最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

大阪のセミが東京のセミより“うるさい”理由 あなたの街で一番聞こえるセミの声は?

 

セミの分布に地域差が  夏の風物詩セミ――今年は、例年であればセミが鳴き始めるはずの梅雨明けになっても「セミの声が聞こえてこない」と話題になったが、実はセミの鳴き声の大きさには地域差があるのをご存知だろうか? 大阪のセミが東京のセミよりうるさい、という説について専門家に聞いてみると――。


ニュース速報

 

イイネ

1

大阪在住五十年です 子供の頃はアブラゼミばっかりでした。クマゼミは希少。 もともとクマゼミは九州だったと記憶してます。 それがいつからかクマゼミばっかり。 温暖化だと思う。


2

アブラゼミは抑揚があるから聞いていてあまり苦にならない。夏の風物詩のひとつとして相応しいとも思う。 クマゼミは「シャシャシャシャシャ」が延々と続く。あの大合唱を朝から街中で聞くのは本当に苦行です。時に気が狂いそうになる。東京から関西へ来るとその違いにびっくりしてしまいます。 それでも昼前にはその大合唱がピタッと止んでしまう。あれはあれで面白いとは思うのですが。


3

関東に越してきた関西出身者が寂しく思ってクマゼミを放した?いやいや、そんなことはないでしょう。 自分は関西在住ですが、10年20年ほど前はアブラゼミが優勢でした。クマゼミがやかましくなってきたのはここ数年かのこと。 煩わしいとは思えど懐かしいと思うことなんて一切ありません。クマゼミの声を聞くだけで体感温度が5度くらい上がる気さえしますよ 。


4

山口県です。子供の頃は、セミ取りはニイニイゼミが8割、アブラゼミが2割。クマゼミ(シャーシャーと言ってました)は、いても稀少で、それも木の高い所で取れませんでした。劇的に変わったのは、1975(昭和50)、1976(51)年辺りです。 ニイニイが殆どいなくなり、クマゼミばかりに。同級生たちも不思議がっていました。 また、台湾原産のタカサゴユリが急激に増加したのと重なります。当時、図鑑に載っていないユリだったので、園芸センターにもって行き、名前を調べてもらいました。


5

夕刻に鳴く、ヒグラシの風情は別格。 夕方にヒグラシの鳴き声を聴いてから、 宵闇に舞う、ホタルの光を楽しむ。 セミ関連では、一番好きなパターン。


6

西日本育ちなので ヒグラシの鳴き声を 生で聞いたことがなかった。 こっちで夏の終わりに聞く 蝉の声はツクツクボウシ。 初めて行った松島で ヒグラシの鳴き声を聞いた。 まさに夏の終わりを感じた。 土地によって蝉の分布が違うとは 面白いものです。


7

大阪生まれですが、子供の頃「ドラえもん」などの夏のシーンでミンミンゼミが鳴いてるのを聞いて、「セミてジャカジャカ鳴くもんちゃうん?」と思ってました。大阪にもミンミンゼミは居ますが、市街地では皆無で山の方へ行かないと聞けません。ヒグラシも市街地には居ないですね。


8

公園作るときに植木の手配を西日本の業者に頼むと、一緒にクマゼミの幼虫ごと東日本へ移動するって聞いたことある。


9

ツクツクボウシが鳴きだすと、夏の終わりを感じると同時に、子どもの頃の“夏休みが終わる”という思い出も蘇る。


10

神戸ですが、子供の頃から、アブラゼミとクマゼミは、たくさんいました。なぜか、関西では、ミンミンゼミが少ない子供の頃いちども捕まえたことありませんでした、分かる方いれば教えて下さい


 


 

TESTING130


11

ウチの辺りにはクマゼミの声が多く、『わざわざクマゼミを近所の神社に放してる人がいて、それでクマゼミが増えた』という噂がある。 都市伝説的な話になってるのかな…?


12

ツクツクボウシは確かに晩夏のセミの印象が強いけど、実際は7月中旬には鳴き始めていて、それなりに発生時期は早い。 あとなぜかヒグラシが晩夏のセミだと思っている人が多いのが面白い。 実際はどちらかと言えば初夏のセミなのに。


13

お台場や有明辺りにクマゼミが多い理由は、造成して植樹のときに、土や木を西日本から大量に持ってきたから、と聞いたことがある。


14

多くの方が書込みされていますが、昔、関西でクマゼミは少なかった(ある意味貴重)だったと記憶しています。で、アブラゼミは、今のクマゼミ状態だったかと。 そして、勝手に温暖化で生息域が変わったと思っていした。 真実、ひとつか分かりませんが知りたいです。 昆虫、生き物好きの中年より


15

兵庫県住みです 9割クマゼミですね。 関西では山のほうまで行かないと声を聞かないミンミンゼミが東京だと平地の住宅街でも普通に鳴いてるのにビックリした。


16

私は近畿地方に住んでいるが、かつてはここでもミンミンゼミが聞かれたものだった。 しかし、最近はめっきり聞かれなくなり、関東地方や東北地方に行かなければ聞かれないのが寂しい。 アブラゼミやクマゼミだけではなく、もっとバラエティーに富んだセミの声を聞きたい。 ただ、ヒグラシやツクツクボウシが鳴くと、それはそれで夏の終わりが告げられて寂しくもあるけれども。


17

7月前半暑い日が続いたが、蝉にはまだ早かった様で、蝉の鳴かない夏は平和だな。と思っていたら8月に成ると煩く成るね。


18

23区内でヒグラシがいなくなった理由が知りたい。ヒグラシって弱いんですかね? ヒグラシの、カナカナカナが聴きたいなー。


19

セミ 本当に うるさい!! 猫 逃げない どかない!! 鳩 逃げない どかない!! セミ・猫・鳩と人間(関西人)も同類。


20

大阪のヒトが東京のヒトよりうるさい理由も教えてほしい


 


 


21

大阪人の声の大きさに負けんよう、ワシはここにおるでとアピールしてるからと思っとった。


22

大阪漫才と東京漫才の違いと同やな。


23

自然界の生き物たちの活動範囲を調べるとやはり地球の温暖化が進んでいることには間違いないと実感させられた。 夏はやはりアブラゼミの印象が強いけど今はその姿を殆どお目にかかる事が少なくなった。


24

クマゼミは確かに声が大きいと感じる。 ただ、あくまでも僕の感じ方でしかないけど、アブラゼミの声は暑苦しく思う。


25

セミまでも


26

セミも人間も大阪の奴はうるさいよ。 品がないんだよな。


27

温暖化という割には気温が低い午前中しか鳴かないのが不思議。


28

福岡市の街に近い所で小さな山があるからニイニイゼミが結構鳴いてるけど、小さい身体のくせにあれは機械的で甲高くて側で鳴かれたらたまったものでは無い。


29

"うるさい"ってか、最近は、目覚ましの様に早朝にしか鳴いていないぞ…


30

うるさく感じるのは、セミの鳴き声に混じって、オバハンのどぎつい喋り声が聞こえてくるからでは?


 


 


31

やっぱり、関西のおばちゃん成分が濃いからだろう


32

クマゼミが木にいたから捕まえたらジリジリだって、手を離すとすぐ飛んでいったわ、セミは警戒心もないのか


33

セミと言えば GONTITIを思い出す


34

ヒグラシの声が好きやな〜


35

今年は東京でもクマゼミの鳴き声が多い様な印象。


36

昔はアブラゼミもツクツクホウシも大阪に普通にいたんだよね。 今は市内だと大阪城公園のような大規模公園で気温が低い場所にしかいない。小さな公園で羽化してくるのはクマゼミばかり。 セミは元々温度には敏感で、特定の気温にだけ鳴く習性もある。 人為的に広めたのもきっかけの一つにはなるが、セミ同士が食い合ったり餌を奪い合うわけじゃないんだから、クマゼミが地域に入ってきたところで、アブラゼミを駆逐して勢力図を書き換えるほどのことにはならない。 やはり温暖化などの外的要因があると考えた方が自然だ。


37

街角の おばちゃん達の違いかと思いました