最新 リアルタイム ヤフーニュース速報 ライブドア ニュース グーグル 芸能ニュースまとめ 事件 交通事故 火事 野球 競馬 サッカー ニュース2ちゃんねる 5ch 動画

斎藤佑樹氏 高校球児への直筆手紙にネット上感動の嵐! 「心打たれた」「泣いた」「達筆」の声続々

 

 早実のエースとして06年夏の甲子園を制した元日本ハムの斎藤佑樹氏(34)が高校球児に宛てて書いた直筆の手紙が、ネット上で大きな反響を呼んでいる。


ニュース速報

 

イイネ

1

若いときには分からなかったけれど、何かに夢中になって頑張り抜いたことは本当に自信になるし、自尊心を高めてくれるんだよね。 それは大人になってからではなかなか身につけるのは難しいからね。 野球に限らず、スポーツに限らず、頑張ってる全ての学生を応援したい。 コロナ禍で思うように過ごせないなかで、若者たちは本当によく辛抱して頑張ってくれてると思うわ。


2

泣ける。 甲子園のグランドに立つような経験ができた人をうらやましく思う。立つために、全力で戦い、悔し涙を流した人をうらやましく思う。 そんなに全力で何かに取り組めることって、あっただろうか…これから先あるのだろうか。 甲子園ではなくても、こういう経験をわたしの息子にはしてほしいなって、すごく思う。 『この夏が、一生奮い立たせる夏に。』いいね!すごく、いい!


3

結果が出なかった 非難がすごかった 高校時代の栄光 プロでの挫折。。 たくさんの経験をしてきた彼だから言える言葉だと思う。。 選手としては 。。。だけど人としては 出来た人だと思います 若い子はって 言われることもあるけど その中でもあの過酷な環境で野球をやってる彼らは ほんとうにいい経験してると思う 安易に頑張ってとはいえないが 精一杯頑張ってほしい️


4

>「この夏にすべてをかける君へ」と書き出し、「その夢は、きっと叶うよ。とは、僕は言いません。勝負はわからないから。おなじ夢を持った人たちのぶつかりあいだから。ただ、今のまっすぐな君のまま、どうかこの夏のマウンドに立ち続けてください」「グランドでもグランド以外でも、君をいろんな出来事が待ち受けています。僕のように、不安だらけの時期を過ごし、挫折を味わうこともあるかもしれません。それでもなんとか前を向くために必要なもの。それは、記憶だと思います。過去の栄光、だなんて言われることもあるけれど。最後まで闘い抜いた記憶は、未来を生きる大きな力になります」などとエールをおくった。 これは斎藤さん自身の体験に基づいてのエールですから、高校球児に斎藤さんの気持ちが必ず届いているものと思われます。 しかも字も達筆であり、斎藤さんの真面目な人柄がよく現れているものと感じられます。


5

斎藤佑樹が好きになったのは引退してからかな。経験は大事であると、また考えるきっかけになった。 最近思うのは、夢も大事だがもっと大事なのは選択であり見極め。 迷うこともあるが、決めたらやるだけ。決めるまでは時間がかかってもいい。悔いが残るのはわかるが考え方次第でどうにでもなることも多い。 決めたら思い切りやったらいい。 決めるのは自分だ。 だから最高じゃないか。 勝っても負けても仲間と過ごした瞬間があることが一番大事だから。


6

決勝延長15回、1対1の引き分け。 決勝、翌日に引き分け再試合。また先発で投げて、 4対3。1点差でのギリギリ勝利。 最後の打者が田中。 あの大会は、すごく記憶に残ってます。 その後、負けた田中がプロで活躍し、メジャーでも屈指の投手となったのは、みなさんご存知の通り。 優勝投手の斎藤は、ケガもあり思うように活躍できませんでしたが、それでもあの夏を駆け抜けた精神が今の彼を支えていると思います。 ドラマでも書けないようなあの筋書きのない高校野球。 今年の高校野球は、コロナで思うように戦えなかった先輩たちの分も悔いのないように思いっきり戦ってほしい。 どんなドラマが繰り広げられるか、楽しみです。 全高校野球児を応援しています!がんばってください!


7

日ハムファンですが…彼が活躍しないことにモヤモヤして、首脳陣が優遇してると思い込んで、正直嫌いでした。 しかし、引退し…いや、引退試合で彼がどれだけ、周りの選手たちから人望が厚かったことにはじめて気付かされました。 栄光と挫折、それも大きなブレ幅を経験して、乗り越えた彼を今は尊敬の目で自分は見ています。 そんな彼だからこそ、高校球児に届く言葉があるのだと思います。 いま、自分はテレビやネットニュースで彼の活躍や取材を見てると、自然と泣けて来ます。 これからも応援します!頑張ってください!


8

夢は必ず叶うものではないけれど、努力した日々は嘘ではないですよね。斎藤さんも高校球児も全力で爽やかに未来に向かって頑張って下さい。


9

「過去の栄光、だなんて言われることもあるけれど。最後まで闘い抜いた記憶は、未来を生きる大きな力になります。」 この言葉は重く、すべてに当てはまると思う。がむちゃらに頑張ることをかっこ悪いと言い、勝負を避けてきた人間にはわからないことなんだろうな。


10

齋藤氏は教育に向いている方なのだと思いました。もちろんプロのアスリートであったわけですが、是非、中学生、高校生の指導を教員として携わっていただけたらと心から思いました。


 


 

TESTING130


11

あの16年前のハンカチ王子フィーバー は凄かったし感動ありがとうは、 忘れられぬ想い出です プロでは活躍出来なくも、ネームバリューは ありますから、テレビで最近はよく 見かけます。活躍の場があるのは 素晴らしい事です 清潔感と爽やかさは健在ですね それにしても字がキレイと言うのは 素敵な事ですね 人柄が透けて見える様に 思う程です


12

高校時代にマー君と互角のピッチャーというレッテルを勝手に貼られ、メディアに散々持ち上げられて… 斎藤佑にかけられた期待や評価があまりにも浮世離れしすぎていて、見ていて不快で仕方なかった。そういう期待をする側もされる側も。 でも何年か見ているうちに何を言われても腐りもせずひねくれもぜす、そして心も折れない斎藤佑に気づく様になった。そこがすごいと思う様になった。 これから佑は野球という競技に恩返しをしたいとの事だけど、それは応援したいと思っている。球児の相談相手だとか高校野球への問題提起だとか、特別な苦労をした佑にしか出来ない事も結構あると思う。


13

斎藤氏は「過去の栄光」と言う文言も使用したが、過去でも栄光は栄光! 誰もが手にできるものでもない。 そしてタイトル「この夏にすべてをかける君へ」 素敵な言葉だな、と思いました。 「自分の全てを賭ける」そのような経験をしてきた人はどの位いるのだろう。 羨ましいが、私も含め皆そんな日が来るかも!? そんな事を考えた人生の一時でした。 与えられた今という時を精一杯楽しみましょう! 今夏も高校野球拝見します。


14

あの時のような甲子園の熱気、フィーバーを巻き起こすようなスター選手たちをまた目にしたいです。 今日の始球式は、その時を思い出させてくれました。珠は遅いけど、キレを感じさせるようなボールで、バッターもビックリしていたような顔をしていたことが印象的でした。


15

この子は業界に人生を奪われたと思う。 もっと違う人生なら成功していたかも知れない。 たらればになるが、高校からプロになっていれば成長したかもしれんが、日ハムに行きプロでは通用しない事は早くに分かっていた。 まだ若いとは言えない年齢だが、これから大成して欲しい。


16

マスコミが持ち上げたり騒ぎすぎた結果、本人もそれに乗せられてしまって若気の至りのような発言も確かにあった 期待されてるほどの結果が出ず、離れていったマスコミが斎藤さんにコメントを求めるのは当時彼の後輩で大型ルーキーとして入団してきた大谷選手や清宮選手のことばかり それでも嫌な顔せずに丁寧に答えていたという記事を読んでイメージが変わりました ケガで高校生のころや大学一年のころのような球も投げられず苦しいプロ生活だったと思いますが人一倍落差を経験した分、野球や球児に対して優しい目で見ることができるんじゃないかと思ってます


17

思うような結果が出なかった。 周囲の期待に応えることが出来なかった。 かもしれません。 斉藤氏は高校球児にエールを送りながら、自分にも送ってきたのではないでしょうか。 でも、大きなことを成し遂げたことは事実。これは誰も否定出来ないし、今後の彼の人生の大きな支えになると思う。


18

素晴らしいお手紙。経験されているからこそ斎藤選手の実感がこもっていて、斎藤選手にしか書けない内容ですね。素晴らしいです。心打たれました。 これから大舞台に臨む選手達の大きな後押しになりますね。心を奮い立たせてくれるでしょう! 勝っても負けても一生残る、暑い夏にしてもらいたいです。 全力で頑張ってください!!


19

自分の高校生の頃を思い出せば、一生懸命打ち込めるものがあったわけではないが それでも狭い社会で右往左往してた気がする。当時の私がこんな言葉をかけてもらえてたらどう思っただろう。 高校球児の熱くてひたむきなプレーを見るたび、毎年この時期もらい泣きしています。 斉藤さんの言葉に経験者故の葛藤や隠すことのない本音を感じて、また涙腺が緩みそう。マー君と常に比較されてしまいますが、斉藤さんの野球も人間味を感じてそれはそれで素晴らしいと思います。


20

夏休み。 甲子園をぼ〜っとTVで観てる高校生もいるだろうし、全く興味もない子もいるだろうし、バイト頑張ってる子もいるだろうし、模試に向けて勉強頑張ってる子、ただただ家でのんびり過ごしてる子、いろんな高校生がいると思うけど、皆んなそれぞれの舞台で夏休みいい思い出作れたらいいね!


 


 


21

やはり1つの大会で一気に日本中の人気者になって、その後もずっと色んな人の期待を背負いながら野球を続けてきた斎藤さんだからこその言葉ですね。プロ野球選手としては結果が出なかったけど、1人の人間として本当に素敵でよく出来た方だなと思います(偉そうな言い方にはなりますが)。始球式の投球も素晴らしかったです。


22

この子がハンカチ王子と称されて甲子園に出場していたのももう16年も前のことなんだな、当時のフィーバーっぷりは今でも思い出せるくらい凄かった プロ入りしてからは色々苦しんでるイメージのほうが強かった、でもそんな彼だからこそこの手紙の内容は凄く高校球児の心に響くと思う 同じ夢をもった子達が集う場だもんね、必ずその夢が叶うなんて言えないけど、球児の心を奮い立たせる良い手紙だと思った


23

色々当時ハンカチ王子そしてゴルフではハニカミ王子と 二人ともマスメディアに弄ばれたと思うが、斎藤選手も石川遼選手二人とも頑張っていると思う。斉藤選手は日ハム時代かなりバッシングがあった 結果が残せないのになんでこの選手が使われるのかなど 本人も辞めたい気持ちはあっても球団はクビを切らない。 しかしそれでも腐らずに現役生活を全うした。 今回の始球式にしても彼が如何に愛されているのかが分かった。 今後は株式会社斎藤佑樹として更なる活躍を期待する。


24

色々言われたけど高校3年の時のあなたは最高に輝いてました。世代最強エースと言われたマー君をねじ伏せた様は高校3年時のあの松坂を彷彿とさせるものでした。早熟だっただけ。あの日あの時は間違いなく世代最強だったと思います。お疲れ様。


25

信じていれば夢は叶う、なんてのは嘘っぱち。なぜなら、夢が叶った人の声しか拾い上げられないから。夢が叶った人の後ろに、同じ夢を追いかけそして敗れ去った、諦めた無数の人がいることも事実。信じてるだけで夢が叶うなら、日本の男の子は、大人になったらプロスポーツ選手かYouTuberばかりになるだろう。 だが、夢が叶わなかったとしても、夢を叶えようと努力した日々の積み重ねは、間違いなくその人だけの「人生の武器」になる。夢半ばで散ったとしても、それまでの日々の努力や経験や記憶は、決して無駄にはならない。 栄光と挫折・凋落を共に味わった斉藤氏だからこそ、彼のこの手紙の言葉には説得力がある。期待されながらそれに応えられず、世間から揶揄された彼が、過去の自分から得られた1つの答えを、若者たちへのエールとして提示したのが、この手紙の言葉なんだろう。


26

雨で少し開始が遅れた開会式。 民放とNHKで中継されており、民放では斎藤さんを解説に迎え、NHKでは過去の激闘を開始まで流しており16年前の再試合になった決勝戦も。 激闘の末敗者になっても笑顔だった田中投手。 激闘の末勝者になったのに涙を流していた斎藤投手。 18歳が経験するにはあまりにも大きな、甲子園の開会式では予想もしなかっただろう舞台… 久しぶりに16年前の映像を見て胸が熱くなりました。 経験した人にしか言えない言葉はあるし、その人からもらう言葉で救われる人もいる。


27

野球もサッカーも高卒でプロになるけど活躍できなくて辞めてく奴も多い。スポーツしかやってこないのであればその先にあるのは悲惨な人生だぞ。スポーツだけじゃなく、勉強もしっかりやっておいて損はないよ。


28

ホンマこれ。 ワイも甲子園、プロを目指した時期はあったが、大学野球で夢破れた。 ただ、一つの目標に向かった仲間は今も仲間。 勿論、様々な人間の感情が飛び様々な事があったが、最後の大会前は正に一丸となった気がした。メンバーもベンチも皆ホンマに一生懸命だった。感情を出し仲間を応援した。 今はおっさんとなり、それぞれの人生を歩んでいるが、あの時の記憶は鮮明で、たまに会っては野球談義している。 若き日に同じ釜の飯を食った仲間はいつまでも仲間だ。 甲子園は夢の舞台。 球児皆が憧れた場所だ。 こんなにカッコいい姿ってあるか? 誇りを持って素晴らしいプレーを見せてくれ!


29

最後の 「よし、頑張れ」 が、言葉なのに実際背中を実際押してるかのような力強さがあってびっくり! 言葉ってこんなにも力あるんだと気付かせてもらって感動しちゃいました。


30

この人もとんだ災難だったよな。自分はただ一生懸命野球やってるだけなのに周りが勝手に盛り上がり、プロになったらなったで勝手にあげられてからのディスりにあうという・・・。今後の人生はその知名度を活かして頑張ってほしいね。


 


 


31

まさに斎藤さんのおっしゃる通りだと思います。 全ての高校球児の皆さん!是非、今後の自分を奮い立たせられるような強いインパクトの残る最高の夏にしてください!! 応援しております! 頑張ってください!!


32

今から君の過ごす夏が、君を一生奮い立たせる夏になりますように。 勝ったチームにも、負けたチームにも 皆へ向けてのエールになっていて 知性の高さと、優しさと、お人柄が良く出ている心打たれる一文でした。


33

日ハムでは、中々成績が残せなかったが、甲子園で田中マークンと激闘し、活躍した事実については、皆良い思い出になった。企業人として、様々なしがらみがあり、今後も活躍出来る基盤がある事は、生きてきた人格が優れている事に他ならない。野球界やグローバルな社会の発展の為、頑張ってほしいです。


34

プロ野球時代、マー君と比べられ勝ち組負け組みたいな感じで扱われていたけど人生死ぬまで分からない。 斉藤さんはまだまだ若い。 高校野球優勝、大学野球優勝、プロ野球経験あり、早稲田大学卒。たくさん引き出しがある。 男は40歳過ぎてから。


35

彼が現役時代、いろいろ言われたけど 多くの野球少年の夢のプロ野球選手になったから、凄いよ ましてや、開幕選手まで務めたんやろ やっぱり凄いよ


36

プロでは苦労されたけれど、その分成績以外のところで成長された人なんだと思う。これからの活躍に期待しています。 このお手紙の言葉は心に響く、そして字も綺麗。斎藤さんのお人柄が伝わってくる。


37

華やかな高校・大学時代と打って変わったブロ時代 。それでも、彼のひたむきさや真摯な人柄は仲間を惹きつけたんでしょう。引退の時の、チームメイトの心のこもったセレモニーからも十分伝わって来ました。 そして、引退後も自分の道を模索して本日を迎えた。この年代で早くも高校球児のマウンドに蘇ること自体驚くし、その姿に感動を覚えたのは私だけではないようだ。 やっぱり彼は『もってる』オトコだよ


38

確かに過去の栄光という人がいますよね。でもその栄光を糧に頑張ってもいいじゃない!って思います。そんだけ頑張ってきたんだから!


39

この人が高卒でプロに入りしていたらと思う反面、人気面考慮しても意外と2球団重複程度だったのかなとも思う。金足農の吉田も外れ1位の競合無しだったし、やはり右腕で体格無いとプロの評価は厳しいのかな。175cm前後で成績残したの桑田さんぐらいしか思い浮かばない。


40

佑ちゃんvsマー君の投げ合いは もう16年も前になるんだ… 今の高校球児の中には まだ生まれてない子もいるんだね。 毎年色んなドラマが生まれる甲子園だけど、 あの夏のあの試合はいつまで経っても 語り継がれるすごい戦いだった。


 


 


41

結果が全ての世界と言うが、無我夢中で努力したことは、たとえその世界で結果が残せなくても、自分の将来には必ず糧になるというのは、斎藤佑樹だからこそ言える言葉ではないか。 スマートに結果を残す人だけが、人生の成功者ではないということ。


42

出来れば、プロで大活躍している選手の方が説得力がある! これで、泣くようでは、まだまだである! その、感動の嵐とは、何事か? 野村監督も落合博満も言っている様に プロに入ってからの練習量が足らない! それと、勉強不足! 口ばかりで、人の言う事を聞かない! 高校野球と大学野球で出来たのだから、プロでも通じる…その思い込みが強すぎて、最後まで使えなかった!


43

高校よりもあとのことを色々言われ、気の毒です。 ただ、あの夏の斎藤さんは本当にすごかったし、素晴らしかった。


44

そう、この、経験と記憶。 前を向くため、自分を奮い立たせる、生きるための力。 コロナコロナで、中止になったたくさんの行事。 それは、未来の日本を担う、これから大人になる子達のたくさんの前を向く力をを奪った。 よし、頑張れ! 頑張らなきゃいけないんじゃない。 頑張ったらいいこともあるって、エールを、たくさん若者に届けたい。


45

斎藤さんにしか書けない 斎藤さんだから書ける 今を必死に生きてる高校球児たちにも、斎藤さんの言葉だからきっと響く。届く。 プロ野球で活躍するばかりが成功じゃないよ。 いい生き方してるね。かっこいい。 そしていつまでも爽やかだ。


46

むかし球児でした。でも大学進学を考え、一度超大手Yゼミナールの営業マン二人から入塾の説明を受けました。でも金額があまりに高く貧乏な我が家には無理だと思い、後日Y校に断りの電話を入れました。理由は正直に言わず「もう少し部活の野球に集中したい」と伝えたところ、営業マンがキレて「野球なんかやったって何の役にも立たねぇんだよ!」と汚い言葉で怒鳴られガチャ切りされました。 確かに守備が上手くなっても社会では何の役にも立ちません。でも社会人になって、辛い時いつも思うのが高校時代の部活のこと。あの守備が下手な自分が、猛練習の末チーム一番の内野手になれた。人間本気で取り組めば大体のことはやり遂げられるという成功体験。それがいつも支えになりました。 あの時の営業マンに、斎藤さんの言葉を聞かせてあげたかった。まぁ彼らは生徒の成長ではなく売上を上げることが目的なので、そういう問題じゃないとは思いますけどね。


47

凄く良い文章だと思いました。 頑張れば必ず夢は叶う、わけではありません。 そして選んだ道の結果も誰にも分からない。 でも悔いのないように努力し戦っていく人は最期満足できる気がします。 斎藤さんは、よく人として腐らなかったと思います。


48

達筆&斎藤佑樹さんだからこそ伝わる手紙だと本当に思いました。 本当に華のある魅力的な人だと思うので、これからの活躍を心より応援しています。


49

甲子園からずっとマー君より斎藤佑樹が好きだった。プロ入りの記者会見だと思うけど、会見が終わった後席を立って帰る時、同席していた人の椅子をそっと直して立ち去ったのは微笑ましい記憶として今も残っている。甲子園の栄光とプロ入り後の不甲斐なさでの誹謗中傷で普通なら辞めている。がそれに堪えて引退しなかったのはまさに強靭な精神力。引退してもより以上に表舞台にいることは、斎藤佑樹という男は本当の強い人間だったのだろうと、ヒーローだった高校時代より今の彼の方に惹かれるものがある。


50

いいお手紙。今しか人間生きていけないから、歳とるとその時の自分が辛かったことなんかを回避させてやろうとして理解してもらえない言い方になって疎ましいと思われてしまうことが多い。なんてすっと腑に落ちる伝え方。


 


 


51

もちろん本人を知っているからっていうのもあるけど、本当に文才が凄い。心がこもっている文章とはこういう文章を言うんだと思う。めちゃめちゃ響いてくる。


52

プロではぼろくそ言われたけど、やっぱり爽やかだし、甲子園が似合う方だわ! プロで大成するのはほんの一部。 たいていの人は青春時代の一時で終わる野球。、そう思うとやっぱり、知性も大事だなと思う。


53

甲子園で生まれたハンカチ王子。数奇な運命でマー君がメジャーだったが王子は日ハムに野球を捧げた。「彼いわく1番上と1番下を味わった自分は稀だと思う。」 そうでしょうね。しかしながらこれで野球人生が終わった訳でなく新たなスタートを着れるでしょうね。メディアもあれだけ持ち上げ最後は去ってしまった。やはり彼は当時相当なプレッシャーがあったはず。 色々な経験をしたからこの件は泣かせます。まごころで伝えた名文です。


54

よし。頑張れ。 が、高校球児ではない私の背中を押してくれるようだ。 斎藤佑樹、、、検索するとフルネームで出てくるところが凄い。 経験者の言葉は、強く胸を揺さぶるから、凄い。


55

心のこもったお手紙に胸が打たれました。いろいろな思いを経験したからこその優しい言葉。文才じゃなく心からの言葉。 これからどんどん活躍されるでしょうね。


56

美しい文字に美しい文章。自分の高校生の頃を思うと、人生全てをかけて大観衆の中全てをぶつけるなんて信じられないくらいすごいこと。マスコミや心無い大人は好き勝手なことを言うけれど、野球選手でいる間だけではなく、あの夏の経験がこれからもずっと心の支えになっていくんですね。悔いのないように頑張ってほしい。


57

思ったとおりの結果を残せなかった、 怪我をしたというのはあるかもしれないけど、 それらを受け入れて、こういう文章が書けるのは素晴らしい。 でも、これだけ注目されるという星の下に生まれた斎藤さんは、 やっぱり持ってる方なんだと思います。 そんな人間、そういないですから。


58

やり切った人の魂の言葉に感動しました 故障に泣かされて満足行くプロ生活ではなかっただろうけど、一大ブームを起こした事には間違いはない 記録より記憶に残る投手として語り継がれる存在だと思います


59

字はその人を表すといいます。彼と同年代の男性でこんなに美しい字を書ける人はなかなかいません。本当に素晴らしい。これまでたくさん苦労した分、これからたくさんの幸せが訪れますように。みんながあなたの人生を見守っています。


60

始球式はちゃんとプレートを踏んで投げてましたね。近年、先発投手に綺麗なまま投げてもらいたいとかいう変な気遣いでマウンドから外れたところで投げる人がいて残念に思っていたので、そのタイプの方でなくて良かったです。 あと、「頑張れ」って「応援してますよ」って気持ちでかける言葉なのに、頑張っている人に対して言ってはいけない、デリカシーに欠ける、みたいな言葉狩りみたいな風潮にも辟易していましたが、おそらく敢えて使ったであろう最後の一言に溜飲がさがりました。


 


 


61

斎藤くんて、すごい素直な人なんだと思う。 特に男の人って自分の弱みをなかなかさらけ出せないけど、ありのままの気持ちを伝えているからこそ説得力がある。


62

あの頃に生まれた選手が活躍している時代になりましたね。ハンカチ王子と呼ばれて、あれからもう16年なんですね。色々ありましたね。世の中も私も色々ありました。 あの時、あなた達から感動や勇気を頂きました。有難うございました。 そしてまた今日も有難うございました。 ご家族や関係者、そして甲子園に来られなかった同志のため、何より自分の為に選手諸君の健闘を祈ります。


63

高校野球はほとんど見てこなかったのですが、今回ふと開会式を見てみました。 選手宣誓にも感動し、斎藤さんの始球式にも感慨深いものがあり、ふと涙と拍手が出ました。 頑張る姿はほんとに輝かしいですね。


64

凄いな、名文だと思います。 苦労や挫折、他人の冷たい視線や手のひら返し、色んな苦労を沢山経験したからこその言葉の重さと、それでも腐らずに居れたのはコレだと球児達に分かりやすく教えてくれてると思う。


65

あの投げてる姿、早実の斉藤佑樹そのままだった。白のユニフォームを着て投げていたあの姿だった。色々な人生を歩んで苦労した背中でも、姿はあの頃と同じ野球少年のまま。


66

経験者の言葉は重みがある しかも今回の夏の戦いだけを応援してるだけではない、一人一人の人生を応援している言葉が感動しました これからも斉藤さんの人生にも幸あれと言いたいくなった


67

胸に来る手紙です。お前は全てをかけて戦った事があるのかと問いかけられた気分です。あの時、もう少し頑張れたら。何故あの時諦めてしまったのだろう。色々と考えさせられました。勝っても、負けても全てをかけて燃え尽きるまで戦えたと思える経験がある人はそれだけで素晴らしい人生を送れた人だと思う。


68

あの夏、あの日。 余命少ないばあちゃんの病室で栄光を手にする姿を見ていました。 奮い立たせるものは斎藤投手以外にも届いて居ました。 斎藤投手の勇姿はあの夏の宝物です。


69

この手紙、今日のランチを食べながら読んだら涙が溢れ出てきて、ご飯どころじゃなくなりました…。 ファイターズのファンなので、斎藤佑樹さんが甲子園での活躍とはまるで異なる境遇で泥まみれで苦しんでいる姿を見続けていました。 本人は苦しいハズなのに、ファンにはいつも笑顔で接してくれて…。 引退して、そして今回の手紙を読んで分かりました。 甲子園での伝説的活躍、大学での活躍、プロ野球での挫折…これらを経験した斎藤佑樹さんしか出来ない仕事があるな、と。 神宮球場での始球式、甲子園での始球式、コレを一週間の間に出来る人は斎藤佑樹さんしかいません。


70

甲子園が選ばれた選手達の夢舞台だということは間違いない。 もちろんそれが人生の全てではないけど、そこで完全燃焼するからこそ観る者に感動を与えられるのだろう。


 


 


71

目頭があつくなりますね… 色々な苦労を乗り越えてきた方の言葉は、刺さります。 決して強いチームではなかったけど、確かに本気で打ち込み、仲間と涙したあの頃の記憶は、社会に出た今も自信につながっている。 全ての頑張る学生たちへ、本気の努力が報われようがら報われまいが、その経験が一生の財産になることを祈ってます! 全ての頑張る学生達へ!!


72

夏の甲子園が始まった。私はある程度ルールを知っているので、野球観戦は好きな方だ。 特に高校野球は、プロと違い優勝だけを目指して頑張る!! 今日から始まった試合は、どの試合も白熱して目が離せなかった。どっちも頑張れ!!選手の生き生きした顔が眩しい!!


73

誰もがなし得ない栄光と思いもしなかった挫折を経験された斎藤佑樹さんの言葉は温かさと重みがあって、あの夏の日の目撃者だった私たちの心を揺さぶります。始球式では少し緊張した様子からゆっくりと深呼吸をしてからの投球モーション、あの暑い夏と同じフォームでした。甲子園で誰より輝いていた斎藤佑樹さんが帰って来たことが嬉しくてたまらない感動の始球式になりました。そして球児だけでなく甲子園が大好きな大人も永遠に通じるエールをいただいた、そんな手紙でした。


74

いやぁ本当に心打たれました 一生懸命に頑張っても頑張っても上手くいかない事もある でも耐えながら頑張ってきた事に価値があると私も思います 斎藤さんの言葉に勇気を貰いました


75

私は高校野球が大好きです。 私が高校野球を見る、聴く場所はグラウンドと 言っても近所のホームグラウンドだ。 手紙に熱い物が込み上げた。 マー君と戦ったあの決勝戦を思いだした。 残念ながら私はピッチャーではなく打者です。 私は今年も私のホームグラウンドで銀球を フルスイングし今年1番の当たりを掴みとりたい。


76

素晴らしい手紙。 重みのある言葉で、決して繕わないストレートな言葉が胸に刺さる。 指導者の見本のような素敵な言葉だ。


77

>その夢は、きっと叶うよ。とは、僕は言いません。   ホントそう。部活でも他のことでも。 叶う人は本当に一握りで、叶わない人たちがほとんど。 努力が足りないこともあるけれど、 家庭環境だったり、ケガとか、他にも色々、 自身ではコントロールできない理由で叶わないこともある。 でも、頑張ってきたその経験を糧にして前に進むしかないんだよね。 斎藤氏の言葉だからこそ、心に響くんだよね。


78

たまに再試合前の延長15回までもつれた、本間君との勝負を見返す。 あそこで斎藤君が叩き出した147キロは、今でも武者震いします。 この夏も熱い闘いを期待しています。


79

優しく、的確。球児、プロ野球選手を経験した、それ以上の人間が表せる表現。素晴らしい。最後の、よし。頑張れ。なんて、ボール投げたことのないおばさんの私ですら泣ける。


80

実力あるのに、「ハンカチ王子」とか周囲からのアゲアゲで潰された人って印象の方。。 途中どっかから頂いた高級車に乗ってる週刊誌見て、 え?って思ってなんだか、残念に思ったことあります。 始球式は良かったなと思います。 球児への手紙も、心がこもっていますもんね! とにかく高校野球は大好き!!!


 


 


81

彼の経験あってこそのコメントなのがよくわかる良い文章だね。 綾瀬はるかとイチャイチャしてるユニクロのCMは好きじゃないけれど、ゆうちゃんにはこれからも期待している。


82

泣けるかな? 人としての普通のエールと思うけどな。 誰でもずーっと成功するけじゃないから。 記憶がちょっと私と違うかな。過去の栄光にしがみつくのも女々しく思う。 この女々しさが斉藤君らしいのかな。 過去より、今の置かれている立場、未来の自分、新たな目標、前に進む努力、変わらない仲間たちを大事に、私はこれでずーっとやってきて、成功はしていないが、失敗もしてないし、挫折もない。むちゃくちゃ幸せ者だと思う。


83

100でなければ0と同じ。 確かに『勝負』ってそんなものかもしれない。 けど、100でなくても99までいけた自分は自信となるし底力となる。 野球ではないけど別の競技で高校に入り、そこで自分より優れた才能や、恵まれた体格の子を目の当たりにして、完全に自信喪失している高1の息子がいる。 頑張りたい気持ちと、とうてい叶わない奴がいると解ってしまった自分をどこで折り合いつけるか悩んでいる。 この手紙、息子がネットニュースで読んでてくれますように。


84

うち福岡在住のホークスファンですけどね。現役の時何度かドームでの対戦で登板見させてもらったけんね。引退されてからもばり素晴らしいやん。これからの活躍楽しみですね。


85

こういう人。大成はしなかったものの苦労を重ねて来た人は良い指導者になる資質を備えていると思うなぁ。


86

そうですね、何度も何度も辞めようと思ったけど、チームのみんなと一緒なら何とか頑張れた。練習はひどく辛かったけど、試合の中のワンプレーか最高の瞬間だったから楽しかった思い出にできた。 そうやって全力で、本気で、取り組んだ経験は後の人生で「あんなに頑張れた自分」としてずっと誇りに思える。


87

やっぱ球史に残るスターなんだよなてょ。プロになって態度も偉ぶらないし、選手の親はまさにリアルでハンカチ王子に熱狂した世代。松坂よりも適任だったかもしれないな。


88

今日の解説や始球式を見ていても人柄が良く、そして、16年前と変わらず爽やかで、素敵。今されている仕事は、自分の事をしっかり把握し全て未来に役立つ人の為になること。これからも応援しています!


89

使えないのに飼い殺しにした球団には不信感しかない。確かに高校のときの彼は光っていたがその後はいまいち。プロにしがみつくのは理解できるが球団に飼い殺しにされ続け、惨めに思う。


90

最後の「よし、頑張れ」 自分の心にも強く響いた。背中を押された球児たちも沢山いることだろう。何か一つ成し遂げた経験は、その後の人生の大きな糧となる。それぞれ頑張ってほしいし、自分自身も鼓舞されているような気持ちになり、心揺さぶられた。 血の滲むような努力を重ねて掴んだ勝者としての栄光と、その後の挫折、敗北感。その両方の景色を見てきた彼にしか発信できないメッセージだと思う。ありがたく拝読させてもらった。


 


 


91

朝刊で、広告にもかかわらずしっかり読んだ。 経験者にしかわからない重みのある言葉だと思った。そして、文のまわし方や言葉の選び方に地頭の良さも見えた。 あと、これは球児にだけ向けたメッセージではなく、すべての学生・若者に向けたメッセージだな。


92

高校野球、高校サッカー、高校バレー、高校ラグビー、箱根駅伝など、学生スポーツって大好きです。ただ、その舞台に立つような人たちの精神力って、本当にどうなってるんだろうと、想像もつきません。今が楽しければ!なんて気持ちで学生生活を過ごしてきた私には、一生かかっても分からない気持ちだと思う。観衆は、すごい!かっこいい!勝った!負けた!だなんだと騒ぐだけだけど、このレベルに登りつめた者から登りつめた者へのエール、そのレベルの人たちにしか分からない気持ち、緊張、楽しみ、色んな気持ちが、斉藤さんのお手紙に込められいて、胸がいっぱいになりました。自分が歳を取れば取るほど、弱冠18才前後でここまでひとつのことを頑張れる、その偉大さを実感する。ひとりひとりにとって、思い出の夏になりますように。


93

いつのいつがではなく、今なんだと思う。この暑い中自分、自分以外の支えてくれている人達の想いを背負って(今は必死過ぎて気付いてない事が多いかもしれない)闘うって素敵だな。記憶がこの先の力になるって思います。頑張れ高校球児!そして応援してる全ての人へ!水分はちゃんと摂って下さい。


94

いろいろ言われてたけど 一生に一度でも日本中を感動の渦に巻き込むなんてことは 誰にでもできることじゃないね、過去の栄光素晴らしいと思う 手紙は斎藤佑樹が自分に言ってる言葉とも取れる


95

なんだか、とても現実的で、だからこそ心の底から1本ズシンと芯を打たれるような、強い陽射しと風にグッと背中を押されるような、そんな力を感じる激励のお手紙ですね。 甲子園、高校球児、青春の夏! 頑張って!


96

プロでは、結果を残さなかったのなら、プロで通用したという証拠はないわけで、それが現実ですよね。通用したかもなのね。かも。


97

手紙の中身はとても良いが、なぜそれを世間様の記事に載せる??手紙は当事者達のみに宛てたものではないのか??なぜ始球式で投げる必要がある?? 内容がまともだけに、始球式も手紙も売名行為に見えるのが残念。


98

日本人って、やれ「がんばった」だの「一生懸命やっている」だの、実績ゼロの人を過剰に褒めたたえる傾向にある。それは、危険な妄想だと思う。がんばった人が褒められるのは、義務教育だけ。会社でがんばったけど成果がでていない人が褒められて給料払っていたら会社潰れるから。


99

経験者だから語れる事っていっぱいあるし何より甲子園優勝投手だから。 彼もそうだが野球界の達筆者って多い。特に達筆だと思ったのがライオンズの山川選手や故野村さんかな。


100

野球を知らないわたしも感動した。けれど、それは、プロになった斎藤さんだからだ。これが、高校野球の地方一回戦で負けた人だと、わるいが、感動すら、コメントすら、しないと思う。