最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

「一流大学、超一流企業、ルックス偏差値60」SNSで横行する“精子取引” 50人以上の子どもを持つ“父親”も【報道特集】

 

いまインターネットを介した個人間の精子提供が密かに広がっている。不妊に悩む人が危険を顧みずに「アンダーグラウンド」とも言うべき手段に頼るのは何故なのか?その実態を追った。


ニュース速報

 

 イイネ

1

ネカフェや、ショッピングモールでそんな風に行われてることに衝撃を受けました。 子供が欲しい気持ちはとてもわかります。病気で無理だったり、それだけでなく親や親戚などからの圧力があったりもすることがあるのもわかります。とても難しいですね。 戸籍上の親と遺伝子を受け継いだ親が違うということを伝えることはするのでしょうか。子どもはそれを知る権利があるのではないかと思います。そして子ども同士の結婚があった時がまた困る問題ですよね。


2

この件はかなり色々な問題を含んでいると思う。 一番の問題はこのような精子提供が進んでしまうと生まれてきた子が将来付き合った相手が実は同一精子提供者の子で血縁関係だったという場合があること。 個人的にこの問題は当事者の気持ちの部分が半分、社会問題の部分が半分なので非常に難しいと思うが、社会問題として見た場合、このようにして生まれた子が全員理解を示し、幸せに暮らすとは言えない。 何か問題が生じた時に自身のDNAを鑑定し本当の血縁である提供者を探して訴えたり相続権を主張する等の可能性もあるのではないかと感じた。 記事のような精子提供だけでなく、では独身でも子供は欲しい人は誰かに精子や卵子を提供して貰ってもいいのだろうか? 高齢だけど昔諦めた子供をやっぱり欲しいという人は? 最終的にどんな人が子供を望んでいるのかというイメージによって是非が大きく揺らぎそうで非常に危ういと思う


3

せめてどこかの企業がちゃんした精子提供者を紹介してくれるなどの方がいいと思う。 学歴が本当なのか、そして学歴と運動神経、顔が良くても犯罪歴はないのかがきちんと証明出来る相手でないと…。 なんだか無秩序だなと思います。 一人の人間を生み出す大きな事です。一生の事、子供さんの気持ちにもなって考えてあげてほしい。 多く提供してる人がいるなら生まれた子がどこかで出会って結婚してしまいそうですね。 その辺りも制限なくていいのでしょうか? 医師や専門家の方が話し合って整備したほうが良さそう。 自分さえ良ければ欲望のまま突き進んでいいのだろうかと思ってしまう。


4

養子縁組の子どもです。 実母は分かりますが、実父は分かりません。 養父母から真実告知をされないまま、結婚する際に戸籍謄本で真実を知りました。 ある程度大人になって真実を知ったのでわりと冷静でしたが、親が事実上では4人居るということや、周りはどれくらい知っていたのかということ等々やはり混乱しました。 海外では真実告知を幼い頃からすべきだとされていますし、出自を知る権利は当然あります。 生まれてきた子どもをどれだけ愛情をもって育てられるか、そして誤解が生まれないよう真実をきちんと親の口から説明できるかが必要ではないでしょうか。 今までまさか自分が養子の当本人であるなんて思わず、ニュースやドキュメンタリーを目にしていて、養子の立場になると考えが変わりました。 提供する側される側、どちらの立場でも子どものことを一度深く考えてみてほしいと思います。


5

産まれた子が大切にされるなら悪い試みではないが、文中のように一人の精子から提供できる人数制限は設ける必要があるだろう。 植物の近親交配でわかるが、作物はだんだんと出来が悪くなってしまう。自分は専門家でもないし人間が必ずしも同じとは言えないが、そういう傾向はある気がする。 とはいえ秩序が保たれる範囲では一定人数までは少子高齢化を食い止めるために容認しても良いのではなかろうか。好ましい状態とは言えないかもしれないが普通に生まれ、普通に産むが難しくなった社会の在り方とその問題点から社会が目をそらしたツケだと思う。


6

病院等からの正規ルートでの提供が上手くいっていない理由は何なんだろう。無償で提供する人がいるなら金銭面が問題ではなさそうだし、病院側の手間や利益の問題だろうか。でも、それは提供してもらう側に負担してもらってもいい気がする。正規ルートからの提供が難しいから闇ルートを利用してしまう人がほとんどだろうし、少子化対策としても子供ほしい人には産んでもらった方がいいので、国として何かしら整備するべきだと思う。


7

問題は子供自身が将来自分の血縁や出生を知りたい時が来るということ。 出自が不明ということが与える影響は計り知れない。 少なくとも子供自身が将来知りたいと思った時のみ開示されるような仕組みがないと、こういう形で産まれた子供達が大人になる頃社会問題になるのでは??と思う。 親達は良いよ。でも子供の知る権利を守らなくてはいけないのではないでしょうか??


8

他人の子供でも産みたい妻、他人の子でも育てたい夫、他人に子供をうち育てさせたい男。 利害一致してるならそれ自体は、他人がどうこう言うことではないと思う。 私は体外受精で子供を持ちましたが、その当時だって試験管ベビーなんて言葉がありました(10年前くらいです)。 人工授精だって畜産の授業でやったのと同じだなって思いましたし。 里親登録した時は他人の子でも育てたい夫婦がどれほど多いか知りました。 私も夫に問題があって、夫も望んでくれるならこの選択をしたかもしれない。 それは、子供を熱望しながら叶わない立場にならないとわからない心境だと思います。 ただ、大人は良くても子供はどうなんでしょうね。 全てはそこじゃないでしょうか。 子供の出自を知る権利として、秘密にして良いことではないと思います。 その辺りの事は、里親でも卵子提供でも、法整備は必要だと思いますね。


9

将来問題になりそうなのは、こうした無秩序な精子提供で子供が将来結婚したいと思った相手と血縁関係があるかもしれないというリスクと、養育義務や相続の問題はどうなるのかということと、遺伝病や体液を介した感染症のリスクかな…。 男と女では子供の種・卵を提供するということへの身体的な負担が全然違うから、男女で認識に大きな隔たりがあるようにも感じる。 精子提供が個人間の取引でOKで代理母が認められないのもおかしな話だなと思うしなあ。そもそもお金でこういうことを解決してはいけないと倫理的には思うけれど、一方でこういうアンダーグラウンドな状態は良くないと思うから、きちんと制度として枠組みを作った方が良いと思う。欧米でお金に困った女性が代理母になる苦しみもわかるから、複雑な気持ちになるけれど…。


10

この記事は精子提供を「危うい」という視点で書いているが、実際にはまだ重大な問題は起きていない。 しかし広く認知されていくにつれて「自分も提供したい」「されたい」と思う人は多く出てくるだろうから、いつまでもアンダーグラウンドな状態にしておくことは確かに危険だと思う。 「まだ大丈夫」はいつか必ず終わるので、問題提起で留まっている今の内に法律としてルールを明確に規定するのが良いのでは…


 


 

TESTING130


11

「危うい」というのは、近親婚の可能性が0ではないからだと思う だけど、この少子化の中で子供が欲しいと思う事は良いことだし、無償で提供する人が圧倒的に多いのも良い所。 問題なのは、近親婚の可能性と、生まれてきた子供が将来的に父親が血縁関係に無いことを知った時の心情。すでに育ての父親が、生まれた時から接しているので絆もちゃんとあると思うけど、子供視点で見ればやはり、本当の血縁関係のある父親にも会ってみたいと思うかもしれない。 その時に連絡が取れないではかわいそうだと思う。 でも、何といっても結婚する人が減ってることが1番の問題。 時代の流れ、社会的なシステムもあるだろうけど、 上の年代から徐々に結婚する人が減って少子化しているのが原因だし、今の常識も決して正しいとは限らない。 少子化は国の人材難、財源が減り、年金も減り、税金は上がり、税金の種類も増えて、全くもって良いことはない。


12

口約束というのは明らかに危険でしょう。現代でも時々子供が大きくなった際に自分の実際の父親を探しても分からず、自分のアイデンティティが不確かなままで困っているケースをニュースで見かけます。養育費や会う権利、子供が大きくなった際に実の親について知る権利、育ての親に何かあった際の遺伝子上の父親が果たす義務などきちんと書面で契約書として残すべきでは。現状は法律上問題ない、ではなくて法整備しておかないと。


13

精子取引ってどうなんでしょうか。 私は男性不妊の夫を持つ当事者で、精子提供を受けるしか子供を妊娠する方法はないと医師に言われました。でも、提供は考えられなかったです。 そこまでして出産する意味と、将来子供に事実を話す勇気が無かったから。 自分とだけ血の繋がった子って、どんな感覚なんでしょうか。旦那さんはどう思うのか。うちの旦那も私と血が繋がっていれば愛せると言ったけど、永遠にでしょうか?色々不安になります。 私は出産に拘りがなかったけど、子育てしたかったので特別養子縁組に向けて動き出し、2人の子の親になれました。 血が繋がってなくても似てるところもあるし、全く違うところもありますが、それはそれで面白いです。 養子縁組でも、父親が誰か分からない娘はたまにイライラしています。もっと大きくなったら産みのお母さんに聞いてみようと話しています。 出自を知る権利は大切だと思います。


14

これは衛生的な検知からも、そして遺伝子的な検知から言ってもとても問題が大きいと思います。まず、もしその提供者が遺伝的な病気の因子を持っていたら(色弱等)エイズ等の感染者だったら。身元は本人の申告している通りであるのか。もっと言えば持ってきてもらった精子は果たして本人の者と断定できるのか。あと、その人が不特定多数にお金のために精子売買していたら、思いもよらないところで異母兄弟勃発。結婚する時にまずDNA鑑定をしないといけなくなるのかな。とにかくリスクの高いことをしてまで産むと言うことにこだわらなければ、子を持つことは可能です。育てれば我が子。私も自分のお腹を痛めてない子供を養子縁組し育てて社会人になり孫ももうすぐ生まれます。この子と出会えて私の人生は豊かになりました。この子を育てることができて本当に良かったと思ってます。もう一度冷静にグレーな事をすることのリスクも考えた方が良いかと思います。


15

めちゃくちゃ危険だと感じると共に、不妊に悩む夫婦の気持ちもわからない事もないですね。 不妊治療は、めちゃくちゃお金かかりますし… 私は持病の治療前に、精子を凍結保存しました。かれこれ13年保存してます。保存料は一年で2万円。高いか安いか、そんな事考えた事ありません。 将来、自分とパートナーとの間に子どもがほしいですから、他人の精子を…って選択肢は今は全くないですね。 この選択肢がない方などが、今回の記事のような取引をされてるんでしょうから、良いも悪いも言えないですね… いろいろな家庭のカタチがあると思いますが、無事に子どもを授かれば、幸せが待ってるんじゃないでしょうか。


16

私の友人は精子提供で産まれたこの子どもの立場です。 親に感謝する気持ちとは別に、恨む気持ちも消えないそうです。 その子(日本人ではない)は入っていないけれど、海外には同じように精子提供で産まれた子ども達の団体がある。20年以上も前には既にあった。そこに所属している人は、結婚に際して恋人が兄妹だとわかった人たちなど。 子どもからしたらたまったものではないと言っている。 そういう手段で授かった子だと最初から明らかにするならいいが、隠そうとしたり思春期や成人後にいきなり放してくるのは卑怯だと。特に正規ルートからの提供ではない場合、医師にまで嘘を吐くことにもなる。的確な診断は受けられない。 もう20年も前からある問題が未だに解決されていないのは悲しいことだと思う。


17

こうした事は止めようとしても既に止められない事だから、禁止せずにキチンと認めて全てをオープンになるようにして行くべきと思います。 禁止したりタブーにすれば潜在化して闇で行われ、実態が見えなくなるからです。 精子取引で生まれた子OK、精子取引も完全にOKという社会にするのが合理的でしょう。既に日本人の14人に一人は人工授精で生まれている時代です。止めようとして止められる状況ではないし、止めて良いことも何もないでしょう。全てオープンにして見える化し、赤裸々にして実態を社会全体で受け止めて行く度量が大事なんです。そして現実に合わせて常識や法制度を変えればいいのですから。


18

大学病院等を通じた「正規の」ルートが、個人情報保護や情報開示請求の問題などを背景に「開店休業」状態となる一方で、「闇」ルートが拡大している実態に驚き。 「自己責任」なのだろうが、生まれてくる子供達は、いずれ自分が父親と似ていないこと、血液型が自分の両親と合わないことなどに気づく。少しお金を出せば、DNA鑑定で自分と父親に遺伝的なつながりがないことを証明できる。 自分の出生の秘密を知った子供の心に、親はどこまで向き合えるのか。「遺伝上の父親が誰か知りたい、その人に会いたい」と懇願した時、どう対処するのか。 それが父親の身内だったり、両親が信頼を置く人物であれば、まだ説明が付き、子供も理解できる部分もあるだろうが、ネットで知り合った全くの赤の他人だと知ったら、子供はどう思うだろうか。簡単に受け入れられるのだろうか。 子供は一生その十字架を背負って生きることになる。


19

精子提供で遺伝要素の選抜問題は本当に難しい。 差別を助長・肯定するような危険がある一方、結婚や子作りに際し、相手の遺伝子を考えない人もいない。 また世間一般で言われる魅力とか成功も、過分に身体的遺伝が基盤にある。 日本人は努力信仰で「成功は努力と人柄の結果」という美談にしたいが、外見など遺伝要素がほとんどだし、スポーツ選手だって遺伝の要素は大きい。 実際、適したスポーツ(や効果的なトレーニング方法)を知るためのスポーツ遺伝子検査もかなり前からある。 (速筋と遅筋と割合など) 病気はもちろん、性格やかなり細かい性的趣向まで遺伝子で分かるようになってきた今、遺伝子の言及と現代の倫理とは並行して存在し続ける要素なのだと思う。


20

記者の方も尤もらしく話しているけれど、 いわゆる行きずりや商売の延長で、愛もなく生まれてきた命や、不義の子だとか、夫婦間でもDVで望まれずやってきた命や予定外だった妊娠、その辺にありふれているはず。 そんなにも望まれて望まれて生まれてくるなら、とは思うけどなぁ。 やろうとは全く思わないけど。 問題なのは、1人の男性が、何十人かをもうけていること。 その全てが所在不明だということ。 母親がこのことを子供にカミングアウトできるならいい。 だけどそうじゃないなら、将来出会ったパートナーが遺伝上の兄弟である、いとこである、といったことが起こりうる。 奇跡的な確率だとしても、起こってしまう可能性は0ではない。 また、今後、養育費支払いをコントロール(強制)する法律ができる可能性もある。 調べられて居場所を突き止められ、DNA鑑定されたら、養育費の支払いから逃れることはできないかもしれない…


 


 


21

必要な人に精子提供するという事までは分かるけど、生まれた子供は幸せなのかな… 同性同士の結婚だったり理由がある夫婦ならばもしも子供が知る事があっても理解出来ると思うけれど、そうでない場合は比較じゃないけど子供は知りたくないし知れば傷付くと思う。 病院で相談したのと違いネットは余りにも簡単だもの。もちろん、出産、子育て、子供の人生は簡単ではないけれど…簡単に提供出来て受けてしまうのは不安を感じます。 幸せの種であってほしい。


22

個々人が自由に考える問題ではなく、 考えられ得るメリット、デメリットを分析して、 法規制をかけた上で認めるなら認める行為である。 優秀な子供を持ちたいがゆえに遺伝子の選別をするのだろうが、 ひとつ指摘すると、 この行為は慶応大学病院が先駆なのだが、 精子提供をさせるにあたって、 優秀な医学部生だったかに精子提供をさせたのだが、 生れた子供が横浜市立大学を卒業し医師になったのだが、 成長の過程で、自分が父親と似ていないこと、 気質が違うことを不思議に思い、また悩んでいたそうだ。 親子関係がうまく行かないリスクがある。 育ての父親はトラック運転手だったと記憶している。 母親から事実を知り、父親捜しをするために、 慶応大学医学部に照会したが公表はされず、 裁判もしたと記憶している。 今現在は慶応大学病院は社会的法的リスクから行為はしていない。提供者がリスクを提示されるとしり込みするそうだ。


23

7年ほど不妊治療をした経験があり、子供を望むのに授かることのできない辛さはとても理解できます。 安易に精子提供することで感染リスクなどがあることは心配ですが、もし病院での正規のルートで安価に提供が受けれるのなら、このような方法を望むカップルは少ないのではないかと思います。 正規ルートでの精子提供が受けれるようになる前に、非正規ルートを非難して子供を望むのに精子提供が受けれなくなることがないといいなと思います。


24

精子が商品のように〜無秩序 というが、当人達からしてみれば 無秩序だろうが、他に方法がないんだから 仕方ないと思う。 どうせならいい人のものがほしい というのも当然の欲求だろうし。 ただ、こんな大事な事を口約束は 危ないと思う。 子供の将来のこともあるし、書面は絶対いる。


25

なんかさ、数回会っただけで提供する方もしてもらう方もお互い人柄ってわかるもんなのかね。 学歴容姿も確かに大事だとは思うんだけど…人間性がいちばん大事な気がする… あくまでもわたし個人の意見だけど そこまでして家族を作ったり子供がほしいとも思わないし、自分が子供だったら正直しんどい。 育った環境にもよると思うけど、血は水よりも濃しって言葉があるように親のエゴで子供に色々と問題増やすのもちょっと考えものな気はするよね…。 難しいね。


26

川上未映子さんの「夏物語」にも書かれていたが、精子提供によって生まれた子は、自分の身体の半分がどこから来たのか分からない状態で生きていくことになる。もちろんドナーと連絡を取り合い、子どもが会いたいと言った時に会える関係を維持出来ていれば良いんだが。あとは、どこに何人自分の異母兄弟がいるのか分からないのは恐怖。簡単に人と付き合えない。私だったら精子提供よりも養子縁組を選びたいと思うが、これは他人が簡単にどうこう言える問題では無いので、大きな声では言えない。


27

子供の質を高めようとか、条件を付けようと言う考え方がおかしい。 子供にたいしてコスパだの投資だの生産性だのという親もいるし、最近は子供をモノのように扱う親が現れ始めた。無条件に子供を愛することはできないのですかね。だいたい立派な遺伝子を手に入れたのに、結果が出なかったら一切言い訳の余地がなくなるし、失敗も全部自己責任ってことになるんだけど、それは大変厳しい人生になると思う。そこまで親は考えてなさそうですが


28

子供をほしいという気持ちはわかるし、妊娠・出産について色々な方法があるのも理解しているつもりだけれど、精子提供だけはどうしても理解ができない。育てる父親になる人は、自分と血が繋がってなくていいのか、奥さんがもし子供を育てられない状況になったときに、ちゃんと責任を持って育てられるのか。子供の身になったとしても、事実を知ったとき素性がわからないなんてすごく複雑だと思う。以前提供者が実は中国人で赤ちゃんは施設に預けられてるってニュースがあったけれど、親のエゴだと感じてしまう。


29

子供を授かれれば何でもありなんでしょうか? 提供する側される側、お互いに身分を証さないで精子だけのやり取りでしょ。遺伝系の病気や感染症など健康問題もあるし、生まれてきた子にもし障害や病気があっても気持ち的にはどう思うでしょう。 不妊は辛いですが、そこまで危険をおかしてすることなんですかね。 精子を提供する側のインタビューを聞きましたが、何か軽かった。生命のやり取り、そんなことで良いんですかね。


30

受け渡し場所や方法にも衝撃ですが、そもそも素性もわからない方の精子って…もしやHIVとかいろいろな感染がチェックできない状況だと考えると、その後に誕生するであろう命に何かあったとき、責任を持てない気がします。国がもっと制度を整えて欲しいですね


 


 


31

他人の精子で良くても自分で妊娠したいという思いがある人が結構居るという事ですよね。体外受精はじぶんのパートナーだけど、 自分のパートナーの精子が使う事が出来なければ手段としては精子バンクになるんですよね。今回の記事において、怖さを感じたのは近親に知らずになって居る事です。かなり確率は低いですが怖さを感じました。そして自分(生まれた側)の気持ちを考えた時にかなりのショックを受ける気がします。きっと色々な事情や考え方があると思いますが、生まれてくる子の事を考えた行動をとってもらいたいなと思います。


32

精子提供をする人に病気がないかとかの証明はあったほうがよさそう。あとは提供を受けた人は子どもに必ず伝えて、子どもが結婚するときは相手との血縁関係がないか要確認ですね。要所要所で危ういところを防げれば、困っている人たちには必要なのかも。 ただ提供する側、または提供を受ける側に悪意が現れた途端、刑事事件になるかもしれない要素は否めない。


33

先週、テレビの特集で観ました。 提供する場所や金額など、そんな感じで取り引きするんだ…と驚きました。 実際、子供を授かりたい夫婦もいるのだし、精子提供も必要なのかも知れないけれど、ネットでの取り引きでは危険だなと感じました。 難しい問題なのでそう簡単には答えは出ないけれど、何か、正式な機関が窓口となって、取り引きが出来るようになると提供を受ける側にとっては安心出来るのかもしれませんね。


34

子供を不幸にしないなら…という当たり前の条件付きならいいと思う…。今はネグレクトや虐待によって、亡くなる子供達が増えています。血の繋がりがあっても、育てられない大人が多いのかなと…。 ただ、やはり精子バンクは公的機関による規制が必要ではないでしょうか。ネカフェや多目的トイレでそんな事をされても…。 夫婦で利害関係が一致していて、養子縁組も検討したうえで、精子バンクを検討したのであれば…ただ子供が欲しいだけだったら、子供はオモチャじゃないよというのも、頭の片隅にいれておかないと。 あと問題は旦那さん側ですよね…本当に血縁関係がなくてもいいのか?大人になるまで、責任を持って育てられるのか?自分の子供として、愛情を与え続けられるのかも重要でしょうね。 少子化の問題もあるし、生まれてくる子供達には、長生きして欲しいし、幸せに育てられる環境づくりは、早急に必要だと思います。


35

慈恵病院の赤ちゃんポストや病院での取り違え問題など、出自を知る権利についての議論があるにも関わらず、こうした行為が横行していることにショックを受けました。また、産まれた子供達が大きくなり、自身の出自を辿ることが出来たとしても、現実を突きつけられた時のことを思うと非常に胸が痛みます。 しかし、残念ながらこの問題には究極的な正答はないと思われます。突き詰めて考えると、理性ある人間としての倫理観と、他の生命と同じ土俵で見た際の生存本能(種の存続)との間の根本的な対立関係が見えてきます。即ち、倫理的問題を一切考えず、無秩序に精子を提供する方であっても、生物としては是という結論となり得るのです。 私個人としては人としての倫理観を基にこの問題を見ていますし、殆どの人も同様でしょう。しかし、生命としての人間という観点で考えた時にこれらの行為が否定できないことに、ただただ複雑な気持ちを抱かざるを得ません。


36

こんなやり方で子ども作って、もしその子が病気や障害があったとき親は向き合えるのでしょうか?母親も葛藤するだろうし、血の繋がりのない父親なんて本当に育てられるのでしょうか‥。子どもが不幸な人生になったり、自分の生い立ちを知って葛藤を抱えたとき、両親としてしっかり向き合えるのでしょうか。数年待てず手続きも飛ばして簡単な道を選んでしまう親が、複雑な出生の子の人生を支えられるのかな。


37

>2人は、精子提供を受けようと、東京都内の病院などを訪ねて回った。しかし、どの病院からも、「ドナーが少なく数年は待つ必要がある」と告げられたという。 問題はここだろう。 ちゃんとした謝礼を伴えば提供してもいいという人はたくさんいるにもかかわらず、正規のルートが厳しすぎるから、子供を持ていない夫婦がSNSに頼り、まるで悪いことをしているかのように陰湿な書き方の記事の標的にされる。 少子化に悩む日本は子供が必要。適切な世帯収入があり、子育てできる夫婦で、出産も可能な女性が、精子に問題があるということで子供を持てないのであれば、提供を受けて出産することに本質的な問題があるとは思えない。闇のルートを放置するより、本人証明を厳格にすること、将来発生するかもしれない認知の問題などについての合意書を事前にきちんと取り交わしておくことなどの条件を示して、産婦人科医が対応できるようにすればよい。


38

番組見たけど、子供が欲しいから他人から精子を貰えば子供は確かに出来るでしょう でもその生まれた子供の事も考えて欲しい 真実を聞かされたときその子供は本当のじつの親を探すと思う それはじつの親に何かして欲しいとかでは無く 自分と言う存在意義を確かめるために じつの親がわからないと言うことは心にポッカリ穴があいた状態でもあるしね その後の子供の人生など考えたら簡単に考え無いで欲しい


39

これはオープンにはならないでしょうね。 通常の体外受精ですら、旦那のではない精子を受精させられていたというケースもあります。 きっと、まずは選ぶところから始めるのでしょう。 あり得ないですが、玉木宏や西島、大谷、井上さんなどの精子が出回れば数千万の取引になるでしょう。 まあ、そうでなくとも、優秀な精子はお金になります。その精子が仮に違った場合、生まれた子供が自分の思い通りにならなかった場合、その子をどうするのでしょうかね。子供が違うと損害賠償でもしますか?違ったからやり直しますか? 人の生死について、これほどまでに難しいものはありません。 ゆえに長く法整備のされない事案なのでしょう。 仮に法整備がされた場合、離婚率も3割越ですし、夫がいなくなるのを想定すればもはやお金を払った優秀な子供の方がいいのでは。 サラブレッドの育成のようになるんでしょうかね。


40

一流大学だの一流企業だのはいくらでも話が盛れるから、そんなのをあてにしちゃいかんでしょ。 それに提供された液体だけについて言えば、ちゃんとした衛生管理をしていないし、事前に検査とかしてないでしょ。体液を媒介して感染する病気もあるし、遺伝する病気とかの検査もないわけでしょ。色々リスクは高いと思うんだが。


 


 


41

こういうことが普通に行なわれていることを知りませんでした!。 とてもとてもショックを受けました。 そして、何か違うよね、なんだか怖いな・・・というか、だんだん拒否反応に近いものを感じてきました。 言葉でうまく説明できないのですが、子供って、こういう感じで産んでもいいのかな?余りにも親の自分勝手すぎない?などと考えてしまいました。 この記事とはあまり関係ないですが、実は、私の息子夫婦も、お嫁さんが子供ができない体で、結婚前にその事を知らされた私たち親は「全然大丈夫。二人がそれでいいのなら何も気にしなくていいからね。」と話して、結婚を祝福しました。 当然、今も二人の間に子供(私たちにとっては孫)はいませんが、本人達も無理して子供を授かろうとは考えていないし、このまま二人だけで生涯を共に出来るだけで充分幸せなんだ。と言っています。 そして私たち親も、それが一番大事なことだよね。と思っています。


42

需要があって、供給があるという話で大いに結構だと思う。 子供の帰属が「両親」から「社会」に変わっていくという現象で、子孫を遺したい個体と子孫を育てたい個体の分業であり、個人的には種としての進化の一つではないかと思う。 ただ、この手の話は上手くいってる間は良いが、そうでない時に話がややこしくなる。社会として子供を産むのであれば、それに応じた社会のルールが必要になる。


43

法整備が進んでいない現状ではこれしか解決方法が無い人も多いだろうし、なんとも言えないよね。 ただ、早急に法整備が必要だとも思う。 同一人物の提供数に制限をかけなければ近親婚のリスクは高まるし、現在では相続関連の問題もクリアになっていない。 精子提供はあくまで提供するだけなので本来であれば提供先の子との法的な関係は無いのが望ましい…とかね。


44

そういう取引があるのは数年前にも読んだことがあったが、 取引場所とやり方と増えてきていることに驚いた。 まともな手段より、格段にコストがかからないだろうことも想像できる。 どうせなら低コストでハイスペックな遺伝子の方が良いと考えるのはネットショッピングの感覚では分かるし、需要と供給がお互い合っていて自分に直接関わる問題ではないのだが、 なんとなく、そんなことが一般的になっても問題はないんだろうか?的な感覚がある。


45

これルックスは母親の影響も入るわけだけどそれはともかく、一流大学、一流企業に入る遺伝子なんてないわけで、なんて所詮基準なんてなく個人的な環境や努力による影響が大きいものをまるで遺伝子でそうなっているかのように扱うんだろう。 そりゃ相対的に考えれば少しでも高学歴である方が良いとはなるのかもしれないが、その子が大きくなった時に思っていた通りにならない(ほとんどはそうだろう)としてもそのブランド好きの母親はその子を愛し続けられるんだろうか。 それでも産んで育てていく中でほとんどは愛情を持つんだろうが、そうじゃない親も必ず出てくるだろうしホント未来が怖くなる。


46

生物学的に考えたら優秀な遺伝子がたくさん残されること、子供に恵まれない夫婦が子育てできることは決して悪いことばかりでない。近親婚防止は、DNA鑑定すれば済むことかもしれないし、遺伝子的な組み合わせとしていいかどうかを予め鑑定で調べることも生物学的には有益かもしれない。 ただ、受け渡された物の安全性を担保できる仕組みがないから、提供者のモラルに委ねられることになる。経済力のある女性は結婚なんか不要ってことになるかもしれない。もともと、「夫より子供」っていう女性は少なくない。生まれてくる子供がどう思うかと言う問題もある。難しい問題だね。


47

TVの特集で拝見しましたが とてもカジュアルにその場で連絡取り付けた男性「精子提供者」がトイレで取り出し待ち合わせ場所の立体駐車場で手渡し…。 提供された方は何度も同じ方に提供しているそうで信頼関係が出来てるようで軽い感じに見受けましたが、失礼承知で感じたのですが、肝炎やHIV、遺伝子異常等は検査されての提供なのだろうか…と考えて観ておりました。 当方子に恵まれず切実に望んだ時期がありましたが提供される方の健康問題がやはり心配で信頼関係以前に私には無理だなと思いました。 様々ナイーブな問題がお互いにあると思いました。


48

提供を求める側は何かしらの理由で藁にもすがる思いなんでしょうね。自分たちの子として何不自由なく…そんな思いもあると思います。たしかに人助けにはなってるかもしれません。ですが、その子供がこれから結婚しようとする人が同じ父親かもしれない、そうなるとその子供は?今後、遺伝的な疾患が見付かるかもしれない。そうなったときに生まれた子供に対して責任はないのか? 全否定するつもりはありません。色んな事情により救われている人たちがいることも理解してます。ですが、こういったことに需要があり、法には触れないかもしれないが、ルールにはそれなりの意味があることを考えて欲しいです。きちんと管理された社会で恵まれないご夫婦に新しい命が、人助けをしたい人が正当な人助けをできる時代が早くくればいいですね。


49

妻が子供を「産みたい」けど、難しいならばこの方法もありだとは思うが、子供が自分の生物学的な父親を知りたい時、どこまで話すのだろう どこの誰かは知らないけど「感じのいい人」だけで全てを受け入れられるだろうか ただ子供が欲しいだけならば養子という方法もあるがそれでは難しいのだろうか 遺伝的に価値観のある子供を望んだ時に、それを子供に期待しないだろうか


50

気持ちは分かりますが、難しい問題ですね。 不妊治療が保険適用される前から、医療機関では医師の出身大学の学生等が協力しているとの話を聞いたことがあります。 提供元が医師の卵ですかからね。偏差値60的な話は以前からはずです。 ただ、遺伝で持って優秀な子供が生まれる確率が高いとでもなると、不妊で無くても、こう言ったケースは増えてくると思いますね。アンダーグラウンドでビジネス化されてしまうような気もします。有名大学の学生などアルバイト感覚になってしまうのではと思います。 優生思想そのもので、危険でもあるので、規制は必要かと思います。


 


 


51

このニュースは、先週、テレビで 見たな。時代の流れだと言っているが、このような形で命を繋ぐいでいく事に冷静に対応できるのも、少し 怖いな、と思った。 相手の名前も知らないのに提供し 違和感ない事に慣れてしまったのかな?提供者の学歴、年齢なども本当なのかな? 謎が多い事はいろいろあると 思うが、産まれた子供が成長して 物心ついた時に真実を話す場合 複雑な気持ちになって受け入れる まで時間はかかるだろう。


52

倫理的な面を含めてどうのこうの言ったところで、今はまだ「机上の空論」に近い。実際に問題点が浮き彫りになるのは精子提供または出産から数年後から十数年後だろう。そのときに浮彫になる問題点を今から想定して、課題解決をしておくのは非常に困難だし、全ての課題をあぶりだせたとしてその解決さくとして可能性がもっとも高いのは「精子提供の禁止」か、「非現実的なほど厳しいルール」になってくるのではなかろうか。 倫理的なことを考えるなら、公的には実施せず、アングラでそういう世界があるらしい、ということにしておいた方がいいかもしれないとすら思いますね。 それと……。 「女」と「女」のカップルで子どもがいるというのは、その子はどこから来たの? という問題。制度的なこととか、子どもにどう説明するのかとか、そういうことですね。


53

売血が違法になった理由は、血液が健康な状態じゃないことが多いのと、売る人が売血の収入に依存し健康を害するほど売ることもあったからだそうだ。 また、生きるために流れている血液を売ることが、人身売買につながるという非難もあったとの情報もある。 精液なら尚更でないかと思う。 肝炎やその他の病気の感染経路、今では検査が発達してるので医師による陰性証明書類も作れると思うが、三千円でカフェでその場限りとした場合、不正が横行するのではないだろうか。 他、渡されたものが精液以外のものを渡すこともできるのではないか。 妊娠しないからとの話で10回も20回も延々と精液でない液体を渡しても、提供者はお金になると思う。案外7回で妊娠と会っても6回目までただの水分だったりするかもしれない。 普通に売ったとしても人の遺伝情報が入った生体物質を売買してるので、問題になる気がする。


54

海外では優秀な人間の精子が日本以上に無数に拡散されているという話を聞いたことあります。それだけならいいんですがなんとその提供者がかなり稀なDNAに欠陥の症状があったらしく稀なはずなのに何百何千単位で一気に人数が増えてどういう事だ。という騒ぎがあったみたいですね。 これからこういった精子提供のような話は増えていくかもしれませんし一概に否定できる事ではないとは思いますが思わぬリスクが孕んでる可能性は否めないですね。


55

誰もが親になる権利があるのは理解できるが、見ず知らずの人の精子提供だけはどうかと思う。 勿論知っている人なら尚問題かもしれないが。 自分が産む側ならまだ良いかもしれないが、パートナー側なら納得いくことはないかも。 出産に価値を感じるのかもしれないが、望まれない出産などで産みの親と離れ離れになった子の親になる方が自分は良いように思う。


56

そんな時代になりましたか…。 子供が欲しいと願う方にはいい話かもしれませんが 生まれてきた子供が大人になった時 どう思うのだろう 父親という存在をどう理解していけばいいか、 結論の出ないことをずっと悩み苦しみながら 生きていく事にはならないだろうか、 子供を授かった親は喜び 生まれてきた子は悩む事になりそうだけど 難しい問題をSNSを手軽に利用して 後悔するような事にならなきゃいいな 生まれてきた子供が心安らかに 生きていけますようにと祈るだけだ


57

素朴な疑問がいくつかあります。 1)>書面は交わしていないですね。すべて口約束ですけど これは相当危険かな、と思います。 面倒でも精子提供者を「親」として戸籍を作り、その後、養子縁組などで戸籍を抜くという「法的に正しい」処理をしないと問題が発生しそうですね。 2)大学やルックスを重視するならなんで今の夫と結婚したん?という単純な疑問。 そもそも「精子無い」などの問題は結婚前に話合い納得の上結婚するのでは? 3)イケメンから精子を提供してもらってルックス重視の人はその時点では満足するかもしれないが、生まれてくる子が似てない可能性もあるのに、それでも親として愛せるのかな?という疑問。 まるでガチャをやってる気分じゃないの?飽きたら終わりって気がしそうで怖い。 一方で国の政策が進んでいないからこのような問題が起きているのも事実。 なんとかしてほしいものですね。


58

精子取引はまだ否定も肯定もできるほど自分の中では考えが定まりません。 人の成長に関して思うことは遺伝子、知能、ルックス、地位は有利ではあります。しかしあくまで表面的なものであり、根本的で長い目で考えられると成長過程での精神的な安定と人間性の土台が非常に重要な要素だと思います。 精子取引だけに関わらず、そのような土台をどのようにしっかりと築いていくことを優先しないと本末転倒になるのではないかと思います。


59

アンダーグラウンドで行われていることが良くないかな。提供する側もされる側も納得できるのであれば登録をしっかりとして公的機関でまとめればいい。戸籍に関係することであり、ペットなどとはレベルが異なる。 これがアングラでショッピングモールで行われているとすると、ちょっと違和感がある。


60

アリだと思います。産みたい意志ある人を助けるのは間違いでは無い そもそも、国の将来を担う子供たちを育てるのは日本国民全員の義務です。 未成年にかかる全ての費用は成年が払い、将来その人達が寿命を健やかに完うするための費用負担を担う世代を育むべきです。 直系の親は当然ですが、社会に生きる上で不利な立場におかれる人も当然いますし、それがために将来を担う子供たちが将来を潰してはならない。 子供を持たない夫婦も沢山居ます。 その人達が経済的理由をあげるならば、老後の負担を国に求める立場にない。 将来世代への負担を一部でも担うのであれば、その立場にある。 私は子供が一人しかいませんが、本来は2人産んでその立場にあるはずなので、賄っていない1人分の負担は本来すべきだと思いますが、子供手当は受け取っています。 このあたりを、手当での公平性ではなく、もっと明確にしたほうがいいと思います。


 


 


61

そのような危ないことをするよりも養護院の子供を引き取って育てる方がいいのではないかと思う。 友達にそのような子がいた。 大会社の社長と芸者さんの間に生まれた子だったが頭が良くて後にトヨタの重役になった。 育ての親は子供が生まれない体の人で、芸者さんから引き取った子を我が子のように大切に育てた。 とても素直な良い子だった。


62

ところで法律上は、DNA検査をして遺伝的に育ての父親の子ではないという証拠があった場合、養子縁組しなくてもその子供の父親が親だということになるの? 両親が離婚して、父親が亡くなったときに、精子提供で生まれた子は法定相続人?それとも他人? DNA検査をせずに、出生時に嫡出子と届けていれば自動的に子供は相続人になるだろうが、もしDNA判定があったら母親の相続人だけど父親の相続人にはならないのか? また、何かの偶然で、DNAのつながりのある父と子が判明したら、子はDNA判定結果をもとにその父の子だと主張できるのか?


63

やばいよ。こんな状態は。子どもが欲しいのは、わかるけど、それはそれで、受け入れないと。養子縁組とは、訳が違う。「一流大学、一流企業、ルックス抜群」でも、生まれて来て、外れだったら、責任もって育てられるのかな。まるで、くじ引きだよ。ダメだよ。こんな事していたら。育てる側の夫の気持ちも考えないと。大きな問題になるよ。


64

国が管理したら一番よい。国は精子提供を募集し選考し健康状態とかもきちんと確認して提供してもらう。精子を受け取りたい人は理由などを含め申請して受理されたら受けれる。本当に必要な人に安全性もあり提供できるなら少子高齢化を考えてもよいかなと。費用も高いと個人間取引をしてしまうので一般家庭でもできそうな金額でやれなければ意味がない。個人間取引だと自己責任になるだけだよ。今は規制ないから仕方ないけど。


65

恐ろしいけど、自分がもし子供ができなかったら資金的な意味からも夫と相談して手を出すかもしれません。 医療を使った不妊治療はそれだけお金がかかるしリスクも高い。お金が必要なので仕事は辞められないけど体調を壊しやすかったり、、、 将来知らない間に近親婚などにならない様、正直法整備してほしいと思うけど、整うまでまた膨大な時間を必要とするのも日本であって。その間に妊娠しにくくなる女性は山程いらっしゃって、、、 日本は法律決めるのに時間かかりすぎる。慎重なのは大事だけど、反対派は慎重すぎた結果別なリスクが高まる事も含めて討論して欲しいものです。


66

問題提起の記事なら、現場以外に今の法律や正規ルートの実情なども掘り下げるべきかと。 そして、そこがアテにならないと感じた方がこういう取引に活路を見出しているのかと。 お子さんを欲しい方にとっては産むん延齢やタイミングなど切羽詰まったものがあるのでしょうし、問題と言うのであればそこを支援できない体制にあって、実際に取引をされている方々を責める事はできないと感じた。


67

育児放棄する親元に産まれるよりは絶対いいんだけど、やっぱり両親の仲が良くその血をついだ家庭に産まれる事ってとても幸せな事なんだろうなと思う 自分は母子家庭で実の父親に会ったこともなかった 子供の頃はそれを不幸とは思わなかったけど、大人になってからまともな両親に育てられた家庭っていいなって憧れるようになった。 なんていうかここがどっち寄りとか親の背を見て考えられるし。 どんな家庭でも血が繋がってなくても放棄、虐待よりはいいんだけどね。ないものねだりなのかな


68

気軽にやり取りされるなどは法整備が整っていない現状なので仕方がない。個人的にきっちり書面も整えたり、面談を重ねたり、回数を制限したりするドナーの方もいるかも知れないが、今回の取材では危険性を伝えるのが目的だったことから対象外だったのだろう。 少子化なのでこうしたやり取りが増えるのはいいと思う。医療現場では重視されていないのか、かなり貧弱なのだなという印象を受けた。献血のお願いのような精子提供を求めるような広告も見たことがない。 気になる点としては、今後も精子ドナーは増え続けると思われる中、確率は低いと思うが近親婚の可能性も高まるのではという点。マイナンバー同様にDNAコードも保持して、相手との関係性を結婚前に明らかにすることが必要ではと思った。精子ドナーを受けた子供が成年に達する際には親は子に必ず開示して、子はその点に留意して相手を選ぶ必要があるなと思った。


69

精子提供した男性が自分が父親だという親権主張してくる可能性ってないのだろうかとか、相続問題になった時トラブル発生もありそうですね。相続って財産を貰う側じゃなくて借金も相続するわけですから取り立てる側は子供がいると知ったら血眼になって探しにくるのでは?とかこういった法律の知識がないので何とも言えませんが、法整備進めてこらから生まれてくる子達が想定外の苦難に巻き込まれないようになると良いなと願います。


70

なかなか子供を作りたくても作れない体質の人や夫婦の身体の相性悪くて作れない人もいるのにこの問題は深いし色んな意見や議題はありそう、顔良くて高学歴、スポーツマンでもそれが子供に必ず受け継がれるとは限らないしどちらかというと本人の生まれ持った素質や才能ポテンシャル、育った環境の方が大きい気がするんだけど


 


 


71

正規ルートだと、将来財産分与の可能性があるので、提供の足枷… SNSは誰もが子を授かれるべきという動物にはない人間の呪縛… 相手の家族の世話したくないし、自分の時間大切という理由で結婚せず、あるいは離婚が増加… 大家族の義務を拒否しなければ、相互扶助が得られたのに、同等の支援を税金で賄わないといけない時代… 憲法改正より、優先しなければならないのは他にもある…


72

こちらの内容、寝耳に水でした。生まれてきた子が、ネカフェやショッピングモールで自分の命のやりとりがあったことに傷つかないのかと不安に思います。それなら里親で赤ちゃんを迎えてはと思ってしまいますが、それは安易な意見なのかもしれません。衛生面も、提供者の病歴やリスク等も気になります。病院で適切に行われるべきでしょう。少子化対策としても国が整備すべき急務な案件だと思います。


73

今は法律が未整備で今後子供の権利が拡大される可能性もあるので、今行うなら、記事の方みたいにお互い名前を交換しないのが一番だと思う。   近親相関という問題はあるけど、100人も1000人も産ませるならともかく、個人間取引で数人産ませた程度なら、本当にこの日本で偶然出会って偶然恋愛して偶然結婚して無事子供が生まれる可能性なんて天文学的可能性なのですから・・・。 (昔みたいに閉じられた村の中で不倫して子供同士が幼馴染として育ってそこで家庭を持つわけじゃないので)   遺伝子的な病気の問題はあるけど、そこは自分達夫婦から生まれても気付いていなかった遺伝子病になるかもしれない問題があるし、どんな子が生まれるかわからないけど、生まれたからには夫婦で育てるという意識の問題だと思う。


74

うちは、第一子がかなり重い障害をもって生まれてきました。 遺伝子の問題で夫婦ともに同じエリアに欠陥があるため、次に子どもを産みたいと思ったら25%の割合で重い障害を持つ子が生まれてくる。 子どもがほしいという思いと、次の子も重い障害があるかもしれないという現実、検査して堕胎する場合に生まれてきた子の存在を否定することになるのではないかと思い散々悩んで諦めました。 提供受けれるなら産みたいという気持ちも理解できます。


75

世の中のニーズは高いけれども法整備が整わないとなると今後、そうして提供を受けた子どもたちが成長してきたときに新たな問題が生じてくることになるでしょうね。 過去の前例から見て倫理的に問題があるという意見があったとしても、だから見て見ぬふりをして放置していてもニーズはなくなりません。逆に問題がどんどん地下に潜って収集がつかなくなっていくことでしょう。 政治家には自分の票と金のことだけでなく、こういう世の中の切羽詰まった問題に目を向けてもらいたいですね。


76

そもそも何故そこまでして子供が欲しいのか。 自分達が人間1人を育てられる自信がそんなにあるのか。 理想や憧れだけで子供が欲しいと思っていないか。 生まれてきた子供にはずっと真実を隠しておくのか。 自分の実父に会いたいと言われたらどうするのか。 子供はペットじゃないですよ。 反抗期なんかには腹が立つこともある。 先の事、子供がどう感じるか、本当に考えた上で提供し提供されているのでしょうか。 子供を産み育てる事をステータスの1つと思ったりしていないか、個人的にはその辺りも気になります。


77

「子をもつ前提は一夫一妻制である(結婚制度である)」を基本あるいは秩序だとすると,その枠組みの中で子を持てない人が,このような例外的方法を選択するのは理解できる。 前提とされている基本構造を秩序と信じ続けるかどうかは考え直してもいいと思う。


78

この方法で子を持てば、戸籍には実子として載り普通に母親はお腹を大きくして誰にも真実を知られずに親となることが出来る。真実を知るのは夫婦だけ。このことを墓場まで持って行くのか?子どもが成長するにつれ、顔つきとか似てる似てない等の話題になった時平気な顔でいれるのか?一生誰にも言わない秘密を抱えたまま生きていけるのか?もし万が一遺伝子検査などで子どもが真実を知った場合どうするのか?どう向き合うのか? 子どもを育てたいなら何故養子ではいけないのでしょう。作れないのに出生の秘密を抱えて無理に子どもを作ってそれは本当に子どものことを考えているの?それなら既に生まれてきた命、でも育ててくれる親がいない子を引き取って育ててあげて欲しいと心から願います。


79

そこに需要があるから…なのだろう。 この記者は最初から否定するつもりな取材姿勢に見えるが、個人的にはそこまでの嫌悪感は無い。 もちろん様々な問題があるもしくは予測されるのだろうけれど、 社会の側にも、必要としている人に手を差し伸べられない問題というか限界があるのも事実。 まずは、生まれてくる子供達が幸せになってくれることを願う。


80

どんな形にせよリスクはあると思う。ただどうしても子供が欲しいという人の気持ちも解る。 問題点は医療機関で希望者に対して十分な精子提供が出来ていないという一点に尽きると思う。 この点さえクリア出来るのならばアンダーグラウンドな手法に頼る必要も無くなる。 それを確保出来ていないというのであれば確保出来るシステムを早急に構築すべき。 「一年以上待つ事になる可能性もある」等と良くも平気で言えるものだ。そうやって待たされている内に妊娠出産適齢期を過ぎてしまう方も居るだろう。根本的なやり方を間違えているから十分な量を確保出来無いのだ。 記事を書いている記者もだが「代替案」も無い癖に安易に現状を否定すべきでは無い。


 


 


81

恋愛があり結婚に至り生活があり子供が居る、、、そしてその生活が続いていく、、、なんかそういうありきたりな人間と言うよりはヒトという生物の営みみたいな所が壊されていく所に怖さを感じるのだが。。  やはりその過程の中には惚れるとか感情や時間の共有等々も本来は発生する訳で、そこが漫画の何巻分省略みたな感じにしてしまうと、、、急に子供への愛着や興味が消えたりしないの?とか色々気になってしまう。  もしもそういう事が問題になって表沙汰になるのには子供の成長を伴う年数(日数)が経過した後になるのでそこも問題だと思う。  なんか血統書付きのペットやオーダーメイドの品みたいな感覚を感じてしまって。。  経済状況や家庭環境が「その当時のまま」だったらそれでも上手く行きそうにも思うが、困窮や他のパートナーが見つかった時にそのバランスは保てるの?と。。。


82

自身が妊娠しやすいのか、相手の精子が強いのかわからないけど子どもを考えた時、数回タイミング合わせたらすぐに妊娠出来たから、子どもを望んでいてもなかなか難しい方に提供してあげたら?と思わなくもないけど、他のコメントにもあるように自分の子どもが近親婚になったり、相続の時にトラブルになったりしたら申し訳ないからやっぱり出来ない。記事で50人以上の父親、とあるけどそれぞれ子ども同士が惹かれ合わない事を祈りたい。


83

心配なのはやっぱり生まれてくる子ども。出自がはっきりしないと色々懸念がありませんかね? もしその子どもが病気になってもそれが遺伝上の方が関係してるかどうかがわからないと困ることもあるかもしれない。また、 同じ精子提供者の異母兄弟同士が結婚する(しかも本人はそれを知らないし戸籍上もわからない)なんてことも、絶対ないとは言えないわけで。。


84

生まれてきた子どもたちに罪はないが、この「子どもの作り方」を恐ろしいと感じても実行にうつしてしまう感性が少しこわい。 情報取得とコミュニケーションのツールが発達した結果ではあるが、手段と目的の剥離があまりに大きく感じてしまう。何より、実行する両親にもさまざまな面でリスクがある。 子どもをもつという人として根源的な願いは、善い悪いの二択で議論できる問題では到底ない。現状イリーガルな細胞提供で出生した子どもたちの安全と人権を守るためにも、積極的な議論と法整備が急がれる。 私にできることは、世の中で起こることにひろく興味関心をもち、日々の生活のなかでの選択と、選挙を通じて政治に反映させ、選択肢を増やし苦しむ人が救われる豊かな仕組みの社会を目指すこと。我が子にもそうした視点をもって生きていくことを教えることと信じている。


85

AIDについては、生まれくる子どもの権利を考えることが必須であると考えています。つまり、出自を知る権利です。人が自分のルーツを知りたいと思うことは本当に原始的な感情で、素朴で、繊細なものです。自分に、遺伝上の親が実はいると知ったとき、子どもの心は大きく揺れ動きます。結婚し、順当に子を授かった夫婦の妊娠にも親のエゴはあると思っています。しかし、子が出自を知りうるかという意味ではAIDとはまるで違います。 良い雰囲気、文脈の中で、子が自身の出自を知ることを保障するよう努めなくてはならないのです。


86

深い話ですね…。 自分には到底理解出来ない世界。 でも、理解出来ない理由は、自分は普通に身ごもり、出産出来たから。 もしも何らかの理由で赤ちゃんがどうしてもどうしても欲しいのに授かれないとしたら… 医療のお世話になるのはかなり大変らしいし、お金も、年月も、想像を絶する労力もかかるのでしょう? そう思うと、ネカフェとか知らない人とか、確かに命を譲り受け取りするなんて事は自分には考えられない世界でも、その人達にとってはもうそんな事言ってられない位の感覚になっているのかも知れません。 そう思うと自分には簡単に非難する事は出来ないです。 そんな事をしなくても、子供が欲しい人達が何とか授かれるような仕組みを、もっともっと進めて欲しいとただただ思います。


87

そういう病院でも数年待つということはドナーとなることに結構な条件があるのでしょうか?それならばこうして気軽にと言ってはなんですが取引出来ることは個人的にかなり疑問です。 一定の基準値だったり健康状態などそういうものもあるのでしょう。衛生面もあるのかな? 1番は子どもが大きくなったときに実父の遺伝子がないことや戸籍などの問題ですよね、本当のことを言うのも隠すのも自分の立場になったら複雑であると思います。


88

精子提供は安全性に問題がありますが有りだと思います。夫婦で話し合った答えなら他人が口出しすることではないと思います。 僕ら夫婦も妻に病気があって入退院を繰り返していたので、妻からは他の女性との間に子供をつくってほしいと頼まれた事があります。それなら養子や里子を迎え入れるなど考えましたが、結果的には妻の他界で終わりました。 夫婦によって考え方や価値観に問題が違いますし、理想通りになれない夫婦もいます。


89

精子提供を受けるのであれば、将来自分の出目を知ろうとする子供のために信頼できる記録を残そうと考えるのが、親としての責任ではないか。 提供者の記録も残さず子を持とうと考える人たちは、「自分が親になりたい」気持ちが「子の将来を思って生きる」気持ちより大きいのだろう。


90

言っても30年前には既にあった話。今のスマホとSNSでその機会が爆発的に増えそうなので問題ということかもしれないが、これ自体は昔からある話で、これに問題があるなら既に表面化しているはずだから特に問題ないということだろう。 あとは、単純に子供側の話だよね。「え、遺伝子は父ちゃんのちゃうんや」ってショックは大きいよね。そこだけだよ。 「数が増えすぎ」で問題視するならわかるが「こんな方法あるんだ」で問題視する人は杞憂です。昔からあります。


 


 


91

記事の内容を読んだ感じだと、医療機関や専門機関を通さずに受精をしているということだから、個人的にはこれは医療行為ではなく性交渉にあたると思う その上で、配偶者の合意もあるわけだから法律的には問題は無いんだろうとも思う 思うんだけど…なんとも複雑な気持ちになる 私はいまだに噛み砕けないけど、これも多様性のひとつなのかもしれない


92

これ、生まれた子供が大人になって事実を知ったら、訴訟になると思う。自分が子供の立場なら絶対にやる。なぜなら、自分は両親の子供だが他に異母兄弟がいる事実を知った時、とても嫌な気分になった。異母の姉とは会ったことはあったが、何とも言えない気分だった。


93

そうして妊娠されて生まれた子供自身がどう思うか?かな。何らかの機会で、自分はこうした背景や経緯で生まれてきた、、、。どうしても親になりたかった親の気持ち。果たして受け止めきれるかどうか。そして実の親と育ての親に対しての気持ちがどう出るか。メリットや大人の都合や意向だけでなく、デメリット、リスク、子供の最終的な判断が病んでも拒絶でも受け止め、責任を果たすことだと思う。子供は親を選べない。私なら嫌だ。取引で生まれてきて、50人とか異父だか異母だかきょうだい居るなんて。それだけ居たら好きな相手ときょうだいでした、親友と実は血縁でしたとか、そんな事態も想定されるよ。


94

需要と供給が成り立っていて、かつお互いに嘘偽りなく最後まで対応しているのならまあアリかのかなと一瞬思ったけど、記事の途中の「正規の精子バンクは1人10人まで」「近親婚をさけるため」等の記載に一気に怖くなった…… お互い素性を知らないってことは遺伝子的に家族の人同士が将来知らずに出会う可能性もあるんだもんね。これを商売としてやってる人は見境なくどんどん提供するだろうし、数が増えるだけリスクも増えるわけで…… それに検査しないままだと病気やその他のリスクもあって、やっぱり怖い。 子どもが欲しいのならやっぱりちゃんとしたルートで精子提供を受けるなどするべきだね。新たな命を生み出してその人生を大きく左右することなのだからきちんと責任を持って、将来子どもにきちんと胸を張って説明できる方法でやって欲しいなあ。


95

この手の話しは聖域でタブーとされてきた。しかし世界中でLGBTの様々な生き方がリアル報道され関心事となっている昨今、真剣に議論し日本でも法的整備をすべき時代となった。 子供が欲しいのに恵まれないのと、 精子だけを売買する話しと、多岐にわたるがアンダーグランドで、上手い話しは絶対にあり得ないので慎重に慎重を重ねる注意が必要だ。 話しは飛躍するが、先日公開された恐竜映画の中では、ゲノム編集されメスの個体だけでも繁殖できるというストーリーもあった事に驚かされ一石を投じていた。親のエゴだけで、生まれてきた子供が絶対に不幸にならないように。途中で家族が離散することのない事を願う。 何も知らずに生まれてきても、これからの社会は容認する世界作りも必要なのかもしれない?


96

俺はいいかなと思う。もちろんキノタマという物の特殊性を考慮した上で、多少の見返り(3,000円なら割く時間・交通費等考えればかなり良心的な気もする)の有無も含めて需要側供給側が納得してるからな。俺はわからんけど、個人的には女性側が見知らぬ人のキノタマを受け入れられるかが一番大事なポイントな気がするな。それでも子供欲しいって言ってるんだから、アリだと思います。


97

子供を欲しい気持ちはわかりますが、コレはちょっと心配な事も多いです。 自己申告で学歴や健康面を確認する訳ですよね。学歴に関しては、気にする人は気にする…という程度にしか感じませんが、子育てをしていると、子供がなにか病気になった時など医師から『家族や兄弟の病歴』など聞かれる事もあります。遺伝的疾患があるかもしれないという事も踏まえて聞かれるのだと思います。その時に母親側の方しかハッキリ答えられず…というのは親として不安になりそうです。どうかすると親の病歴すらよく分からない事も多いのにその子が成長してさらに子供を持った時にはもっと分からない訳ですよね。『子を持ちたい』という気持ちだけではなく『子の将来』を背負うところまでしっかり考えたうえで、やはり個人のやり取りではなく医療のサポートを受ける方が良いかなと。 『数年待ち…』よりもその先生まれた子の人生の方がずっと長いので…。


98

少子化が進む中で子供が欲しいと切実に想う夫婦がいる実態を反映していると思った。衛生面や契約関係が曖昧なのは問題。国や自治体も実態を把握してよく考えたほうがいい。少子化の進行は労力不足国の存亡係る問題でもあるので 歯止めを掛けるためにも、多様な意見と生まれてくる子供のアイデンティティをどう維持するか、後先検討が必要だとおもう。


99

ちゃんと法整備したら、とても良い事だと思います。子供を望んでるのに、子供を育てる環境を用意出来るのに、親の身体の都合で子供を授かる事が出来ないカップルは多いと思います。少子化が進む一方なのでどんどん進めて行ったら良いと思います。


100

少しは耳にしていましたが、びっくりしました。 特別衛生的とは思わない場所でも問題はないのでしょうか?献血の延長だと言われれば、なるほどと思ってしまいました。専門家達の意見も聞いてみたいです。認められるなら、ハイスペックも大事でしょうが、遺伝的な問題などを調べた上での方が良いように思います。 都道府県を跨いで出会う人も多いので、確率は相当低いでしょうが、もし結婚しようと思った人が血縁だっただなんて、ドラマだけじゃなくなりますね。