最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

「救急隊に食事時間を」さいたま市消防局がツイート コロナや熱中症など出場増え… 協力できることは

 

さいたま市消防局の「救急隊がコンビニ等で飲食物を購入し食事をすることがあります」というツイートが反響を呼んでいます。新型コロナウイルスの感染拡大や熱中症などで救急車の出場が増えているため、体制を維持しながら隊員が食事をとれるようにと考えた結果だといいます。こうした状況がさらに悪くならないために、できることは…。


ニュース速報

 

 イイネ

1

朝出勤してから消防署に戻れるのは深夜です 食事は車内でコンビニ飯です 休憩は無いようなものです 睡眠も1時間寝られれば良い方です 終業時間に帰れることもなく24時間以上働いて睡眠は毎回1時間程度です 救急隊員も医療従事者です メディアは医療機関だけでなく、救急隊員の現状をもっと報道した方がいいと思います 救急件数が増え大変だと思うなら行動制限をかけるべきだと思います 急病や怪我など仕方ない事もありますが、酔っ払いや、軽いすり傷等で救急要請するような人が減ってくれる事を祈ります それだけでもかなりの件数が減ります 救急隊員も人間であり家族もいます 父が毎日辛そうにしている姿を見ていると悲しくてたまりません なぜ今まで救急の事を報道しないのか腹が立っていました


2

現役救急隊長です。 ご理解して下さる方が多いこと、とても嬉しく思います。 私の隊は、院内の目立たない場所にある自販機でドリンクを買って車内でパッと飲んでから帰ります。 本部からは外部で飲み物を買うなと言われていますが私は買います。隊員の熱中症予防にどうしても必要なため購入しました。といいます。水筒やペットボトルを積んでおけと言われますが、大汗かいて今飲みたい冷たいものを買って飲んで活動のフィードバックをすることで隊のレベル向上も隊員の体調管理もできると思っております。


3

夫が救急隊です。 勤務日は昼食が夕食になることも多いらしいです。 朝出勤したらすぐ出動して、次に署に戻ってくるのは夜遅くということもかなりあるみたいです。 署に戻ってからは報告書作成で、睡眠時間は2〜3時間。 1時間も寝れない日も増えてきました。 報告書作成があまりにも多くて、朝の退勤時間過ぎても残業して、家に帰ってくるのは昼近く。 24時間以上勤務してます。 救急要請も、発熱や頭が痛いなど、自分て医療機関に行くか、もしくは翌日に医療機関で受診できるようなものがかなり増えているとのこと。 119番に電話する前に今一度、緊急を要するものなのか、考えて欲しいです。 医療現場はかなり疲労困憊しています。


4

これからそうなるって予告なの? 5年前くらいにさいたま市の救急隊が病院の売店やコンビニ等で購入してることに対してクレームがどうこうって記事が出て その頃、母が入院してて買ってるのを実際見かけたこともあるけどなんとも思わなかった その時から今まで禁止にしてて、皆さん守ってたってことなんだろうか だとするとこの2年半大変だったと思う 6月の体温越えの日に2回近所に来て見かけたけど体温越えの日でももちろんいつもの服装にマスク着用で任務を遂行してくれていた 今後、人材不足にならないか心配 せめて手当は充実させてあげてほしい


5

以前、コンビニに消防車だか救急車だかが停まってて、「勤務中にコンビニ寄っていいの?」「そんなのでコンビニに行くとか職務怠慢!」などと話題になったことがあったけど、これだけ救急車を休む間もなくひっきりなしで走らせてたら、そりゃお腹も空くしトイレにも行きたくなるでしょう。 ありがたいことです。頑張ってください。と伝えたい。 「サイレンがうるさい」と苦情を言う人の気がしれない。 別の話だが、消防では“出動”ではなく“出場”が好んで使われるようですね。知りませんでした。 でも、総務省消防庁が出している書類には“出動件数”となっているので、現場用語なのでしょうかね。


6

自宅の近くに脳神経外科があり、救急受付をしている為頻繁に救急車が入ってきています。そこで小さな事ですが一つ気がついた事が有ります。救急車が歩道を渡る時にブレーキをゆっくりと踏み救急搬送されている人の身体が揺れないようにしているのだと思います。それを見る度に救急隊員の方々の苦労を思います。沢山の救急車が朝からずっとやってきています。夏場になり搬入されてくる回数は明らかに増えています。救急隊員の方の健康と、隊員を支えている家族の苦労を勝手に想像すると当たり前過ぎるのですが「ありがとうございます」と、救急車のサイレンを聞くたびに思うようになりました。


7

車で走っていると明らかに救急車に出会う回数が増えているし、引っ切りなしと言うかんじです。感染者が増える度に出会う回数があがるので、隊員の方たちも大変だと思います。 搬送先がすぐ決まればいいですが、近所でも最近救急車来ても、なかなか運ばれて行かれないので、大変さは増すと思います。 自分も体調には気をつけなければと思います。


8

もっと普通の光景にするべき。警察だってそう、癒着や摘発に甘さが出てしまう懸念で制服での接触を禁止されているんだろうと思うけど、市民の噂も情報としては大事で、警察に直接電話はし辛い様な内容のちょっとおかしい事も、 話しやすい。子供の虐待、詐欺、怪しい人の情報ももっと報告しやすくなると思う。


9

行動制限をかけるべきだというご意見を目にするようになりました。 しかし、行動制限をかけられなければ行動変容出来ない国民にも問題は有るように思うのですが。 私の地域でもこの感染状況の中、行動制限が無いことでいつも通りの夏祭りが開催され、焼きそば、串カツ、から揚げ、生ビールの販売があります。少し想像力を働かせれば、その後この地域に何が起こるか分かりそうなものなのに… Withコロナとは、言うは易しです。 せめて重症化リスクの高い方々には行動を控えて頂いて、医療従事者の負担を減らす。 社会全体で痛み分けをすべきです。


10

交番勤務の警察官なんかもそうだが、24時間交代制で自由に外に出られない公務員は仕出し弁当とかの手当があってもいい。毎日配達はムリでも今は冷凍の弁当とか美味しくレンジアップできるものも増えているし、専用の冷凍庫にでも数日分ストックしておけば急な事件事故にも対応しやすいだろう。消防士なんかは署内で自炊しているところもあるみたいだから、材料の買い出しや調理、片付けなんかを考えると食事時間を確保するのは難しいよね


 


 

TESTING130


11

コンビニで食事を買い食べるのは休憩ではなく、次の事態に備えるための栄養補給、自動販売機で水分を購入して補給することは、命を繋ぐために必要なことだと思います。 その事に対して苦情や文句を言う人が居るのなら、人として間違っているとしか思えません。このようなコメントが消防署から出ていること事態がおかしい事であり恥じることではないでしょうか。 国会議員は電話1本で病院に行っているので気が付かないかも知れませんが、この様な事態を起こらないようにするのが仕事のはずです。投票率の低さは選ぶことの出来ない候補者しか居ないので投票が出来ないとの認識を持ってもらいたいです。マスメディアの報道も選挙の度の数字だけでなく、何故その数字が出てきたのかを検証するような報道を行ってほしいです。


12

数年前父が亡くなった際の事ですが、父の体調が悪化し救急車で搬送されました。当時まだコロナなんてものは流行っていませんでしたが、冬から春への変わり目でどこも入院患者が多いらしく救急車は発車できず1時間受け入れ先を電話していました。救急隊員は私達家族に受け入れ先を探しながら「大丈夫ですからね、我々がずっと一緒にいますからね」と声をかけ続けてくれました。あの優しく頼りになる言葉がとても有難かったです。お忙しい東京都の救急隊員のあの時の方々に今もお礼をお伝えしたい程感謝しています。そんな経験から、私は隊員の皆様にはバランス良い美味しい食事も適時に水分も睡眠も、きちんと摂取して勤めて頂きたいと思っています。


13

つい最近熱中症になりました。救急車を呼びはしませんでしたが、思ってるよりも簡単に熱中症になるんだなと思いました。 新しい草刈り機を手に入れ、使い始めたら楽しくなってしまい、炎天下の中4時間。こまめに水分補給はしていました。 庭がきれいになって気分爽快。汗だくだからシャワーを浴びましたが、それがいけなかった。水シャワーか、せめてぬるいシャワーにすればよかった。特に気にせずいつもと同じ40度のシャワー。シャワー後はさっぱりした気でいましたが、どんどんと頭が痛くなってきて…調べたら熱中症の症状ピッタリ! そりゃそうですよね。火照った体にさらに熱を加えたようやもんで…。 そこから保冷剤を使って朝方やっと落ち着きました。あんなにひどい頭痛初めてでした。 まだこのくらいで済んでよかったと肝に銘じ、これからは本当に気をつけます。


14

看護師ですが、患者さんの転送で救急搬送に同行することが年に数回あります。 医師や看護師、介護士もかなり不規則ですが、より不規則な生活をしているのは、消防隊員や救命救急士だと思う。 話をお聞きするといつ休むんだろうって思うくらいです。 もちろん命に関わる仕事なので使命をもって任務に当たっているとは思いますし、体力も精神力も鍛えている方達だとは思いますが人間には限界ってある。 特に睡眠、食事、休憩がまともに取れないっていうのはそれこそ命に関わる。 ウィズコロナではあるけど、現状を冷静に見る必要があるし、できる対策は各自しないといけない。 医療体制がなってないとよく聞きますが、人材不足は何十年も問題になっていること。すぐ解決できるなんて思わない方がいいし、少子高齢化が改善しないのだから、人材不足はこれからも悪化する。


15

東北の地震もそう、今のコロナもそう。 消防職員は責任感が強いという一言で片付けられてはいないだろうか? 東北の地震では、メルトダウンの起こった原発の近くで活動を余儀なくされ、被災地の消防職員は家族を心配しつつ、何週間も消防署に詰め続けたそうです。 確かに有事の際に活動することが職務です。でも、彼らも超人ではなくて、身体を鍛えているだけの人間です。休める時くらいは休んで欲しい。コンビニだろうがスーパーだろうが行ってもかまわないと思います。 24時間を働くのが当たり前との意見もありますが、彼らの勤務時間は24時間のうち16時間です。手当は出ますが、お金で体は休まりません。 どうかこの難局を乗り切っていただきたいです。


16

食事をとる為にコンビニに行くのを問題視する輩にまで相手していると肝心要の本業(救急・救助などの出場)まで支障をきたすのだから基本スルーで良いと思うが,個人が私的な活動場面において,熱中症で救急要請しなければならない状況はある程度コントロールすることができる。 その点は我々も日頃から意識して行動し,不要不急の救急要請をしないのはもちろん,自分の意思でコントロールできるもの(業務で自分だけでは決定できない場合等は除く)は,自分の軽率な行動が原因で,他者に過大な負荷を与えない気遣いも必要だと思うな。


17

医療現場も大変だけど、通報の第一線にかけつける救急隊も本当に大変だと思う。 コロナ患者の搬送先が決まらず、都内片っ端からすべての病院にかけても受け入れ先が決まらない状況。救急現場で働いており、救急隊とホットラインのやり取りをしているが、電話越しでも疲れ切っている様子が垣間見れる。それでも感情を出したりすることなく、丁寧な電話対応でこちらも何とかしてあげたいが、受け入れができずいつも申し訳ない気持ちで一杯である。 一度消防庁指令センターなど一日密着取材をして、現在どれだけ都内の救急搬送が混乱に陥っているか、医療が逼迫しているか取材を行い、マスメディアを通し全国民に現状を知らせてあげたらどうか。


18

入院中、救急隊の方がカップ麺をすすっているのを見たとき、体力が必要で、コロナにならないように気を付けなくては行けない人が食事もちゃんと時間が取れないというのは、いかがものか。。と思いました。 しっかり休める時間が確保されないと、救急車を運転できる人もいなくなったら本末転倒ではないのかな


19

救急車を呼ぶか判断に迷った時の#7119は、実際、救急出場をさらに増加させています。#7119の電話相談員は救急隊員でもなく、実際患者を見ているわけでもないので、何かあった時に責任問題とか、その対応ができないため、どんな症状でもほぼ救急車を呼んでくださいと答えています。呼ぶつもりもなく少し相談してみようと思った人が結果的に救急車を呼びやすくなり救急出動の更なる増加につながっていることを隠さずに報道するべきです。


20

うちも父が去年3度も救急隊員の方にお世話になりました。 うちは本当に急を要する救急車だったのですが、受け入れの病院を必死に探してくれ、付き添いのために乗りましたが目張りされた車内に揺られ前回具合が悪くなったことを姉が伝えてくれたら急いでいながらも気を遣って走行してくださいました。 病院についてからもただそのまま帰るわけではなく色々対応してくださり、もうとっくに戻っていたと思いきや、しばらくしてそれでは我々はこれで失礼します、ととても礼儀正しく挨拶までしてくださいました。 集中治療室に入った父親への不安の中、とても親切な対応に思わず涙が溢れました。 そのまま付き添っていただきたいくらい親身な対応で、救急隊員の方の優しさと人を助けると言う思いやりを感じました。 大変かと思いますが、食事を摂る時間はもちろんのこと、できることならしっかり体を休めてこれからも頑張っていただきたいと心から思います。


 


 


21

岸田首相は海外に行き、借款とか援助とかお金をばら撒いていますが、このような救急隊とか医療機関、医療関係者にお金を回し、十分な体制作りを目指すべきです。 救急隊員の方、関係者の方からも投稿がありますが、やはり人員体制、物資の供給体制(十分な食事供給体制も含め)等、ロジスティックの充実をはかるべきです。 日本は、この前の大戦での、例えば何ら物資の支給も無く、ただ精神論だけで進もうとするようなインパール作戦から、何ら進歩をしていないのかと悲しくなります。


22

家のすぐ近くに消防署の分署があります。 出動は明らかに多くなり、その度に頭の下がる思いです。 医療従事者しかり救急隊員しかり、今のこの状況で酷な任務を強いられている方々が休憩くらい好きなものを飲食できないのはおかしいと思います。 デスクワーク同様、できれば休憩はきちんととっていただきたいです……。 私は救急車のお世話にならないよう、感染症や熱中症の対策をしっかりしたいと思います。


23

地方の救急隊だって、都市部は交換要員がいなくて、朝から出づっぱりで昼メシと夕飯が一緒って結構ある。 コンビニで買い物して帰ると、本部から電話あり「市民から苦情入った」から「やめるように」だって、、、 あと、誰かもコメしてたけど、タクシーがわりも多い。 それと、警察官の無駄な救急要請も多い。「事故現場で首が痛い」と言うとすぐ「救急車呼びますね」だって、、救急隊が到着するし「自分で病院行けますか」と確認すると「はい」だって、警察の対応とタクシーがわりが無くなったら、救急件数も大分減ると思うけど。


24

119番がつながらない、救急車が来るのに40分かかる、病院が見つかっても しゃないで6時間待機(その間にPCR検査)死ぬわ、と思いました。 熱中症は予防できるので注意すべき。大けがや交通事故は本当に怖い。 できるだけ、迷惑をかけない配慮は必要でしょう。 緊急な方を優先できるようにしてほしい。


25

皆さんは、救急24時みたいな番組を見たことないんですか? この手の番組で、消防隊員たち、救急隊員たちは勤務が24時間交代です。 緊急を要する仕事だから、その勤務時間中は食事も休憩も基本スキマ時間に行われるので、平和な日なら施設内で訓練をしたり、散歩などで近隣の保育園の子供たちの訪問に対応したりしてくれます。出動件数が多くなったとしても、彼らの中では食事も休憩も平和な日なら少しはくつろげるでしょうが、基本慌ただしく取れる時に取ると紹介されてました。警察官もそうですよね。事件や事故が多ければ、彼らも。お医者さんだって救急対応している所は、そんな感じ。だから、今始まった事ではない。通報件数依頼数が極端に増えてるけど、緊急性が伴うかどうかは司令室で振り分けられているはずです。問い合わせみたいこともする人いるし。情報は自分でしっかりと確認しましょうよ。増加は熱中症が殆ど。


26

救急隊員も医者も看護師も 食事して休憩してください 蓄積した疲労は、ミスや事故を招きます 労災の基本です、管理者は休憩させる義務があります 本人たちは使命感が高くてがんばっちゃう人達ですが 管理者は人員補充や、業務の分散や、要請の制限などの対策を取ってください


27

今年の2月に父が倒れて救急車のお世話になりました。 父は助かりませんでしたが、病院到着まで数々の手当てをしていただきました。感謝の言葉しかありません。 救急車を呼んだのですが、はしご車(消防車)も来ました。救急車にはもう、機材が積みきれないようです。 他の方のコメントにもありますが、救急隊や警察官の方がコンビニに行くことも必要です。防犯の側面もあると思います。 場違いなコメントかもしれませんが、議員の報酬を減額してでも(場合によっては無報酬でもいいかもしれない)警察・消防の方々の給与を増額していただき、また、設備にも投資していただきたいです。


28

防衛出動時があった場合、自衛官等の食事時間の確保はどうなるのだろう。 その様に考えた時人の命を守る使命を帯びている方たちの宿命かも知れません。 国民が感謝の気持ちをもってあたることがなければ金銭だけではどうにもならないことだと思います。 命を顧みず職務についている方、食事の時間にも窮して働いておられる方、本当に尊敬し感謝します。


29

労働法では1時間の昼休憩と出てますが消防隊員、救急隊員は司令塔から命令を受ければ休憩中だろうと、仮眠中だろうと、ミーティング中だろうと出場しなければならない過酷な仕事です。私が聴いた話しをすると定年して1年~2年で現場に出てた職員が他界する方が多いと聴きましたのでそれ位過重労働ですが、それでも都民、市民を守って頂ける事に感謝して我々の為に健康に充分気をつけて今後もがんばってください。


30

以前救急車輌がコンビニに駐車されていたとかで結構問題になりましたね。 そんな事もありコンビニへ寄ったりすることが禁止されたりしていることもあるかと思いますが救急隊の方々が食事ができないなんてことにはならないようにするべきだと思います。何かあれば組織は隊員の方を守ってほしいと思います。


 


 


31

誰にでもできる協力はやはり軽はずみに救急車を呼ばないことですね。 電話を掛ける前に、『それ、本当に救急車呼ぶ必要ありますか?』 市販薬や翌日受診で十分じゃないですか?と自問してから判断を下して、 それで本当に救急車が必要と思ったら呼ぶ。でしょうか。 あと、いたずらとかYOUTUBEの企画とかで呼んだ場合は強制的に罰金などを課すことなどもありだと思います。


32

現役の救助隊長です。 救急隊は年々職務が激化し、出動以外も研修やら講習等の負担が増え続けています。疲弊を防ぐために隊員の入れ替えも行っていますが限界があります。今回ニュースに取り扱っていただき非常にありがたい気持ちですが、まだまだ待遇の改善をしてほしいです。 地域住民のために身を削っている救急隊のために。


33

なぜ、救急の出動が激増しているか? 感染が急拡大しているからではないと思います それほど重症化してる人は多くないです 原因は、不安だからです いきなり40℃近い発熱があれば、誰でも驚きます 検査してコロナだったら、どんな症状が出るか分からない なにをすればいいのか分からないから、不必要な出動が増えるんです 政府、厚労省は、オミクロンの主な症状や、救急車を呼ばなければならない症状を明確に示して欲しいです 国民の不安を軽減すれば、改善します それをしないと、本当に必要な場合に対応出来なくなります 隊員を疲弊させてはダメです 社会が大混乱します


34

救急隊はいつも呼ばれっぱなしで食事時間を確保することが本当に難しいですよね。看護師も似たようなもので昼食中でもナースコールで呼ばれたり、それこそ患者が急変したら食べそこないます。トイレに行くのもままならないこともあります。医療者にとっての休憩は在ってなきがごとし。こういった現状を考えていただき、一般の方々にはご理解を頂けたらと思います。


35

この話を見て救急隊が大変だとだけ思った方は、救急隊を疲弊させる側になってる可能性がある。 救急隊が大変なのは出動回数が増えてるから、これに尽きるのです。 タクシー代わりに利用している人が多いということです。 いやいや、何か大きな病気かもしれないから念のために救急車呼ぼうかとなる気持ちは分かりますが、呼んで来て貰うよりも自分で行く方が速くていい場合もあるのです。 その見極めが分からないなら、#7119に連絡して判断を仰ぐのです。 救急隊の疲弊のほとんどが不適切利用にあると言っても過言ではありません。 これを有料化にした途端、救急要請はガクンと減るでしょう。 なんでも運び屋となってしまっているからこその負担増だと、利用者側は理解すべきです。


36

まず隊員の方々も私達と同じ人間です。24時間拘束される仕事ですし、お腹も空くし水分だって取ります。搬送中に寄るならクレームが出ても仕方ない。けど、搬送後などの帰署時にコンビニ等に寄って買う事になんの問題があるのでしょうか?すぐにまた出場しなければならない事もあるでしょうし。クレームが来るから寄るな!ではなく、堂々と寄って車内で隠れず飲まなくても済むように国も早急に動かなくてはならないと思います。全国の消防隊員の皆さん、これだけ皆さんの、寄ったって良いと言うコメントがあります。堂々と寄ってください!!!そしてそれが普通の事になりますように


37

熱中症やコロナ対応として、生理食塩水や栄養剤の点滴薬を一般購入できる様にする事で、現場負担は相当減少出来ます。 今や説明映像など、スマホひとつでできる時代。 点滴の薬剤の種類を絞れば、自己対応や教育現場の熱中症対策として、非常に利き目も速攻性が高く、死亡事故を無くせる。 特に熱中症には、体を冷やして血液での生理食塩水の投与で、安静にしていれば、問題ない程度に回復する。それでも容態が回復しない場合に、緊急搬送すれば良い。生理食塩水自体を取り過ぎては良くないが、基本的に薬ではないので、市販品として点滴セットで流通させても、大きな問題はないはずです。 医師会と政権がまともなら、すぐに思いつき、対応出来るでしょうが、コロナや熱中症対策より、国葬対応が忙しいので、国民はそっちのけですが。


38

以前、救急隊か消防隊が勤務中にジュース買ったことにクレーム入れたというのがニュースになっていたと思います。 そういうモンスター的なクレームを言う人間に対して、社会的に制裁がちゃんとされるようにならないかなと日々思います。 例えばクレームは全て個人名公表原則で、 しかも一般の書き込みOK状態でサイトに載せるとか。 匿名クレームは一切受け付けない(聞かない、相手にしない)。 叩いた人間も叩き方を間違うとしっかり叩かれるという仕組みがあれば、抑止力になるように思うのですが…。 クレーム言う側も、建設的な苦情を出せば相手方がむげに出来ない圧力にもなるし、その回答が世の中の常識から外れていればクレーム言われた側がしっかりダメ評価されてしまうので無責任な対応も減らせるだろうし、世の中が生産的な方向に向くようになる気がするのですが。


39

救急指定病院が満床を理由に救急車の受け入れを拒否するのが救急隊から時間を奪う最大の原因だと思います。その理由は救急車を受け入れた医療機関が入院まで責任を負わなければならないからです。 救命救急センターは満床を理由に受け入れを拒否できないようにして、救命センター以外の救急指定病院は救命救急センターからの転院要請を拒否できないようにするなど、救急医療体制を抜本的に見直す必要があります。


40

本当に救急隊の方達は大変だと思います、お昼のご飯が食べられないとは・・・、そして今現在ではコロナがまた猛威を振るっています、その中で何とかして活路を見出していく、とても厳しいと思います、自分も体調管理に気を付けて日々過ごして生きたいと思います、あと泥酔者や何の用もないのに救急車を呼びつける輩がいるがこういった輩は何とか出来ないものだろうか。


 


 


41

東京はいま119番が繋がらないことがあります そのくらい逼迫してます 報道ではやんわりとした表現になってますが、電話すら繋がらないのです。 SNSで震災の時でも119番はつながったのに、というコメントがありました。 地震の災害よりひどい状況だということです それなのに酔っ払って怪我したとかそういう人も運良く運ばれた人の中にいるそうです。 夏で海や山のレジャーで怪我や遭難する人もいます。 救急車に電話が繋がらないということが、どういうことなのか、皆がよく考えた方がいいと思います。 どんなに健康な人でも誰でもが事故に遭う可能性があるし、緊急の病気になる可能性はあります。そこで救急車を呼べないのは命に関わるということです。例え虫垂炎だって間に合わずに破裂して敗血症で手遅れになることもあります。 国民も政府や自治体も真剣に考えるべきです


42

夫が救命士で、救急隊です。 この1ヶ月は、帰ってくるとヘトヘトで、夕方まで泥のように寝ています。 起床後に話を聞くと、「昼食が17時で、夜と朝は食べられなかった。」とか、「コロナ患者を運んだ関係で簡単にシャワーは浴びられるけど、ちゃんとお風呂に入れたのは深夜3時だった。で、またすぐに出動。」とか、毎日そんな話ばかりです。 消防の中でもコロナに罹ってしまった方や、ご家族が陽性などで、出勤できる人も減ってしまっているようで、負担はとても大きいようですが、平日の真昼間に「子どもが発熱しました」など、救急車を呼ばなくても対応できることでの通報も多いようです。 現場は本当に、疲弊しています。 通報の際は、救急車が本当に必要かを考えてほしいです。


43

食事も含め生理現象など、救急の使命を最優先するあまり、自身の体調不良にもなる事があるでしょう、救急車をタクシー代わりに使用したりと、一般常識からズレた輩もいます、外国では救急車が有料など様々です、日本は公費で補われているのが現状です、今一度考えてほしいですね。


44

こういうクレームを出す人は普段から休憩も食事も取らずに働いているのでしょうか。 また今のコロナ程度で救急搬送していたら、いくら台数があっても足りません。 行政も行動制限をしないと決めた以上は本当に救急の方以外は呼ぶなと呼びかけることが必要です。 中途半端なことをするから現場にしわ寄せが行きます。 個人的には熱っぽいなら市販の風邪薬でも飲んで家で休んでいれば良いと思います。 マスクもやめれば熱中症も減るのではないでしょうか。


45

「なんだから当たり前」 悪しき風習を無くす時がきているんだよな。生業にする以上、適宜使命感はあるべきと思う。しかし彼らが倒れたらと思うと背中に汗が流れます。誰もができる仕事じゃない。しかし、彼らも普通の人間なんですよ。疲れるし感情的にもなるし休息も必要ですよ。 「本当に今、必要なのか」と、行動する前に一呼吸おきたいものです。これは特別な発言ではありません。誰もが認識しているはずの「常識」を敢えて言っています。


46

コロナの基本的対策をし、出来る限りの回避策を個人個人が。 熱中症は自身、管理者、指導者の意識不足も大きな要因。 高温で無くとも簡単に熱中症はなってしまうと言うことを毎年報道されている。 意識が必要です。 マスクの影響も有るけれど。


47

医療従事者ですが救急隊の方には本当に感謝しております。先日も高齢の患者さんがコロナで中等症に該当しないと往診医が判断したため施設で様子を見ていましたが1週間後急変しました。保健所の24時間センターも電話が混み合っていて全くつながらず。かかりつけ医の市民病院に連絡しても祭日だから受けられない、酸素濃度が92%に低下しないと見ないの一点張り。そうこうしているうちに酸素濃度が90%になり市民病院に連絡しても「待って下さい」しか言わない。もう待てない患者さんの命が危ないと思い救急車を要請しました。直ぐにきてくれて搬送先も直ぐにきまり無事入院になりました。涙が出るくらいありがたかったです。市民病院はあまりにも職務怠慢だと思いました。都道府県によって違いはあるかもしれませんがあんまりでした。 救急隊に食事の無料提供やコロナ禍特別手当を出してほしいです。


48

現役救命士です。 皆さん書かれてある通り消防署は24時間勤務です。私は田舎の消防署ですが給与(時給)が発生しているのは日中の16時間のみです。夜間は報告書等の事務処理を行なっています。 夜間勤務や夜間の救急出動しても時間外手当は発生していません。消防職員はコロナや熱中症などと戦いながら職務にあたっています。 コンビニの駐車場で食事中でも指令がくればもちろん中断し出動します。 過度の空腹や脱水はパフォーマンスにも大きく影響します。 食事や水分補給などご理解頂けると幸いです。


49

一部有料にしたらどうなんでしょうか? 「病院での診断結果または医師の判断により請求もあり得る」とか。 そうでもしないと救急車は無料と知った時点で使用の仕方を間違えてしまう人も出てくるのではないのでしょうか。 以前主人がもの凄く苦しんでうずくまったまま動けなくなっていたんですが2人で支えながらなんとか病院へ行き1件目では分からず先生に紹介状を書いていただきタクシーで移動2件目の大きな病院で尿管結石と診断されました。 尿管結石程度で救急を呼ぶなと言われたらどうしようという思いもあり、、、 あの苦しさを見ている限りこちらとしては呼んでも良かったのかなと思って色々検索してみたら救急を呼ぶ前の相談窓口#7119の存在を知りました。 もっと世間に知られると良いと思います。


50

テレビが騒いで世間ではコロナ軽視は批判される雰囲気がずーっと続いてる。与党も票をくれる有権者を優先するので簡単に5類には出来ず感染者が増えれば野党も一緒になって批判するから緩和方向に動けない。PCR検査自体も激増してるから無症状陽性者も軽症状陽性者も高齢者は入院となってしまいベッドが埋まるのは簡単に予想できるし現場負荷が増えるのは当然。政治が何も判断しないから同じことが起きているだけだ。さっさと5類にしてPCR検査も自費にした方が良い。陰性証明なんて数日前の結果なので何の役にも立たん。


 


 


51

救急隊や救急隊に随伴する消防車の方々も同じで苦労されています。 自衛隊の災害救助班の方々なんてコンビニでトイレを借りただけで、 面白半分な輩にSNSで誹謗中傷されたりします。 命を懸けて、他人の命を救助してくれている方々に、文句を言ったり、 誹謗中傷したり、行動の妨げをする行為は止めてあげて欲しい。


52

全国の 救急隊をはじめとした 消防関連 病院関係の方に 深く感謝いたします。くれぐれもご自愛ください。(難しいのでしょうが) 私もコロナ直前の1月に体調を崩して救急搬送されました。その際は救急、病院でスムーズに対応いただき 事なきを得ましたが コロナと重なっていたらと思うとぞっとします。 消防は各自治体の組織で 予算野茂限りがあります。 もう少し国が根本的な補助をするとか 、こういう大変な時期こそ どこぞのメーカーさんや 大手チェーンなどが 消防や病院関係者に ゼリー飲料などを 大量に寄付していただきたいものです。 ゼリー飲料を飲むだけでも 相当なずいぶん栄養補給になるはず。


53

5月に母が骨折して救急搬送してもらいました。同乗し2時間受け入先を探してもらいました。私は軽装で市販のマスクでしたが汗ダラダラになりました。救急隊の方は飲み物も飲めない中、ずっと受け入れ要請の電話や母の介助やお世話をしてくださいました。母は、運ばれていなかったら亡くなっていたと思います、この暑さの中、一生懸命働いてくださっている隊員の方に、ただただ感謝です。 こんな時だからこそ、労いを伝え合う世の中になって欲しいです。


54

ちょっと方向がおかしすぎる 救急隊とわかる状態でコンビニで昼食取ったり休憩するのを忙しいんだから見逃してほしい、じゃなくて そんな異常な状態を、周囲も当事者も問題視する方が大事でしょう だって、それ、全然休めてないんだよ 要は「当たり前のように人員が足りていない」んでしょ? 過重労働をみんなで見逃しましょう!じゃなくて シフトできるように是正しようよ 少なくとも救急車はどこからともなく無限になんて増えないんだから コロナで保健所の電話回線がパンクしましたぁ~と同じ、根本的に解決する気は全くない、って姿勢を感じるわ…


55

こういう記事を読むたび思うのだが、もっと交代要員を準備して規則正しく運用できないものだろうか。 食事の時間もない、休憩時間もない、長時間に及ぶ緊張状態での勤務、コンビニで弁当や飲み物を買っているだけでさぼっているように思われる。そんな理不尽なことはないと思います。 救急隊員の方々の健康のためにも人員の拡充を検討してほしいと思います。 法律や条例を改正しなければならないなら、するべきだと思います。


56

医療従事者と救急隊員はもちろん一緒。 友人に看護師さんがいますが救急隊員は暴言に威圧的な隊員が凄く多いと前から聞いてました。 休憩なく働いている状態で理性が保たれないのはわかりますがそれは看護師さんも一緒。 救急隊員の批判ではなくそれだけの激務なんだなぁと記事で実感した。 国も飲食店にバラまいてばかりじゃなく医療従事者の働き方を真剣に取り組んでほしい。 医者は給料がべらぼうに高く看護師さんは半分以下。 そもそも救急隊員もそれだけ時間法則され労働基準法はどうなってるのかな? 病院がパンクしたら困るのは国民。 今は政府が何もしないから飲み歩きに旅行するんじゃなく個人個人で医療従事者に負担かからないようにしてあげてほしい


57

施設勤務しています。早朝に心停止していた利用者がいて、救急車を呼びました。心臓マッサージや人工呼吸をしていたところに救急隊が朝早くから10人くらい来てくれて。病院の手配など迅速な対応をしてくれました。本当にありがとうございます。 施設は医療機関ではないので本当に何もできないもどかしさがあります。救急隊が来てくれると安心、というかホッとしてなんとか命を繋げることができます。なるべく救急車を呼ばないように、と思いますがいざというときにすぐ来ていただきたいので、食事やトイレの時間は確保してほしいです。


58

できる解決策としては、 1、消防隊員を増やす。5倍くらいに。 2、社会の仕組みを変えて、救急が増えないようにする。 くらいですかね。 まあどちらも、国民の意識の変革が必要になってきます。ここで、コメントしてる人も見てるだけの人も。本気なら、できます。そう難しいことではないです。 1なら、どれだけ増えても大丈夫な社会の仕組みにすればいいし、2なら、病というのはストレスが起こしてます。人間がストレス感じない社会にすればいいんです。いろんなストレスの元を潰すもしくは無くしていけば生きやすい社会になると思います。


59

日頃の業務、本当に頭が下がります。ありがとうございます。 今の状況を考えると、高齢者の方の行動制限(厳密に言うとその意識。簡単に言うと自分の命は自分で守るという意識と行動)は必要な時期に来ているのでは?経済を回して、医療の崩壊を防ぎ、人の命を守るための理にかなった施策です。 維新の会は好きではありませんが、大阪の考えは正しいと思う。 救急や医療関係者の方のためにも、みんな意識を持って協力しましょう。


60

本当に大変なお仕事をしてくださっていることに感謝しています。仕事帰り道に近くの消防署周辺を歩いて帰りますが、毎晩(深夜)に消防署の方がランニングしてます。本当にご苦労様だと思います。 昔コンビニでバイトしていたときに、そのコンビニの隣にあった消防署の人がよく買いに来てくれてましたが、時間の合間を見てコンビニ飯を食べるくらいしか時間の余裕がないんでしょうね。 あんな大変な仕事誰にでもできることじゃないし、ましてやこのコロナの騒動。本当にご苦労様で頭が下がります。少しでも落ち着いて仕事ができるようになることを願ってます。


 


 


61

外を歩いたり車で走っていると、救急車がものすごくたくさん稼働していると感じられる。 以前は毎日出会うことはなかったのに、今では毎日出会うくらいすごい。 医療がひっ迫しているとニュースで聞くために、自分で医者にいっても無駄足になるのではと疑心暗鬼になるからだと思う。 日本医師会は何をしているのかな。 こういうときに医学会をあげて対応しています、というところを見せないと、国民からの支持は得られないでしょう。


62

飲まず食わずでやるのが美徳みたいな日本の古い考え方をいい加減に撲滅させないといけないと思う。 この人たちが最高のパフォーマンスで仕事できる環境を作らないと、結局は皆の不利益になる。 しんどい状況になればなるほど、労働時間管理や休憩、食事、トイレ等の時間確保が欠かせない。 現場が気持ち良く働けるよう、できる限り体制を整えてあげて欲しい。


63

以前、自衛隊員でも同じような記事があったと思う。 働く人をなんだと思っているのだろうか?と思ったが、今回も同じような記事だ。 どうして、勤務中に休息を取ることで文句を言われなければならないのか? 1時間につき10分程度の休息(休憩とは別物)を取ることは、労働意欲、労働の効果をおげることは科学的にも実証されているし、そもそも法でも認められている。 また、労働に対しての評価は所属長が行うことになっており、そのために膨大な量のに日報を書いている。 直接かかわらない一般市民が「俺の税金で食っているくせに」というイチャモンに近い形で非難して良い話ではない。


64

お疲れさまです。また、ありがとうございます。 昼夜、身を粉にして頑張っていただいている消防署の方々に感謝します。また、消防関係の方々を支えておられる御家族様にも感謝申し上げます。この投稿をされた上司の方の部下への思いやりにも頭が下がります。さぞや、素晴らしい指揮官でしょうね。 有事即応でない今の多忙さ、危険と隣り合わせの荒れた現場など、指揮官の方が理解されているからでしょうね。


65

私は現救急隊で救命士ですが3日前にコロナ感染し、本日妻も感染しました。要するに、自宅待機の時間が増えたことで、現場に戻れず残りの職員に負担が掛かり、同時に市民サービスも低下しております。感染対策は完璧でなのに、感染経路が全くわからない状態です。コロナワクチンは打つもうたないも、関係なく感染します。負のスパイラル化しています。  記事ではコンビニでの食事って記載してありましたが、消毒は完全に実施した上でのコンビニ立ち寄りでしょうか?当たり前ですよねW 余談ですが、コンビニ弁当は控えた方がいいです、亜硝酸ナトリウムという添加剤が入っており、発癌性が山盛りありますよ。調べればわかります。


66

このような記事が出るとそこだけをアップしたコメントが寄せられる。増員することも難しい。救急車を呼んではいけないなどと思うこともタブーです。 出来ることは何か?熱中症においてはエアコンの利用でかなり減少します。 コロナに関しては感染対策が出来ているか、自衛できているかの見直しが、この案件に対してできる個人のチカラだと思います。 「ありがとう」という言葉が隊員の救いになるのも事実ですが、できることとして少しでも考えられるのは個人の小さいことの積み重ねだけではないかと感じます。


67

全国でこのような事は当然とされるように願います。 救急隊、警察官、消防など、ゆっくりと食事をする事が出来ない方々。 少しでも時間のある時に食事をしたり水分補給をするようにしないと、助ける側が倒れてしまっては元も子もありません。 どうかお身体に気を付けて。限界を超えて頑張ってくださっているのに、頑張ってくださいとは言えません。いつもありがとうございます。


68

先日、従姉妹の家の前の人がコロナに罹り、高齢で高熱もあり、癌も患っていることから救急車を呼んだ。ところが救急車はすぐに到着したものの、行き先が見つからず、何と家の前に10時間も待機していたそう。途中、救急車ごと交換し、隊員の交代もあったとのこと。家の前に10時間、赤色灯だけつけられて停まっているのも気になるが、救急隊員はなすべきもなく、気の毒でならなかった。本人も行き先が見つからず可哀想だが、救急隊の働き方にも改善が必要だと思われる。


69

税金で飯食ってるだの言われ普段から立場の低い消防職員が自らこのように発信するのは凄くいい事だと思う。仕事中はコンビニに立ち寄ることはもちろんダメ、なんなら仕事が分かるような背中にバックプリントが入ってるTシャツ来て非番の日に店に立ち寄ることもダメ。何故そこまで行動制限されなければならないのか。誇れる仕事のはずなのに後ろ指指されないように過ごす日常。さいたま市消防局のみならずもっと上の組織が改革していかないとこの体制は変わらない。


70

地方民ですが、一日三回は救急車のサイレンの音を聞きます。地方でこれなんだから都心部はさぞかし大変なんだろうと思います。コロナ前はめったにサイレンの音を聞かなかったような気がしますが。ここ二年くらいで救急車の出動回数が激増しているように思えます。消防士の方の勤務状況が過酷なんだということはサイレンを聞く回数から想像できます。


 


 


71

救急車に十年乗務してました。昼食はいつも「おにぎり」。救急車の片隅に置き、病院で傷病者搬送し、収容後、病院からの医師の署名をもらう時間や、次の出場に備えた準備の後に、手短かに昼食は済ませてました。それでも、連続の出場で、昼御飯が夜8時過ぎになることもありました。仮眠すら取れず、ベッドメイキングしても、そのまま、布団をたたむことも、しばしばありました。救急隊はそんな状況にあります。現在、コロナの再拡大で、さらに救急隊の負担は増えています。


72

次々と休む間も無く現場に出動され、傷病者の救護にあたられる救急隊員とPA連携で臨場される消防隊員の皆さま方のご労苦につきまして、心より敬服申し上げます。 コンビニに出動衣のまま買い物に胃勝てることに異を唱える国民は誰もいないはずです。どうか、せめてひと時、休んでください。この記事を見て、なんだか涙が浮かびました。 無策に近いいまの国の姿勢を改めさせる日が近いと、そう確信して、私も日々努力します。


73

東京消防庁管内の救急車の出動状況が95%を超えるくらいなのだから、そのほかの政令都市等も大変だと思います。 昔から言われていますが、消防の広域化が全然進んでいないことも問題ですし、隣接する市町村への応援協定があってもあまり機能していないことも問題です。 そろそろ市町村単位ではなく、県消防というものを考えるべきではないでしょうか? 奈良県はもう少しで県消防になりそうなんですけどね…


74

看護師です。 報道で医療従事者という言葉をよく使われていますが、医療従事者は医師、看護師だけではありません。救急救命士、薬剤師なども含まれます。 救急車で運ばれてくる方で重症の方もいる一方、かすり傷なとで運ばれてくる方もいます。 救急隊員は要請を受けたら断れません。 救急隊員を見てると本当に大変です。 休憩も取れているのか心配です。 その点をご理解頂けると救急隊員も非常に助かるし余裕も出てくると思います。


75

そもそも消防隊と救急隊が同じ消防士として採用された地方公務員だと知らない方もいます。  さて、私の時は患者を搬送する医療機関を選定する時間は短く、ほぼスンナリ決まったものでしたが、それでも午前中に4~5件の出動事案をこなすのが精いっぱい、理由は出動報告書の作成などの事務系の処理に時間を費やさなくてはならなく、事務処理をしている途中に新たな「出動指令」が入る事がほぼ毎勤務。  そんな状況なので決まった時間に食事を摂る余裕はない場合が多く、お昼の自家製弁当を夕食と兼ねて摂ると言う事も珍しくなく、空腹なのか体力消耗で疲れていたのか自分でも解からなくなったもので、1か月間で4~5キロ痩せる事もあり、鬱など精神疾患を患う隊員もいました。  現在は新型コロナも新たな脅威に加わったので隊員たちの心労は想像を絶します、どうかご理解をお願いします。  因みに救急救命士の平均寿命は64~5歳です。


76

元消防行政に勤務していたものです。 消防隊員のコンビニでの飲食については10年以上前から一般の方から勤務中にコンビニ利用は服務規程違反でないかと多く苦情が寄せられました。  確かに一般のルールからすると違和感があるのは致し方ないですね。    でも、消防隊員は休憩時間があってもいざ火災、事故、急病要請が入ると休憩時間だからと言って出動しないわけにはいかない立場にあります。このため、県知事を先頭に県の広報誌や各市町に「消防職員のコンビニ等の利用についてご理解を!」を配布して県民のご理解を得たと記憶しています。  蛇足ですが、職業柄か早食いになる、胃を壊す者もいます。特に、女性隊員はなおさら大変です。  周辺で、消防隊員を見かけたら是非エールを送っていただければ、それだけで身を挺して救助活動に専念して下さることと思います。  これからも、消防隊員のご活躍を心からお祈りいたしております!


77

横浜在住ですが、外に出ると救急車のサイレンがこだましてる時が多く2台連なっていたりすれ違ったりを多々見かける事が多くなりました。くびちょうさんは保健所の業務逼迫をよく言ってますが、この暑さの中、屋外での活動も多い救急隊や忙しく治療をしている医療従事者の事を考えて下さい。行動制限をして欲しいと考える日本国民も増えてきました。この状況下で無理やり経済を回す事は無理な事だと思います。


78

熱中症にならないように努力している人が少ないと思います。 家の中でも熱中症になるし、野外で遊びやスポーツしている人で、この暑いなかで大丈夫かと思う。 男性だって、日傘させばいいし、水分多めにとるとか、塩あめなめるとかできることはたくさんある。 何かあれば救急車呼んで助けてもらえばという気持ちが意識はしてなくてもあると思う。


79

パトカーにせよ救急車にせよ、公用車を私的に使うのはいかがなものかってなるんでしょうね。緊急車両が止まってれば「何があったんだろう」って気になりますしね。 知らないからクレームになると思うので、今回の発信のように、消防本部はもとより市町村で、「こういう事がある」と様々なツールを利用して周知徹底していくといいのではないでしょうか。あと、実際に休む時は休憩中とわかるよう表示しておく、服務関係は議会等で話し合って見直す。要するに組織で個々の隊員を守る姿勢が必要って事です。


80

親戚でコンビニのオーナーをやっている人は 「パトカーや消防車や救急車が来ると客が減るから困る  困るが、来るなとも言えないし言うつもりもない  言わないし来てもらって構わないが、売り上げが下がるのは困る」 と複雑な気持ちを持っていました。 確かに、緊急車両があると何か起こっているのか?!って入店をためらう気持ちが私にもあるけれど、私を含めた客側がそういう気持ちを持つと誰も得をしないことになるんだよね。 客側の意識改善が大事なのでしょうね。


 


 


81

この救急隊の記事だけでなく世の中には「〇〇はこうあるべき!」という個人の主観を世間の一般常識とはき違える人間は常に一定数いて、そうした人間の一部が思うだけでは飽き足らなくて抗議とか苦情という行動をおこす。最近はSNSも普及しているからそうした行動をおこす垣根も低くなっていてそれがこうしてメディアでも騒がれる要因になっていると思う。この辺の事情は海外でも同じだと思うけど違うのはそれに対する組織や企業の対応。海外では「そんな戯言にいちいち耳を貸す必要はない。」で終わるところが日本ではたとえ形式的にであっても「真摯に受け止めて同じ批判を受けない様気を付けます。」となってしまう。そこが大きな違い。


82

もうかなり前のことだが、ある地域でパトロール中のパトカーがコンビニの駐車場に車を止めて、コンビニ弁当を食べていたことが大問題になった事がある。 その理由が「職務中に飯食っている、公用車で」だ。 飯も食わずに仕事をせよとでも言うのか、という擁護もあったが。それ以上にコンビニの駐車場で飯を食っている事の批判が多かった。 じゃあ、お前えも飯食わずに仕事をせよ、となる。 飯を食うが、終わりまで喰い続けることが出来ないという職業柄も多々ある、救急車内、パトカー内で運転しながら食えとでも言うのか。 汚い話だが、幹線道路にコンビニの袋に入った捨て物があるが、食い物を入れた容器に糞が入ってものが幾らでも捨てられている。実態を知るべきだ。


83

大学病院にて看護師をしていた頃、救急車に1日同乗する研修があり参加しました。 救急隊には珍しく?女性の方がおり、色々説明してくださいました。 まず24時間勤務し翌日はオフという勤務体制に驚きました。看護師の夜勤で16時間、仮眠は2時間前後あり夕食の時間も情報収集の後取れました。それでも当時は患者さんを看護するプレッシャーに押し潰されそうでした。また、医者の当直は緊急手術などあれば仮眠は難しいですが病棟管理のみなどでれば仮眠は取れます。 私が研修した日は妊婦の急変、泥酔した方がタクシー内で嘔吐し意識なしなど今まで病棟で見てこなかった様々な状況の患者を搬送しており衝撃でした。昼食は車内で食べましたが、すぐに要請が来たりと心休まる時間帯はありませんでした。 救急隊の方々と救急外来のスタッフの方々のドラマのような鮮やかな動きに思わず見とれた自分がいました。私にはとても務まらない仕事と思いました。


84

いいねんけどさ、救急車で乗りつけて、アイス買って、 指摘されたら、緊走で逃走ってのはよくねーぞ。 これはさすがに、水分補給でアイス…ってのは説得力に欠けるねw あと言っとくけど、別に12時に食事とる必要はない。 救急でも警察でも、自衛隊でも民間でも、取れる時に取ってるし、 私の勤める医療機関でも部署によっては14時15時からランチなんて別に珍しくない。 もちろん、食べれないぐらい忙しい時期や部署もある。 ぶっちゃけ、待機の多い消防、救急なんて食事が取れないはずがないと思ってる。 出場の多い都市では5分に1度の指令って言ってるけど、 それは市内全体で、24時間通してのアベレージだから、 出場の多い署は2隊3隊の救急隊がいるし、ほんとに連日食事がとれないぐらい 忙しい事は絶対ない。 ただ、制服のまま買い物いかせてー。って事だと思うけど、 それは別に行ってくれて全然構わないと思う。


85

全国の救急隊の方・全国でコロナ患者を診察してくれる医者の方の頑張りで今の現状が維持できていると思います。 しかし現状はパンク寸前やパンクしている所も多いと思います。 救急隊やコロナ患者を受け入れしてくれているお医者さんに文句を言うのはやめましょう。 また政府は今以上に医療体制の拡充をやるべきです。 どうしたら今以上に診察ができるのかを考えるべきです。 旧統一教会の事に割く時間があるのならコロナに時間を割きましょう。


86

夫が救急隊員です。 地方もコロナ陽性者の人数が急速に増えて毎日本当に大変そうです。 帰ってきたら寝室へは行かずリビングのソファーへ横になりそのまま寝てしまいます。いつ呼び出しがあってもすぐに起きて飛んでいけるようにです。 夏季手当が去年より8万円少なくなって私の方が少々がっかりしていましたが、本人は全くモチベーションは変わらず一生懸命に仕事をしています。 本当にひどいことを言ってくる人も沢山いるようです。救急隊員も疲弊している状況を理解してもらえると家族としてもうれしいです。


87

家族に救急隊員がいますが、患者が自分で病院に行けるレベルの通報が多いこと。 スライサーで手を切ったとか、便秘とか。 病院に連れて行ける家族がいても救急車を呼べば優先的に病院で診てもらえるとでも思っているのか、酷いですね。 そういう軽傷は近くの病院では受けてもらえず断られて遠くの病院に運ぶことになったりと結局本人も後々大変になることもあります。 自分で近くの病院に行ってください。 運転出来ないならタクシーだってあるじゃないですか。 救急車は急を要する、生命に関わる場合などに使用するものですよ。 そんな仕事にも不眠不休で24時間以上対応し、帰ってきて文句ひとつ言わず。 本当に尊敬します。 体調を崩さないかいつも心配しています。


88

救急車に一度だけ子供がお世話になったことがあります、パニックになる私にも、大丈夫ですよ、と優しく接して下さり、子供も私も助けてもらいました。当たり前のように活動していただいているけれど、彼らがいるからどれだけの人が救われているか、大変感謝しながら生きてます。救急車にお世話になる時はなかなか感謝が伝えれないですが。。きっと沢山の人が感謝しているし、ご自分のお身体にも気をつけて頂きたいから、どうか、食事や休憩が出来る環境を堂々と作ってあげてほしい!


89

自分は医療従事者ではありませんが、仕事の合間に飲み物を買ったりよくしてます。 これがいけないってことなのか、 以前どこかで救急隊員さんが仕事中に飲み物を買っていたとテレビで見ましたが、なんでそれがいけないのか分からなかった。 コンビニとかでもお巡りさんお見かけしますが、防犯にもなってる気がしますし、 救急隊員さんや今の大変な状況を頑張ってる皆さん、本当にご苦労様です。 いつもありがとうございますと思っています。 批判的なことを言った人は、同じ立場になってみればいい。


90

阪神大震災くらいから自衛隊の隊員さんたちが高速道路のパーキングエリアで自然に休憩されている様子を見る様になったきがします。といってもトイレ程度でしょうけど。 警察官の皆さんも、制服の上に黒・紺ジャンパーを羽織って、コンビニに買い出しに来られていますね。本当に頭が下がります。 消防・救急の方々には、緊急時にしか接することが無いので、なかなか身近に感じる場面がありませんが、実情を聞かされると心が痛みます。 食事・睡眠は、人間の基本なので、シッカリ確保してあげて欲しい。 自炊なんてありえないと思いますが、文化というか、美学みたいな部分もあるんでしょうか。改善してあげて欲しいものです。


 


 


91

先月、子供が夜中に突然痛みを訴え叫び始めたので、#7119に電話して相談したところ親の方が動転してしまい、結局救急車を呼んでいただきました。 しかし、救急車に乗った途端子供が冷静になり、救急搬送していただいのたのが申し訳ないくらい・・・ かかりつけ病院で受診しましたが、医師に「あんまりよくない状態だったけど、救急外来で良かったよ」とやんわり窘められました。 救急隊の皆さんは終始丁寧に穏やかに話しかけくださって、子供はもちろんのこと、親の私が一番安心できました。 東京都内での出来事でしたが、現在出場が増えているとのことで、皆さんのご苦労は計り知れませんが、体調に気を付けて活動されることを願っております。


92

大都市圏の消防職員OBです。 救急隊員の食事や睡眠時間について、別に今に始まった話でなく、日常茶飯事ですよ。 コロナ、熱中症でクローズアップされてるだけです。 私が入った頃に比べて(40年前)、救急件数は10倍を超えてますが、救急隊は2倍にもならず、救命士の医療行為などの現場処置が増えて、現場での時間が増えてます。 根本的に、消防局や消防本部がSNSでコンビニでの買い出し、食事を理解求めるのでなく、消防本部内で救命士を増やして、比較的出動の少ない消防職員(救命士資格者)との乗り換えなどの努力を管理者側がもっと努力するべきだと思います。 職員時代に、疲弊して心が病んでゆく人や、患者搬送時の無理な姿勢がたたって腰痛で救急に乗れなくなった人を多く見ました。 労働組合も無くトップダウンの世界なので、なかなか改革が進みません。 コロナなどで更に救急隊員が疲弊や心病まないことをお祈りいたします。


93

救急隊の方々は食事する時間もなく稼働しているという現実 コロナ禍も拍車をかけている。しかし一方では不誠実な行動をしてものうのうと金が欲しいがためにう居座る議員やら開き直って抵抗する政治家がのさばっている現実。 話戻るが救急事案に関しては有料としたらいい 医師の判断も加味してたとえ高齢者であっても救急事案とは言えない事があった場合課金すべきだ。金払うのが惜しくてその結果救急要請しないで何かあった場合でもやむなしで良い。


94

現役です。 確かに食事は大変です。でも車内で食べれます。トイレも搬送先の病院でなんとかなります。 最悪なのは「着替え」です。 密閉性の強い感染防止衣はサウナスーツ並みに汗をかきます。 ビシャビシャになったシャツの替えが足りないのに署に戻れない。着替える場所がない。 男性隊員だけの構成なら大丈夫ですが、女性隊員は対応が難しくなります。 そして救急搬送事案の半数以上は「軽症」です。つまり搬送の必要性が、ほとんどない事案です。 救急要請は「軽症の場合のみ有料」かつ「中等症以上の場合は無料」でいいと思います。


95

状況を考えたら仕方がないでしょう。 今は本当に消防車、救急車ともにある意味帰署出来ないまま次の現場に行くことも少なくありません。それだけの事態なのだということはご理解いただければと。 そういう意味では、さいたま市消防局は、そういう実情を市民にご理解いただければと公表したわけですから、それはそれで構わないと思いますし、無意味に119番しないよう気をつけようとも思いますよね。 当然命に関わる案件は、積極的に119番しなければいけませんが。


96

そもそも論ですが、警察も消防も世間の人気取りで仕事してるわけじゃないんだから自分達が正しいと思うことだけやればいいと思う。世間に理解されることも、批判されることも考える必要なんてない。公務員の顧客は国民全員であって、一部のクレーマーではない。


97

「救急隊に食事時間を」 此れを儲けるのは、さいたま市消防局がすべきでツイート必要を感じ無い。 別に消防車や救急車でコンビニで1時間休憩して当然だろうし、救急搬送指令を休憩中に対応する必要すら無い。 対応できるキャパシティを全力で対応すべきで、それを越えてまで務める必要はない。 さいたま市消防局指令が、各員に適正に休憩を交代でとるよう指示するだけでしょう。其れを超えてまで救急指令を出すようでは組織が既に終わっている。


98

今年になってからは見かけませんが、東京の練馬区では救急車が来る時に先導して大型の消防車が来て、救急車が去るまで消防車は何もせずに駐車しているので、不思議に思い救急隊員に尋ねてみたところ、そういうシステムになっているとの答えが返って来ました。 近所に救急車が来るとドキリとしますが、消防車にはもっとドキリとしますし、大型の消防車が来るで狭い道路では通行の邪魔にもなります。不思議なシステムです。


99

消防職員のみに限らず、休憩なしで頑張っている人は沢山います。 休憩時間なくても非常事態なので頑張るしかないと思います。 食事も出勤前に用意して救急車に持ち込んでおけば、隙間時間に食べれます。救急車内が飲食禁止なら、車外に数分出て路上でもどこでも食べたらいいと思います。 自分たちばかり大変なんだと主張するのは良くないと思います。


100

経済活動の維持のためには医療体制の維持が絶対条件です。これまでも医療従事者の頑張りに依存してきました。個々の従事者への補助等は少ないです。某医大病院のように補助金を搾取し個人へのボーナス等も支払わない状況もありました。でも頑張って来ましたが、限界近くにあり医療体制が崩壊しつつあります。政府と自治体の至急の対応をお願い致します。