最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

顔面神経麻痺で仕事失い、続く後遺症 悲しい体験を今は病気発信の原動力に

 

ある日突然、顔の半分が動かなくなる「顔面神経麻痺」。顔という、どうしても目につく場所に症状が現れるため、精神的にも苦しめられてしまう病気だ。そんな病気の周知に取り組んでいるのが、YouTuberの井上さあやさん。井上さんは3年前、顔の右側が麻痺。その後、後遺症である「病的共同運動」にも悩まされた。


ニュース速報

 

 イイネ

1

生まれつき原因不明の右顔面麻痺です。右目はモザイクレベルの形しか見えず、右耳の聴力はほとんどありません。 幼少期に入院し手術しましたが、原因は特定できませんでした。 今年で37年目ですが、有りのままを受け入れてますし、顔以外は健康体なので、気にするのをやめました。 いじめもありましたが、今は良い人達に恵まれています。 私の場合は生まれた時からなので、スタンダードはこれしか分かりませんが、途中からなられた方の心境はもっと苦しいと思います。 ですが、人は外見だけで判断する人は希です。本当にあなたを必要としてくれる人はあなた自身を見ますので、決して悲観的な気持ちにならないで欲しいと願っております。 一緒に頑張りましょう!!


2

私もベル麻痺を発症しました。 仕事に行き詰まり、職場に居場所がなく、全く未来が見えなかった時期です。 心が壊れるんじゃないかと思うほどの極限の精神状態で追い打ちをかけるようにこの病気が発症。 しかし周囲の態度は相変わらず冷たく、つくづく嫌になり、 全てを捨てようと思ったところから人生が好転。 仕事を変え、付き合う人も変わったら、柔らかな人間関係が作られるようになりました。 この病気は限界を超えたときに発症するのでしょう。 心が壊れる寸前だよと身体が教えてくれたのだと、今は感謝しています。


3

私も30代の頃発症しましたが、その前に帯状疱疹にかかったことを思い出しました。 初期の段階でかかりつけ医がステロイドを処方してくれ1週間位で完治しました。幸運だったと思いますが、その時は少なからず恐怖を感じたのを記憶しています。 同じような経験をした人が適切な治療を早く受けて回復されることを願っています。様々な病気について適切な情報が広く共有できる時代になることを願っています。


4

こういった症状はストレスが原因が多い。しかし、「ストレスが原因だ」と言うと、「何でもストレスと簡単に結論付けるな」と何故か必ず反論される。私からすれば、何故ストレスを否定するのかと思ってしまう。今回も文章を見る限り重度のストレス症の可能性は高い。症状を直すのも大事だか、その要因となっているストレスが何なのかもっと深刻に考えないといけない。ストレスは考えてもみない「小さな事」からでもかかる。重要なのは、どうストレスと上手に付き合っていくか。今のままでは、また何かしら発病する可能性はある。その位ストレスは怖い。


5

私も発症したことがあります。20歳くらいの頃で病院では顔面神経麻痺と診断されてましたが、あれはたぶんベル麻痺だったのかなと思います。 ある日突然顔の左半分が全く動かなくなり困惑しましたね。目が閉じれない、口から水がこぼれるって状態がたしか3か月くらい続きました。ですがなんでかちょっとずつ回復して半年後くらいには元の8割くらいは動くようになりました。結局15年たった今も回復具合は8割程度なのでもうずっとこのままかなと思います。 当時は確か抗生物質とかビタミン剤くらいしか処方されなかったのに、なぜか特に気にならない程度まで回復できたのはただ運がよかったんでしょう。 発症に至った原因に思い当たる節はなく、また回復にしても同様。 運悪く発症し運よく回復したという、なんだか怖い経験でした。


6

率直に感じたのが、私がこうやって何不自由なく健康でいられるのは、どんなに幸せだということ。 しかし、ラムゼイハント症候群が引き起こす後遺症の病的共同運動というのは本当に恐ろしいですね。 歯磨きもトイレもままならない。想像を絶するほどの辛さなのでしょう。 その自身の経験、病気の治療法の周知というのをYouTubeを利用して行なっているあの彼女はすごいと思いました。中々勇気もいることだと思います。 そして、勇気を与える彼女、本当にすごいと思います。そして、少しでも患者さんが減っていくことを願っています。


7

私も30年近く前に顔面神経麻痺になり、2ヶ月入院しましたが完治せず、退院後、麻痺が残った顔をマスクで隠しながら仕事に復帰しました。今の様にみんながマスクをしている時代ではなかったので、電車の中で毎日マスクしていることがとても恥ずかしかったあの頃のことを思い出しました。当時仕事で徹夜したりしていて、原因は私も疲労とのことでした。今でも完全には治っていませんが、耳の奥が痛くなると、再発か?と怖くなります。あれ以来、徹夜したり、無理をしすぎないように、きをつけるようにしています。


8

まさに本日、顔面神経麻痺の診断を受けました。 左耳後ろの痛みが発端。その後、舌の違和感。 現在は笑う事も飲食も難しい状態で、月曜日に脳の検査になりました。 おそらく2ヶ月前に転勤になり同棲中だった彼氏とは遠距離に。環境の変化でのストレスに加えて、仕事が忙しく寝不足の状態が続き、彼氏にはストレスで限界だと言っていた直後に発症しました。 今は日々変わる表情や、出来なくなる事が恐怖で泣くばかりです。 彼氏はすぐ来てくれて、どんな表情でも絶対離れない、だから頑張ろうと言ってくれ少しだけ前向きになりました。 これからもっと大変になると思いますが、頑張ります


9

私もベル麻痺を経験しました。食べることが大好きだったので味覚障害がショックだったことが今でも印象に残っています。今では表面上はほとんど問題ない状態まで回復していて、言わなければ他の方には気づかれないと思いますが、病的共同運動は今も残っていて口角と麻痺側の瞼が意図せずに連動して動いてしまいます。 女性にとって顔面神経麻痺というのはショックですし、ケガなどと違ってつらさを周囲に理解してもらうのは難しい病気ですよね。自分の体験を発信するのはつらいこともあると思いますが、とても大事なことをなさっていると尊敬します。


10

私も6年前顔面神経麻痺になり始めの病院に一週間それでも良くならず大きい病院で手術して8-9割戻り口の中の違和感と味覚障害ガ今もあり生活しています。私も右半分麻痺して口と瞼が閉じられず瞼はすぐ治りましたが口角ガ今も良くないです。食べる時手で抑えて食べています。始めの時はやはり周りの目ガ気になってしょうがない日々でした。同じ病気の方々ガいる事は知っていますが、中々面とむかって話せないのでこのような発信良いと思うしお互い相談に乗れる環境ガ有れば良いなあと前から思っていました。これからも応援していきますので宜しくお願いします。


 


 

TESTING130


11

私も3回目のワクチン打ってから2ヶ月後に顔面神経麻痺になりました。最初は脳の障害だと思ったのでMRIをして貰って脳は大丈夫だったのですが顔面神経麻痺と診断されました。医者の診断では重いと言われましたので直ぐに手術した方が言われましたが仕事上1ヶ月も入院が出来なかったので違う医者に相談して通院と薬で直すようにしました。原因不明だそうです。仕事も1週間程休みましたが、その後は支障はありますが何とか生活してます。結局、自然治癒しか方法は無いみたいです。薬を飲まなくても時間が経てば治るみたいです。私は、こんな事位では凹みませんので、これからも頑張ろうと思ってます。


12

私は19歳の時に昼間突然顔の違和感に 気づき、何かおかしいと思いすぐに病院に 行きました。先生からはその時病名は 聞かされず「このまますぐに入院してください」と言われました。 その日からトイレ以外は動かない様に言われ 24時間ずっと点滴生活でした。 入院してからウイルスによる顔面神経麻痺 だと知らされました。 その時は病気の事もよく分からず凄いショックを受けましたが ずっと安静にしていたお陰で3ヶ月ほどで 元どおりになりました。 異変を感じたらすぐに受診をして 適切な治療を受ける事が大切ですね。


13

2年前に顔面神経麻痺にかかりました。 その際の経験ですが、大きな病院に行って検査で時間を無駄にしました。 最終的に耳鼻科で薬をもらい、半年で治りましたが、 初動で1週間以内にウイルスの薬を使用すると相当効果があるという話を 後日、医者から言われ、医学の知識が必要と思い知らされました。 完全治癒するかどうかは、ここによって異なり、運次第という医者の説明にも動転させられた記憶があります。 頑迷神経麻痺は誰もが発生する可能性のある病気なので、 その際はすぐに耳鼻科に行かれることをお勧めします。 そしてこの病気で苦しむ人たちが完全治癒することを願っています。


14

自分も2年前に突然発症して未だに悪化と快方を行ったり来たりの毎日です。困るのは、瞬きが出来なくなること。そのせいで、運転も出来なくなり、仕事にも支障が出てしまいます。麻痺と知ると、会社は過剰反応を示すのか、最初に説明しているにも関わらず、大抵は解雇になってきました。今の勤務先も、今月限りで解雇ということで、転職先を探しています。コメ主様も、大変でしょうが頑張って下さい!


15

中学受験の勉強の真っ最中、11歳の時に顔面神経麻痺を経験しました。耳鼻科で手術を勧められましたが、半年以上かけて投薬で治すことにしました。笑うとその力が麻痺とは反対側に行くのか、異常ない半面が引き攣ったような表情になってしまい、子どもだった私はその異常ない半面を手で隠して笑っていたのを覚えています。歯磨きも水を飲むのも大変でしたが、何よりも人前で表情の動きを見せるのが嫌でした。それ以来も、難病を含めていくつかの病気を持っています。いろんな病気があるものだとつくづく感じます。周りの理解があると違うかも知れません。


16

自分も20年ほど前にハント症候群の方を発症しました。 他の人も仰っていますがベル麻痺に比べてハント症候群はかなり予後が悪いです。ネットがあまり普及する前だったので退院後はよく図書館で情報を集めたり星状神経節ブロックを打ったりしてました。 医者が言うには「とにかく発症してから早いタイミングで抗ウイルス剤を投与する事」らしいですね。麻痺が出てから3、4日経過すると既存の顔面神経が全部ウイルスにダメにされてから回復が始まるので回復後に神経混線が起こりやすく病的共同運動の確率が格段に上がるらしいです。 あと、昔は回復中に顔面マッサージや表情筋の訓練が推奨されてましたが、これも病的共同運動を誘発させるリスクになるとして現在は奨励されていないとのこと。 自分は運良く8割くらい回復しましたが、涙線と唾液が混線してしまったせいか酸っぱいものを食べたりくしゃみをすると右目から涙が出ます。


17

俺もかかった!ラムゼイハントの方。ベル麻痺は予後が良いけど、ラムゼイは予後不良のケースが多い。つまり記事のような病的共同運動の事ね。まあ早い話が左右非対称の動きになってしまうんだ。なので俺は早い段階で手術を選択。完全に発症前の動きには戻らなかったけど、普通に生活してて違和感も無いし、よほど近い人でも左右非対称の動き方は分からないくらいまで回復した。ただ手術の後遺症で耳鳴りが残った。術前に説明があったけどね。でも聴力も戻らない可能性も聞かされてたけど、こっちもほぼ完全に回復。顔面の動きの回復を取るか、聴力を失う可能性を取るか究極の選択だったよ。人によって病的共同運動が大きく初見で分かるようだときついかもね。ただそういう人は手術してないんじゃないかな。病院やドクターによっては聴力を優先して手術しないところも多い。


18

息子が中学1年生の時に顔面神経麻痺になり2週間ほど入院・治療をしました。 顔面神経麻痺名医でネットで調べて遠い病院まで行きました。 主治医から「発症から1週間は経ってるはず。完治できるか分からないけど頑張ってみましょう」と言われ辛い治療を受けました。 幸い、顔面神経麻痺の名医の下での治療でしたので今は後遺症もなく元気ですが、歳を重ねていくと再発する可能性が高いそうです。 これからも気をつけて生活をしていくしかないです。


19

自分も10年前位に発症しました。初めは肩の痛みから始まり徐々に部位が移っていき最終的に顔面麻痺に…。血液検査から始まりあらゆる科を1日かけ総合病院内をあちこち移動し検査して最終的にMRIに入って検査後即入院し病室に入ってすぐ点滴スタート。それから退院するまで毎日朝から午後3時まで数本の点滴。退院してからも強い点滴薬を使っていた事から飲み薬に変えてから徐々に量を減らしていきました。結果的に完治しましたが医師からは原因は分からないが多分ストレスからとの事。ご飯は食べづらく食後の歯磨きも大仕事。もう二度と経験したくないと改めておもいます。後遺症が残っている事は辛いと思いますが完治する事を願っています。このコメを読んで下さった方々、いつ誰がなってもおかしくありません。気をつけようがないかもですが職場等の健康診断とかで改めて自分の体内の状況をよく理解して健康第一に気を付けて行きましょう。


20

数年前にベル麻痺を発症。朝うがいをすると口半分から水が溢れいったい何があったのか理解出来ずその日は放置。次の日も治らないのでようやく病院へ。ここで重要なのが一刻も早くステロイドを処方してもらって飲むことこれがほんとに大事。もし知識なく自然治癒で治ると勘違いしたら後遺症が残ってしまいます。その数年後もまた発症してしまいましたが、その時は仕事も休んで速攻病院にいきました。おかげで後遺症は一切残ってません。この病気は突然襲ってくる病気なので参考になれば幸いです。


 


 


21

私も2人目の子供を出産後半年程で左側の違和感を感じましたが子育てに忙しく特に支障もなかったので気のせいだろうと放ってしまいました。 その後、やっぱり笑いにくいと感じ病院に行ったのは二ヶ月後。近所の耳鼻科で診てもらいステロイドの点滴をしてもらいましたが治らず他の病院でも診てもらいましたが数ヶ月も経っているので何もできず麻痺が残ったまま5年経ちました。 瞬きができず、寝てる間も目が開いている状態なので乾燥して毎日痛みとの戦いです。 今からでも手術でこの麻痺を治せないかと色々調べていますが、やはり年数が経ちすぎていてどうもできないようです。あと何十年もこのままだと思うと鬱になっても仕方ないと思います。 何でも早く病院に行くのがベストだと実感しました。


22

この病気はまず発症してからどれだけ早くステロイド投与ができるかにより治りの速さも後遺症の残り方も違う。 ステロイド点滴が終わったらあとは顔のマッサージをするのが改善の第一歩。もちろんマッサージの仕方は専門医が考えたものなので素人が独自にやることは厳禁。 自分はステロイド点滴だけでは改善しなく、毎日マッサージをしました。最初は目をつぶるのもなかなかできなく目が乾くし、夜も目が開き寝付けないし、ストローを使わないと飲み物を溢すしで大変でした。今は当初に比べ改善はしてきましたがまだ後遺症は残ってます。


23

私もベル麻痺を発祥しました。出産当日(陣痛促進剤投与の日)、顔半分が動かないということが分かりましたが、まずは産んでからということで、産んでからそのまま検査をしました。総合病院での出産だったので、すぐに検査をし治療をしましたが、投与すると母乳をあげることができなかったため、いつから薬を投与するのか、悩みました。投与を遅らせれば神経の修復が難しくなるけど、母乳もあげたいとの気持ちも捨てられず、出産後の情緒不安定差から、落ち込んでいた記憶があります。 うまくなおって良かったです。


24

私も25年ほど前に水痘ウイルスからの顔面神経麻痺になりました。 一月ほどリハビリしても治らず、その後ステロイド点滴を1週間、そしたら自分でも顔の細胞が眼を覚ますのを感じました。それから2週間ほどでほぼ完治しました。 夜はまぶたにテープを貼って眼を閉じ、うがいをすれば水は飛び出て、とても苦しかったですね。家族に助けられました。 何事も無理をすると体のどこかがSOSを出すのですね。 ストレスのない世の中になってもらいたいものです。


25

瞼や頬がピクピクしてたので疲れのせいだと思っていたら翌朝左半分が麻痺になった 経験ない人は半分動かないだけと思うかもしれないが、まず食事ができない 咀嚼をすると麻痺側の口内の頬の肉を噛んでしまう、噛まないようとにかくゆっくり口を動かすしかない 口が閉じないのでうがいも無理 自分は点数1桁台で結構重めの麻痺だったので耳が大音量を自動で絞る機能が停止してしまった パチスロする場合は耳栓が必須だったが全く行かなくなった


26

私も2年前の25歳の時に、ラムゼイハント症候群を発症し、かなり重症だったため手術も経験しました。発症当時は仕事も忙しく、耳の中がずっと痛かった記憶があります。 病的共同運動で、口に力を入れると瞼がキュッとなってしまったり、麻痺してる方の唇は全く力が入りません。 2年間鍼治療に通って、7割くらい回復しましたが、まだ後遺症が残っているので、とてもコンプレックスに感じています。 同じような経験されている方も多く、コメント欄を見てとても励まされました。 皆さんこの病気と向き合って頑張って生きていきましょう。


27

私も1年半前に顔面神経麻痺になりました。麻痺の症状が出ている時は人前に行くのも嫌でした。私の場合は咀嚼する時に下瞼がピクピク動く後遺症と筋肉が落ちたのか顔面の動きの左右差が残りました。コロナ禍でマスク当たり前の世の中でよかったと初めて思いました。 病気になった時に情報が少ないのと、こういう病気があるのを知らない人が多いと感じたので発信していただけるのはありがたいです。


28

私も去年顔面神経麻痺になりました。 ヘルペスウィルスが検出され、ステロイド治療をしましたが、完治せず、後遺症が残りました。 右の唇がとじれなくなり、右の二重も一重になり、耳の後ろの痛みに未だに悩まされています。 顔に麻痺が残ってしまい、悲しいですが、 症状がピークの時を思うと全然マシだと思うようにしています。 たくさんの方の体験談が聞けてよかった。 勇気づけられました。 耳の後ろの痛みが後遺症で残られていられる方は結構多いのでしょうか? 寒い時期はとても痛みが強く、とても辛いです。


29

私の場合は、6月にいきなり症状出現、即入院ベル麻痺判断され入院治療したが改善せず、顔面神経減価術で転院した先で異変見つかり、再々検査等でやっと耳下腺腫瘍発見し来月手術になります。顔面神経に浸潤してます。摘出しないと悪性か良性判断つかない微妙な状況です。。地方大学病院から日赤、今は都内大学病院です。少しでも判らないと諦めずセカンドオピニオンを受けるのは極めて重要と体験しました。私は稀な例ですが、こんな事もあるよ。と、同症状者に少しでも参考になればと思います。


30

帯状疱疹って計3回今までかかったことがある。 1回は明らかに別診療で皮膚科からもらったものだったけど、免疫系が落ちているときにもかかったので、バランスの良い食事と運動なども必要と考えるようになった。


 


 


31

私も4年程前に出産後、顔面神経麻痺になりました。その頃はまだ3時間おきの授乳が必要で夜中に起き、夜通し寝ない赤ちゃんをあやす日々が続いていました。 ある時右目を閉じることができないことに気付き鏡で顔を見ると右半分が動いていませんでした。幸い早い段階で病院に行き、点滴やステロイドの飲み薬で治療したおかげで症状は2週間ほどで改善していきました。今思えばかなり体に疲労が溜まっていたんだと思います。 あの時の恐怖は忘れられません。普段いかに健康であることが幸せなことか思い知らされた経験でした。


32

よく食事に行く友人がなりました 飲食店は食べやすいものを選び 他の人に顔が見えないテーブルにしたり 顔が見える方に私が座りました 歯医者で麻酔をされた時 少し不自由さがわかりました 麺類は啜れないし なんとか口に入れても 口をピッタリ閉じられないので 汁気があるものはピュッと飛び出しそうになる 頬も噛んでしまうし 食事を楽しむどころではなかった 鏡を見るたび凹むだろうし 本当に辛いと思う


33

最初に発症して9年になります 原因はストレス 左右2回ずつなりました 入院を勧められても2回目まではストレス要因の1つである母の介護があり通院で治療しました 母を看取った直後の3回目、迷わず入院しました 4度目は顔面神経を解放する手術を4年前に行いましたが、完全な回復とはなっていません 麻痺が残っています 本当に辛い病気 大きな負荷(ストレス)がかかった時に起こる病気と思います なった人でないとこの苦しみはわからない


34

私も20代の時に顔面神経麻痺になりました。 顔の神経というのは後頭部の方、後ろから前に回ってくるのですが左右対称に神経が前に来ているので、神経伝達が阻害された片側だけがキレイに麻痺します。私の場合は右半分だけ、まぶたも動かないので閉じず、まばたきもしない。口も半分は開きも閉じもしなくなりました。夜まで何事もなかったのに、朝起きたら突然なっており、鏡を見てびっくり。慌てて病院へ行きました。 切れた神経を復活させるには、時間が何よりも重要との事で、もしもなったら一早く病院へ行くことが後遺症を残さないためにも重要となります。なるべくなら入院して、ステロイド治療をするべきです。 私はうっすら目の周りだけ残りましたが、日常他人は気づかないレベルだと思います。ストレスが原因だったと思いますが、医師が原因を特定する事はないと思います。対処療法になるので原因をつかむのが重要ではないので突き詰めません。


35

私も10数年前に左顔面麻痺の症状で1週間入院し、点滴三昧の日々を送った経験が有ります。現在でも顔の左右のずれを感じますがほぼ完治しています。先生からは反対側に発病が有る可能性が有るから、なるべくストレスの無い生活を送る様に言われ、歌を唄い、ラジオ体操する等気を付けています。お若い方や、ましてモデルさん等のご心配は大変だと思います。ゆっくり確実に直してまた活躍して下さい。帯状疱疹の経験を思い出しました。


36

五十代の中年男ですが私も顔面麻痺になった経験があります一番最初は40才ぐらいだったと思いますある日朝起きたら耳の後ろが凄く痛くて顔を洗おうとしてうがいをしたのですが水を上手く飲めなく鏡を見たら右半分が垂れ下がっていて持ち上げようとしても全く動かず仕事を休んで病院へ行ったところベル麻痺と診断されました、原因はいろいろあって私の場合は断言できないと言われてその頃は仕事も凄く忙しくてそのストレスも原因の一つではないかと言う事でした、どの位で直りますかと聞いても先生は顔面麻痺はいつ直るか分かりませんと言われてショックだったことを覚えています。その時は10日前後で症状は治まってくれましたがそれから現在まで12年の間に3回再発しています、先生からは完治することは無く何年かに1回は必ず発症することはあると思いますと言われてます。かなりシンドイです


37

私はコロナが出始めて、一回目の緊急事態宣言が出た時にあまりにもストレスが大きすぎて右半分の顔面神経麻痺になりました。ストレスを感じているとは自覚していなかったのですが、体は正直でした。幸い服薬で治りましたが、顔の半分が全く動かない恐怖を感じたのを今でもはっきりも覚えています。コロナの後遺症でもこのような症状が出て、治らないケースもあるとなると、日常生活にも支障が出てきます。コロナを軽視している方々には、様々な後遺症のリスクとしっかり向き合って、コロナの怖さを再度認識してほしいです。


38

私も30年前に経験しました。 初めの頃はこのまま、もう動かなくなるんじゃないかと不安でしたがステロイド剤とブロック注射のお陰で少しずつ改善できました。1ヶ月半位入院しました。周りの人からは見た目では気づかれないですが、笑ったり、喋ったりすると少しおかしいと気づかれます。今でも神経や筋肉の力が弱いので少し違和感があります。個人差があると思います。100%ではないですがほぼ治る病気だと思います。現在治療中の方には不安でしょうが治りますので諦めずしっかり治療して下さい。血行を良くするため顔マッサージはされた方が良いでしょう。タバコは厳禁です。血管を収縮させるので。


39

私も以前ベル麻痺になり顔の左側半分が動かなくなりました。 味覚障害、目の乾き、顔の強張り(動く方に引っ張られて変形)、水分補給時にはみ出す等いろいろ不便でした。 一応病院で精密検査と処方箋はありましたが大した改善は無く、知り合いの鍼灸師にお世話になり徐々に改善していき3ヶ月程で完治しました。 ストレスが原因だったので、その後は一人で溜め込み過ぎない様に気をつけているのと適度な運動を心がけてます。


40

私も昨年発症しました。ちょうど今頃の時期です。微熱と咽頭痛が続き内科行っても中々良くならずある日目の閉じが悪い事に気付き眼科受診も異常なくなんとなく鏡見たら左が全く動いてなくパニック。脳神経外科受診で顔面神経麻痺と言われました。通院している内になんと1ヶ月後に右も麻痺。両麻痺です。医大の耳鼻科紹介してもらい入院1週間。ステロイド点滴で治療。両麻痺なので食事も水飲むのも話すのも大変でした。絶望的で良く泣いてました。8ヶ月位で見た目分からなくなりましたがたまに頬が引きつったりします。もう40代後半なのでうまく付き合って行きます。


 


 


41

私も顔面神経を20年前に経験して、今も後遺症が残ってしまっています。最初はコップで水を飲んでいたら片方からこぼれ、そんなに気にしていなかったら、夜に洗面所で顔を見たら片側だけたれていて、すぐに入院して点滴をしました。神経内科の先生はほぼ完治するからと言い、安心していましたが、入院中、頭が割れるのかと思うほど痛く、顔も良くなることなく退院となり、服薬治療になりましたが、目は閉じず渇きっぱなしで痛く、口もきちんと閉じれず苦しみましたが、今は逆に目がいつも涙目でぬぐい、口は閉じることができず、ゆすぐときは吹き出さないよう手で閉じています。マッサージなどの治療や顔の体操などリハビリをしましたが、あまり効果なく、発症から3ヶ月後、耳鼻科に回され、手術しても治る確率は5分で聴力が弱くなりますと言われ手術をせずに今に至ります。帯状疱疹は出ず原因も不明でした。


42

私の妹が小6の時、ベル麻痺を発症しました。発症当初は症状が軽かったこともあり、何かおかしいなぁという感じでしたが、一緒の部屋で寝て、夜中、横を見ると目が空いたままで白目になっている妹を見て、びっくり直ぐに受診し、2週間入院し、経過を観察して、症状が治まったので退院しました。 問題は退院後、妹が学校に登校をするとクラスメイトから、担任が朝礼で顔がぐちゃぐちゃになったんだって︎というとんでもない発言をしたもんだから、親が怒って怒鳴り込んで謝罪させていました。病気に対する理解が無さすぎて、当時、中学生だった私ですら、理解できなかったことを覚えています。 今でも時々、発症するみたいで、妹自身は気長に付き合い、周りからも理解を得ています。


43

私も3年ほど前にラムゼイハント症候群を患いました。 仕事もプライベートもうまくいかず、精神的にめちゃくちゃ追い詰められていたタイミングで……… 初日はとてつもない頭痛から始まり、2日目に片耳の音が歪んできました。その夜から味覚障害が始まり、次の日には顔が動かなくなりました。 最終的に一ヶ月ほど入院したのですが、最初の方はめまいもひどく車いすで移動をするような状態。 幸い初期段階からステロイド点滴を受けられたので現在では8割程度まで回復しましたが、発症した側の三半規管は完全に機能を失って治る見込みもありません… 初期段階でステロイド点滴を受けられれば後遺症は残るものの顔の動きは高い確率である程度回復する見込みはあります! ただ顔の動きが悪くなる前に色々おかしくなるので脳の病気を疑ってしまいがち。 意外ですが、顔の動きに異変を感じたらすぐに耳鼻科を受診するようにしてください!!!


44

私も6年前、38歳で発症しました。3カ月ほどステロイド剤を服用し、気休めに鍼に通ったりしました。病的共同運動は4年ほど気になりましたし、ピクピクと口角が動くなど後遺症にも悩まされました。回復度合いは今でも9割程度。6年経った今、普段はもう気になりませんが、写真を撮ると右目だけ光がないというか、生気がないです。 夫や子どもたちが気持ち悪がらずにいてくれたのが幸いでしたが、一時は絶望感でいっぱいでした。 今、悩んでいる皆さん、経過は人それぞれだと思いますが、気に病みすぎずに楽しいことを考えて乗り切ってください。


45

私も数年前にベル麻痺になりました、持病の糖尿病のかかりつけ医に相談して大学病院で診察を受けた日が発症1週間目くらいでその場で入院、ステロイド治療になりました。 幸い2週間の入院で90%の回復率となり退院できましたが、寝る時は瞼にテープしないと眠れないし、もし治らなかったらどうしようとか日々押し潰されるような不安に苛まれました。 初期治療が早ければ早いほど完治率が高いとお医者様が仰っていましたので、こういう情報が増えるといいですね。


46

私は19歳と24歳にベル麻痺を経験しました。 19歳のある日のお昼まではいつも通りの日々を送り なんら問題もありませんでしたが友人と食事をしている時に突如なんの前触れもなく 顔面の右半分がピクリとも動かなくなりました。 食べ物を食べるのにも種類を選んで食事。 汁物は飲まことができなく歯磨きも満足に出来ない。 言葉も種類によっては発音が難しいものもありました。 医者の診断ではストレスと言われましたが原因は不明だったんだと思います。 本当かどうかは分かりませんが若い人の20人に1人は患う事があるらしいです。 入院をして薬等で処置され2週間ほどで運良く完治。 24歳の時は社会人になってまたもや右側に患いました。 人と接する仕事でしたので前回よりも辛かった記憶があります。 この時は半年ほど続き、長引いたせいか顔面の目は雌雄眼のように右側だけ瞼が少し垂れてしまいました。


47

私も26年前に、突然発症しました。当時19歳でした。決まったばかりの新しい職場に慣れるためがむしゃらに働いていた矢先、突然顔の半分に違和感があり、接客業だったので、絶望感でいっぱいでしたが、幸い近所のペインクリニックでストレス性のものだろうと診断され、首に神経ブロック注射を打つ治療をに一ヶ月ほど通い、回復しました。 当時よりも今の医学の進歩を期待して、良い治療法がこの病気で戦っている皆さんに見つかり、快方に向かいますように願います。


48

半年前に右側、その前には左側もやりました。 初めはストレスから。朝起きてうがいをしようとしたら、口から水がこぼれてできませんでした。すぐに脳梗塞かと診断したら帯状疱疹でした。 疱疹や痛みは全くありませんでした。 半年前はワクチン3回目のあとでした。 このときも仕事のストレスはありましたが、免疫力がかなり落ちていたのではないかと思います。 このこともあり、基礎疾患がありますが、怖くてワクチン4回目が打てません。 初めの時も夏場の疲れが溜まった頃だったので、涼しくなってからじゃないと、また繰り返す可能性が高いです。 ちなみに3回ともファイザーでした。3回とも微熱だけでしたが、3回目あとだけ約半月後に麻痺になりました。 コロナ禍で本当にストレスが溜まりやすくなっています。自分で自分を守りましょう。


49

私は令和元年に、仕事で同僚からのいじめにあい、尚且職場を解雇され、失業保険で生活はじめて二ヶ月後にまず、喉、左耳の違和感から始まり、あまり気にしてなかったけどある朝、目の違和感により耳鼻咽喉科を受診しベル麻痺の診断を受けた。まず、顔の表情が作れず歪む、目がとじられない、飲みも食べるも顔半分が動かず、何よりショックで人前に出たくなかった。かなり職場のストレスが強かったと思う。リハビリでなんとか70%の回復です。今も食事すると左半分歪むため人の顔見て話できません。異常を感じたら早く受診することを強く勧めたいです。


50

5年前に発症しました。夜、歯を磨いて口をゆすいでたら、水が口から漏れ出ることで気がつきました。 翌日出勤して、上司がいまから病院に行けと言ってくれて、同僚が救急病院に連れて行ってくれました。はじめは脳梗塞を疑われていたようですが、顔面神経麻痺の診断が出て、飲み薬を確か2種類処方されました。確かビタミン剤とステロイドだったか。次は1ヶ月後に来てくれという事だったので、そんな事で治るわけないと思い、ネット検索したところ、たまたま自宅から近くの大きな病院に専門外来があるのを見つけて、転院。初診で入院を勧められ、約2週間ステロイドの大量投与治療でかなり良くなり、退院後2-3ヶ月かかった頃かと思いますが、治癒の診断を頂き、元に戻りました。この病院には本当に感謝しています。最初に診てくれた病院も本当に皆が懸命になって検査をしてくれて有り難かったですが、専門外来を探される事をおすすめします。


 


 


51

このような勇気ある発信に敬意を表します。自分は記事を見るまで、このように悩んでいる人を知りませんでした。外見に影響する病は、人に伝えるのも躊躇しますよね。だから、一般に知られにくい。でも、こうした勇気ある発信で、一般にも周知され、差別的なのを止めさせたいですね。ガンバってください。応援してます。


52

私も30年ほど前の就職活動後に顔面神経麻痺になりました。内定をもらい内定者で食事会をするとなった直前で、歯を磨いてうがいをしたら水がこぼれた。内定を取り消されるのではないかとハラハラしたのを覚えています。今も完治せずワニの涙が残り食事をする都度涙が流れます。人前で笑えない、何も知らない人には、その引きつった笑いやめてと言われたこともありました。なった人にしかわからないと思うけど、人生において本当にマイナスになりました。気にしなくて大丈夫とは言われますが、写真は極力避けてます。マスクは大変助かってます。


53

10年前に「末梢性顔面神経麻痺」言わばベル麻痺と診断されました。左顔面です 初期症状は、朝歯磨きして うがいをする時に左側の口から水がこぼれました。そして完全に違和感を感じた時は食べ物が左の頬に行った時に、咀嚼できない事に恐怖とストレスを感じました。 私は麻痺が完治するまで3週間ほど、治り始めたら一気に治りました。が。 完治して10年、左の頬を強く動かすと左瞼の上が同時に半分くらい閉じます。 私は男なので「まあ、これはこれで勲章の傷だな」って軽く考えて気にもしてないです。


54

私も右と左、2回顔面麻痺を発症しました。左の時は治りましたが、右側の時は治らず、今も7割ぐらいの回復度で、後遺症も残りました。 ストレスが原因で発症したのに、後遺症が残ったことでまたストレスになり、ぱっと見は治ったように見えるので、周囲の理解も得られず、仕事もやめました。 私も口を開けたり食べたりすると、右目が閉じてしまいますし、焦点が合わないためか、PCや映画を見ていると涙がポロポロ流れます。 それでも根気よく毎朝、顔をマッサージし続け、本当にちょっとですが、良くなりました。 右目が勝手に閉じないよう、ボトックス注射もしています。 前向きに生きることを考え、新しい仕事も見つけ、この頃から旅行によく行くようになりました。 何事もストレスを溜めないことが一番です。 顔面麻痺の周知ももちろん必要ですが、私は皆さんにそうなるぐらいがんばり過ぎないことをおすすめしたいです。


55

私は20代頃1回なったことがありました、(44歳)昨年10月に2回目のコロナワクチンを打った翌日、まさかの2回目の顔面神経麻痺となった。1回目は若かったか、鍼の治療ですぐ治ったが、2回目はなかなか治らず半年後にやっと7、8割治ったが、まだ残っているので、このままなれるしかないかなと覚悟しています。過去の経験もあり、あまり仕事など影響せずに淡々と過ごしています。人生いろいろ起こりますね、明るくやっていくのはまず間違いがないでしょう。


56

8年半前に左顔面の麻痺を経験しました。ワニの目症候群と、左顔面の筋肉と神経が弱くなったことによる顔の左右差が残り、特に顔の左右差は年々目立ってくるので、写真撮影や、近距離での会話が苦痛です。左目の下はメイクでは消えないクマができています。 罹患した当時は、仕事に没頭して無意識に心身に負担を掛けていて、気づかぬうちに限界だったのだと思います。 服薬治療のみでしたが、ほかに何か出来たのではないか(例えば顔面神経麻痺の専門外来にかかるとか、東洋医学も併せて試してみるとか)と後から思います。 私は1週間程度で仕事に復帰しましたが、同僚との楽しいランチタイムも何か食べたら反射的に涙がでてきてしまうし、笑って撮ったつもりの写真が不自然な顔で写っていたりすることは、本当に悲しいです。 誰にも分かってもらえないと思っていましたが、こうして発信してくださる方のおかげで少し気が楽になりました。


57

私も一年半くらい前になりました。多分過労と精神的に疲れていんだったと思います。病院でMRIを撮って脳に異常は無くステロイドとか飲んで一ヶ月半位である程度は戻りました。今でも時々口元や目元が痺れたりする時があります。なかなか元の状態には無理なんだろうなと思いました。コロナ禍に入っていたのでマスクをしてたからまだ良かったですが、瞼は瞬きも出来ず接客業なのでお客さんはきっと変な顔と思っていたと思います。


58

最近ニュースなどでも帯状疱疹や顔面神経麻痺の文字を見るようになる前、昨年秋頃に20代で帯状疱疹〜顔面神経麻痺になりました。 原因不明なので免疫が下がっていたとしか言えませんが、帯状疱疹は神経までやっつけるので弊害が精神面ともに色々と本当に辛い状況です。なかなか職場でも理解されるのが難しかったのですが、周りの方々のおかげで幸いここまで完治できたように思います。 できるだけストレス溜めずよく寝る!!に越した事はないような…何より異変を感じたら早期治療が大事との事です。


59

私も去年ベル麻痺になりました。当時は、一生このままだったらどうしようと不安で夜も眠れない日々を過ごしました。中々治らず診察の度に先生も頭を抱えていましたが、なんとかほぼ治りました。今でもたまに口元が引き攣ったり、鏡を見ると少し歪んでいたりするので完全には治っていないのかもしれませんが、気にしないようにしています。 当時、孤独感や不安感が強く、中々前を向けませんでしたが、そんなときはyoutubeの顔面麻痺の方の動画に励まされ、勇気をもらっていました。投稿してくださる方に感謝です。


60

自分も4年程前に右側の「顔面神経麻痺」を発症しました。今でも口の右端から水が溢れてしまったり、右の上唇を動かすと右目が閉じてしまう「病的共同運動」に悩まされています。  発症した原因は「過労」「ストレス」だと思います。発症する前、右の耳の裏が腫れており圧迫で痛みがありました。それで耳鼻咽喉科へ受診して処方された抗生物質を飲んでいた3日後に麻痺を発症しました。  その後神経内科でステロイドを処方され、きちんと飲みましたが余り改善しなかったので、ペインクリニックを受診して「星状神経節ブロック」という注射を「首」に週3回打ちに行きました。顔の血流が一時的に改善するので個人的に「治っている感」がありました。 受診前に先生からは表情筋スコアが低くて「だいぶ酷いねえ」なんて言われましたが、注射を沢山打ったお陰なのか今ではだいぶ動くようになっています。完璧に直したかったですが、仕方有りませんね。


 


 


61

今年で顔面神経麻痺を発症し丸4年。 激しいめまいと吐気もあり、発症から4日目に救急車で病院へ。ステロイド等の治療後、めまいと吐気が治らない中、追い出されるように退院。 手術がギリギリ不要な数値で回復期(停滞期?)に入るはずが、独居の為食事の用意もできず、恐らく栄養不足で、筋肉の動きが0になり手術。 が、神経痛・筋筋膜性疼痛症候群・瘢痕拘縮と、麻痺と激痛が後遺症です。 昨年やっと専門の先生方が見つかるも、冷房や扇風機どころか気温30度でも、風が吹くと冷たいを通り越し「痛い」です。 主治医は、効かないと言ってもロキソニンの処方のみ。同病院内にペイン科があるのに教えもせず、4ヶ月後に自分で見つけて受診しましたが、もっと早ければ麻痺にもSGBが効いたかも、とのショックな言葉。 耳鼻科医はエビデンスがないと鍼灸やSGBに否定的ですが、視野を広げ、後遺症治療法を研究し、リハビリも充実させて欲しい。


62

正に今左目のまぶたが痙攣しています。 国産ワクチンを打ってから1週間後から左耳後ろの頭痛が続き、3週間後の2回目接種ではその頭痛は接種するには支障がないと言われ打ちました。その後5日ほどで頭痛は治ったのですが、左のまぶたの痙攣が始まりました。ちょうどそれから2週間まぶたの痙攣が止まりません。その他の症状はないのですが…。以前やはり左側の帯状疱疹になったことを思い出しました。現在はあまりストレスを感じない生活をしています。病院行った方が良いのでしょうか。何科を受診すれば良いのでしょう。


63

30年以上前ですが、第一子出産後顔面神経麻痺を発症しました。夕食の味噌汁が上手く飲めず、翌日退院前の診察時に担当医に違和感を訴えると、直ぐに顔面神経麻痺だから退院した足でそのまま耳鼻科を受診するよう紹介状を書いてくれました。それから3ヶ月、最初のひと月は毎日ブロック注射と点滴に通いました。授乳への影響が心配で医師に確認するとどちらも影響は無いと言われました。 残りの2ヶ月は服薬のみで、3ヶ月後には見た目には分からないほどに回復しました。 出産で免疫が落ちているところに風邪のウィルスが顔面に入ったのだろうと言われました。味覚障害など他の症状は自覚が無く、発症後直ぐに治療を開始したので、回復が早かったと言われました。


64

いろいろな原因からなっているようですが、ストレス以外にも、過労で抵抗力が落ちて感染しやすい状況時に一種の性病から罹っている人も多い気がします。顔面だけでなく細胞が壊れて耳が聞こえなくなる方もいますね。IPS技術も進んできていますし、近い将来、原因も治療法も出てくるはずです。


65

私も4年前に発症しステロイド点滴を2週間毎朝打ってから出勤してました。その時言われたのは発症してからいかに早く治療を始めるかで動くように戻るか変わるそうです。 幸いにも4ヶ月程で動くようになりましたが後遺症はあり、ステロイド点滴をしたことで顔全面にニキビのようなブツブツができて以来今でも頻繁に吹き出物が出るようになったり、口をウにすると目が半分くらい閉じたり、耳管が弱くなってしまったので低気圧の日は耳の中で自分の声が反響してどのぐらいのボリュームで話しているのかわからなくなります。 耳が痛くなる度に再発したらどうしようという不安でいっぱいになります。


66

私も50年前大学4年の時に顔左半分が麻痺しました。朝起きたら麻痺していて左目の瞼が閉じられない、口も左半分開きっぱなしだったので、大学病院で脳の検査をしてもらいました。脳に問題は無かったので、恐らく真冬の夜飲酒して極寒の中を歩いたので顔面神経が一時的に凍ったのでは無いかといわれました。病院での治療は無かったので鍼灸院で顔に鍼を数多く打つとかマッサージにより2ヶ月程掛かりましたが元にもどりました。 色々な原因で発症すると思いますが早く治癒されるよう祈念します。


67

私も5年前に発症しました。朝歯を磨いていたら口の中のものが片方からこぼれてきたのでおかしいと思い、顔の左半分が麻痺していることにその後気づきました。 すぐに耳鼻科を受診しその日に入院。1週間毎日点滴を受けたりしましたが退院後も麻痺がひどい状態で、その後も投薬治療や顔のハリ治療に2年間通いました。 今では生活にはほとんど支障はないものの、左側で軽い耳鳴りがずっとしていたり涙が出やすかったり、太いストローを使って物を吸うと左目が閉じるなどは今でも続いています。 パッと見はわからないものの、話したり人前で食べたりするとわかるので毎日顔を自分でマッサージしていますが、完全には治らないとあきらめています。 どうすれば少しでも良くなるかや、手術でどこまでよくなるかなどの情報があればいいかと思っていました。 この女性の行動が、私のように麻痺の後遺症で悩んでいる人にとっていい情報になることを願っています。


68

>また、口の神経にも影響が及び、歯磨きやフロスが難しくなったため、歯科では右側だけ磨き残しがあると毎回指摘されたり、上手く塗れずはみ出てしまった口紅を周囲に「変だよ」と言われたりした時も悪気はないと分かってはいても、落ち込んだそう。 そうした痛みを感じる人が少なくなるよう、そして、病気が広く知られるよう、井上さんは動画を制作し続けている。 ↑ 歯の磨き残しや、口紅のはみ出しは教えて貰った方がよいけど……… 口紅はみ出したまま放置にされた方が冷たい対応だと思うけどね。 イヤな思いする人もいるんだね。 それは勉強になった。 私はこれからも教えてるけど。 だって教えられない方がイヤだし、変なメイクでい続ける事になるから。


69

歯磨きのあと、口をゆすぐ時に水が溢れるのでおかしいと気が付きました。 ステロイド治療を行い、随分良くなりましたが今でも後遺症は感じます。 ほんと、ストレス貯めると、ろくなことがないので、どこかで「前向きに」諦めるのも必要と学びました。 人の成長には負荷は必要ですが、バランスはホント大事ですね。


70

私も2015年に過労とストレスでハント症候群になりました。高度障害で未だに顔は動きませんし共同運動にも悩まされています。 ただし、だんだんなれてきてうまくごまかせるようになってきます。 もう治ることはないと諦めてますがたまに調子良いと口笛がふけたりします。 逆に疲れると舌がしびれたりまぶたが落ちてきたりします。 過労、ストレスを甘く見ていた結果だと思います。限界を知って慎む事が必要ですね。


 


 


71

3年前に大阪で持病の病気の手術を受けて その後遺症で右目の眼球の神経麻痺が残り 今も全く見えません。 自分が病気になって特に1番大きかったのは 当たり前に送る事ができたはずの学校生活も 介助者の付き添いが必要なくらいになってて 友達や先生に迷惑をかけた部分もあったけど みんな、誰1人文句も言わないで私の介助に 付き添ってくれて本当に感謝しています。 病気になって自分が嫌いになる時もあるけど 励まし応援してくれる仲間がいる有り難さに 感謝して前向きに病気と闘っていけたらなと 思っています。


72

9年ぐらい前かな、朝起きたら顔の右半分が全然動かなくて、右側の口が空きっぱなし。 突然の事で一人ぐらいだったし少しパニックになって会社を休んで病院行きましたね。 右耳後ろの原因?みたいなことを言われた気がするし、ストレスの原因と言われて職場環境の影響が要因かなと自己分析したりしてました。 昔の事なのでうろ覚えですが、口空いていると飲食がしにくいという記憶が残っています。 瞼は閉じれなかったと思うけど、たぶん、寝るときはアイマスク使用したかな? たしか、薬を飲むことでそんなに期間が長くならずに解決したけど、突然の神経麻痺とか怖いですね。 ゆっくり身体をリフレッシュさせてストレス解消しないといけませんね。


73

不自由なく生活してきた側からすれば、このような病気があることすら知らないと思います。自分も知りませんでしたが、公表する事で少しずつでも理解されると良いですね。ただ、個人が発信するにはとても勇気が必要ですよね。その他にも個人では限界があるので、公的機関が常々発信して欲しいですね、今時はテレビ離れが著しいですが、N局とかで医療専用チャンネルとか出来ませんかね。海外ではそれに近いものがありました。


74

学習塾の塾長をしています。 2年前のコロナが始まった2月のちょうど忙しい高校受験を控えた2週間前に発症しました。 年末の冬期講習からほぼ休みが無く、一日18時間働いている状況でした。 朝起きて歯を磨くと口から水がこぼれ・・・最初何が起きているのかわかりませんでした。 時間の経過とともに症状が急激に進行し、とうとう右目が開かなくなり夕方から授業が始まるので、慌てて病院に行くと「ベル麻痺」と診断をされました。 点滴とえげつない程の薬を貰い、大きなマスクで顔を覆い、右目には眼帯をして何とか受験を乗り切り、中3生が巣立って数カ月後から少しずつ改善しはじめ、今は後遺症もなく完治しました。 一瞬、このまま治らなかったら・・・と、不安な時もあり授業後に一人教室で麻痺の顔を動画日記として毎日撮りました。今は人生の乗り越えなくてはならない試練だったのだと思っています。


75

私も2度なりました。1度目は中学の組体操で相方にきちんと支えてもらえず2度後頭部から落下し外傷性と診断され10日ほど頚椎辺りの神経に注射。幸いにも10日ほどで治りましたが、鏡を見ると麻痺した側の口角は下がり普段の生活に支障はなかったものの完治はしませんでした。それから、約20年後に疲れからの再発。その時は、2週間ほど耳鼻科に通いましたがよくならない為、担当医師に聞いたところあまり説明はしてもらえませんでした。事前にネット等で調べてましたが当時は約8割近くは原因不明ということでした。しかし、その言葉が担当医から言われなかった為不信感を持ち行きつけの整体に相談し直ぐその日に行き施術してもらいました。そしたら嘘のようですが翌日には治りました。整体師曰く耳の裏に顔面神経が集中してる為その部位が疲れの為凝りが酷く血流が悪くなるからそこを揉み解したと。私の場合は、たまたまそれで治りました。


76

私も罹ったことのある顔面神経麻痺に興味を持ち記事を読みましたが、後遺症に悩まされている方が多いことに驚きました。ストレスが原因である事が多いようですが、無理をせずに穏やかに過ごせることを願います。 私の場合は、16歳の冬に右の頬が若干腫れて、診察を受けたところ、おたふく風邪だろうと言われましたが、2日後に顔の右半分だけが動かなくなり、脳外科に緊急入院となりました。30年以上前のことなので、記憶が定かではないですが、髄液を採取して検査したくらいで、特に治療はありませんでしたが、後遺症も残らず回復しました。私は運が良かったのかと思います。お医者さんにはベル麻痺と診断されてましたが、この記事で久しぶりにその言葉を目にし、苦しまれてる方が多いことに驚いております。


77

私も6年前に発症しました。洗顔中に右目の異変に気づき、顔面麻痺かも、と思い翌日耳鼻科へ。その日のうちにステロイドを服用し、さらに翌日紹介された病院へ。この三日間だけで顔の麻痺がみるみる進んでいくのに恐怖を感じました。紹介された病院で本格的にステロイド投薬治療が始まってからは、ステロイドの副作用で体がめちゃくちゃしんどくて普段会社まで自転車で10分のところ30分かけて通勤していました。ある時、体調不良で近くの内科で診てもらい、ステロイドの話しをし、ステロイドの服用履歴を見せると「この量を服用するなら私なら入院させてる。」と言われました。ステロイドの大量投薬のおかげか、後遺症は全く残っていませんが、顔は治っても半年は体がしんどくて普段通りには動けませんでした。みんなそれぞれ病院の対応の違い、回復の度合が違う事に驚いています。早期発見と治療法の確立で完治する人が増えてほしいと思います。


78

自分も5年前に40代で顔面麻痺を発症しました。 まず最初に強烈な耳の痛みを覚え、その日のうちに食事をすると舌の右側だけ全く味を感じなくなりました。 耳の部分に通っている神経は表情筋、舌の味覚まで繋がっているため、ベル、ハント、共にこの神経が切れてしうためとのことでした。 顔面麻痺はとにかくベル?ハント?などと悩まずに、一刻も早く耳鼻科に行って診断をしてもらい、入院をおすすめします。 20代から、年齢が上がるにつれて完治率が下がるそうで、40代だと完治率(元通り顔を動かせる、瞼、唇を閉じられるようになる)が3割とのデータもあるそうです。 また、治療後も無理して顔を動かさないように念を押されました。 とっても不思議なのですが、何でも新しい神経が通るまで我慢するのが大事とのこと。 実際完治すると、今までと違う表情筋が動かしているので、人間の再生能力って凄いなぁと感心しました。


79

そのお立場からまず伝えるなら、発症したらどうするかっていうのが先だと思うわ。 ハントなら48時間以内にステロイドと抗ウイルス薬のようです。かかったことがあるから。 別の原因、たとえば中枢神経由来ならば時間の制約がもっと短いのかもしれない。


80

多分だけど、人前に出るのが向いてないんじゃないかな? 芸能界引退したら意外とスッと治るんじゃないかと思う 続けるにしてもちょっとセーブしたり自分のメンタルと向き合いながら続けないといけないと思う やりたいことと出来ることは違うからね わからないけど、ストレスはあると思う


 


 


81

私の職場にも顔面神経麻痺を発症してしまった方がいました(今はすっかり治られてます)。その方曰く、顔半分に麻酔をかけられているような感覚らしく、水を飲もうにも動かない口半分からこぼれ落ちてしまい、日常生活にも多大な影響を及ぼすものだったそうです。 人は誰しも弱み、人とは違うところ、コンプレックスを持っているものです。そういったものを受け入れる「寛容さ」が非常に大事だと思いますし、相手の気持になって考えることができれば、自然と達成されるものだと思います。


82

私はラムゼイハント症候群までなりませんでしたが、ベル麻痺や帯状疱疹は経験しましたね。同じく激務による過労が原因だったと思います。 もちろん症状に応じた医療的処置はしましたが、今にして思えば、結局のところ過労→栄養失調という図式なんだと思います。大雑把に言えばですね。 特にビタミンCはストレス社会の現代において消耗が激しく、枯渇している人が多いんだとかで、その後多量摂取することで(厚労省基準の30倍の日量3,000mgくらい)、長らく患っていたアトピー性皮膚炎も完治し、ストレス耐性も強化されました。 このような「処方」は、医者は誰も教えてくれませんでしたが。


83

鍼灸師です、ラムゼイハント症候群顔面神経麻痺、ベル麻痺とも、患者さん全員がほぼ完治していますよ。鍼治療と太陽光線治療器、気功などを併用することで一週間後に手術の決まっていた子供さん、発症して一年以上経過した人など、原因は様々ですが年齢も関係なく後遺症もなく回復されています。病気は戦うものではありません、まづ日ごろから見えないところで働いてくれている、からだの中の自然の仕組みに感謝しましょう。ほとんどの場合その働きの邪魔をして病気になってしまっているのは自分自身ですから。


84

ずいぶん前に耳鼻咽喉科の医師の講習を受けた。 きっかけは当時の上司がヘルペスから顔面神経麻痺になり、その時に劇的回復させた担当医だったから。 何が良かったのかは覚えていないけれど、たぶん説明もしてなかったと思う。声帯のカウンセリングだけ受けた記憶がある。 単純に講習は名目で多額の講習費を謝礼金として医者に渡すためだろうし、名医かどうかは今ではわからない。 その時学んだのはその上司は口唇ヘルペスの出たキャバクラのお姉さんに耳にキスされて顔面神経麻痺になったってこと。 激務の中でも口唇ヘルペスを軽視しなくなったから多少の学びはあったのかもしれない。


85

私はある日、目の痛みが出た数日後に突如顔の右半分が全く動かなくなりました。 診断では季節の変わり目などに出やすい症状との事でした。 2週間程ステロイドを点滴し、徐々に回復しましたが、麻痺が酷い時は右目の瞼が勝手に開いてしまうので、寝る時は眼帯をして寝ていました。 食事も右側から溢れてしまうので、常に手で押さえながらではないと食べれませんでした。 またいつ同じ症状が出るかと、今も目が痛くなると不安になります。


86

私も今年の3月下旬に顔面神経麻痺を発症しました 朝起きて、洗面所で顔に違和感があり、左半分が全く動かなかったので、脳梗塞かと思い、すぐ脳神経外科でMRI検査を受けたけど、脳には異常がなく、顔面神経麻痺と医師から告げられました それから、ステロイド薬を1ヶ月投与しても、何にも動かなかったので、藁を掴む気持ちで鍼治療を受診した 1ヶ月で3割ぐらい回復し、2ヶ月で6割ぐらい回復し、3ヶ月で8割くらい回復して来ました 現在も週一回治療を受診しています 個人差があると思いますが、鍼治療は私の体験から効果があると思います


87

私も顔面神経麻痺になりました。ベル麻痺のようでしたが。 最初は顎が痛くて顎関節症かと思って歯医者に行ってしまいました。3日目ぐらいにまばたきができなくなって、飲み物もちゃんと飲めなくなって顎じゃない!と気づいたのですが、何科にかかればいいのかわからず。幸運だったのは。かかりつけ薬剤師さんにこんな症状があるんですよね〜と話したら、それだったらビタミン剤が効くかもと頂いたことです。それをせっせと飲んで1か月後に内科を受診。飲んでてよかったね。もう自然治癒しているよ。と言われました。実際、ベル麻痺の治療にビタミン剤使われるそうですね。あのときのご厚意は忘れられません。 ちなみに仕事でストレス、というか、職場でのストレス過多状態だったので、それが原因と思われます。 後遺症はやはり残り、今も薬を服用しています。でも治療が遅いと失明の危機もあるとか。もっと情報が広まってくれたらと思っています。


88

私も3年前に顔面神経麻痺になりました。原因は特定できませんでした。しかし、当時、小学校で学年主任をしていた私が同学年に組まされたのは、新採用の先生ともう一人(3クラス編成でした。)もう一人の先生が4月に妊娠が分かり、貧血気味とのことで、学年の仕事を一人で背負っていた時でしたので、ストレスが原因の一つになっていたと思います。  今は、ほかの方からはほとんどわからないよと言っていただけますが、今も片方だけ下がった顔を見るのが本当につらいです。頬が攣った感じがし、口を尖らすことができません。  ほかの方のコメントを見ると、手術をされた方もいらっしゃるようですが、私の場合、手術は必要ないといわれました。針がいいとかマッサージがいいとかも聞くのですが、針やマッサージで後遺症の治った方がいらっしゃいましたら是非教えてください。


89

10年前、35歳の年に発症しました 仕事中水を飲んだら口から漏れてきちんと飲み干せない 顔半分が動かなくなっていることを同僚に指摘され 救急車で顔面麻痺(耳鼻科)の専門医がいる病院に搬送されました。 すぐにステロイド投与を受けて、入院はせず、通院を続け 幸い後遺症も残らず2カ月弱で治りました その後再発もなく、発症直後に専門医による ステロイド治療をすぐ受けられたのが良かったなと思ってます 当時は仕事で異動になり、慣れない環境で朝6時前に起き、 夜遅くに帰宅する生活で、終電に間に合わずホテル泊も多かった 人間関係も強烈で、常時周りに気を使わなければならず 非常に弱い孤独な立場で働いていて、何のために仕事を してるのだろうかと死ぬことも考えていた時期でした。 この病気で「仕事は頑張り過ぎない、自分の体が最優先」 ということを第一の教訓にしてます ストレスは必ず何らかの病気に繋がります


90

3年前に出張先のホテルで異変を感じ、歯磨きの後のブクブクで口から水が漏れ、右半分が垂れ下がる顔面麻痺になりました。 出先という事も有り、取り敢えず耳鼻咽喉科で受診したところ、紹介状にて直ぐに入院治療する様にと言われ、金曜日だったため、自宅に戻り翌月曜日に再診で即入院。ステロイド点滴を2週間しましたが全く改善せず、時間薬として退院。。。で、以前より困った時のペインクリニック!に相談!で、星状根ブロック注射とオゾン点滴治療を集中して実施!で、2週間で95%回復!!! その後は顔面マッサージにて、現在は多少ストローなどで吸い込む時に目の上の引き攣りと言う違和感のみとなりました。 顔の麻痺は本当にショックで精神的に落ち込み、これが原因で鬱になる方も居ると聞きます。 もし、今治療中の方がいらっしゃるなら、試しに上の治療を受けてみてはと思います。


 


 


91

40年近く前に、左耳のヘルペスから顔面神経麻痺になりました。 数日前から、何とも言えない左肩の凝り、次に味覚障害、翌日に左側顔面が動かなくなりました。最初は頭をハンマーで殴られた様なヘルペスの痛みでした。 それから医大で3ヶ月低周波治療、顔の歪みは8割位なくなりましたが、左目の痙攣や涙目などの後遺症で、通っていた針治療の先生に、麻酔科に行きなさいと言われ、再び医大で約2年弱の星城神経ブロック治療。私の場合、左側の筋肉が若干縮まっているとのことでした。ブロック効果でかなり改善はしましたが、やはり今も後遺症はあります。 よく言われている「ワニの涙」がその典型です。 私の周りにも発症した人3名います。 最近では母でした。自身の経験から、すぐに病院に連れていきました。医学も発達しいい薬も出来たそうで完治しました。 これは、なった人以外に分からないし、運が悪かった と言う以外ないです。


92

ハント症候群経験者。 最初は強烈なめまいから始まり、収まらないので病院に行く頃には右半分が麻痺する状況で診断されめまいが収まるまで休む羽目に めまいの症状がかなり重くて結局2週間入院までしましたね。 その間味覚障害(半分だけなので下の反対側では味が感じ取れる変な状態)、片方のみの聴力障害とありとあらゆる症候群に見られる症状をくらって1ヶ月近く面倒なことになりました。 後遺症は残っています(だいぶ回復したものの顔面の神経障害、片側の聴力障害)が、まあ生活できないレベルではないのでもういいや、となってます。 顔面麻痺は特に女性は辛いものだと思います。同種の病気にかかったらせめて神経だけでもちゃんと治すことをオススメしたいですね。


93

小生も25年前、急に右瞼に異常が起き会社早退して様子見、夕食時すべてが苦く味噌汁飲んだ際は口元に力が入らず吹きこぼしました。当時は焦り翌日朝一番に大きな病院で受診し結果、俗にいう顔面神経痛だとのことでした。瞼に力が入らないため就寝時は枕に瞼を押さえつけるようにして寝ました。医師からは顔面神経痛の原因はわからない、治療法もない2年経って後遺症残ってたらそこまでとのことでした。医師からはストレスも一因とあって当時の状況はというと、上司のいい加減さに毎日の様に口喧嘩そのためか、毎週痛風発作に襲われてました。これを機に転職し現在に至りますが右顔面は左顔面と比較すると若干歪んでます。後遺症なんでしょうね。来年還暦迎えこれまでの経験上、体調異変に繋がる要因として大きなものはストレスだったと思います。長い人生お互いご自愛しましょう。


94

数年前、出産予定日の一週間ほど前に右耳辺りに痛みを感じ、2日後に受診して顔面神経麻痺と診断、ベル麻痺でした。 妊娠中だったので薬を飲むなどの治療が出来ず、そのまま出産し、産まれたばかりの我が子との写真は引き攣った顔の自分。 退院前に産科の看護師から、薬を飲むなら母乳はあげられないからどうするか早く決めてと言われ、ショックで泣きましたが、その後産科と小児科と耳鼻科の先生方がいろいろ調べてくださって、母乳に影響が出ないことを確認して薬を飲みながら授乳可能となり、また泣きました。 幸い私の場合は、薬を飲み、顔面マッサージを続けていたら1週間ほどで動くようになって、続けて半年で見た目もほぼ元の状態になりました。 とにかく早く薬を飲み始めないと治る確率が下がるとのとこでしたので、違和感や痛みを感じたら早めに受診されるといいと思います。


95

私はベル麻痺になりました。 もう5年以上前ですが、回復は7割位かな? 麻痺が残ってます。藁にもすがる思いで、鍼治療にも、通いましたが。。 仕事がどうしても休めなく、入院を進められましたが、通院で毎日点滴に通いました。あの時、もし入院していれば、もっとしっかり治っていたのかな?と考えてしまいます。


96

私は高校1年生の時に発症しました。 朝食を食べてたら右側の舌が痺れるような感じがして、学校へ行く時に友達と談笑していたら顔が引き攣ってきて。病院へ行ってすぐに治療しましたが、治るまで大変時間がかかりました。多感な時期でしたし、顔が引き攣るので笑うことが辛くなって、いつも顔を片手で押さえてたら、顔を隠すのクセなの?と言われたり、、 あの頃支えてくれた友人は今も大切な人です。 本人にとっては大変辛い病気ですが、今でこそ経験した事をプラスに考えられるようになりました。 今も疲れてくると顔の左右差や、痙攣が出ますし、酸っぱいものや熱いものを食べると右目から涙が出ます。それでも初めよりは随分マシです。あの時の事を教訓として、疲れ過ぎないよう気を付けながら生きています。 完治する治療法が出来ることを願います。


97

私も30年前位に顔半分が麻痺しました。 病院では特効薬がなくビタミン剤で様子を見るということでしたが、母の勧めで鍼治療に行き、顔面に直接鍼を打つと内出血する可能性がありますが、効果は高いですって言われて、顔面に直接鍼を打って約一週間で良くなりました。個人差があると思いますが、試す価値はあると思います。


98

私は眼瞼痙攣と言う病気になり、いまだ治らず高額なボトックスや経過観察などで治療しています。 右目の中がぐしゃぐしゃになってしまいもう治りません。職場などのストレスであれば仕事の事か人間関係だと思います。ストレスでも自分で解決できるなら解決します。解決の出来ない事なら誰かに協力してもらうといいと思います。少しでも良くなるといいですね。


99

私も、この夏に耳性帯状疱疹になりました。 おそらく初期だったのでしょう、顔面神経への影響は避けられたようですが、片方の聴力が低下しました。電話の声が聞き取りづらいため逆の耳に受話器を当てるなど不便があり、今後回復してくれることを望みます。 発症から一ケ月が経過し、ほぼ治まりつつあります。 しかし、病原体は神経に潜んでおり、疲労などから抵抗力が下がった時に活動再開し再発するとの事です。 仕事をしておれば疲労やストレスを避けることはできません。自分で過度なものをコントロールしつつ、異変に気を付けていくしかないと思います。


100

私も35年程前に発症しました。 授業中、うたた寝していて起きたら動かなくなっていました。友人からどうした?と聞かれても痛みもないので呑気に笑っていて、放課後も遊びに行ってしまい、家に帰って凄く怒られたのを記憶してます。私の場合は、耳から入ったウィルスが原因でした。入院し麻酔科で首に太い注射を打つ日々。これが痛かったなぁ。完治は、せずに今も7割程度の状態。疲れてるとめちゃ違和感あります。 一生付合っていくしかないんだよなって感じです。