で、台湾と米国と付かず離れずのしたたかな戦略が日本には求められると思います。 ビジネスに精通していない、金を工面するだけの経済産業省など今の官僚の方々にそれができるのか不安では有りますが。


68

生産装置・素材・回路設計・生産技術。半導体にはこの四つが必要だよ。 生産装置と素材は日本は秀でてるけど、残り二つは日本にはもうないんじゃないかな? >厳しい財政状況では限度があります とコメ入れてるオッサンがいるけど(日本総研の人)、こんな的外れな事を言ってるから何も出来ないんだよ。 金なんていくらでもあるよ。財務省がケチってるだけ。じゃあ、金があれば半導体を作れるのか?今の日本にそんな技術者いるのかな?


69

とは言え、親中議員が日本にどれだけいるのか?ってことです。 そして中国のサプライチェーンを切り離せば、日本の経済がどうなるか… 物価は上がり、欲しいものも手に入らなくなるほど、日本は今、中国に依存している(というか、そうさせたのもの日本政府なのですが…)。 それを中国が一番よく知っています。 そして中国が脅しにかけてくるのは時間の問題。 それに屈することになる日本。


70

今まではコスト最優先でやってたから日本国内が壊滅、技術も人材も中国や韓国に流出していった それが今後は安全保障としてセキュリティや安全や品質優先になるから国内で作ることが最優先になる それは日本だけじゃなくアメリカや欧州など全部の国でそうなっていく 日本は装置も素材も世界トップレベルだから、他国より低投資でもなんとかなる そもそも流出させなければいいという話 研究室レベルならいくらでも新技術は存在するからそれを商業レベルにどうやって持っていくかが今後の課題だろう


 


 


71

価格転嫁しても日米またEUに製造Fabを作って全て賄うようにしたほうがいい。 いつ起こるかわからない台中戦争の危機。中国依存を今の10分の一以下にして中国、台湾での製造ができなくなっても賄えるようにすべき。


72

半導体の技術や販売ルールを独占する狙いだと思う。 また、国連常任理事国である中国やロシアに参加させない状態で採択したいわゆる「基づく国際経済秩序」を強化するとした共同声明を国際経済秩序だと言えるのか。明らかに独占禁止法に違反しているんじゃないか。


73

半導体はもう一度日本が復権するための数少ないアイテム。 シェーシェーリンさんでは不安だがこれで行き脚がつけばと。 加えてメタバースの世界でベンチャー企業の新しい日本発のアイデアが出てくればなおいいが。


74

台湾で有事が起こったら 半導体パニックになって 世界中が大混乱になるのを見越して 半導体の生産拠点を分散化するって話やな


75

安全保障に関わる物や産業に必要なものは自国での生産に切り替えないといけない。あと日本は世界最大の産油国になる要素はある。そいう開発に官民で力を入れてやるべき。なんでもアメリカの顔を伺ったりじゃなく自国は自国でいろんなことをかんがえないと。


76

心配には及ばない。半導体の世界は日進月歩で、日本は次世代半導体の要素技術を数多く開発しており、これらを基軸に日米歩調を合わせて一気に先頭グループを奪還することになるだろう。


77

戦後の日米関係で安全保障面や経済面でかつてない強固な関係になって来たと思います。 世界が二分化する中さらなる強固な日米関係の構築に期待したいです。


78

日本の半導体がダメになったのはアメリカ様のせい。そのアメリカ様が中国に負けたくないから、今度は日本と組みたいという。 アメリカに文句をいいいたいわけでなく、日本にもこのしたたかさが欲しい。逆にアメリカを利用して復権して欲しい。


79

結束することは悪いことではないがこと半導体の件では米国に言われたくはない 日本の半導体を米国の安全保障上の脅威として潰したのは米国である 米国がいらんことさえしなければ日本の半導体の状況は今よりも良かっただろう 中ロは対外的な脅威かもしれないが日本潰しをやったのは寧ろ米国 米国は過去の行いを反省したうえで言ってほしいものだ


80

自国(米国)に有利に利用されるだけ利用される事を認識しているだろうか?日米地位協定の出自を見れば、その後の一方的で不平等な合意を見れば一目瞭然。日本の政治家はいったいどちらの国、国民を向いて行動しているのか。よく、地位協定の改定や変更が指摘されるが、まず無理。協定の交渉相手は、米国政府ではなく米国軍。政府間交渉ではない。


 


 


81

Intelの生産を日本でヤル?創業者チームの故郷を中心に展開してますが、日本で生産するメリットは大いにありますね。Intelは基本フレックスなので早朝出勤の昼食後帰宅が基本。金曜日の午後から週末がスタートするので、木曜日の午後は遊びの準備でボートトレーラ、馬のトレーラー、草レース、セスナ、がザワザワします。そして月曜日は遅めの出勤。 そのまま来ないかなあー。


82

「中国の工場を撤収して日本に呼び戻す」というのは威勢がよいが, 日本に工場を建設して労働者を集められるかが問題で,中国の出稼ぎ労働者の援助を願うのは,やはり中国にコントロールされる。 日本が工業立国で行くには理数教育,技術,生産体制などの総合的なビィジョンと体制作りが求められ,政治家がカネを出したら出来上がると云うものではない。


83

世界は日進月歩の技術革新。対応出来る人材育成が急務だと思う。あらゆる分野でしのぎを削る世界各国に勝つには国主導で人材育成に投資を惜しまなく押し進める必要をかんじる。加えて技術流出に留意して管理の徹底も必要だと思う。


84

半導体の対中囲い込み戦略は明らかに台湾をこちら陣営に組み込む事が最低条件。 経済的な囲い込みだけでは意味ないので、この流れの先にはクワッドへの台湾組み込みも入って来る。 かなり対中戦略としては一歩も二歩も踏み込んだ内容。


85

同じ民主主義で、経済力や知的財産、高度技術者が大変に多く高度技術力開発にも大変に優れている両国民なのだから、早々にもこの協力が必要かと思っています!上手く行って欲しい!


86

戦闘機の開発とかもそうだけど、アメリカと組む必要ある? 共同でやるっていうけど結局はアメリカの言いなりになるだけで、日本に全く旨味がない。 政治家はもっと戦略的にアメリカと付き合ってもらいたい。


87

日本が国産半導体を何とかしようと思うのであれば、なるべく日本人が購入するような策を考えないといけない。例えば消費者レベルであれば、スマホやカメラ用のメモリは国内のSDカードを使うように宣伝したり、製品に組み込む半導体であれば、海外メーカとの差額を国で補助金を出すとか。そもそも、私自体キオクシアというメーカが日本のメーカであることを知ったのは1年前です。そういう、日本人が選択肢にできる国内メーカを知らないという状況から改善すべきだと思う。


88

日本人としてアメリカに潰された苦い経験があるので日本国民としては複雑な心理だ。かっては中国と組んで西欧と対決しようと夢見たこともあったが、いかんせん中国には幻滅してしまった。中国に世界の未来は託せない。アメリカにいつかは梯子をはずされるのを覚悟の上で決断すれば良い。


89

結局アメリカが同盟国の日本を叩きすぎて日本が落ちぶれてその財力が中国に移動してしまった。いつもアメリカは自分が一番でいるために二番目を貶める動きをしたが為に中国の台頭を許してしまった。いつか中国が一位になるかも知れなくなる原因を作ったのはアメリカ。仲間を貶めてどうするの?結局敵を利する事になっただけ。そして日本の政治家も敵を大きくしただけ。恐ろしい。


90

結束するのは良い方向だが、日本の半導体産業は米国に潰されてきた歴史があるから、日本として実りのある内容でなければいくら同盟国と言えども受ける必要はない。製造技術・機械や部品、生産拠点として米国より日本の方が競争力があるので存分に活かせるようにすべき。


 


 


91

西側の工場として日本がまた役割を果たす時がきたのかな。 日本がなきゃ困るという状況を作ることが何より大事なことだと思います。


92

高知「たかし」は凄く足首周辺が痒くなりますね。土辺の「たかし、うずたかし」は犯人ですし。泰、知のペアは香川県ばらばら鉄塔管(強制指示)与ですよね。ペアもトランプだと面白いから存在するんだと思います。


93

どこで作るにしろ、どういう協力形態で作るにしろ中ロに対抗するなら性能、値段以上に買ってもらわないと対抗できません。そのへんまで踏み込んで成長させるべきです。なおかつもし成功したら台湾を追い詰める事になり経済安保の方向性は大丈夫なんでしょうか。うがった見方をしたら中国が台湾に圧力をかける為にアメリカ議会にはたらきかけたとも考えられます。


94

具体策ゼロの見せかけ。今の政治家や官僚に策など作れるわけがない。 政府の主導でうまくいった産業政策なんてない。 だれも責任とらなくていいんだからうまくいくはずがない。 潰れかかったメーカーをた延命させるだけ。


95

十数年、通信・半導体業界で、研究、開発、リサーチ、コンサルをやってきたワイからすれば臍で茶が沸くような話ですわ笑。ワイ以上に長らく日本のこの業界を支えてきた日本企業の経営者も技術者も、本心で賛同する人は嫌味や皮肉抜きで一人もいないんじゃないかな? 日本企業を支援して自分の脅威となるくらい大きくなったら半導体協定で露骨につぶしに来ておいて、その代わりに中国に投資したら今度は中国が脅威になったから弱体化して完全にコントロール下におけるようになった日本を再利用しようとしてるだけ。 だいたい経産省の対応も意味不明だ。これまでさんざん日本企業への支援を渋ってきたくせにTSMCの型落ち半導体をつくための工場に数千億円も支援する一方で、アメリカからの技術開示要請にもまともな対応はしないは、何考えてんだか。サムスンやTSMCはアメリカからの開示要請を突っぱねたようだが、日本はどうするんだろうね。


96

半導体問題って6,7年前の中国のレアアース規制からずっと続いてますよね。悪意むき出しの近隣諸国に対抗していって欲しい。


97

半導体製造は莫大な電力を必要とするので、安定した電力供給が出来るインフラへの投資も必要です。


98

最近、中国が日本の複写機メーカーに強制的な技術移転を求めている件にも、しっかり対応して欲しい。


99

米国のせいで半導体産業は斜陽に追い込まれ、今度は米国と手を取り半導体産業を育てようという話。コスパの問題で外国に工場移転はあったがあの頃日本政府がしっかり守っていれば、長いデフレ不況も雇用維持もなかったと思う。


100

高品質、低賃金を生かして、世界における日本の立ち位置を再定義しないとね。 中米が直接取引しないのは日本にとって有益だ。中国の資源を加工して欧米側に売ろう。