<独自>通信障害時のローミング、一般通話も対象 総務省検討

 

KDDIや楽天モバイルなどで大規模通信障害が相次いだことを受け、総務省は通信障害などの非常時に携帯電話会社間で回線を乗り入れる「ローミング」について、緊急通報だけでなく一般通話とデータ通信の両方が利用できるようにする方向で検討に入った。28日からの有識者会議で技術や費用面の課題を議論して年内に方向性をまとめる。ただ、ローミングの実現には「システム開発などで2、3年かかる見通し」(関係者)だ。


ニュース速報

 

イイネ