スマホの1円販売、実態解明へ 公取委、異例の強制調査

 

 携帯電話大手の販売代理店がスマートフォンを「一括1円」といった極端な安値で販売している問題を巡り、公正取引委員会が独禁法40条に基づく強制権限を使った異例の調査に乗り出したことが25日、分かった。調査拒否や虚偽報告には罰金が科される。取引実態を解明し、不当廉売や携帯大手による優越的地位の乱用がないかどうかを調査。問題があれば年内にもまとめる報告書で指摘して改善を促す。


ニュース速報

 

イイネ