最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

ビートたけし“最後の映画”がお蔵入りになっていた 契約を巡りKADOKAWAと対立

 

“オイラにも寄越せ”  ここ数年トラブル続きのビートたけし(75)に新たな醜聞が。監督人生の集大成ともいえる映画「首」を撮影したにもかかわらず、現在に至るまで公開されていないのだ。背景には契約を巡るトラブルがあるとされ――。


ニュース速報

 

 イイネ

1

以前、「浅草キッド」を撮った劇団ひとりは「ちゃんと契約書読まないとNetflixに全部持っていかれるぞ」的なことをたけしさんから言われたそうだ。 今回の話とどっちが先か後かは知らないが、たけしさんがNetflixにあまり良いイメージを持っていないことはわかる。


2

あくまで伝え聞いただけの話を「オイラ」などと独特の一人称であたかも当人がそう言ったかのように見せようとしてるのが滑稽(笑)北野監督の作品は基本的にサブスク配信していないところから、いきなり「金よこせ」というよりネトフリが絡むことに対して不満を言うのが自然な流れじゃないかと思うのだが・・


3

やっぱりなぁ~ オフィス北野からの独立問題で社長の森さんを切っちゃったでしょ。独立の時の詳細は知らないけど、森さんは今までの北野作品のプロデューサーでもあったわけだよね。はっきり言って、今までは森さんのおかげでうまくいっていたんだよ。映画って、いまなんかは特にいい企画があっても、いいプロデューサーというか、監督と気心が知れたプロデューサーでないと、作品として成立しないよ。もし本当に作りたいものを作るんであれば、自分が勉強してプロデューサーをやるしかない。今は亡き若松孝二のように。たけしにプロデューサーはできないよね。そのへんのところの知識がなかったんじゃないかな。森さんがいれば、少なくともお蔵入りなんてことなかったんじゃないの。まあ、いまさら森さんもたけしと仕事なんかしたくないだろうしね。


4

世界的に有名な「北野武」の名前があるからこそ Netflixも配信権獲得に前向きになったのは明白なのに 「いわれのない要求」とする角川の思考回路が 全く理解できない。 スカーレット・ヨハンソンが主演作の 「ブラック・ウィドウ」を早期に ディズニープラスに配信したために 本来の契約であった劇場収入における ギャラ配分が減ったとディズニーを名指しで批判したこともありました。 海外ではクリエーターや演者が 制作会社を相手取って権利を要求するのは むしろごく自然のことです。 制作会社に逆らうとこういったバッシングを 出されてしまうのがいかにも日本的で すごく嫌ですね。 私は単純に作品が見たいです。


5

契約内容がわかんないけど、総予算が正しく分配されていないと感じたのでは。仮に総予算が1億で、監督費用1千万(10%)で契約していたとして、あとから総予算が増えた場合、監督の費用も上げるべきと考えたのでは。 たけしさんは金額自体でどうこう言わなさそうだけど、正しく分配されていないと思ったのなら、それに意見はする人だと感じる。 とはいえ総予算が100億になったから、監督費10%で10億な、と言われてしまうと確かに揉めそうだな...。最初にどういう契約にするか、がうまく決められてなかったのだろうか。


6

そもそもKADOKAWAが3億しか用意していなくて、お金が足りないからNetflixへ。っていうのがおかしい。配分もKADOKAWA3億、後で入ったNetflixが10億っていうのも眉唾。 普通、大きな映画だとスポンサーをがっちりつけて(所謂、製作委員会)から撮影開始するでしょ。 たけしが反論する生番組無いことをいい事に、関係者の話は「たけしが話をややこしくした。こうした方が面白い」っていう記者の捏造記事だな。こりゃ。 早く観たいなあ。北野たけし監督の新作。


7

なんかたけしさんって前からの事務所を出たあたりからこういう報道増えちゃいましたよね。 元々たけしさんにも交渉ごとで怒っちゃったりってところが気質としてあったのかもしれません。 ですけど、以前は森社長がそういう部分をうまく全部カバーして守れてきたんじゃないかなって。 契約周りや金の問題でタレント本人が外部と揉めるって、例えばジャニーズだったら聞きません。 だって、交渉は全部アイドル本人じゃなく事務所の担当者がやってるだろうから。 数年前まではたけしさんだって同じでこんなの記事にならなかった。 それが今はたけしさん本人が揉めている系記事が多数出る。 契約や事務面の雑多なところまでたけしさん本人がやっちゃっているって結果ではないでしょうか? 監督や芸人として才能があるからと言って、契約周りや交渉ごとも有能ってわけじゃないですからね。 なんだか残念です。


8

Netflixの配信は買い取り。監督や脚本に印税が入らない。だから、その分として1500万を払えということじゃないの? そもそも監督のギャラなんて、雀の涙程度。作品がヒットした時の二次使用料でなんとかなってる。それをNETFLIXやディズニーは買い取りにする。 今後もこういう問題は起きると思います。


9

たけしさんが本当に言ったとしても、軽口として言いそう。 ギャラについて契約でどうなってたんだろう? 出資者が増えて、契約時の話より取り分が減るという事ならもめるでしょう。 最初に詰め切れてなかった双方に問題があるという事でしょうね。 契約時に弁護士はいなかったのでしょうか? 居たとしたら仕事しろって事ですね。指摘しなければいけなかった。 どちらの為に仕事をしてたのか分かりませんが、結果として双方が困ってる。


10

KADOKAWAのし損じ感が強い。 もっと上手くできたでしょう。 踏ん反り返って無理な指示ばかりする上役、責任を回避したい中間、右往左往する現場、そんな構図でこういう事態は起きやすい。 勝手にネトフリと話まとめちゃったんだろうから、そこをやり直したいけど後戻りも出来ず、とそんな所か。


 


 

TESTING130


11

最近、海外でもあったね。 制作側が映画公開の収益と、DVDの収益しか貰えなくて、ネトフリなどの配信はKADOKAWA、日本で言う電通的なところが持っていっちゃって。 契約にないから払わないVS聞いてない、だった。 配信の収益はDVDの比ではないし、今後も長期間に及ぶから、払うべきだと思うけれど。 少なくとも話は通さないとね。ネトフリで配信したら、DVDの売上なんてほとんどなくなる。


12

大袈裟でもなんでもなく、北野武監督はまさに世界的な巨匠です。これまでの彼の映画が獲ってきた数々の賞。その芸術性に対しフランスからは最高勲章が贈られていますし、ヴェネツィア映画祭では北野作品のタイトルを冠した賞があります。ゴダール、スコセッシなど歴史的な巨匠のみ選ばれる、「カイエデュシネマ」の特別編集長も務めています。世界からの評価としては黒澤や成瀬に勝るとも劣らないでしょう。 事情が何であれ、彼の監督作品が公開されないことは日本映画界のみならず、世界の映画ファンにとっても大きな損失です。 あのビートたけしが1億5000万程度の金で揉めているのだとしたら悲しい話ですが、「金の問題ではなく、筋の問題」というたけし側の話を内心信じたいと思いますし、無事に解決され、媒体はなんであれ作品が公開されることを望んでいます。


13

映画の話はよくわかりませんが、監督の意向を無視して公開方法を決めるなんて事があるのでしょうか? 北野武監督は意外と古風なところがある感じがするので、「映画はやっぱり映画館の大きなスクリーンに限る」って思いが強いのではないでしょうか。 映画監督としても大きなスクリーンに映し出す事を前提とした演出とネトフリやアマプラのような家庭用のテレビに映し出す事を前提とした演出では細かいところで違ってくると思うし、そう言った監督の作品への思いを無視して勝手にネトフリに話を持っていくのは、失礼にあたる気がします。


14

まあ確かに金を集められないプロデュース能力の低さを棚に上げてネトフリで補填なんて失礼だわな。北野監督は絵作りが独特だし本人も絵を描くぐらいだから相当こだわりたいはず。フィルムからやってる人だからね。そこに来て低画質の配信サービスに乗せられるのは本意じゃないでしょう。クリストファーノーランも配信サービスに展開されたことを怒ってたし、アーティストとして見せ方、届け方にこだわるのは当たり前じゃない?北野監督は金なんてたくさん持ってんだし、今更わめくことでもないし。それとも新しい奥さんを暗に悪く言いたいだけかな?


15

この人の映画は、面白いと思う。だから、お蔵入りは勿体ないと思う。 そもそも、北野監督がいなければ、この話字体がなかった。 ネットフリックスサイドが10億払うというのは問題なかったようだから、問題はKADOKAWAにあるわけで、KADOKAWAが折れない事に問題がある。そして、KADOKAWAから北野監督への敬意が感じ取れないことが非常に残念に思える。


16

やはり映画はテレビよりスクリーンで観てほしい、観るものだというこだわりもあるのでしょう。 海外ではクリストファーノーラン監督が劇場公開と同時に配信もするというワーナーの方向性に嫌悪感を持ち新作はユニバーサルの配給となっています。 北野監督がNetflixを相当警戒しているのでしょう。 北野映画が配信されていない状況を見ると出資元にNetflixが絡む事自体嫌なんでしょうね。 劇場で映画を観るということはその為にわざわざ足を運びお金を払って観に来てくれる。 北野監督自身もそこにきっと強い思い入れがあるのでしょう。


17

うーん。。。 映画監督としては、映画館のスクリーンで観てほしいと強く思っているから揉めている。 と、信じたい。 離婚、再婚、事務所退所後のたけしさんは、 お金で揉めるイメージがついちゃったけど。 Netflixは魅力的なメディアですけど、大きなスクリーンでお金を払って見てくれるファンのほうが大切で、公開当初からネット配信には抵抗があるんじゃない? と、信じたい。


18

想像するにですが、たけしさんサイドはKADOKAWAの資金集めでネトフリに打診するときに一言相談が欲しかったのではないでしょうか? アーティストとかってフリー配信(サブスク)とかが入ることは相談も必要だったでしょう。 たけしさんサイドも15%とかいうのは金額云々ではなくケジメとして誠意を見せて欲しかったのでしょう。たけしさんサイドも渉外窓口がしっかりした人をつけるべきだと思う。


19

たけしさんにとって最後の映画だから、お金だけではなくいろんな思い入れがあったのだと思う。 ただ、KADOKAWA側も興行として成り立たせないといけないから、収入が見込める方策を検討したが、その辺りでたけしさんと行き違いがあったのだと思う。 どちらの言い分も分かるような気がするが、結果として最後の作品が世に出せなくなったことは残念。


20

たけしさん側の言い分に分があるように思います。 たけしさんはお金には厳しい。若手芸人に「稼げるうちにたくさん稼いどけ」と言うらしい。それが彼の弟子であろうとなかろうと。 何度もお金を騙されたり、巻きあげられた経験からの親心なんでしょう。 でも、それ以上に道理に合わないことは認められないことの方が納得いかないのだと思います。


 


 


21

>>>「ただ、たけしさんが怒っているのは、簡単に言えば、“俺はその話、聞いてないぞ”ということ。」 間違ってないし、お金の話でもない。 たけしには「映画を撮ったのであって配信用の映像作品をつくったのではない」という矜持があるのだろう。映画館に足を運んで見てもらってこそ映画。ライブをやれると思ってたバンドが、「ライブ映像を配信することになったんで、よろしく。生はないけど、こっちのほうがカネになると思うよ」と事後報告されたら、どう思うだろうか。 まさに「こんな大事な話、勝手に決めるなよ」である。


22

>>「これを知って、どうもたけしさんが“オイラにも寄越せ”となってしまったようなのです。10億円の15%に当たる、1億5千万円をほのめかしてきた、と。ただ、それはいわれのない要求ですから、こちらは難色を示した。で、たけしさんがへそを曲げた……そう聞いています」 【そう聞いています】これが全てじゃないですか。ここで重要なのは【誰が・いつ・どこで】聞いたかです。その話があった当事者でもない人が断言している時点で、その部分が曖昧に感じます。 話を聞いてまず思ったのが、ネトフリから資金調達をする事を知らせてなかった点。話の中から事実のようですので、角川側の重要事項説明がされてないのであれば、明らかに角川側に最初の原因があると思います。 映画を作る場合、要件は知らせます。その事実を隠して、監督を依頼したのであれば、契約自体が成立しなくなります。原因を棚に上げるのはおかしいです。


23

Netflixに話を持っていったということは、劇場公開の有無や、配信のタイミングは劇場公開と同時なのか、ソフト化された後か、等々、様々な条件を擦り合わせなければならないはず 金だけ出すはずないんだから それをたけしに何の相談もなくやったのなら、それは問題ではないのか? それとたけしからの報酬の要求の話が仮に本当だとしても、相手の名誉もあるんだから普通は伏せないか? 事実無根ならただの最低 この記事の印象としては 「KADOKAWAがやらかしてる」


24

たけしにしてみれば1億5000万円なんて本当に大した金額ではないのは事実。だとしたらそんな請求をしたという話はかなり眉唾だと感じてしまいます。過去たけしと揉めた講談社がどうなったのかを知らない訳ではないと思うのですが。KADOKAWAさんは筋を通したほうが良いと思います。


25

契約や細かいところはずっと前の事務所の人たちが上手くやっていたということが、たけしさんに少しでも理解できればいいなぁと思う。支えてくれる人がいないと映画なんて作れないし、たけしさんの映画は興業収入はそこまでよくないですもんね。


26

金銭関係の要求は否定って北野武の弁護士は言ってるみたいだけど、一方で契約に関する締結が出来ないからって言ってる。 作品は撮り終えて編集9割の段階で、契約で揉めるなら金以外にないじゃん。 最初に契約しないお互いに悪いけど、金で揉めてるクセに素直に言わないのは、武側が表立って言うには都合が悪いとしか思えない。 ビジネスなんだし、金で揉めてるならそれはそれで素直に言えば良いと思うけどな。


27

たけしがお金で揉めるとは思えない。過去の軍団やおつきの人の話を考えてもそんなことで作品を止めるようなことはしないと思う。やはり角川側が筋の通ったことをしなかったと思える。 でも、新しいパートナーになってからたけしが変わったと感じるのも事実。作品がもったいない、が正直な感想かな。


28

たけしさんが一億くらいのお金でごねるとはちょっと思えないので、たけしさんの言い分である「話がとおってない・納得していない」の方が主な理由じゃないかなと思う。 クリエイター的には、「お金が欲しい」って問題じゃなくて、「自分自身・自分の作品に、最低限の敬意を払われていない」って方が気になると思う。 実はこういうことは割とあって、クリエイターは実は立場が弱く、大御所でも雑に扱われることは珍しくないんですよね…。


29

世界のキタノありきなんだから、資金面が不足してなら新しい出資者についてはちゃんとキタノ氏と相談するべきではなかったのか? それとも資金については角川にお任せだったのか? たけしさんがお金のことを後からごちゃごちゃ言う人なら角川だって依頼しないだろうし、ましてや契約は細かく締結しているのでは。


30

日本の映画製作における商慣習がどのようになっているかは私は知らないが、普通出資者や出演者に対する契約、版権の管理などは初めに行うのが常識的なのではないのか。そうしないとそれぞれの持つ権利を契約によって守ることが困難になってしまうだろう。 仮にたけし側の主張が正しいとすると、日本の映画界が下火になっているのは商習慣の問題もあるのではないかと疑わざるを得ない。


 


 


31

森さんが居た頃はたけしは細かい事は分からないけど、周りがお膳立てしてくれてて、いい映画を撮る事に専念出来てたと思う。 森さんや周りのたけしを慕ってた人々が離れてしまい、せっかく声掛けしてくれた角川までも敵に回してしまい、もうたけしを使う場所は無くなると思う。 晩年に悲しいね、、


32

たけしさんは周りが思っている以上に 芸術家なんだと思う。映画館で見てもらうのと、テレビの画面なりスマホで見てもらうのでは、伝えたいことやニュアンスがつたわらないとか そういったことだって当然誰もが想像できるだろうし。 実際はどうなるかわからないけれど、「最後の」映画と思って作っているのであれば、どうしても譲れない部分があっても不思議じゃないし。


33

何でたけし擁護がやたら多いんだここ? たけしが愛人に入れ込んでから急に著作権関係で揉めたりおかしくなったというのは週刊誌報道で周知の事実だろ。 今回の件もその延長線上に過ぎない。 もっとも週刊誌報道を鵜吞みにするのもどうかと思うけど、擁護一色になるのは「前段」をまったく無視していて気色が悪いよ。


34

北野映画、しかも時代劇で3億しか集められないKADOKAWAもどうかと思う。 詳細はわからないが、ネトフリに10億も出してもらう時点で主導権をほぼ奪われるのは間違いない。 監督になんの説明もなく決めたのなら、そりゃ揉めるだろう。 北野映画というネームバリューがあるのだから、クラウドファウンディングで世界中から出資を募った方がまだマシだったのでは?


35

普通なら「製作委員会」方式で日本の大半の映画は資金を集め造られる 国内向けだと最初の契約段階である程度の利益分配までは確定してるがこれに海外資本が参入するとちょっとややこしくなる Netflixの出資額が13億中10億とダントツに多くなればいずれNetflix自身がリメイクしたりする際の原作者著作者の権利主張はかなり制約されその報酬も微々たるものになるのは否めない まあまだ作品が成功するかしないかの段階では「取らぬ狸の皮算用」ではあるけどたけしがイチャモン付けたくなる気持ちは理解るよなぁ 逆を言えばたけしぐらいの「格」が無いと後から監督や原作者からクレームはなかなか入れられないものでだからKADOKAWA側も舐めてたんじゃないかな 製作委員会方式って日本のガラパゴスなやり方をそろそろ変えないとこういう問題はこれからも増えると思うぞ


36

たけし監督は映画館で見ることを想定して細部にわたるまで作ってるわけでしょ?それを突然配信にするとなったら当然作品の細かいところでクリエイターとして納得いかないような部分が出てくる。そんな大事な話を勝手に進めるとはどういうことだってのは全くもってそのとおり。 だいたい日本の経営者どもは映画監督、デザイナー、エンジニアなど実際にモノを作ってる人に対するリスペクトが無さすぎなんだよ。Netflixも北野監督だから10億円出すって言ってるわけだろうし。しかるべき報酬をしっかりと払うべき!


37

何となくだけど、筋を通す順番が違うから怒らせたんじゃないの? お金が集まらないから別の方法で集めようと考えたら、それを監督であるたけしさんに伝えて相談することが必要だった。 それを裏で勝手にお金が集まらないから方法を変えてこれだけ集まりましたってなれば、それなら最初の契約から変わっているんだから配分も変えろよと。 勝手にやっておいてそれじゃってのは流石に腹が立つでしょ。


38

>たけしの小説を原作に西島秀俊が主演を務めた「首」は、昨年10月にクランクアップし、編集も9割近く終わっていたという。ところが、その時点で作業はストップ。それから10カ月がたつ現在も実質的に“お蔵入り”状態になっているのだ。 西島秀俊さんが気の毒というか災難というか。 何とか解決させて公開されないものか。


39

時系列を整理すると ・KADOKAWA中心に3億で新作の政策が決定 ・KADOKAWAはさらに追加でネトフリから10億もらう ・たけしがそのことを知ってKADOKAWAと揉め、撮影停止 ・この段階で撮影は9割終わっている つまり北野監督はKADOKAWAがネトフリから10億もらっていることを知らない状態で撮影に挑んで9割取ってたってことだよね? てなると制作費は3億の状態で北野監督は作っていて、それなのKADOKAWAがネトフリから10億もらっていて分配していないって話じゃないの? そりゃ揉めるだろ…。 なんか武が悪いみたいな印象操作しているけど3億で作ってって言われて作ってたら依頼主は別所から制作費の名目で10億もらって7億の利益出してたら怒るわ。


40

制作費の一部としてネトフリに出資してもらったのだとしたら、それを北野武さんがもらうのはおかしいですよ。放送権と引き換えに制作費を出してくれてるだけの話で、制作費全体から契約通りのギャラをもらうなら当然だがネトフリが制作費出したからとその何割かをもらおうとするのはおかしいです。


 


 


41

KADOKAWAが勝手にNetflixで公開しようとしたんだろ。 たけしにしてみれば普通に映画館で観て貰うことを考えてた。百歩譲ってもその後にNetflixなら分かるが、金がないから監督に黙っていきなりNetflix配信しようとしたらそりゃ監督は怒るだろ。 それをたけしが金を要求してヘソを曲げたってどういう言い方だよ。金がなくて仕方なく売るんなら譲歩するから、金は払えよと言ったら払いたくないと言ったのはKADOKAWAサイドだろ。 勝手にNetflixに権利を売り捌こうとしたんだから、これは誰でも怒るぞ。


42

ビートたけしさん、昔は、コメディアンとしては好きだったので、テレビに出ているとよく見ていました。 でもまあ、世界まる見えが始まった頃までかなぁ。 その後はあまり面白いと感じたことはないのと、監督された映画も何本かは拝見しましたが、根本的に自分の好みには1ミリも合わず、良いと感じたことはないです。 明石家さんまさんも、昔は一番好きな芸能人で、特に「心はロンリー、気持ちは…」シリーズが大好きでした。 でも、キムタクと執拗に絡みだした頃からつならなく感じてきて、今では見たくない芸能人の一人です。


43

北野武監督と規模は雲泥の差だけど、 仕事で後出しで新事実を明かされて、最初から言ってくれてれば良かったのになんで言わないの? ってケースはよくある。 相手や周りは「え?いいんでしょ?なら良いじゃん」「問題ないなら言うタイミングはいつでも良くない?」 みたい反応をするけど、本人としては事前に言われなかったことに何か意味があるのではと感じてしまう。


44

日本映画界のマネジメントがひどいことの証の一つだね。 新しいことができると、頑迷な保身に走って結局時代遅れになる。 会社じゃなく個人企業だね意識は。


45

すみません。 私信じてしまいました。お金をくれといったことを 再婚してから お金の話が良く出てくるから KADOKAWAにしても, たけしの映画は、評判のw理に日本では 興行成績がいいとは言えないので 保険という意味もあったのでは タダ相談すべきだったと思う


46

やっぱりたけしさんの新しい奥様の影がどうしてもチラついてしまう。 たけしさん側のプロデューサー的な立ち位置にいるのでは? 今まで表に出てくるような金銭・契約のトラブルとか、たけし映画でありました? アメリカで映画作った時は、編集権のこととかで大変だったとかは聞いたことありましたけど、金銭関係ではなかったような。


47

当初から製作費13億強の計画だったのか? だとしたら10億足りない中、他社が負担してくれるはずっ!という段階で製作に踏み切るなんて無謀すぎやしませんか… 『聞いていない』という北野氏の言葉通りなら、製作自体は3億強で済んでいるのでは? 10億は何に使う予定だったのでしょう。 というか、もはやKADOKAWA主体じゃなくて、Netflix主体の出資具合ですが(笑) この10億円が放映料ならば、北野氏に15%は妥当だと思います。 元々利益の15%とかの契約をしてらっしゃるのではないでしょうか? このNetflixの10億円は製作費(支出)なのか?はたまた放映権売却費(収入)なのか? 放映権を売って製作費の一部に充てる予定だった…なのならば、KADOKAWAの説明不足でしょう。


48

映画って、監督が有能なだけでは撮れないんですよ。やはり森社長との仲違いは大きくて、たけしさんが映画を撮れないのはそれだと思ってました。 撮ったのにトラブルなんてあんな巨匠ならありえませんよね、普通。T.Nゴンを作った時点でスタッフに恵まれてないようですね。資金力がなければ映画は作れませんから。


49

KADOKAWAの映画が契約問題でお蔵入りするのは珍しい事じゃないですよね?  今回は原作者のたけしさんが難色示すですが、過去には主演俳優達が契約内容と違うで完成間近でお蔵入りした作品も有る。  その原因が今回と一緒でKADOKAWAが独断で進めて後日発覚したもの。  映画界で影響力のあるKADOKAWAに逆らえる人が居なかった時と同じ事が未だに出来るといった考え方がまかり通る訳が無い。  特にたけしさんのような大物は納得しない。


50

Netflixは買い取りなので興行成績がよくても配信数が伸びても、何も入って来ないはず。 たけし作品でもNetflixの資金を当てにするしかない日本の映画業界のシステムが残念。


 


 


51

映画監督北野武ってのは森さんあっての事だったから そのバディを一方的に切ったダメージってのが今回の事で 浮彫りになったね。色んな関係関連各所との交渉や折衝を 全部上手くやってくれていた人、いわば交通整理役がいない事で たけしといえど作品のお蔵入りの危機迎えるわ、KADOKAWAや ネットフリックスにまともに納得のいく説明もされない状況って グダグダやんw でも森さん切ったのはたけしだから報いだよね結局。


52

映画監督的な立場から思えば、興行収益がどれらけ高額になるかで、作品のヒットした、ヒットしなかったのバロメーターになる。 ネットフリックスは買取でしょう?そこがたけしは面白くないんじゃないかな?と思う


53

良くも悪くも晩年のたけしさんに関してはトラブルが度々聞こえてきますね。 友人の兄がかつて制作会社で働いていて、ある時期たけしさん絡みの仕事が多くてよく食事に連れて行ってもらったそう。 財布を持たずにお札の束を直にスボンのポケットに入れて持ち歩き、細かい事は気にせず場代(食事代)を気前よく払っていたそうです。 再婚して変心したなんて云われていますが、確かにそうかもしれない。


54

これ、図書館で借りてきて原作を読んだところなんですが、メッチャ面白いですよ。内容をバラしたいぐらい。 主演が西島秀俊というのは、ワタシ的にはちょっとイメージ違うんだけどね。 首尾よく封切りされれば、勿論観に行きますよ。


55

お蔵入りの原因ですが、かつてのプロデューサーとしてのパートナーで、北野武さんの映画を献身的に支えて来た『森昌行』氏との決別が影響したのではと、私は推測しています。


56

ここ数年トラブル続きのビートたけし(75) ここ数年ではなく、トラブルとともに生きてきたのがビートたけしさんだと思う。そういう人生だから面白い話もできるし、世界のキタノと呼ばれた映画が撮れるんだと思うけど。 今回の記事は、普通に読めば新潮が無理やりトラブルだとミスリードさせるために書いたとしか感じない。


57

北野武の名前で思ったほどお金を集められず、予算もオーバーしてしまった。ならば海外で評価の高い北野氏なので…ということでしょうか。北野氏の言い分はどれが本当かわからないけど、元々の予算を超えて製作したのは事実だろうし、作品に納得しているのなら、公開できるように歩み寄って欲しいです。


58

この事自体はともかくとして こういうのはやっぱり森さんを手放しちゃった弊害だなー と思う 要はこういう折衝をうまくやりくりしてくれる人がもうたけしのそばからみんな離れちゃったって事でしょ?


59

たけし側の弁護士の話を信じる前提としてだが、契約が締結されずに撮影その他諸々が進行していることがビジネスとしておかしい。そういう業界だから、とかそういうことなら業界がおかしい。


60

もう編集も大方済んでいるなら制作費は使っちゃってるってことだろう。書いてる話だとネットフリックスの10億にはまだ手をつけていない。最初の出資3億くらいで仕上がる映画なら893ゾロゾロ出てくる大作ではない。10億の多く角川の懐に入るだけなら武が要求するのも無理はない。それより映画で優秀な裏方を揃えられたかが問題だろう。


 


 


61

揉めながら作った映画なら見たくもないが、これは撮影がほとんど終わってから出てきた問題のよう。北野たけしが集大成として作った映画なら見たいと思う人が多いのでは。


62

確かに映画館上映にこだわる気持ちもあるだろうし、もしかしたら契約時に映画上映も不景気で制作費はこれしか出せないみたいな話を角川から口頭であったかもしれない。ただ、角川3億円、ネットフリックス10億円という配分には違和感がある。当初考えていなかった市場がコロナなどの影響で大きくなったけど、そのメリットは角川だけで受けるよというところで、なおかつ正式な契約文書を交わしてなかった所に落度があるのか、それとも角川としては最初から採算無視で進めていたが、ネットフリックスに配信権を売却して穴埋め出来たのか、状況は不明ですね。この記事だけ見ると北野さんに不利な印象操作があるように思うけど。


63

「ソナチネ」ほど感動した映画は他にない。 ストーリー云々以前に、映像そのものが美しい。 北野監督の美意識を強烈に感じた映画だった。 ごちゃごちゃ言ってないで早く新作が見たい。


64

そもそも、クリエイターが権利を主張するのは悪くないし、当然なんだけどね。 日本では金の話しは汚いし言いにくいからあまりしないっていう、変な美徳があるのか、 夢見る若いミュージシャンとかクリエイターとかはそういうのに無頓着で、搾取されてる現実があると思う。むしろ、まずはそれ(権利とかお金の話し)に執着してもいいくらいなんだけどね。 矢沢永吉さんは著書でその事をハッキリとおっしゃってました。 裏で金の匂いのする奴らがいっぱいいるぞ。 おかしいぞって。


65

たけしさんは「映画は映画館で大画面で観て欲しい」と言っていた気がする。そもそもどんな環境でどんな状況で観られるか分からないサブスク自体NOと言うべきかもしれない。


66

まあね。 ふつうに考えたら、 予算はどれくらい出せるか、からの話し合いになるんだろうね。 ここからいくら こっちからいくら どんなに頑張っても、これくらいです。 だから、監督にはこれこれで、お願いしたい。 そこで話がまとまったとしよう。 3億しかないから、これこれでお願い、 と言われて、契約をしたのに あとから じつはそれ以外に10億あった、 なんて話になったら、 あれれ、後出しかよ、信用できねええ、 ってなると、僕は思う。 もし、話がこんなふうに進んでたとしたら、だよ。 たけしさんの関係者の話と、KADOKAWAサイドの話をまとめると こんな感じかな、って思ったのだけれど。 映画ファンとしては、 制作サイドのごたごたで作品が見られないことそのものが、なあ…


67

KADOKAWAさんはアニメでもそらおとやけもフレなど、好きな作品が残念な結末を迎えてしまったこともあって、今回もたけしさんに対して何か判断を誤ったり不義理があったんではと思ってしまいます。 たけしさんぐらいお金持ってる人が今更それほどお金に固執することはないと思うし、巨匠になってもハケヅラ被って皆を笑わせようとするような方ですから、自分はたけしさんを応援しています。


68

KADOKAWAもKADOKAWAだが、たけし自身「KADOKAWA」が製作資金を集められるだけの力があるか見極めが出来なかったところも甘い。 たけしは、映画界においては既に過去の人間。加えて、映画製作の在り方も変わった。巨匠が顎でスタッフや俳優を使う時代は過去のもので、今は監督自身が関係者全員の面倒や資金繰りすら行う時代。 たけしが慣れ親しんだ映画の世界は、もはや過去。「過去の栄光に縋りたがる」たけしは、もう日本映画界では教科書で学ぶだけのレベルでしかない。


69

まあ、たけしサイドの話もKADOKAWAサイドの話も、どっちもホントの事だろうなぁ。ただ、その「事実」の裏に、利益が絡んでるのもまた事実かと。やっぱり「ちゃんと話を通す」って作業は丁寧にやらないとね。


70

バトルロワイヤルがR指定になった時、北野武が「これを中学生に見せないでどうすんだ」と怒っていたのが忘れられません。 当然、お金のことも考えているだろうけど、何よりも作品と観る人のことを考えている証拠です。 映画ビジネスよりも映画を愛している関係者たちに頑張っていただきたい。


 


 


71

興業収入対するインセンティブもあるんでしょ?ネットフリックスに対する著作権や版権に対する権利の問題が明確になっていないからじゃないですか? 正式な契約も結ばれていないままKADOKAWA側がかってにネットフリックスと契約して、金額とかも全部自分のところに入れるなんたいったら普通は訴訟案件じゃないですか?


72

お金の問題じゃないでしょう。稼いでる監督がいまさら、そんなこと言うわけがない。 北野作品は、一本もNetflixで配信されてない。 Netflixどころか、Amazon primeやその他の配信サービス一切に見当たらない。 サブスク配信というシステムそのもの、あるいはそのサービスと契約を結んだ場合の内容に対して、北野監督なりの考え方があるのでしょう。


73

なんか記事の中でも色々不思議な点も多いから何とも言えないけど。 1つすごく悲しい、というか寒々しいのは、日本最高の監督の作品がこんな低予算で作られてることかな。 まあ北野映画は興行では当たり外れが大きいけど、それにしても寂しい。


74

北野映画ってどの配信サービスでもされていないんですよね。多分北野武監督は自分の映画が配信サービスに乗っかるのがあんまり好きじゃないんじゃないかと思っています。個人的な意見ですが、当初の話と結論が違ってその結論に至るまで何の相談も無かったことにお冠なんでしょうね。北野武監督ってそこを怒りそうです。


75

折り合いがつけれないのは歳を取って考えが固くなったからなのか、、、 当人しか分からないこともあるでしょうが、折角の作品が無駄にならないようになるといいと思います


76

時代劇版アウトレイジと謳われ、私も期待してはいたが、以前読んだ記事に『本能寺の変は実は豊臣秀吉が光秀をうまい具合に誘導して起こした陰謀だったという斬新なストーリー』と書かれていてガッカリした。 そのストーリーは2009年公開の映画『GOEMON』で既に使われている。それでも、たけし監督の作品だから鑑賞してみようと思っていたが、どんな形でも公開されなければ良くも悪くも評価しようがない。是非公開してほしい。


77

監督とプロデューサー関連が揉めるって話は昔からよく聞くが、今はそこをうまく調整する人がおらず、結果尾ひれ背びれがついてネットを泳ぎだし、水面上に現れた時はとんでもない化け物になってて収拾がつかなくなるって流れ。 ま、今は作られた映画作品よりも、そんなリアルなドロドロ劇の切り抜き動画を、ユーチューブなどで愉しむ時代だけれどもね…。w


78

記事がどこまで正確か分からないが、文章を追うだけなら、KADOKAWAの説明不足が問題のように感じますね。 製作した映画を売るなら、一定の配分は必要だと思うし、15%なら良心的にも見える。 ユニフォームの口利きだけで、それ以上の金を受け取る某理事もいるわけだから…


79

配給権持ってるところが最後は勝つ的なのが、なんか腹立たしいですよね、記事ではたけしさんの悪印象もあり、あたかもこう言ってたらしいの、真偽不明な悪意感じる文脈だし。 出演した役者やスタッフも心配でしょう、ギャラも出たのかな。一ファンとしては、公開の為の努力話の方を見たかったよ。


80

3億でつくろうと予算を引っ張った映画が、都合13億円になって、オイラが1円も増えないなら、じゃあそれはどこに行くの?と思わないんだったら、もうたけしさんはボケちゃったってこと。仕事・お金・信頼はセットだから、どうしてもお金関係で目立っちゃうけど、たけしさんも歳をとって、錆びてきた頭脳と身体で必死にやってるのに、上前をはねられるのはもうたくさんだってことじゃないかな。自分じゃない誰かのためにお金を使うということは、たけし軍団で一生分どころか人生何回分もやったよ。もう十分でしょ。


 


 


81

「サブスクやらないオイラのをやるっていうなら、納得できるカタチをよこしやがれ」って最後は話題をお金に落としたんでしょうね。終活込みの最後の映画、アガリにこだわるようなことないと思うけど。 作家としては常に出版社や配給会社に対して「オイラでうまく稼ぎやがって」って思ってる。これまで北野ブランドで角川があげた売上を思えば、最後くらい金の話はするなよというのが「オイラ」の本音だったのでは?


82

このようなことが世の中に晒されるようになったのは、ビートたけしさんも枯れてきたのかとさえ思う お笑い芸人から映画監督まで仕切るスパー才能の持ち主でしょう しかし、お金のことに絡むこうしたトラブルは、品格を落とします 頑張ったことに対する相応の報酬は否定しませんが、評価をするのはスポンサー側でしょう どういう映画が分かりませんけど、傑作ものだとしたら、残念ですね お金の問題で思い出しましたが、たけしさんのTV出演料が高額なため番組見直しなどと言った報道もされていましたね 離婚され、新たな事務所での事業がしっくりいっていないのでしょうか まあ、歯に衣着せぬ発言は、庶民の代弁だと思っていますので、庶民から慕われる芸人であってほしいものです こんな情報が公になるということは、抜き差しならない何かがあるような気がしてなりません 私の心配過剰であってほしいですが


83

たけしさんは、ひょうきん族世代の自分にとっては、それまで大好きだったドリフを見なくなる程のアイドル的な存在で、唯一無二の面白さがあった… でも、オフィス北野と共に何か一時代が終わった感じがするなー… つい最近まで 未だに殿!殿!言ってたと思ったら、最近選挙で見たあの人同様、何か昔は違ったのになー…って悲しくなる… 宮崎復活しそうなあの人も、やっぱたけしさんが面白くて、それに絡んでナンボなんだよねー…、何か最近雲ってると言うか… 最後にもう一花!!、期待してます!!


84

ただ、忘れてはいけないのは、身内のゴタゴタで興行収入を得る前から金よこせ!ではなくて、観客動員数がある程度あった上で金銭的な話をするのが筋だと思いますが。ネームバリューで良い作品を作ることを忘れている。


85

なんか勿体無いな。 予算とか契約とか表には見えない話で良い作品がお蔵入りしてしまうことになる事、おおいんですかね。 関わってきたキャストもスタッフもファンも作品が公開されるのを楽しみにしていると思います。 ぜひ綺麗なかたちで表舞台に出てきてほしいです。


86

まぁ契約がどうなってるか分からないし 安易に勝手にどっちがどうと言えないけど Netflixの話しを聞いてなかったとすると そら、ちょっと待ってくれ。っとはなるかも 契約的に?立場的に?いちいち言う必要はなくても 出来るとなっていても、、、 やはりビジネスは人間関係が大事だからね 配慮は必要かもね


87

まえの奥さんの方が、そこら辺、ちゃんとしててくれたんだろうな。離婚して、愛人との二人三脚になってから、だめだわ。 終わりの方、こんな形になっていくなんて、レジェンド枠だけに残念。 千葉真一とかもそうだけど、やっぱ、周りの人って見極めないと芸能人って難しいよな。クリエイター気質だから、寄ってくる上手い話(だまされる)見抜けない事も多い。


88

まさかの新作話題作り?とも思えるが。 シアター系のみではペイしないとの話なら最初からここでは作らなかったとの言い分もわからないではない。特に終活かけて賞取り狙っていたとすれば余計に。


89

タケシほど稼いだ芸能人が金の事で揉めるとは、到底思えない。 本人がどうしても納得できない事があるから、上映しない、編集もしないってなってるんじゃない?お金欲しいならドンドン番宣してさっさと上映して集客して、、、お金を回収すれば良い。 どちらの言い分が正しいのか知らんけど、北野監督の映画は見たい。


90

ネトフリやディズニー、ワーナーもそうだが、制作会社は手っ取り早く資金回収できるけど 役者やスタッフは劇場興収に対する歩合収入や円盤のセルレンタルや放送に関する二次収入が減少するので 揉める事が多いね


 


 


91

リドリースコット84歳、数年先までスケジュールいっぱい。イーストウッド92歳、去年「クライマッチョ」監督主演、生涯引退しないらしい。 たけしさん75歳で集大成なんてまだまだ早い(マスコミが勝手にそう言ってるだけでしょうが) 歳とれば疑心暗鬼にもなるでしょうが八方塞がりになる前になんとか解決して公開してほしい。


92

内田英治監督が、日本の監督の印税はDVDや配信などの二次的な物からしか入らない旨をおっしゃっていましたが、サブスクだとどうなるんでしょうか。 今後の印税なくなるなら、正当な金額の範囲に思えますね。


93

北野監督が本作品に対してどれほどの権利を有してるのか分かりませんが。 筆頭の出資者がよりにもよってNetflixになるなんて、権利関係も1から見直すくらいの事態になっているのでは。しかも北野監督には何の話もなく。 最悪、作品がNetflixに持ってかれる事もありえるので、そんなだったら今のうちに金寄こせ、と言いたくもなるかも知れない。


94

単純に言えばたけしの映画ではスポンサーが付かないって言われてるようなもんなんだよ もう昔のたけしじゃないんだよね 自分でわからないのかね たけしに付いてる女性にも問題があるのでは無いでしょうか 事務所を辞めて独立したけど番組の打ち切りが有ってギャグも全く面白くなくて収入も減る一方で せっかくたけしを略奪したけどこんな筈では無かったと


95

想定外の出資を受けることになるなら、その分の実入りをどうするか、分配するのか、そもそもその話を受けるのかどうか、などは関係者で話をすべきなんじゃないかな、と思いました。 それにしても、西島秀俊の出る北野作品がお蔵入り、ってもったいない限り。


96

日本映画の製作費の平均は 5,000万円とも1億円とも言われており KADOKAWAが3億円も出しているのだとしたら、他から10億円も 集めずとも十分な金額に思える だから もめているとしたら余分に集めた10億円もあるなら より良い映画製作のため何割か使わせろと要求したのに、 断られたことがり原因では? 海外の映画は製作費が数十億円どころか 大作といわれる作品は 200億円 300億円と注ぎ込まれることが常識 ビートたけしさんは そのことを踏まえ 日本映画の製作費の しょぼさに不満があったのではないでしょうか?


97

昨年にたけしさんが恩人のバンダイナムコとの関係が裁判訴訟問題になった頃から新作映画製作に関する全ての面で歯車が嚙み合ってないように思いますね.普通なら秋頃に公開予定で新作映画の予告編の番宣がありそうですが?


98

最近、何もかも信じられない事が当たり前の世の中になってから、これも炎上商法の一つと勘繰ってしまう…それにこうやって話題になって、宣伝効果も多少はあるのでは? あの、幻の北野映画がついに!って二年後ぐらいにしれっと上映されるのでは…。


99

製作費が上がったけど追加の時間が出せないから苦肉の策でNetflixを頼り製作費の補填をしようと思った感じだね、 そもそも製作費超えるな


100

角川が必死に3億集めて、netflixに言ったらポンと10億出て来たってのが時代を表してて凄いですね。 筋で言えば10億分の分け前を北野側にも渡すべきと思いますが、多分当初の契約の時に北野側がビジネス面を疎かにしてたんだろうなぁ。「金の問題じゃない」と言いながらカネを要求してるって大いに矛盾があるし(笑 とんねるずの貴さんもそうですが、若さで無茶苦茶やってきたタイプの芸人さんは、老いてエネルギー少なくなってくると、そりゃ弱いですよね、寂しいですが。