プーチン氏、ガス管損傷は「米欧側のテロ」認識示唆

 

ロシアのプーチン大統領は12日、ロシアと欧州を結ぶ天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」の損傷について「国際テロだ」とし、「受益者は明白だ。残りのパイプラインはポーランドやウクライナを通過している。米国も自国産ガスを高値で販売できるようになった」と主張、米欧やウクライナが故意に損傷させたとの認識を示唆した。モスクワで開かれたエネルギー問題をテーマとする露主催の国際会議で発言した。


ニュース速報

 

イイネ