最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

打席で嘔吐、パニック障害と診断…経験伝えるオリックス・小谷野コーチ「恥じることではない」[メンタル考]

 

 アスリートのメンタルは強靱(きょうじん)でなくてはならない――。現役時代、そんな概念に苦しめられたのが、プロ野球・オリックスの野手総合兼打撃コーチ、小谷野(こやの)栄一(41)だ。


ニュース速報

 

イイネ

1

友人がパニック障害を発症したての頃、目の前で倒れたのを見たことがあります。顔面蒼白になって吐き気でふらふらになり座っている事もできず……。 自分達が経験するちょっと気持ち悪いなっていう範疇を超えているように感じました。運動なんてまず無理です。発症から2年経ち、治療を受けながらですが、ようやく先月社会復帰。国家資格を持っていて、仕事も出来て判断能力も高かった子ですが、電車の乗り換えもままならずフルタイムでは働けない現状です。 きっかけは人それぞれですが、もう少しこの病気が社会に浸透し、決して怠けている訳ではない事、自分の気持ちではどうにかできるものではない事が広がるといいと思います。


2

むしろ、メンタルを削られることなくプロのアスリートを続けられるほうが不思議なくらいでしょう。 限られたチャンスの中で、常に最高のプレーをして他のライバルに勝たなければ仕事がまわってこない。それに加えてケガとの闘いもある。限られた期間内に結果を出さなければファンから失望され、監督やオーナーにも見限られ、終いには職を失う。 プロになるくらいだから、それまで人生をずっとそのスポーツに捧げてきているわけで、いざ職を失ったら、他にできることもない… 逃げ道のない、こんな厳しい仕事はなかなかないでしょう。


3

自分は完治まで8年ぐらいでした。 最後に診てくれた医者との相性が良かったのも幸運でした。それはもう運ですね。 お守り代わりに安定剤を持ち歩き、東京から新幹線で名古屋へ旅行したときに何ら不安感がなくて、以前みたく旅行が楽しいと思えたのが完治した瞬間だったと思います。 本人だけでなく家族や周囲の方も大変でしょうが、うまく付き合えるようになってほしいですね。


4

私も10年以上パニック障害持ちです。怠けてる、あなただけじゃない、みんなつらいと何度も言われました。上手く表現出来ない不調、不安感がひどく、電車にも長く乗れず何度も途中下車しながら通勤したりしました。一般人の私でこれなんだから、プロ野球選手はもっと大変だったと思います。有名な方が、公表する事で認知度が上がると共に、理解してもらえる世の中になったらいいなぁと思います。


5

福良さんがいなければとっくに引退していたよ。小谷野が引退する時、福良さんも涙していた。飛行機での移動とかほんと大変だったと思う。打点王取った年の活躍は凄かった。


6

プロ選手は結果残せば称賛されるけど、残さなければ解雇もある。相手を蹴落としてポジションを死守しないといけないし、重圧は相当だと思う。 ファンは自分も含めてだけど、無責任な期待と批判はするし、それでも結果ださないといけない。メンタルに異常きたしてもおかしくはない。 と書きながら、期待と批判はやっぱりすると思う。責任がないからだけど。矛盾はしてます。


7

昔洗い物をしていたときに大事にしていた皿を割ってしまったことがある その時に異常な発汗と胸の苦しさ、吐き気を覚え、呼吸が荒くなって立っていられなくなった 身体中の水分が全部でるんじゃないかと思うくらい汗が滴り落ちて床がびしょびしょになった。 それが1時間ほど続いて症状はおさまったが不安になって病院にいったが異常無し。 特に後遺症とかはなくそれ以降は一度も同じ症状が出なかったが、今思えばあれがパニックなんだなという経験をした。 1回きりだけど強烈な記憶として脳に焼き付いている、それくらいのトラウマ。 それを日常的に襲われてるなんて想像するだけでもドキドキしてしまう。 前に小谷野選手がパニックになってしまっても試合を待ってくれてそのあとヒットを打ったシーンを見たことがある 弱さは共に歩むもの、パニック障害だけじゃなく様々なストレス社会に於いてあらゆる人に覚えておいてほしい言葉だ。


8

小谷野のパニック障害は、実際の映像が残ってる。 見たことない汗だくで、何とか視点を真っ直ぐに定めてる状態だった。 周りの選手達は唖然・茫然で、声を掛けられない状態。 コーチが何とか声を掛け続けて、意識を確認していた。 その時の岡田監督? 「打たなくて良い。空振りもしなくて良い。打席に入るだけで良い。 だから試合に参加しよう。何か言われたら、俺が責任を取る。 厳しい事を言うが、こういう時はベンチに下がっても余計に悪化するだけなんだ。 動いたほうがいいんだよ」


9

凄く努力されたと思います 自分も初めはこれは何?って思ってました。 診療内科で薬をもらって少しずつ良くなって、だけど最後は自分の力で治さないとこの病気は治らないから頑張って苦手な事を少しずつ少しずつして行くうちに良くなって行きました。何も出来ない自分が赤ちゃんに戻った気分になりました。だけどこの病気は絶対に治るから今もしんどい思いをしている人は少しの努力と少しの勇気を持って前に進んで欲しいです。必ず治りますから。自分はこの病気になって仕事だけは何がなんでもしないと行けないと思い失敗してもいいからやってみようと思ってもう20年続いています。そして不思議な事に一度も失敗をした事がありません。この病気はやる前に予期不安になる事が多くてやってみたら何もなかったって言う病気なんです。だからなんでもやってみて1つずつクリアすれば良いんです。飴ちゃんは必需品ですね。後、呼吸法のヨガも凄く良いですよ


10

これは、サラリーマンも同じじゃないだろうか?メンタル弱い、ストレス耐性弱い、と切り捨てるんじゃなくて、「よわいはつよい」にシフトして、「弱い者」の強さ・良さを引き出していく組織が、これからの在り方のように思います。


 


 

TESTING130


11

メンタルが強いから精神的な病にならないわけではない。その時の状況やその人が背負うプレッシャーによって誰にでも可能性はある。その中でうまく付き合いながら生活していく術を身につける必要がある


12

カウンセラーがもっと増えて、一般的なものになってほしいなと思う。


13

こんなに表立って伝えてくれる小谷野さんありがとう!有り難いです!私も病気持ち、一生通院だろうな。なかなか他人は分かろうとはしてくれません。苦しんだ人にしか分からないんですよね。これ読んで励まされます!


14

一般の社会人でも、この病状と付き合うのはしんどい。知名度あるアスリートはもっと大変だったと思う。 良いリーダーに恵まれたとしても、そこまで耐えたメンタルが強靭なんだと感じます。 もちろん、病状に対し、人それぞれの対処は必要ですが、小谷野さんの実績と発言力は小谷野さんが積み重ねられた結果という点で尊敬します。


15

怠けじゃない。 本当に気持ち悪くなってしまうんだから。 これは実際になってみないと絶対分からない。 でも、病院の先生はそんな患者をいつも診ているから、待合室でぐったりしてても笑って軽く対応してくれる。 自分だけではないのだなあ、と安心も得られるので、悩んでる人は気にしないで一度行ってみて欲しい。


16

ナイス記事。 チャンスに強い打点王小谷野


17

過呼吸を発症してパニック障害一歩手前まで若い頃になりました。 当時電車通勤でしたが、各駅にしか乗れなくなり各駅ですら途中駅で降りて気持ちを整えてから乗り直し…という日々で食事もあまり取れず体重も一気に落ちました。 きっかけは販売業で売上に対するプレッシャーだったかのかなと今になって思いますが、果たして日々それほど自分が感じてたかというと自覚はしてなかったと思います。 かかりつけの内科医の先生がご老人で状況を話したところ一生懸命医学書らしきものをめくって「安定剤だから電車の中でしんどくなったら飲んでみて。しんどくならなかったら飲まなくて良いよ」と薬をくれお守り代わりに持っているうちに快速急行に乗れるようになりました。 15年近く経ちますがた車で高速に乗った時、特急に乗った時にフと何とも言えない不安に襲われる時があります。 不安になってもどうしようもない と思いながら過ごしてます


18

弱気になったり不安を感じたりするのは、それだけ成功したいと強く真剣に思っているからこそですよね。


19

アスリート、芸能人と最近ではカミングアウトしてもマイナスなイメージは払拭されてますね。この選手さんも良い監督さんに恵まれて良かったです。それでも毎日の生活さえも180度変わる苦しみで大変だったでしょうね。私は20年以上前にパニック障害になりました。認知度無しの頃で誰も寄り添ってくれなかったです。鬱、うーつー!などと会社に復帰した際言われた言葉は今だに忘れません。家族には怠けてると毎日罵倒される始末。今は薬で楽になりましたが、もしこれから経験してしまう方がおられましたら寄り添ってくれる方や相性の良い病院&先生&薬などを見つけてくださいね。飴が良いと最近よくネットで見るのでマネしてます。が、過呼吸や唾液を飲むのが困難な時以外は効果あると思います。


20

普通の職業以上に、衆人環視のプレッシャーがある中、パニック障害をかかえてプロ生活を全うされた事は凄い事だと思う その貴重な経験を同じ症状で苦しむ方に参考になるよう本など出されてはどうですか


 


 


21

うちも子どもたちがパニック障害です。息子は高校進学と同時に発症しました。毎日強い発作が起きて通うことができず半年で退学しました。その後通信の高校に編入し症状が治まったように見えましたが大学に入学と同時にまた毎日発作が起きるようになり自殺未遂を起こしやはり半年で退学しました。今はかなり落ち着いて就労支援に通っています。 娘は初めて就職した会社でパワハラに遭い、辞めてから3年くらい経ちますがいまだに無職です。今も就労支援にもまともに通うことができず苦しんでいます。お医者さんにはパニック障害では障害者年金を申請するための診断書は書けないと言われ、もうなすすべがなく絶望しています。


22

突然スイッチが入りおかしくなるのがパニック。 誰がなるかはわかりません。どんなエリートでも恵まれている人でもある日突然なるかもしれない。 緊張状態が続くと出る気がします。 大丈夫。具合が悪くなれば周りの大人が助けてくれますよ。 恥ずかしくも何ともないです。 でも、怖くて不安ですよね。 本当に辛いと思います。 今は9割症状が落ち着いていますが、パニックが来そうだなと感じる時が1割くらいはあります。 呼吸やポジティブな想像で乗り越える力はつけましたが、安心して暮らしていきたいです。 経験者として、パニックの方を見つけたら助けます。 どうしても外出しなければならない時、安心して出かけてください。私自身、身内にパニック持ちがいるというタクシーの運転手さんに助けていただきました。病院に着くまでの間ずっと励ましてくださって。 他にもパニックの理解者は世間にいると思っています。


23

弱さに気づいてそれに備える。 それは強さですよ。


24

パニック障害なんて言葉自体 耳にするのってここ数年じゃないかなと思います。それまでは症状が出てもメンタル弱すぎとかプレッシャーに弱いなどの言葉ですましてたのかもしれないですね。


25

パニックってつらいのに 精神保証でないんだよね。 だから、働けないのになんにも制度ないの


26

小谷野の場合、現役時代の見た目がなんでも暴力で解決系の人みたいだったったから、その辺のギャップでさらに理解されにくかったというのもあったのかな。コーチになって髭そったら、びっくりするくらい別人になってたけど。


27

私もパニック障害で症状は吐き気、えずきです。緊張する場面、不安がMAXになると、吐き気がして何度も何度もえずきます。ただ嘔吐した事は1回もありませんが、このえずきがひどく辛い。仕事では周りから変な目で見られたりしましたが、今は薬を飲みながら自分に合った会社で働けています。症状も今ではほとんど出なくなりました。ただパニック障害の辛さは他人には理解できないと思います。ただの怠けだと思われる事が多いので、小谷野さんのように精神的にも強くなる事が大切だと感じます


28

同じ病気を抱えていますが人によって症状がかなり違います。 私の場合は運転中に発作を起こしました。渋滞などで逃げられない状況になると心臓発作と吐き気となんとも形容しがたい恐怖感に襲われます。 原因は神経の誤作動だと聞きましたが、投薬でかなりコントロールできても明確な完治は難しいでしょう。やばい状況になるのを避けるのがベターだと思います。


29

ここでいうパニック障害の不安って健常者の思っている不安とは全然違うから。 自分も昔散々陰口叩かれましたが、空虚感、絶望感、恐怖感が合わさったものなんですよ。 本当に脳がアレルギー反応を起こした状態で自力で治すのは相当難しい。心療内科で合っている薬を処方してもらうのが、まずは治療への第一歩です。


30

日本は精神疾患や発達障がいのある方に理解してくれない人が多くて本当に失望する。 誰にでも起こりうるかも知れないのに。


 


 


31

日ハム時代は本塁打こそ少ないですけど勝負強い打撃でファンとしてはありがたい存在でした。 タイトル獲得のあたりからパニック障害であると報道され、チャンスに強い打撃だった事もあって当時は驚きました。 しかも症状を聞くととても素人では野球どころか一日外出も困難なんじゃないかと思えるレベル。 そんな中での複数タイトル獲得は、凄い事なんだと思います。


32

俺も同じような症状だわ。


33

酒やギャンブルや覚醒剤に走らないでよかった。科学的アプローチで解決するのが良い。


34

職場なんかでも パニック障害の人を見て「何アイツ挙動不審じゃね」「汗かきすぎだろ」とか無神経にイジる大人が多いと思います。 パニック障害ってなってみなきゃわからない。 これだけ情報が溢れている時代なのに、無神経な大人の対応とか世界的に恥ずかしい。


35

私も仕事柄出張が多く、飛行機や新幹線に乗る機会が多いですが、ビニール袋とフリスクと頂いた薬をお守りにもっています。完治はないですが、一緒に付き合っていく方法を見つけること、理解してもらえる方はに出会うことは大事だと思います。


36

神経症、鬱の薬も作用内容にそんなに変わらなくても、180度違う働きかたがあるから依存には注意して、半年、一年位で替えてみたほうがいいと思う!


37

暖かい言葉はうれしいですね。 自分は電車通勤できなくて、面接を受けるときに担当に『電車通勤は社会人の常識だから』と言われて更にプレッシャーを感じたのを覚えています。 周りの理解で救われる部分は大きいと思う。


38

高校時代から彼のことをよく知ってるけど、物凄く真面目で、友達が多い。 野球部以外の文化系の全然路線が違う奴とも仲良しだった。 本当にいい奴なんだよ。頑張りすぎてしまう面がたしかにあったのかも。 頑張るじゃなくて顔晴る。 彼に教わりました。


39

パニック障害がなければ子供をあちこち遊びにつれていけるのに、一回しかない人生なのに子供を楽しませてあげられなくて本当に辛い。急に不安にめまい過呼吸動悸頻脈動けなくなります。


40

自分の弱さをさらけ出せる人は、 本当に強い人だと思います。 自分も弱さをさらけ出して生きていきたい。 少しは楽になれる気がする。


 


 


41

パニック障害でしたが、治りました。 電車に乗れませんでした。健康な頃は、電車に乗れないって何?目をつぶって我慢すればいいのに?と思っていましたが、パニック障害になってしまった時は本当に乗れなかったです。 なんというか、パニックになるんです。たった一駅がヤバイ!ヤバイ!早く降りないと!となります。降りたら座り込む感じです。人目は気にしていられなくなります。 電車以外では、胸の辺りや頭の中がパニックに。なんとか散らそうと、私は歩き続けました。何時間も。 歩く行為は同じ動きの繰り返し、脳に快感物質出るらしく、その方法で治しました。夜、毎日毎日何時間も。 ま、いっか~精神で生きるのがいいですね。


42

パニック障害はとても大変だと思うが、こちらは嘔吐恐怖症のため別の意味でこわい。


43

病から復活したとする記事だったが、違和感を覚えた。 克服したわけではなかったからだ。 「弱さは乗り越えるものではなく、共に歩むもの」。 今は、そう考えている。


44

完治出来るのは幸運です。 病院では完治より寛解を目指しましょうと言われました。波のように大きい時も凪いでいる時もありますが、多分一生付き合っていくんだと覚悟しています。


45

弱さは克服しようとせず共に生きていくもの 自分なりの心を落ち着かせる方法が分かると少しでも安心できるよね


46

あの清原ですら、実は膝が震えてたって告白してました。その怯えを払拭するためにやんちゃな自分を演じてたとか。周りが勝手に強そうと見ているだけで、強い人なんていないんじゃないかな。


47

理解してあげたいが、どうしても経験したことがない分、完全には理解出来ない。せめて否定する言葉をかけないことくらいしか思いつかない。


48

福良コーチ、いいコーチですね! そして小谷野コーチも自信の経験をしっかり後生に伝えて頂きたい。


49

なるほど


50

弱いというか手を抜かない真面目な人がなりやすい。 恥じるどころか俺はスゲーぜと胸を張って生きてください。


 


 


51

勝負がかかるプロの世界 いろいろあって不思議ではない!! 人柄もいいからですよ! 応援してます! 楽にいきましょう!


52

アスリートこそ、陥る可能性が高いと思う。真面目にコツコツと夢の達成の為に人知れず頑張る。結果を求められれば尚更だし今となれば戦った証だ。 私も随分と長く付き合っている障害だが、まだまだ付き合う気持ちです。


53

アスリートへの払拭すべきイメージ ・やる気の問題でなんとかなる ・気合いやテンションでなんとかなる ・健全なる魂は健全なる肉体云々(間違って認知されてる名言のアレ) ・筋力とメンタルの強さは比例 全社会人にも言えるけど、期待値の弊害って結局外からよりも内側の誰にでもなりえるどうしようもない問題だから


54

プロスポーツの世界は一般人が飛び込んだらほとんどの人はパニック障害になるほどプレッシャーがあるでしょう。誰でもいいから寄り添ってくれる関係の人を作ることが大事。


55

当時はホームランこそ少なかったが繋ぐ4番としてチームを鼓舞していた守備も上手かったし若手を引っ張る男気も記事になってた印象がある。 パニック障害を抱えながらもプロとして野球に向き合ってたんだな。


56

ダル、稲葉、糸井、森本、田中賢、金子 小谷野がいた頃の日ハムは常勝スター軍団で華があったよなぁ。今はもう見る影もない


57

メンタルは弱いがプレッシャーにはやたら強い人もいるしさ!


58

精神科受診の壁は厚いよな。意を決する意が怖い。藁にもすがる思いで受診してみたら薬で楽になれることがある。自分との付き合い方だね。


59

これだけ追い込むから、あのチャンスの強さがあったんや


60

弱さを認め共に歩む、、︎︎ パニック障害とは、「弱さ」なのか? パニック障害を患うとは「弱い」人間なの か?  読んでいて違和感を感じるのは 自分だけだろうか。


 


 


61

人間は自分で考えているよりもセンシティブな所がある。 自分は大丈夫と強がっても、気づかぬうちにダメージを喰らっている。 それゆえ、こういう情報をカミングアウトしてくれるのは多くの人にとって非常に意味がある。


62

神経症、しんどいですよね…日常生活や仕事にメチャクチャ支障が出るのにうつ病と違って障害年金の対象にもならない…世の中に神経症の病気 がもっと認知されて制度が改正されることを願っています…


63

とにかく食事に気をつけてくださいませ。メンタル不調は、ほぼ食事で治ることが多いからね。


64

パニック障害は辛いよ。今でも必ずバッグにセルシン(安定剤)を入れてる。


65

高岸もイップスで投げられなくなったって言ってたし、知られていないだけで意外と多いのかもしれない。


66

どアップの写真は必要なかろう


67

打席で吐いた選手を見捨てず、受け入れ、回復を待って試合に送り出し、引退後もコーチとして起用するオリックス糾弾の心の広さと見識に敬意を覚える。


68

>「弱気になったり、不安になったりするのは悪いことでも、恥じることでもない」と訴える。そのうえで、「心の問題をクリアすれば、才能を発揮できる選手はもっといるはず。選手が打ち明けることができ、サポートできる環境があればいい」。他競技のアスリートの相談にも乗り、経験を伝えている。 この小谷野さんの思いが多くの人に伝わり、『パニック障害』という病を偏見の目で見られないような世の中になればどんなに幸せなことかと思われます。 是非とも今後も小谷野さんが活躍されて、同じ症状の方々を勇気づけて頂きたいものだと感じられます。


69

もりもり山のくだもの飴ですよね、懐かしい! その頃はよくドームに通っていたなぁ。


70

やっぱりアスリートにもメンタル疾患の方は多いんですね。体育会系の人は強そうに見えるけど、何でも厳しいから多いはずなのにおかしいなぁと感じてました。


 


 


71

創価大‥。信心が足りなかったんだろ。


72

恥じることじゃないけど、プロとしては活動できんな。 つまりプロ失格。少なくともそれで高い給料は出せない。 仕事の現場でイチイチ吐かれてたらたまらんよ。


73

この方ではないですが 試合に勝つメンタルと誹謗中傷で病むメンタルは別物と考えるのだそうです そのことを語ったスポーツ選手を他に知らないし 誹謗中傷に立ち向かうプロ選手を認識したのもここ10年のこと 人間なんですよね


74

これジョコビッチの昔の症状と同じなんじゃ・・ ジョコビッチも試合中に倒れたりしてたけど克服したらしいし


75

プチパニックかな。 監督の前だと何故か打てなかったり、上司の監視下にいてると自分が自分でなくなる。


76

嘔吐された後の打席に入る選手は嫌だっただろうな


77

嘔吐しようがパニック障害であろうが、プロは結果が全て。 全試合出場せずとも規定打席に到達しつつ3割打てば絶対に首にはならないから。 首脳陣とコミュニケーションを取って起用法を考えてもらった上で結果を残せばいい。 逆に言えば、病気は一切理由にできない。 プロ世界は厳しい。


78

完璧主義の人 知らず知らずのうちに自分を追い込み過ぎてるんだろうな


79

弱さを認めとあるがパニック障害は脳のセロトニン気質障害であり神経系の病気である。一括りに心の病で片付けられて自分も苦労した時期があった。しっかりした治療をすれば治る病気であり弱さと言ってる時点で偏見や差別意識が生まれるのだろう。


80

横浜巨人の村田がよく嗚咽してたのも同じような症状だったのかな?


 


 


81

臆病で心配性だからこそ、万全の準備と人の倍の努力をする。成功する人はそういう人が意外に多いのではないでしょうか。


82

まあ、分かるよ。僕も試合の前はいつもトイレに駆け込んでいたからな。 3流レベルでこれだ。一流の選手のプレッシャーは半端じゃないだろう。


83

イケメン


84

サッカーの内田篤人もだけど24時間スポーツで活躍するにはどうするか考えて行動しないといけない、試合のプレッシャーもハンパじゃない。アスリートはほんとに尊敬する。


85

パニックで電車にしばらく乗れなくなったけど、過呼吸なりそうなときにハッカ飴舐めるようになったら乗れるようになった。 もう20年前のことだけど…。


86

パニック障害は無理しないことです 安静に治療に専念されることを願っています


87

万引きマラソンと通じるもんがあるね


88

中日の選手が心配です。


89

小谷野、福良 うんうんなんとなくどういう関係か分かるよ〜


90

巨人の岡本が心配になってきた。


 


 


91

心の病って言い方が誤解を招く。 脳の誤作動です。


92

心の病も淘汰されるべきだと思うんだけどな 肩壊して治らなければ引退を迫られるのと同じで、心技体健康で無ければ務まらない職業とすべし


93

日本人のメンタルは確実に弱っていると思う。昭和(戦後)の日本人は外国人に日本の悪いところを聞いて、「では直しましょう」と努力しマナーも取り入れてきたが、今ネットで圧倒的に多いのは「日本偉い」「海外から学ぶものはない」「外国人は野蛮」「日本を褒めない奴は反日」、、、。この態度が自信のなさを隠す為のものだということはすぐにわかるだろう。挙句、国連から勧告を受けると「日本は日本だ!」「国連脱退だ!」と叫ぶ。反省なしでどうやって進歩するというのか。


94

生半可な心療内科とか、民間試験のカウンセラーよりこう言う人と話した方が楽になりますよね。


95

職業選択に間違いたかな。


96

自分もパニック障害で日々苦しい思いをしていますが。 何故こんな病になってしまうのだろう…自分自身が情けない。


97

過去にパニック障害を起こした人物を突き放したことがあります。 不倫がバレた結果なんで、自業自得です。誰からも同情されず。


98

障害を持ちながらも、一流で頑張る人がすごいのはわかる。だけど、メンタルも身体もケガしない人が1番凄いんだよ。


99

電車に乗れなくなるし、映画館で座っていられないし、美容室もダメな時期があった。


100

SNSなんてくだらない事やめようよ。 気にしなければ良いだけですですますよ。 でもヤフコメは面白いですですますよ。 SNSダメ・ゼッタイ